◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配材・好料情報] 日ガス,レイ,サワイGHD,日本リート,スギHD,日本オラクル,川崎地…
[格付け・レーティング情報] 東洋紡,クラレ,日産化,ゼオン,ラウンドワン,DMG森精機,伊藤忠,三井物…
[S高|株価値上注目銘柄] ティーガイア,東邦HD,ELEMENTS,チェンジHD,あすか薬HD,MS…
[格付け・レーティング情報] JT,東洋紡,クラレ,日ゼオン,ラウンドワン,DMG森精,大栄環境,バロー…
[上方修正・増配材・好料情報] ソフトフロント,クエスト,トランスジェニック,コメ兵,神戸物産,ジェイ…
[格付け・レーティング情報] サントリBF,東急不HD,東ソー,菱ガス化,三菱ケミG,デクセリ,フマキ…
[S高|株価値上注目銘柄] サンバイオ,カンロ,トリケミカル研究所,ビジョン,システナ,エイベックス,ベ…
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(06/28週〜09/27週 ] 6月下旬から7月下押すか 戻…
[上方修正・増配材・好料情報] アズパートナーズ,NITTOH,システナ,サイネックス,アスカネット,…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証グロース銘柄一覧(06/21週終値現在)
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証スタンダード銘柄一覧(06/21終値現在)
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2023-24年発表分)
[格付け・レーティング情報] INPEX,日ハム,アサヒGH,ヨコレイ,東急不動,東ソー,三菱ガス,大塚…
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2024/06/21週 ▲403,338円】NYDow 反発 ナスダック7日連続最高値…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割銘柄一覧(06/21週終値現在)
[上方修正・増配材・好料情報] 日東電,ホトニクス,大倉工,ひらまつ,ジーネクスト,フェイス,ビジョン,…
[格付け・レーティング情報] 日清オイリオ,JT,日産化,トリケミカル,テルモ,住友理工,ディスコ,TD…
[S高|株価値上注目銘柄] サイボウズ,デジタルガレージ,資生堂,ジャパンフーズ,情報戦略テクノロジー…
【立会外分売結果】ヒューマンホールディングス(2415) 【終値:1,420円:+71円:+5.26%】楽天・松井・…
[格付け・レーティング情報] 日清オイリ,三菱ケミカ,ディスコ,GSユアサ,TDK,東京エレク,ヤオコー
2024年06月24日

[S高|株価値上注目銘柄] サンバイオ,カンロ,トリケミカル研究所,ビジョン,システナ,エイベックス,ベル24HD,アニコムHD,トヨタ自動車,商船三井,MCPs,PostPrime,アズパートナーズ,ノバレーゼ,アソインターナショナル,レントラックス,大同工業



※S高銘柄一覧



<155A> 情報戦略テク  東証G  配分  前日もストップ高 6.03万株買残
<184A> 学びエイド   東証G  一時  
<194A> ウルフハンド  東証G      
<196A> MFS     東証G      
<198A> ポスプラ    東証G      知名度の高さとしこりのなさから高い関心続く
<3738> ティーガイア  東証P  配分  再編思惑など背景とも 37.98万株買残
<4360> MCPs    東証S      28年3月期経常益14億円以上とする中期計画を策定
<4592> サンバイオ   東証G      『アクーゴ』の報道巡る追加の適時開示を材料視
<4884> クリングル   東証G      
<7083> AHC     東証G      前日まで4日連続ストップ高
<7997> くろ工     東証S      

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <3815> メディア工房 東証G   52.6   609  株主優待の新設も
2. <184A> 学びエイド  東証G   25.6  1277 
3. <7997> くろ工    東証S   23.8  1558 S
4. <196A> MFS    東証G   23.2   425 S きょうグロース市場に新規上場
5. <7083> AHC    東証G   23.1  3730 S
6. <3738> ティーガイア 東証P   20.4  2365 S 再編思惑など背景とも
7. <194A> ウルフハンド 東証G   19.4   925 S
8. <4884> クリングル  東証G   18.8   946 S
9. <4107> 伊勢化    東証S   17.3  23140  レアメタル関連
10. <4360> MCPs   東証S   16.2   716 S 28年3月期経常益14億円以上とする中期計画を策定
11. <155A> 情報戦略テク 東証G   16.2   718 S ヘッドウォと生成AIを用いたサービスを展開へ
12. <198A> ポスプラ   東証G   15.9   730 S 知名度の高さとしこりのなさから高い関心続く
13. <4592> サンバイオ  東証G   14.3   798 S 『アクーゴ』の報道巡る追加の適時開示を材料視
14. <135A> ヴレインS  東証G   14.1  3805  人工知能関連
15. <160A> アズパートナ 東証S   12.9  2523  介護DXサポート事業を本格展開へ
16. <7685> バイセル   東証G   12.6  4015 
17. <2216> カンロ    東証S   12.3  2629  24年12月期業績及び配当予想を上方修正
18. <7014> 名村造    東証S   10.8  2193  防衛関連
19. <189A> DMカンパニ 東証G   10.6  1060 
20. <7388> FPパートナ 東証P   10.4  2715 
21. <9561> グラッドC  東証G   9.9   600  人工知能関連
22. <7075> QLSHD  名証N   9.9  2350 
23. <9272> ブティックス 東証G   9.7  1794 
24. <4125> 三和油化工業 東証S   9.2  2732  リチウムイオン電池部材・部品関連
25. <3350> メタプラ   東証S   9.2   95 

サンバイオ <4592>  798円  +100 円 (+14.3%) ストップ高   本日終値
ストップ高。24日午前11時、厚生労働省による19日の専門部会で、再生医療製品「アクーゴ(SB623)」について条件・期限付きでの承認が了承された一方、改めてデータを提出することが求められ、出荷認可が見送りとなったと一部で報じられた件に関し、20日に続き追加の適時開示を行った。これまで開示した内容を整理したうえで、投資家などからの問い合わせに対する回答をまとめて示したものとなっている。同社は3月以降にアクーゴについての追加データを提出し、その評価を持って今回、承認が了承されたとしたうえで、「今後2回程度の製造と、規格試験に加えて3月以降の追加データと同様の特性解析を行い、承認事項一部変更承認の取得後に出荷が可能になるなど」とした。出荷が可能となる期間を巡る投資家の懸念が後退する格好となり、買いが集まったようだ。

カンロ <2216>  2,629円  +288 円 (+12.3%)  本日終値
後場急伸。午後1時30分ごろ、24年12月期の単独業績予想について、売上高を303億円から308億円(前期比6.2%増)へ、営業利益を34億5000万円から38億1000万円(同12.5%増)へ上方修正し、あわせて配当予想を中間30円・期末42円の年72円から中間35円・期末45円の年80円へ引き上げたことが好感された。上期においてピュレグミをはじめとするグミの主力ブランドが好調に推移したことに加えて、商品構成最適化などによる販売諸経費率の減少や生産性向上などによる粗利率の向上が寄与する。

トリケミカル研究所 <4369>  4,420円  +290 円 (+7.0%)  本日終値  東証プライム 上昇率5位
マドを開けて大幅高、5日・25日移動平均線のゴールデンクロスを目前に、それより一足早く中期の上値抵抗ラインであった75日線をきれいに上抜いた。同社は先端半導体の製造に必要な高純度化学薬品の多品種少量生産で圧倒的な競争力を誇る。特に絶縁膜材料での実績が高いほか、シリコン酸化物よりも高い誘電率を特長とする「High―K」がAI用半導体のHBM(広帯域幅メモリー)向けで拡大余地が大きいとみられている。海外売上高比率が7割近くを占めるが、市場では「最先端半導体量産を目指す日の丸半導体会社ラピダス関連の案件獲得が中期的に期待できる」(中堅証券ストラテジスト)として注目度が高い。「直近では前週末21日付でモルガン・スタンレーMUFG証券が同社の第2四半期以降の業績回復の確度が高まったとして、レーティングをオーバーウェートに引き上げ、目標株価を5700円に上方修正したことで投資家の視線が集まったようだ」(同)としている。

ビジョン <9416>  1,218円  +76 円 (+6.7%)  本日終値  東証プライム 上昇率6位
3連騰。前週末21日の取引終了後、24年12月期連結業績予想について、営業利益を52億5400万円から57億700万円(前期比33.3%増)へ、最終利益を35億円から37億9700万円(同25.5%増)へ上方修正し、あわせて配当予想を中間11円・期末14円の年25円から中間13円・期末14円の年27円へ引き上げたことが好感された。売上高は従来予想の361億4500万円(同13.6%増)を据え置いたものの、上期において売上総利益率が改善しており、これを織り込んだという。

システナ <2317>  316円  +18 円 (+6.0%)  本日終値  東証プライム 上昇率9位
大幅高で3連騰。前週末21日の取引終了後に5月度の月次概況(速報)を開示した。売上高は前年同月比11.4%増の68億3200万円、営業利益は同46.0%増の9億7000万円と堅調に推移しており、評価されたようだ。ソリューションデザインを除く各事業で増収となり、ビジネスソリューションやフレームワークデザイン、次世代モビリティ、DX&ストック型ビジネス事業などが大きく伸びた。

エイベックス <7860>  1,256円  +54 円 (+4.5%)  本日終値
3日ぶりに反発。前週末21日の取引終了後、25年3月期の連結業績予想について、最終利益を33億円から45億円(前期比4.6倍)へ上方修正したことが好感された。子会社THINKRが実施する第三者割当増資と自社株取得に伴い、子会社エイベックス・ミュージック・クリエイティヴが保有するTHINKR全株式を譲渡することから、第三者割当増資に伴う持ち分変動利益19億円を特別利益として計上することなどが要因としている。

ベル24HD <6183>  1,552円  +47 円 (+3.1%)  本日終値
反発。SMBC日興証券が前週末21日、ベル24HDの目標株価を1800円から1900円に増額修正した。投資評価は最上位の「1」を継続する。コロナ関連業務の減少による減益トレンドが落ち着き、基礎業務とともに値上げ対応による収益性の改善が確認できるフェーズとなると予測。生成AI関連の取り組みについても、今後の展開に注目したいとした。

アニコムHD <8715>  665円  +20 円 (+3.1%)  本日終値
高い。前週末21日の取引終了後、傘下のアニコム損害保険がソニー損害保険とペット保険商品の共同開発を目的に業務提携したと発表。これが好感された。アニコム損保のペット保険最大手としての知見や動物病院とのネットワークと、ソニー損保のダイレクト型保険大手としての知見を生かし、顧客のニーズに沿った商品やサービスを提供していく。

トヨタ自動車 <7203>  3,150円  +76 円 (+2.5%)  本日終値
頑強な値動き。足もと外国為替市場で一段と円安が進んでおり、これが輸出セクターには追い風となっている。特に製造業の中でも為替感応度で群を抜く同社株にとって輸出採算改善の思惑から買いを誘っている。21日にはトラックの駆動系部品を生産する米南部テキサス州サンアントニオ工場に5億3100万ドルを追加投資することを発表、これも株価の刺激材料となっているもようだ。一方、同社は認証不正問題に対するネガティブな思惑が一部実需筋の売りを誘発している面もあり、上値も重い状態となっている。

商船三井 <9104>  4,807円  +29 円 (+0.6%)  本日終値
続伸。コンテナ船市況がここ回復色を示していることや、鉄鉱石や石炭、穀物などを運ぶばら積み船市況の総合的な値動きを表すバルチック海運指数も今月13日の急上昇を境に戻り足を強め2000の大台復帰が目前となるなど、海運セクターの収益環境の改善が意識されている。加えてここ一段と円安が進んでいることも運賃ドル建て決済の海運会社にとっては追い風となる。株価指標面でも低PBR銘柄が多く、バリュー株物色の波に乗っている。

MCPs <4360>  716円  +100 円 (+16.2%) ストップ高   本日終値
後場急伸。同社はきょう正午ごろ、28年3月期を最終年度とするグループ中期計画を策定したと発表。連結経常損益目標を14億円以上の黒字(24年3月期実績は1100万円の赤字)としていることが評価されたようだ。連結売上高目標は168億円以上(同96億8600万円)に設定。重点成長投資項目として「湘南イノベーション研究所による電子材料やバイオなど機能性材料・ヘルスケア・生産プラットフォームなどを対象とした新規事業の創出」「ファインケミカル事業における海外(特にインド及び欧州)を対象とした事業開拓」「金属不純物管理技術向上とヨウ素化合物を中心とした半導体関連新製品の開発、及びサステナブル素材のバイオマス由来複合材料WPC(ウッドプラスチックコンポジット)の上市」を中心に総額100億円の成長投資を行うとしている。

PostPrime <198A>  730円  +100 円 (+15.9%) ストップ高   本日終値
3日連続ストップ高。20日に東証グロース市場に新規上場した直近IPO銘柄で、初日は午前9時に公開価格と同じ450円で初値をつけた後、ストップ高の530円に上昇。21日は取引時間中には値がつかず、ストップ高配分で取引を終了していた。この日も買いが衰えておらず、前週末比85円高の715円で寄り付くと午前中の早い時間にストップ高の730円に上昇し、その後は同水準に張り付く展開となった。金融・経済情報のSNS「PostPrime」を運営していることから投資家になじみがあるうえ、高橋ダニエル圭社長はユーチューバーの高橋ダン氏としての知名度が高い。直近IPOならではの需給面でのしこりのなさから、値動きの軽さを期待した短期資金が流入しているようだ。

アズパートナーズ <160A>  2,523円  +289 円 (+12.9%)  本日終値
4日続伸。前週末21日の取引終了後、新たな事業として介護DXサポート事業の本格的な展開を始めると発表した。高齢者ホームのデジタル化を全面的にサポートし、IoT・ICT機器の導入をはじめ、効率的な人員配置やサービスの質の向上、収益の改善を目指す。これが買い材料視された。

ノバレーゼ <9160>  321円  +25 円 (+8.5%)  本日終値
急反発。ティーケーピー<3479>が前週末21日の取引終了後、資本・業務提携により同社を持ち分法適用会社化すると発表しており、これを好感した買いが流入した。6月24日付で既存株主から825万株を31億3500万円(1株380円)で取得する。これによりTKPはノバレーゼ発行済み株数の33.00%を保有することになり、ノバレーゼはTKPの持ち分法適用会社となる。今回の提携により、出店ペースの加速を目的とした物件情報の連携や地域創生事業並びに建物及び空間の再生事業における協業、ノバレーゼの保有する施設の平日稼働の促進などのシナジーを期待しているという。なお、同件が24年12月期業績に与える影響は精査中としている。

アソインターナショナル <9340>  1,155円  +82 円 (+7.6%)  本日終値
反発。前週末21日の取引終了後、しもだ矯正歯科クリニック(福岡市中央区)と独占的通常実施権許諾契約を締結し、歯科技工物製品「ZERO TUBE SYSTEM」の販売を開始すると発表したことが好感された。「ZERO TUBE SYSTEM」は、同クリニックが発明した歯科技工物(矯正装置)「ZERO Tube Bracket」に関連するライセンスを得て販売するもので、従来の歯科矯正用装置(ワイヤーブラケット)が既製品なのに対して、「ZERO TUBE SYSTEM」は全て患者個々の歯面形状に合わせてデザインからカスタムメイドするのが特徴。また、全ての歯とワイヤーを密接な位置関係に設定することが可能になり、ワイヤーから生じる矯正力をより正確に歯に伝えることができるため、歯科医師の意図に沿った歯牙移動が実現でき、治療期間の短縮も期待できるという。なお、同件による24年6月期業績への影響はないとしている。

レントラックス <6045>  455円  +24 円 (+5.6%)  本日終値
切り返し急。前週末21日の取引終了後、5月度の月次実績を発表した。売上高は前年同月比33.3%増の3億4400万円となり、好感されたようだ。同社は成果報酬型広告サービスや中古建設機械の海外販売などを展開する。取扱高は同3.6%増の24億4400万円。レントラックスに登録した広告掲載媒体の運営者数は前月比1346人増加の5万7625人となった。

大同工業 <6373>  961円  +39 円 (+4.2%)  本日終値
上値追い加速、1000円大台を視野に入れる強調展開をみせている。時価は22年1月以来約2年半ぶりの高値圏に浮上した。ホンダ向けを主力とするチェーンメーカーで、二輪車用ドライブチェーンで圧倒的な商品シェアを持つグローバルニッチトップに位置付けられている。今3月期営業利益は前期比10倍の23億円と変貌を見込むほか、27年3月期に営業利益44億円という新中期経営計画を掲げており、成長期待が高まっている。一方で、株価指標面ではPER6倍前後、PBR0.3倍前後と超割安に放置されていたことで、急速人気化の経緯をたどっている。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 18:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2024年06月23日

[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(06/28週〜09/27週 ] 6月下旬から7月下押すか 戻りは僅かで8月中旬から9月下旬まで失速 弱気相場入り 中国景気6月7月横ばいか8月9月やや上向くか



日経平均・NYダウ長期予想

※3ヶ月先行指数は、米国の経済指標を基に米国景気(相場)を予測したものです。週間でのVIX指数終値が25を下回っており、先行指数による予想は復活中です。米国における重要な基礎データの公開が停止されたため、2023/06/30週以降の先行指数は、統一性、連続性、予想精度が失われます。

長期成長指数は、7月上旬まで上向くか。7月中旬から下旬は、僅かに下向くか。8月から9月中旬は、僅かに上向くもピークアウトが出現。9月下旬から下向くか。

2023/04/14週から「長期トレンド指数>長期成長指数」となる「強気(買い)相場入り」サインが点灯するも、2024/09/20週をもって消滅。

2024/09/27週から「長期トレンド指数<長期成長指数」となる「弱気(売り)相場入り」サインが新たに点灯。

6月下旬から7月下旬は、ややもたつくか。
8月は上旬は少し戻すも、8月中旬から9月中旬は徐々に失速するか。
9月中旬からは、更に失速し、弱気相場入りか。

上値があれば、確実な利益確定が必要となるか。

3ヶ月先行予測指数(2024/06/14週〜2024/09/27週)

※3ヶ月先行指数は、米国の経済指標を基に米国景気(相場)を予測したものです。 saishin-coment20240927.png

ただし、VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。

N225(日経平均長期予想) 前1年間の先行指数予想と結果(2023/09/29〜2024/09/27)

saishin-225-year20240927.png

NYDow(DJI)長期予想 前1年間の先行指数予想と結果(2023/09/29〜2024/09/27)
saishin-ny-year20240927.png

NYDow(DJI)長期予想 3ヶ月先行予測指数(長期スケール&長期トレンド)(1989〜2024)

1989-2023-ny-suke20230303.png

NYDow(DJI)長期予想 3ヶ月先行予測指数(長期成長指数&長期トレンド)(1989〜2024)

1989-2023-ny-seitr20230303.png

日経平均株価長期予想 3ヶ月先行予測指数(長期スケール)及びドル円(1989〜2024)

1989-2023-225-suke-yendoll20230303.png

株式相場3ヶ月先行指数の先読みポイント

週イチ5分株まとめ:長期的な見通し:短期成長指数&長期成長指数

短期成長指数は、06/28週は、下落へ。
07/19週までは、下落へ。
07/26週〜08/30週は、上昇へ。ピークアウトが出現。
09/06週〜09/27週は、下落へ。

長期成長指数は、06/28週は、上昇へ。
07/05週までは、上昇へ。
07/12週〜07/26週は、下落へ。
08/02週〜09/13週は、上昇へ。ピークアウトが出現。
09/20週〜09/27週は、下落へ。

7月上旬にかけて、上向くか。
7月中旬から7月下旬は、下向くか。
8月から9月中旬は、僅かに上向くか。
9月中下旬から、下向くか。

06/28週において、長期的には、弱買いか。

週イチ5分株まとめ:中期的な見通し:長期トレンド指数

長期トレンド指数は、06/28週は、上昇へ。プラス幅が拡大。
08/09週までは、上昇へ。ピークアウトが出現。
08/16週〜09/27週は、下落へ。プラス幅が縮小。

6月から8月上旬にかけて、再び上向くもピークアウトが出現。
8月中旬から9月下旬は、下向くか。

06/28週において、中期的には、弱買いか。

週イチ5分株まとめ:短期的な見通し:成長Diff

06/28週は、下落へ。プラス幅が縮小。
07/05週までは、下落へ。プラス幅が縮小。
07/12週は、下落へ。マイナス値に転落。
07/19週は、下落へ。マイナス幅が拡大。
07/26週〜08/02週は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
08/09週は、上昇へ。プラス値に復帰。
08/16週は、上昇へ。プラス幅が拡大。
08/23週〜09/20週は、下落へ。プラス幅が縮小。
09/27週は、下落へ。マイナス値に転落。

6月下旬から7月中旬にかけて下押すか。
8月中旬までは、少し上向くも勢いは無いか。
8月中下旬から9月下旬は、下押すか。

06/28週は、短期的には、売りか。


6月上旬に発表された中国PMI(財新)によると、中国景気は、6月7月は横ばいか。8月9月は少し上向くか。

米FRBは、インフレ懸念が根強いことから、利上げ継続の可能性も残しつつ、利上げ停止を継続するか。


VIX指数は、06/21週は、66週連続終値で25超が出現せず。週末終値は、13.20。市場心理は、まだ落ち着いていたか。

VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。

今週の予想まとめ

◎長期的予想見通し・・・弱買い
◎中期的予想見通し・・・弱買い
◎短期的予想見通し・・・売り

短期的には、売りサインが点灯。中期的には、買いサインが点灯。
長期的には、地味に買いサインが点灯中。

N225(日経平均株価) 先行指数と循環的アノマリー(2024/06/07〜2024/09/27)

saishin-225-roano20240927.png

積分系・・・相場の基調を予想 ※微分系・・・相場の瞬発力を予想

NYDow(DJI) 先行指数と循環的アノマリー(2024/06/07〜2024/09/27)

saishin-ny-roano20240927.png


06/28週は、成Diffは、下落へ。プラス幅が縮小。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス値に転落。
下押し圧力が、かかり始めるか。

07/05週は、成Diffは、下落へ。プラス幅が縮小。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
下押し圧力が、かかり始めるか。

07/12週は、成Diffは、下落へ。マイナス値に転落。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
下押し圧力が、かかり始めるか。

07/19週は、成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
下押し圧力が、かかり始めるか。

07/26週は、成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。
短期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
下押し圧力が、かかり始めるか。

08/02週は、成Diffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス値に復帰。
上押し圧力が、かかり始めるか。

08/09週は、成Diffは、上昇へ。プラス値に復帰。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。ピークアウトが出現。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。
上押し圧力が、残るか。

08/16週は、成Diffは、上昇へ。プラス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
上押し圧力が、鈍るか。

08/23週は、成Diffは、下落へ。プラス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
上押し圧力が、更に鈍るか。

08/30週は、成Diffは、縮小へ。プラス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。
上押し圧力が、更に鈍るか。

09/06週は、成Diffは、下落へ。プラス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
上押し圧力が、更に鈍るか。

09/13週は、成Diffは、下落へ。プラス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
下押し圧力が、生じ始めるか。

09/20週は、成Diffは、下落へ。プラス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス値に転落。
下押し圧力が、生じ始めるか。

09/27週は、成Diffは、下落へ。マイナス値に転落。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス値が継続。
下押し圧力が、かかるか。

循環性アノマリーには、積分系(相場の方向性を示唆)と微分系(相場の瞬発力を示唆)の2種類あり。ともに、+10以上は、好調。+10〜−10は、軟調。−10以下は、不調。の傾向あり。グラフ右軸の数値は先行指数用。循環性アノマリーは、点線の緑+10と、点線の赤−10が有意。横軸の日付のみ有意。上昇、下落のタイミングのみを日々の日経平均株価終値・NYダウ終値から数学的に予想(予測)。あくまでアノマリーですので、ご留意を。

N225では、06/28週〜09/27週に注意が必要か。

NYダウでは、06/28週〜08/30週、09/20週〜09/27週に注意が必要か。





投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆日経平均予想見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする