◆新着記事一覧◆
[格付け・レーティング情報] 信越化学,三浦工業,日産自,マツダ,良品計画,東宝
[上方修正・増配材・好料情報] グリーンモンスター,イオン九州,スターティア,ブイキューブ,SHIF…
[上方修正・増配材・好料情報] 富士変速,フューチャー,ニデック,コメリ,タムロン,イーグル工,Gen…
[格付け・レーティング情報] 日清食HD,TKP,ダイセル,ディスコ,TDK,村田製,三菱重,サイゼリヤ…
[S高|株価値上注目銘柄] ジャムコ,JTOWER,日本郵船,横浜ゴム,ティーケーピー,ちゅうぎんF,ギ…
[株式分割情報] ニデック(6594) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] 日清食品,TKP,ダイセル,リクルート,明電舎,サイゼリヤ
[上方修正・増配材・好料情報] PostPrime,J.フロント,ピクスタ,いい生活,ブロードエンタ,…
[上方修正・増配材・好料情報] インソース,JMHD,ホテルレジR,郵船
[格付け・レーティング情報] キユーピー,ホギメデ,イオンファン,特殊陶,ローツェ,ホシザキ,良品計画,…
[S高|株価値上注目銘柄] メタプラネット,サーティワン,JR九州,ウエルシア,帝人,AIAIグループ,…
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(07/26週〜10/25週 ] 8月上旬まで強含むも中旬か…
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2023-24年発表分)
[上方修正・増配材・好料情報] クリアル,WDI,帝人,AGS,KLab,インタートレード,いい生活,カ…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証グロース銘柄一覧(07/19週終値現在)
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証スタンダード銘柄一覧(07/19終値現在)
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2024/07/19週 ▲710,324円】NYDow 続伸 経済ソフトランディング…
[格付け・レーティング情報] キューピー,ホギメディ,イオンファ,日特陶,神戸製鋼,住SBI銀,ゆうち…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割銘柄一覧(07/19週終値現在)
[株式分割情報] AIAIグループ(6557) 1株⇒2株
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] サン電子,カナモト,シーイーシー,安田倉庫,三菱製紙,フォーバル,シャープ,日立製作所,西華産業,コロプラ,レーザーテック,クミアイ化学工業,三協フロンテア,クラダシ,光・彩,ジェイフロンティア,ファンペップ,ベステラ
2024年06月10日

[S高|株価値上注目銘柄] サン電子,カナモト,シーイーシー,安田倉庫,三菱製紙,フォーバル,シャープ,日立製作所,西華産業,コロプラ,レーザーテック,クミアイ化学工業,三協フロンテア,クラダシ,光・彩,ジェイフロンティア,ファンペップ,ベステラ



※S高銘柄一覧



<2934> ジェイフロ   東証G  一時  ウエルシア薬局が『SOKUYAKU(ソクヤク)』を導入
<5535> ミガロHD   東証P  一時  前日もストップ高
<5820> 三ッ星     東証S      電気自動車関連
<5884> クラダシ    東証G  配分  株主優待制度導入を発表 19.56万株買残
<6736> サン電子    東証S      米投資会社によるTOB実施が伝わる
<7073> ジェイック   東証G      前日もストップ高。人工知能関連
<7357> ジオコード   東証S      生成AI関連
<7878> 光・彩     東証S      2〜4月期営業利益4倍化で対通期進捗率も5割超え

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <5884> クラダシ   東証G   34.8   310 S 24年6月末時点の株主から株主優待制度を導入
2. <5820> 三ッ星    東証S   26.1  1935 S 電気自動車関連
3. <186A> アストロHD 東証G   23.5  1246 
4. <7073> ジェイック  東証G   20.7  4080 S 人工知能関連
5. <7878> 光・彩    東証S   19.4  3090 S 2〜4月期営業利益4倍化で対通期進捗率も5割超え
6. <6659> メディアL  東証S   19.1   168 
7. <6736> サン電子   東証S   19.0  4390 S 米投資会社による1株4400円でのTOB実施を材料視
8. <2934> ジェイフロ  東証G   18.2  2675  ウエルシア薬局が『SOKUYAKU』を採用
9. <4893> ノイル    東証G   17.5   235  固形がん対象の自家CAR-T細胞療法の臨床試験結果を米学会で報告
10. <7357> ジオコード  東証S   17.1  1027 S 生成AI関連
11. <7014> 名村造    東証S   17.0  2439 
12. <7083> AHC    東証G   16.9  1170 
13. <9678> カナモト   東証P   16.5  2989  24年10月期上期営業利益が前年同期比16%増と好調
14. <4884> クリングル  東証G   15.0   822 
15. <9692> シーイーシー 東証P   14.7  2055  高水準の自己株式取得実施を好感
16. <5535> ミガロHD  東証P   12.5  5120  顔認証プラットフォームが『THE TOWER HIRAKATA』に採用
17. <6637> 寺崎電気   東証S   12.3  2225 
18. <5216> 倉元     東証S   12.2   534 
19. <3905> データセク  東証G   10.8  2010  人工知能関連
20. <4881> ファンペップ 東証G   10.7   176  『FPP004X』の第1相臨床試験開始時期公表で進捗への期待感高まる
21. <1433> ベステラ   東証P   10.0  1033  業績上方修正や累進配当導入をポジティブ視
22. <2721> JHD    東証S   9.9   278 
23. <7069> サイバーバズ 東証G   9.7  1532 
24. <9324> 安田倉    東証P   9.7  1783  PBRは依然として0.5倍台で株価の水準訂正が加速
25. <6492> 岡野バ    東証S   9.2  5300 

サン電子 <6736>  4,390円  +700 円 (+19.0%) ストップ高   本日終値
急騰。米投資会社のTrue Wind Capital傘下のファンドが10日、関東財務局に公開買付届出書を提出し、サン電子に対し1株4400円でTOB(株式公開買い付け)を実施することが明らかになった。値上がり益や配当金の取得を目的とするほか、経営陣や取締役会との建設的な対話を通じ、中長期的な観点での潜在的な企業価値など最大化に貢献することを目指すとしている。これを材料視した買いがサン電子に集まったようだ。買付予定数の下限は379万3400株(所有割合17.00%)で、上限は423万9500株(同19.00%)。応募株数が下限に満たない場合、応募株券の全部の買い付けは実施しない。サン電子の上場は維持される予定。買付期間は10日から7月22日までとしている。

カナモト <9678>  2,989円  +424 円 (+16.5%)  本日終値  東証プライム 上昇率トップ
急動意。同社は北海道を地盤に建設機械レンタルを主力に手掛け、関東エリアにも営業展開を図るなど業容拡大に積極的だ。建機レンタルの単価改善などが寄与して足もとの収益は好調に推移、前週末7日取引終了後に発表した24年10月期上期(23年11月〜24年4月)決算は営業利益が前年同期比16%増の61億8800万円と2ケタ伸長をみせており、これを手掛かり材料に上値を見込んだ投資資金が流入した。PBR0.7倍台とバリュー株の側面をもっており、水準訂正狙いの買いが入りやすい。

シーイーシー <9692>  2,055円  +264 円 (+14.7%)  本日終値  東証プライム 上昇率2位
急伸。前週末7日取引終了後、取得上限200万株(自己株式を除く発行済み株数の5.95%)、または30億円とする自社株買いの実施を発表した。あわせて決算発表を行っており、これらが好感され買われた。自社株買いの期間は6月10日から12月31日まで。取得した株式は来年1月17日付で消却する。あわせて発表した2〜4月期連結決算は売上高が前年同期比6.3%増の140億4900万円、営業利益が同4.2%増の19億1900万円だった。顧客企業の堅調なICT投資が追い風となった。なお、通期の増収減益見通しは据え置いた。

安田倉庫 <9324>  1,783円  +158 円 (+9.7%)  本日終値  東証プライム 上昇率5位
マドを開けて続急伸、きょうで5連騰となり上場来高値を連日で更新する展開。日銀の金融正常化に向けた動きを背景に一部グロース株からバリュー株への資金シフトの動きが観測されており、その流れに乗った形。東証がプライム・スタンダード上場企業に要請する「資本コストや株価を意識した経営」では、PBRが1倍を割り込んでいる企業に経営努力を促す方向で圧力がかかっており、これが低PBR企業の株価を刺激している。同社は倉庫業を中核とする物流大手だが、業績好調に推移する一方でPBRの低さが際立っている。株価は青空圏を走っているものの、PBRは依然として会社解散価値の半値水準である0.5倍台に過ぎない。

三菱製紙 <3864>  837円  +69 円 (+9.0%)  本日終値  東証プライム 上昇率6位
大幅続伸。5月21日につけた高値801円をクリアし、2017年11月以来約6年7カ月ぶりの高値圏に突入した。業績は回復色を際立たせている。主力の情報用紙など価格引き上げに伴い利益率が上昇し、生産合理化やコスト削減努力なども寄与している。営業利益が急変貌を果たした前期に続き、25年3月期も同利益は前期比48%増の80億円と5割近い増益を見込む。PER4倍台、PBR0.3倍台は株価がイレギュラー価格に放置されていることを示唆しており、投資資金の攻勢が改めて顕在化している。

フォーバル <8275>  1,400円  +85 円 (+6.5%)  本日終値
続伸。同社はきょう、西武信用金庫(東京都中野区)とビジネスマッチング契約を締結し、中小企業のグリーントランスフォーメーション(GX)を支援する「西武GXトライアルプラン」を開始すると発表。これは、これからGXを始める中小企業をはじめ、二酸化炭素(CO2)排出量を可視化したいといった脱炭素や環境配慮に対して積極的に取り組もうとしている中小企業に、フォーバルの持つノウハウと独自ツールを提供するとしている。

シャープ <6753>  979.1円  +58.2 円 (+6.3%)  本日終値
5営業日ぶりに反発。同社は7日、大阪府堺市にある自社の液晶パネル工場関連の土地及び建物を活用した大規模な人工知能(AI)データセンターの構築に向けて、ソフトバンク<9434>と基本合意書を締結したと発表。ソフトバンクはシャープ堺工場の敷地面積全体の約6割にあたる約44万平方メートルの敷地と延べ床面積約75万平方メートルの建物に、受電容量が約150メガワット規模のデータセンターを構築して、25年中の本格稼働を目指すという。また、将来的には受電容量を400メガワット超の規模まで拡大する見込みだとしている。

日立製作所 <6501>  17,150円  +800 円 (+4.9%)  本日終値
上場来高値を更新。同社は7日、子会社の日立エナジーが変圧器や高電圧製品の製造能力向上に向けて、2027年にかけて45億ドルを追加投資すると発表した。スウェーデンの工場の増強やインド拠点を含めて人員を拡充する方針。生成AIの普及やデータセンターの拡大で電力需要の増加が見込まれるなかで、クリーンエネルギーをもとにした電力網の強化を促す。加えて日立は生成AIによりデジタルトランスフォーメーション(DX)支援事業である「ルマーダ」を強化する方針も示しており、成長戦略を好感した買いを集めたようだ。

西華産業 <8061>  4,220円  +190 円 (+4.7%)  本日終値
大幅高で3日続伸。前週末7日の取引終了後、日本フェンオール<6870>株式の107万400株を6月13日付で取得し、持ち分法適用関連会社とする資本・業務提携契約を締結したと発表しており、好材料視された。消火設備の製造で高い技術力を有するフェンオールと更なる緊密な関係を築くとともに、西華産の販売力とフェンオールの多様な製品ラインアップの活用を通じて、事業の拡大を図ることが目的。株式の取得価額は18億500万円で、取得後の議決権所有割合は23.34%となる。なお、25年3月期業績への影響は精査中としている。

コロプラ <3668>  618円  +24 円 (+4.0%)  本日終値
5日続伸。前週末7日の取引終了後、ブロックチェーンゲームやメタバースなどを開発・運営するフランスのクリプト・ブロックチェーン・インダストリーズ(CBI)社と資本・業務提携したと発表しており、好材料視された。CBI社は1つのアカウントで複数の異なるワールドをシームレスに探索できるメタバース・プラットフォーム「AlphaVerse」などを開発・運営しており、今回の資本・業務提携に伴いコロプラはCBI社から議決権比率12.5%にあたる株式を1250万ユーロで取得している。あわせて、コロプラの子会社であるBrilliantcryptoは、今後配信するブロックチェーンゲーム「Brilliantcrypto」のパソコン版のEU、イギリス及び南米におけるパブリッシングに関して、CBI社と契約を締結したと発表した。

レーザーテック <6920>  37,400円  +1,200 円 (+3.3%)  本日終値
半導体製造装置関連の主力どころが売り買い交錯のなか高安まちまちの展開。前週末の米国株市場では5月の米雇用統計が予想から上振れ米長期金利が上昇し主要株価3指数が揃って下落したほか、半導体銘柄で構成されるフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)も小幅ながら軟調に推移した。東京市場ではここ最近半導体関連株の動きが冴えず、前週末はヘッジファンドの空売りのターゲットとなっていたレーザーテクは買い戻され9営業日ぶりに反発したものの、その他の主力株は売りに押されるものが目立つ状況だった。きょうも、値ごろ感からの押し目買いは観測されるものの、目先筋のポジション調整の売りが上値を重くしている。

クミアイ化学工業 <4996>  788円  +23 円 (+3.0%)  本日終値
続伸。前週末7日の取引終了後、24年10月期の期末配当予想を18円から20円へ引き上げたことが好感された。年間配当予想は30円(前期45円)となる。同時に発表した第2四半期累計(23年11月〜24年4月)連結決算は、売上高881億円(前年同期比7.7%減)、営業利益88億3000万円(同30.3%減)となったが、4日に下方修正を発表していたことから、これを嫌気する動きは限定的とだった。世界的な農薬の在庫圧縮基調の継続により、農薬及び農業関連事業の国内外向け製品の販売が苦戦した。なお、24年10月期通期業績予想は、売上高1550億円(前期比3.7%減)、営業利益100億円(同29.0%減)の修正予想を据え置いている。

三協フロンテア <9639>  4,250円  +60 円 (+1.4%)  本日終値
続伸。前週末7日の取引終了後、9月30日を基準日として1株を2株に株式分割すると発表したことが好感された。投資単位当たりの金額を引き下げることで株式の流動性を高めるとともに、投資家層の更なる拡大を図ることが目的という。

クラダシ <5884>  310円  +80 円 (+34.8%) ストップ高   本日終値
ストップ高。前週末7日の取引終了後、24年6月末時点の株主から株主優待制度を導入すると発表したことが好感された。毎年6月30日時点で1単元(100株)以上を保有する株主を対象に自社サイトで利用可能なギフトカード「Kuradashi Gift」を保有株数に応じて2000円または4000円分贈呈する。

光・彩 <7878>  3,090円  +501 円 (+19.4%) ストップ高   本日終値
急騰。ジュエリーとジュエリーパーツを製造・販売しているが、ジュエリーパーツが国内外で旺盛な需要を獲得しており、足もとの業績は極めて好調に推移している。同社が前週末7日に発表した25年1月期第1四半期(2〜4月)の決算は営業利益が前年同期比4.2倍の6300万円と大幅な伸びを達成、対通期進捗率も第1四半期段階で約55%に達しており、好決算を好感する買いを呼び込んでいる。株価は5月22日に急動意をみせ底値圏離脱を明示、その後も長い上ヒゲ形成が相次ぐなど荒い値動きながら、上値追いトレンドを強めていた。きょうは売り物薄のなか一気に上げ足に弾みがついた格好だ。

ジェイフロンティア <2934>  2,675円  +412 円 (+18.2%) 一時ストップ高   本日終値
急反発。午前10時ごろ、医療機関・薬局向けオンライン診療・服薬指導・処方薬配送サービス「SOKUYAKU(ソクヤク)」が、ウエルシアホールディングス<3141>子会社のウエルシア薬局に採用されることになったと発表しており、好材料視された。「SOKUYAKU」はスマートフォンを活用し、自宅やオフィスにいながらオンライン診療、服薬指導の受診、最短当日中の薬の受け取りを可能にするオンライン診療・服薬指導・処方薬宅配サービス。ウエルシア薬局は39都道府県に1921店舗(24年4月15日現在)の調剤併設型ドラッグストアを展開しており、「SOKUYAKU」はうち19都府県1692店舗で導入されるという。

ファンペップ <4881>  176円  +17 円 (+10.7%)  本日終値
急反騰。7日の取引終了後、開発中のアレルギーワクチン「FPP004X」について、第1相臨床試験開始時期を25年12月期第1四半期を目標とすると発表したことで、今後の進捗に対する期待感から買われたようだ。また、「FPP004X」に関するオプション契約を締結し、全世界での全疾患に対する独占的研究開発・商業化権の取得に関するオプション権を保有している塩野義製薬<4507>が同日開催の「R&D Day 2024」で、「FPP004X」のアレルギー性鼻炎モデルでの非臨床試験における有効性などを紹介しており、これも好材料視されている。

ベステラ <1433>  1,033円  +94 円 (+10.0%)  本日終値  東証プライム 上昇率4位
続急伸。前週末7日の取引終了後、25年1月期の連結業績予想について、売上高を100億円から110億円(前期比17.1%増)へ、営業利益を4億2000万円から5億円(同2.0倍)へ、純利益を3億5000万円から4億円(同73.1%増)へ上方修正したことが好感された。プラント解体の豊富な工事需要を背景に、受注状況は過去最高水準で推移していることに加えて、前期に受注した大型工事が想定を上回るペースで順調に進捗していることが要因。また、強みであるスクラップ取引において、工事中盤から終盤にかけてスクラップの搬出と共に利益額が大きく上振れる予定であることも寄与する。なお、同時に発表した第1四半期(2〜4月)決算は、売上高29億5800万円(前年同期比92.4%増)、営業利益1700万円(前年同期3500万円の赤字)、最終損益2900万円の赤字(同3100万円の赤字)だった。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック