◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配材・好料情報] ARM,信越化学,アピリッツ,信金中央,東北新社,ムサシ,創健社,アーレ…
[格付け・レーティング情報] 東洋水,日軽金HD,ニデック,川重,パンパシHD,IDOM,東エレク,三井…
[S高|株価値上注目銘柄] サンバイオ,エムアップ,岡三証券グループ,岩谷産業,三井住友FG,IDOM,…
[格付け・レーティング情報] パーソル,レゾナク,川重,パンパシ,IDOM,東エレク
[上方修正・増配材・好料情報] 三井松島,ドーン,ピクセルカンパニーズ,ハウス食,DDグループ,あいH…
[上方修正・増配材・好料情報] サムティ,大同信号,エムアップ,ホリイフード,ココナラ
[格付け・レーティング情報] 大林組,JINSHD,三越伊勢丹,セブン&アイ,Appier,メドレー,…
[S高|株価値上注目銘柄] 住石ホールディングス,クレディセゾン,エムアップ,フォスター電機,リクルー…
[格付け・レーティング情報] クラレ,TIS,エイピア,メドレー,サカタインク,関西ペイント,フジクラ,…
[上方修正・増配材・好料情報] 日本郵政,フェニックスバイオ,日機装,Orchestra,インターネ…
[上方修正・増配材・好料情報] ITbook,ジーエヌアイ,ヒューマン,スターティア,フェイスネット…
[格付け・レーティング情報] 三越伊勢丹,ネクソン,クレスコ,東洋合成,NEC,アルバック,日電子,スズ…
[株式分割情報] リベルタ(4935) 1株⇒2株
[S高|株価値上注目銘柄] 山一電機,日本電子材料,東洋エンジニアリング,三浦工業,宮地エンジ,三越伊…
【立会外分売結果】太洋テクノレックス(6663) 【終値:308円:+4円:+1.31%】楽天・松井・SBI・SBIネ…
[株式分割情報] カクヤスグループ(7686) 1株⇒3株
[株式分割情報] 前田工繊(7821) 1株⇒2株
[株式分割情報] 三井住友フィナンシャルグループ(8316) 1株⇒3株
[格付け・レーティング情報] F&LCO,東洋合成,三井金属,UACJ,NEC,オリンパス,コメリ,ケー…
[上方修正・増配材・好料情報] エイチワン,リブセンス,アトラエ,三井海洋開発,椿本チエイン,大同工業…
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] ローツェ,ベルク,三井不動産,大黒天物産,東京エネシス,TOYOT,富士フイルム,レーザーテック,クリーマ,G−FACTORY,エコモット,トリプルアイズ,トラースOP,エスケイジャパン,オオバ,ヤマトインタ,神島化学工業
2024年04月12日

[S高|株価値上注目銘柄] ローツェ,ベルク,三井不動産,大黒天物産,東京エネシス,TOYOT,富士フイルム,レーザーテック,クリーマ,G−FACTORY,エコモット,トリプルアイズ,トラースOP,エスケイジャパン,オオバ,ヤマトインタ,神島化学工業



※S高銘柄一覧



<2164> 地域新聞社   東証G  一時  
<2999> ホームポジ   東証S  配分  前日もストップ高。不動産関連 6.63万株買残
<3260> エスポア    名証N  一時  不動産関連
<3474> G−FAC   東証G  配分  株主優待制度を再開、3000円相当の食事券贈呈 3.55万株買残
<3648> AGS     東証S      データセンター関連
<3814> アルファクス  東証G  一時  
<3905> データセク   東証G  配分  前日まで3日連続ストップ高。人工知能関連 24.07万株買残
<3987> エコモット   東証G      グループ会社が『ICTサポーター』に認定
<4017> クリーマ    東証G      25年2月期営業利益3倍化を見込む
<4288> アズジェント  東証S  配分  前日まで2日連続ストップ高。情報セキュリティ関連 5.4万株買残
<4761> さくらKCS  東証S  一時  前日まで2日連続ストップ高。データセンター関連
<5026> トリプルアイ  東証G      AIソリューション成長で2月中間期は経常黒字転換
<6323> ローツェ    東証P      想定以上の好決算や株式分割を好感

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <4017> クリーマ   東証G   25.0   400 S 25年2月期の営業利益予想は3倍、前期は黒字転換
2. <3474> G−FAC  東証G   23.9   415 S 株主優待制度の再開を好感
3. <3905> データセク  東証G   23.0  2140 S 『先端AIデータイノベーション研究所』を設立
4. <6323> ローツェ   東証P   22.9  26830 S 今期最高益見通しや株式分割を好感
5. <3987> エコモット  東証G   20.0   481 S グループ会社が『ICTサポーター』に認定
6. <2999> ホームポジ  東証S   19.4   492 S 株主優待実施で関心向かう
7. <5026> トリプルアイ 東証G   18.2   975 S AIソリューション成長で2月中間期は経常黒字転換
8. <3260> エスポア   名証N   17.0  3030  不動産関連
9. <3648> AGS    東証S   16.4  1067 S 『サプライヤー・マネジメント・クラウド』を提供開始
10. <5216> 倉元     東証S   15.6   208 
11. <5243> ノート    東証G   15.2   582  人工知能関連
12. <4288> アズジェント 東証S   15.1   761 S 情報セキュリティ関連
13. <6696> トラースOP 東証G   13.6   409  加賀電子グループ企業にAI電力削減ソリューション提供開始
14. <9974> ベルク    東証P   13.5  7970  25年2月期営業益予想21%増で8円増配へ
15. <2164> 地域新聞社  東証G   11.0   523 
16. <3814> アルファクス 東証G   10.7   496 
17. <7608> SKジャパン 東証S   10.6   811  今期は記念配当含め年8円増配を計画
18. <5574> ABEJA  東証G   10.6  3660  24年8月期一転営業減益へ下方修正
19. <4584> キッズバイオ 東証G   10.1   163 
20. <3498> 霞ヶ関C   東証P   9.8  17490  不動産関連
21. <3778> さくらネット 東証P   9.8  5830  データセンター関連
22. <9268> オプティマス 東証S   9.6  1005 
23. <9765> オオバ    東証P   9.5  1126  配当予想3円増額と上限20万株の自社株買いを発表
24. <5885> ジーデップ  東証S   8.9  11300  人工知能関連
25. <6266> タツモ    東証P   8.7  4130  半導体製造装置関連

ローツェ <6323>  26,830円  +5,000 円 (+22.9%) ストップ高   本日終値  東証プライム 上昇率トップ
ストップ高。11日取引終了後、25年2月期連結業績予想について売上高を前期比29.5%増の1207億8400万円、営業利益を同31.0%増の316億1700万円と発表。売上高、営業利益とも2期ぶりに過去最高を更新する見通しとなった。あわせて株式分割の実施も発表しており、これらが好感され買いが膨らんだ。中国市場での急激な需要増に対応するため増産体制を構築、整備していく。想定為替レートは1ドル=144円。同時に発表した24年2月期決算は売上高が前の期比1.3%減の932億4700万円、営業利益が同8.6%減の241億3800万円だった。第1四半期は半導体メーカーの設備投資計画先送りの影響があったが、第2四半期以降は中国向け需要の回復で堅調に推移した。株式分割については8月31日を基準日として1株を10株に分割する。この株式分割を考慮した今期の配当予想は16円(考慮前160円)としており、前期実績(135円)から実質増配となる見込みだ。このほか、取得上限1万5000株、または5億円とする自社株買いの実施も明らかにした。

ベルク <9974>  7,970円  +950 円 (+13.5%)  本日終値  東証プライム 上昇率2位
大幅高で新値追い。同社は11日取引終了後、25年2月期通期の連結業績予想を公表。営業利益の見通しを前期比20.8%増の175億900万円としていることや、年間配当計画を前期比8円増配の116円としていることが好感されたようだ。営業収益は同7.1%増の3767億2400万円を見込む。購買頻度の高い商品群の価格強化を一層推進するとともに、自社ブランドや直輸入商品の取り扱いなどを拡大し、商品力強化及び売り場の活性化を図るとしている。また、30年2月期の営業収益目標を5000億円以上とする中期経営計画もあわせて発表している。

三井不動産 <8801>  1,675円  +121.5 円 (+7.8%)  本日終値  東証プライム 上昇率8位
3日ぶりに急反発した。11日の取引終了後、前期の配当予想の増額修正と自社株買いの実施を発表したほか、新たな長期経営方針も公表し、ポジティブ視されたようだ。同社は前期の期末配当について、従来の予想から10円増額の47円となる見通しを発表した。年間配当予想は82円(前の期比20円増配)となる。取得総数4000万株(自己株式を除く発行済み株式総数の1.43%)、取得総額400億円を上限とする自社株買いも実施する。取得期間は4月12日から25年3月31日まで。新長期経営方針では、31年3月期前後の定量目標として、EPS(1株利益)成長率を年間でプラス8%以上、ROE(自己資本利益率)10%以上を掲げ、27年3月期に純利益を2700億円以上(24年3月期見通しは2200億円)に伸ばす方針。また25年3月期からの3カ年の総還元性向を毎期50%以上、配当性向を同35%程度とする計画も示した。24年3月期にもこの株主還元方針を適用する。

大黒天物産 <2791>  9,280円  +580 円 (+6.7%)  本日終値
大幅高。11日取引終了後に24年5月期連結業績予想について、売上高を2641億8700万円から2704億7600万円(前期比11.7%増)へ、営業利益を73億5500万円から89億4100万円(同98.8%増)へ、純利益を45億8800万円から61億9200万円(同98.7%増)へ上方修正し、あわせて期末一括配当予想を29円から33円(前期29円)へ引き上げた。これを好感した買いが入った。同社の優位性である競合他社との価格差がより顕著となり、顧客からの支持を得ることができたことから、既存店売上高が計画を大きく上回って推移していることが売上高・利益を押し上げる見通し。また、電気代の削減や生産性向上による人件費の削減などに取り組んだ成果も織り込んだとしている。同時に発表した第3四半期累計(23年6月〜24年2月)決算は、売上高2001億3600万円(前年同期比12.5%増)、営業利益66億3300万円(同2.4倍)、純利益41億9000万円(同2.5倍)だった。

東京エネシス <1945>  1,371円  +54 円 (+4.1%)  本日終値
大幅高。東京電力ホールディングス<9501>を主要顧客に火力や原子力発電所のほか、バイオマスなどの再生可能エネルギー発電所の建設工事やメンテナンスを展開しており、足もとの業績は会社側の想定を上回って好調に推移している。11日取引終了後に24年3月期業績予想の修正を発表、経常利益は従来見通しの35億円から51億円(前の期比84%増)に大幅上方修正された。バイオマス発電所の建設工事や、原発の安全対策関連工事などが収益に貢献、経常利益段階では為替予約にかかわるデリバティブ評価益などの増加も反映された。株主還元も強化し、24年3月期の年間配当を従来計画の40円から45円(前の期実績は40円)に増額した。これらを好感する形で投資資金が集中する格好となった。

TOYO TIRE <5105>  2,966円  +107 円 (+3.7%)  本日終値
反発。岩井コスモ証券は11日、同社株の投資判断「A」を継続するとともに、目標株価を3100円から3350円に引き上げた。同社は国内4位のタイヤメーカーで大口径に強みを持ち、北米を収益の柱としている。24年12月期の連結純利益は前期比37.7%減の450億円と減益が予想されている。ただ、想定為替レートは1ドル=135円と保守的であり、同証券では560億円への上振れを見込んでいる。また、今期配当は前期比5円増の105円が計画されているが、同社は配当性向30%以上を軸とした長期安定配当を掲げており110円への更なる増配も期待している。

富士フイルム <4901>  3,488円  +115 円 (+3.4%)  本日終値
4日ぶりに反発し、年初来高値に接近した。12日、製薬企業に対しバイオ医薬品の開発・製造など幅広くサービスを提供するフジフイルムダイオシンスバイオテクノロジーズ(FDB)の北米拠点において、約1800億円(12億ドル)の大規模投資を行うと発表した。中期的な事業拡大を期待した買いが株価を押し上げたようだ。FDBがノースカロライナ州で建設し、2025年に稼働予定の新拠点において、抗体医薬品の原薬製造設備を大幅に増強する。増強設備の稼働は28年を予定。成長が見込まれる抗体医薬品市場において、旺盛な製造委託ニーズに応じる。

レーザーテック <6920>  43,300円  +1,250 円 (+3.0%)  本日終値
東京エレクトロン<8035>、ディスコ<6146>などが上値を指向している。前日の米国株市場ではエヌビディアが4%超に買われたのをはじめ半導体関連に買いが集まり全体相場を牽引、フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)も大幅上昇し25日移動平均線を再び上回ってきた。これを受け、東京市場でも相対的に出遅れる同関連株に買いを呼び込んだ。寄り付きはオプションSQ算出に絡みややイレギュラーな値動きを示す銘柄もみられるが、外国為替市場では円安基調が継続するなど追い風環境が意識されやすい。

クリーマ <4017>  400円  +80 円 (+25.0%) ストップ高   本日終値
物色人気集中。同社はクリエイターオリジナルのハンドメイド作品のeコマース市場を運営している。11日取引終了後に24年2月期決算を発表、営業損益段階で4100万円の黒字(前の期は3億8500万円の損失)と赤字から脱却した。また、続く25年2月期は営業利益が前期比3倍となる1億2100万円を予想しており、これを手掛かり材料に投資資金が集結する形となった。

G−FACTORY <3474>  415円  +80 円 (+23.9%) ストップ高   本日終値
急騰。同社は11日取引終了後、株主優待制度を再開すると発表しており、これが好感されたようだ。同社は22年6月末日基準日以降の株主優待制度を廃止していたが、自社の商品や事業の認知度向上及び株式への投資魅力を高めることを目的に再開するという。なお、内容は12月末日時点で1単元(100株)以上を保有する株主に対し、グループの国内直営店及び国内ライセンス店舗で利用できる3000円相当の食事券を贈呈するとしている。

エコモット <3987>  481円  +80 円 (+20.0%) ストップ高   本日終値
ストップ高まで買われた。同社は11日、グループのGRIFFYが国土交通省東北地方整備局の「ICTサポーター」に認定されたと発表。ICTサポーター制度とは、東北地方整備局などから構成される「東北みらい DX・i−Construction 連絡調整会議」が、情報通信技術(ICT)やデジタル技術の先駆者として技術支援を行う企業などをICTサポーターとして認定し、東北地域の地元建設企業への実践的な技術支援(技術指導、技術相談、助言など)により、ICTやデジタル技術の導入・活用の促進を目指す取り組みのこと。GRIFFYは認定により、自社が持つ技術や製品が活用される機会の拡大を図り、東北地域での建設産業の生産性向上に貢献するとしている。

トリプルアイズ <5026>  975円  +150 円 (+18.2%) ストップ高   本日終値
後場に急伸。この日、24年8月期第2四半期累計(23年9月〜24年2月)の連結決算を発表。売上高は前年同期比85.1%増の20億3400万円、経常損益は3300万円の黒字(前年同期は3000万円の赤字)となった。通期の経常損益予想は8600万円の赤字としているが、中間期の段階で経常黒字を確保したことをポジティブ視した買いが入ったようだ。道路交通法改正に伴って、AIZEシステムにアルコールチェッカーとの連携機能を搭載したサービスの受注が増加。AIソリューション事業が成長した。GPUサーバー事業では大型案件の納品により黒字化を達成した。

トラースOP <6696>  409円  +49 円 (+13.6%)  本日終値
反発した。11日の取引終了後、AI電力削減ソリューション「AIrux8」について、加賀電子<8154>グループの加賀FEIへ戦略販売パートナーとして提供を開始すると発表。収益面でのポジティブな影響を期待した買いが入ったようだ。AIrux8は、センサーを通じて施設内の混雑状況などのデータを取得し、AIで解析したうえで、無駄な電力を削減して省エネにつなげるサービス。消費電力削減効果や機能性について確認がとれたことから、加賀電子グループのなかで設備提供を手掛ける加賀FEIにおいて本格的な取り扱いを始める。25年1月期の売上高に与える影響は、AIrux8の販売状況に依存するため、現時点では精査中としている。あわせて同社は、取引先からセットトップボックスの受注も発表。受注金額は1800万円という。

エスケイジャパン <7608>  811円  +78 円 (+10.6%)  本日終値
後場に急騰。12日午後2時、24年2月期の連結決算発表にあわせ、25年2月期の業績と配当予想を開示した。今期の年間配当予想は記念配当5円を含めて25円(前期比8円増配)とし、これをポジティブに受け止めた投資家の買いが集まった。今年12月1日に創立35周年を迎えることから、期末に普通配当に加えて記念配当を実施する。25年2月期は、売上高で前期比3.6%増の110億円、最終利益で同7.4%減の7億円を見込む。

オオバ <9765>  1,126円  +98 円 (+9.5%)  本日終値  東証プライム 上昇率5位
続急伸し、1997年以来の高値圏で推移している。11日の取引終了後、24年5月期の年間配当予想を3円増額して37円(前期比13円増配)にすると発表した。加えて取得総数20万株(自己株式を除く発行済み株式総数の1.25%)、取得総額1億5000万円を上限とする自社株買いの実施と、25万株の自社株消却も公表しており、これらを材料視した買いが入ったようだ。自社株の取得期間は4月12日から2025年2月28日まで。自社株消却は24年4月30日を予定する。あわせて発表した24年5月期第3四半期累計(23年6月〜24年2月)の連結決算は、売上高が前年同期比10.1%増の107億5900万円、最終利益が同2.4倍の7億1800万円だった。

ヤマトインタ <8127>  326円  +17 円 (+5.5%)  本日終値
後場に上げ幅を拡大し、年初来高値を更新した。12日午後2時に24年8月期第2四半期累計(23年9月〜24年2月)の連結決算発表にあわせ、配当予想の修正を発表した。期末配当予想を4円増額して10円に見直し、材料視されたようだ。年間配当予想は16円(前期比4円増配)となる。2月中間期の売上高は前年同期比3.8%増の111億7500万円、経常利益は同41.3%減の2億4600万円だった。

神島化学工業 <4026>  1,684円  +84 円 (+5.3%)  本日終値
3日ぶりに反発した。東京証券取引所が11日の取引終了後、12日付で同社株を貸借銘柄に選定すると発表。株式の流動性向上を期待した買いが入ったようだ。日本証券金融も12日約定分から神島化を貸借銘柄に追加した。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック