◆新着記事一覧◆
[S高|株価値上注目銘柄] クオリプス,東北電力,湖北工業,アイフル,アズビル,大成建設,すららネット,…
【立会外分売結果】南総通運(9034) 【終値:1,102円:▲2円:▲0.18%】楽天・松井・SBI・SBIネオ・岡…
[格付け・レーティング情報] 保土谷化工,三井化学,塩野義薬,参天製薬,アトラエ,ホシザキ,ダイヘン,ア…
[上方修正・増配材・好料情報] オーテック,イチケン,プラネット,ベクターホールディングス,シー・ヴ…
[上方修正・増配材・好料情報] アイフル,共和レザ,エクセディ,サンテック,ホテルレジR,プラネット
[格付け・レーティング情報] アサヒ,東応化,PI,花王,オルガノ,大崎電,全国保証,ゼンショHD,タカ…
[S高|株価値上注目銘柄] 大阪チタ,日本電子材料,バリューコマース,関西電力,高砂熱学工業,住友電気…
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(05/31週〜08/30週 ] 6月中下旬まで上向いた後7月…
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2023-24年発表分)
[上方修正・増配材・好料情報] 明星工業,ファンコミュニケーションズ,紀文食品,JPMC,GMOリサ…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証グロース銘柄一覧(05/24週終値現在)
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証スタンダード銘柄一覧(05/24終値現在)
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2024/05/24週 ▲192,774円】NYDow 反落 利下げ先延ばし観測 ナス…
[格付け・レーティング情報] コムシス,日東紡,プレステIN,花王,ラウンドワン,フジクラ,オルガノ,V…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割銘柄一覧(05/24週終値現在)
[上方修正・増配材・好料情報] 堀場製作,アニコム,光陽社,秩父鉄,Vコマース,ソフトウェア,イトヨー…
[格付け・レーティング情報] 大林組,アサヒ,セブン&アイ,野村総研,エーザイ,第一三共,DIC,サカタ…
[株式分割情報] 日東電工(6988) 1株⇒5株
[S高|株価値上注目銘柄] 日本ヒューム,王将フードサービス,ケイアイスター不動産,ダスキン,ライフネ…
[格付け・レーティング情報] 大林組,アサヒGH,ライフドリ,グリー,野村総研,エーザイ,第一三共,大塚…
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] 有沢製作所,トレファク,湖北工業,MonotaRO,山田コンサル,コシダカHD,ボードルア,コーナン商事,ライク,SRAホールディングス,エービーシー・マート,ソシオネクスト,INPEX,チヨダ,ホームポジション,エヌ・ピー・シー
2024年04月11日

[S高|株価値上注目銘柄] 有沢製作所,トレファク,湖北工業,MonotaRO,山田コンサル,コシダカHD,ボードルア,コーナン商事,ライク,SRAホールディングス,エービーシー・マート,ソシオネクスト,INPEX,チヨダ,ホームポジション,エヌ・ピー・シー



※S高銘柄一覧



<2351> ASJ     東証G      フィンテック関連
<2999> ホームポジ   東証S  配分  株主優待制度実施で利回り妙味 29.29万株買残
<3041> ビューテHD  東証S  一時  資本提携先による納骨堂事業者向けアプリのリリースを材料視
<3469> デュアルT   東証S  一時  前日まで2日連続ストップ高。不動産関連
<3905> データセク   東証G      前日まで2日連続ストップ高。人工知能関連
<4288> アズジェント  東証S      前日もストップ高。情報セキュリティ関連
<4438> Welby   東証G      前日もストップ高
<4761> さくらKCS  東証S      前日もストップ高。データセンター関連
<5208> 有沢製     東証P      来期からの配当方針変更や今期の増配を発表
<6255> エヌピーシー  東証G      部品販売好調で24年8月期業績予想を上方修正
<7413> 創健社     東証S  一時  
<7813> プラッツ    東証G  一時  前日もストップ高

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <3469> デュアルT  東証S   51.3   867  株主優待制度を新設へ
2. <3808> OKウェイヴ 名証N   34.8   89  人材派遣関連
3. <5208> 有沢製    東証P   26.2  1445 S 24年3月期配当予想の増額と配当方針の変更を好感
4. <2999> ホームポジ  東証S   24.1   412 S 株主優待実施で関心向かう
5. <4761> さくらKCS 東証S   23.5  2099 S さくらKCSなど急騰、米マイクロソフトの巨額投資で株高思惑が開花
6. <3905> データセク  東証G   20.8  1740 S 『先端AIデータイノベーション研究所』を設立
7. <6255> エヌピーシー 東証G   18.0   982 S 24年8月期の営業利益予想を上方修正、上期実績は会社計画上回る
8. <4288> アズジェント 東証S   17.8   661 S 情報セキュリティ関連
9. <2351> ASJ    東証G   17.2   545 S フィンテック関連
10. <4438> Welby  東証G   15.9   729 S 中部電力と資本業務提携、調達資金4.97億円を新規事業などに充当
11. <8918> ランド    東証S   14.3    8  今期経常は4倍増益へ
12. <7813> プラッツ   東証G   12.6   895  ハイアールグループと医療介護用電動ベッド合弁会社を設立へ
13. <3350> メタプラ   東証S   12.5   36 
14. <3692> FFRI   東証G   12.4  2426  24年3月期の営業利益予想を上方修正、受注案件増加や人件費減少で
15. <3093> トレファク  東証P   12.2  1601  連続2ケタ増益見通しや中計目標値上方修正を好感
16. <6524> 湖北工業   東証S   11.8  2034  日米海底ケーブル構築へ米グーグルが10億ドル投資と発表し思惑
17. <3064> モノタロウ  東証P   11.5  2008  3月月次業績を評価
18. <6643> 戸上電    東証S   11.2  3205 
19. <7709> クボテック  東証S   10.8   247  円安メリット関連
20. <6653> 正興電    東証P   10.3  1423  データセンター関連
21. <3264> アスコット  東証S   10.2   151  不動産関連
22. <9245> リベロ    東証G   8.9  1629  3月売上高が9カ月連続前年上回る
23. <6898> トミタ電機  東証S   8.8  1654  半導体製造装置関連
24. <6492> 岡野バ    東証S   8.7  4770 
25. <4107> 伊勢化    東証S   8.5  17600 

有沢製作所 <5208>  1,445円  +300 円 (+26.2%) ストップ高   本日終値  東証プライム 上昇率トップ
ストップ高。10日の取引終了後、24年3月期の期末配当予想を25円から40円へ引き上げると発表したことが好感された。年間配当は60円となる。同時に、これまで業績連動配当として総還元性向80%以上とすることを基本方針としていた配当方針を、25年3月期から株主資本配当率(DOE)6%または総還元性向80%以上のいずれか大きい金額とすることに変更した。

トレファク <3093>  1,601円  +174 円 (+12.2%)  本日終値  東証プライム 上昇率2位
急反騰し年初来高値を更新。10日の取引終了後に発表した25年2月期の連結業績予想で、売上高405億6200万円(前期比17.7%増)、経常利益37億3300万円(同10.2%増)と2ケタ増収増益を見込み、年間配当予想を前期比4円増の32円としたことが好感された。アプリ会員の獲得などの継続的な取り組みによる買い取り、販売件数の増加やインフレも背景にした販売単価の上昇などにより単体既存店売上高で前期比3%増を計画。また、国内新規出店は連結で過去最多となる30店舗、海外はタイ及び台湾で年1〜2店舗ペースで出店を継続する計画で、これらにより増収増益を見込んでいる。なお、24年2月期決算は、売上高344億5400万円(前の期比22.1%増)、経常利益33億9000万円(同29.3%増)だった。同時に、昨年11月に発表した26年2月期を最終年度とする中期経営計画の数値目標について、経常利益を40億2000万円から41億9000万円へ上方修正し、あわせて27年2月期の計画を策定し経常利益46億円を目指すとした。リアルの買い取り・販売拠点かつEC販売の拠点となる店舗を年間30〜40店のペースで出店しリユースネットワークを拡大するほか、グループのリユース会社の収益改善により、継続的な利益貢献を実現するとしている。

湖北工業 <6524>  2,034円  +215 円 (+11.8%)  本日終値
急騰。2000円の大台に乗せて年初来高値を更新した。アルファベット傘下のグーグルが米国時間10日、日本と米国の間に2本の海底ケーブルを新設する計画に10億ドル(約1530億円)を投資すると発表した。NEC<6701>とKDDI<9433>が敷設に協力するという。海底ケーブル用光部品を手掛ける湖北工業に対しては、新規の受注による業績押し上げ効果への思惑から買いが入ったようだ。海洋システム事業部門で海底ケーブルの敷設を手掛けるNECも堅調に推移している。

MonotaRO <3064>  2,008円  +207 円 (+11.5%)  本日終値  東証プライム 上昇率3位
大幅に4日続伸し、年初来高値を更新した。10日の取引終了後に開示した3月度の単体の月次業績は、売上高が前年同月比6.6%増の240億3500万円だった。増収率は2月度(14.6%)を下回ったものの、営業日数が前年同月に比べて2日少ない20日となったなかで増収基調を維持した。加えて、新規顧客獲得数は9万2900アカウントと、営業日数が19日だった2月の8万3000アカウントと比べて堅調な伸びを示しており、これらを評価した買いが株価を押し上げたようだ。

山田コンサル <4792>  1,867円  +137 円 (+7.9%)  本日終値  東証プライム 上昇率6位
続急伸。10日の取引終了後、集計中の24年3月期連結業績について、売上高が218億円から221億円(前の期比34.3%増)へ、営業利益が35億円から37億円(同28.9%増)へ、純利益が25億5000万円から28億4000万円(同34.3%増)へ上振れて着地したようだと発表しており、好材料視された。コンサルティング事業において、M&Aアドバイザリー、経営コンサルティング、不動産コンサルティングがそれぞれ案件引き合い・受注が順調だったことが要因としている。なお、業績上振れに伴い、期末配当予想を34円から42円へ引き上げ、年間配当予想を75円(前の期56円)とした。

コシダカHD <2157>  998円  +59 円 (+6.3%)  本日終値  東証プライム 上昇率9位
急伸。低価格を特長とするカラオケ店「カラオケまねきねこ」を直営で展開するが、足もと客足が伸びており、業績は会社側の想定を上回って好調に推移している。10日取引終了後、24年8月期業績予想の修正を発表、営業利益は従来計画の90億400万円から92億7800万円(前期比21%増)に増額した。これを好感する形で投資資金を引き寄せている。株価面では約2カ月間にわたって900円台前半のボックスゾーンで推移しており、底値圏もみ合いによって売り物がこなれていたことから上げ足も強まっている。

ボードルア <4413>  3,955円  +220 円 (+5.9%)  本日終値
4月10日大引け後(16:00)に決算を発表。24年2月期の連結最終利益は前の期比47.7%増の11.7億円に伸び、従来予想の9.9億円を上回って着地。国際会計基準に移行する25年2月期は15.4億円の見通しとなった。

コーナン商事 <7516>  4,625円  +255 円 (+5.8%)  本日終値
続伸し、年初来高値を更新した。10日の取引終了後、24年2月期の連結決算発表にあわせ、25年2月期の業績予想を開示した。営業収益は前期比6.1%増の5013億円、最終利益は同5.3%増の148億円を見込む。年間配当予想は同5円増配の100円としたほか、取得総数80万株(自己株式を除く発行済み株式総数の2.62%)、取得総額30億円を上限とする自社株買いの実施も公表しており、ポジティブ視されたようだ。今期は国内で37店舗、海外で2店舗の出店を計画し、期末時点の店舗数は国内と海外あわせて637店舗(前期末は598店舗)とする方針。設備投資額は新規出店や既存店の改装を中心に228億円(前期は220億円)を予定する。自社株の取得期間は4月11日から9月30日まで。

ライク <2462>  1,773円  +93 円 (+5.5%)  本日終値
3日続伸。10日の取引終了後に発表した第3四半期累計(23年6月〜24年2月)連結決算が、売上高434億8000万円(前年同期比0.8%増)、営業利益14億5700万円(同3.0%増)、純利益9億7700万円(同11.9%増)と増収増益となり、足もとの堅調を確認できたことが材料視された。人材事業はモバイル、コールセンター業界向け売り上げが減少し苦戦したものの、保育・介護事業が伸長した。一方、食費などの上昇や人材事業における原価率の悪化、保育事業における園舎移転にかかるコストが発生し利益を圧迫したが、のれん償却費の減少により増益を確保した。なお、24年5月期通期業績予想は、売上高633億円(前期比5.5%増)、営業利益44億5000万円(同24.3%増)、純利益34億5000万円(同34.3%増)の従来見通しを据え置いている。

SRAホールディングス <3817>  4,115円  +190 円 (+4.8%)  本日終値
大幅反発。10日の取引終了後に発表した3月度の主要子会社の月次売上高で、SRAの累計売上高が計画をやや下回ったもののほぼ計画通りで着地したことに加えて、AIT、国内子会社、海外子会社の各累計売上高がそれぞれ計画を上回ったことが好感された。

エービーシー・マート <2670>  3,008円  +123 円 (+4.3%)  本日終値
大幅反発し年初来高値を更新。10日の取引終了後に発表した25年2月期連結業績予想で、売上高3658億円(前期比6.3%増)、営業利益587億円(同5.4%増)、純利益403億円(同0.7%増)と増収増益を見込み、年間配当予想を株式分割を考慮すると実質増配となる66円としたことが好感された。国内で郊外のショッピングセンターを中心に45店舗の新規出店と50店舗程度の改装を計画しており、既存店では好立地への移転・増床を積極的に行うほか、売り場面積の拡大を進め、「GRAND STAGE」と複合業態の出店を拡大する方針。また、海外では韓国を中心に新規出店26店舗、改装15店舗を計画しており、これらにより増収増益を見込んでいる。なお、24年2月期決算は、売上高3441億9700万円(前の期比18.7%増)、営業利益556億7100万円(同31.6%増)、純利益400億900万円(同32.2%増)だった。

ソシオネクスト <6526>  5,165円  +205 円 (+4.1%)  本日終値
高水準の商いをこなし、全般下げ相場のなかプラス圏で推移する強さをみせた。ここ売買代金も不動のトップを占めていたレーザーテック<6920>を凌ぎ首位となる日もみられるなど、マーケットのソシオネクスに対する視線が日増しに熱を帯びている。半導体設計の大手で日の丸半導体ラピダスが目指す回路線幅2ナノメートルの最先端半導体量産では、半導体設計のソシオネクスの存在が大きい。既に2ナノプロセスのチップレット開発では台湾のTSMC、英アーム・ホールディングスなどと提携するなど、抜かりなく近未来に向けた布石を打っており、株価も先高期待が強い。日経225採用に伴い国内外機関投資家の組み入れニーズが高まっているほか、「直近では外資系証券経由の貸株調達による空売りの買い戻しも株価に浮揚力を与えているもようだ」(ネット証券マーケットアナリスト)という。

INPEX <1605>  2,568円  +95.5 円 (+3.9%)  本日終値
石油資源開発<1662>、ENEOSホールディングス<5020>といった石油関連株が高い。INPEXは3日続伸し、2008年9月以来、15年7カ月ぶりの高値圏に買われている。10日の米原油先物相場はWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の5月限が前日比0.98ドル高の1バレル=86.21ドルと上昇した。イランの最高指導者ハメネイ師が10日、在シリア大使館が空爆を受けたことに関してイスラエルに対し改めて報復を示唆したことから、中東情勢の緊迫化が警戒されるなか原油市場は強含みの動きとなっている。

チヨダ <8185>  901円  +26 円 (+3.0%)  本日終値
大幅反発。10日の取引終了後、集計中の24年2月期連結業績について、営業利益が従来予想の7億円から10億7100万円(前の期22億3400万円の赤字)へ、最終利益が3億8000万円から18億5100万円(同26億200万円の赤字)へ上振れて着地したようだと発表したことが好感された。衣料品事業で残暑の影響により秋物商品の立ち上がりが遅れたことや、暖冬の影響による防寒商品が不振だったことから、売上高は945億円から933億2000万円(前の期比1.3%増)へ下振れたものの、子会社を通じて仕入れたプライベートブランド商品の販売が好調に推移したほか、不採算店舗の閉鎖、人事効率の改善などに取り組み管理費を削減したことが利益を押し上げた。

ホームポジション <2999>  412円  +80 円 (+24.1%) ストップ高   本日終値
ストップ高。10日の取引終了後、8月末時点で1000株以上を保有する株主に対し、QUOカード2万円分を贈呈する株主優待を実施すると発表し、個人投資家の関心が向かったようだ。贈呈時期は今年11月末〜12月末を予定する。あわせて発表した24年8月期第2四半期累計(23年9月〜24年2月)の単体決算は、売上高が前年同期比17.5%増の101億4000万円、最終損益が4億4400万円の赤字(前年同期は5800万円の黒字)となった。戸建分譲事業で業界全体の在庫過剰感が郊外エリアなどで発生した。販売価格などの調整を行った営業を進めたことで、増収となったが赤字に転落した。

エヌ・ピー・シー <6255>  982円  +150 円 (+18.0%) ストップ高   本日終値
ストップ高に買われ連日の年初来高値更新となった。10日の取引終了後、24年8月期の連結業績予想について、売上高を103億8400万円から109億9500万円(前期比18.0%増)へ、営業利益を15億8400万円から21億4900万円(同2.2倍)へ、純利益を10億8100万円から14億7100万円(同48.2%増)へ上方修正したことが好感された。部品販売が計画より好調に推移していることに加えて、客先の要望により国内電子部品業界向けFA装置案件の一部が今期に前倒して売り上げ計上される見込みであることが要因。また、仕入れコスト、現地作業費などの原価低減に取り組んでいることも寄与する。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック