◆新着記事一覧◆
[格付け・レーティング情報] オービック,シマノ
[上方修正・増配材・好料情報] 淀川製鋼,太平洋工,ARE,ベルテクス,富士通,ゼオン,アマノ,野村総研…
[上方修正・増配材・好料情報] 月島HD,DOWA,トーアミ,Tホライゾン,キーエンス,ASTI,富士…
[上方修正・増配材・好料情報] ゼオン,関電化,小松ウオール,PCA,藤田エンジ,エイトレッド,北日銀,…
[格付け・レーティング情報] きんでん,アダストリア,プロロジスR,コスモス薬品,ツムラ,サイバー,U…
[株式分割情報] ソフトバンク(9434) 1株⇒10株
[S高|株価値上注目銘柄] 日本航空電子工業,キムラユニティー,エーザイ,大垣共立銀行,なとり,櫻護謨,…
[株式分割情報] Macbee Planet(7095) 1株⇒4株
[株式分割情報] エリアリンク(8914) 1株⇒2株
[株式分割情報] Genky DrugStores(9267) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] コスモス薬,三菱マテリ,ベル24,HOYA,東宝
[上方修正・増配材・好料情報] キューブシステム,No.1,ディー・エル・イー,セキュア,JDSC,倉…
[上方修正・増配材・好料情報] 栄研化学,航空電子,ファナック,キュブシス,中外薬,大垣共立,大真空,桜…
[格付け・レーティング情報] ホギメデ,OBC,安川電,アルバック,川重,FPパートナ,良品計画,HOY…
[S高|株価値上注目銘柄] 野村マイクロ,KOA,コメリ,ニコン,フルマルHD,鉄建建設,フリービット,…
[格付け・レーティング情報] ホギメデ,サイバーA,フジクラ,FPパトナ,良品計画
[上方修正・増配材・好料情報] 鉄建建設,FRONTEO,メディカル一光,フリービット,ニーズウェル,…
[上方修正・増配材・好料情報] シマノ,コメリ,宮崎銀,Jマテリアル,丸八証券,ギガプライズ,エンチョ…
[格付け・レーティング情報] ABCマート,DCM,コメダ,レンゴー,日産化,TDK,村田製,大栄環境,…
[S高|株価値上注目銘柄] フィナHD,宮崎銀行,タスキ,三信電気,東急建設,大阪ガス,ストライク,エニ…
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] フジクラ,東亜建設工業,ハピネット,ミズノ,フジシール,アルファシステムズ,ダイフク,日本金銭機械,F&LC,日清紡,ソフトバンクG,ニトリ,タムロン,応用地質,ダイダン,いよぎんHD,若築建設,BASE,UACJ,ENEOS,JTOWER,ベネフィット・ワン,パソナG,ニチアス,IGS,サイオス
2024年02月09日

[S高|株価値上注目銘柄] フジクラ,東亜建設工業,ハピネット,ミズノ,フジシール,アルファシステムズ,ダイフク,日本金銭機械,F&LC,日清紡,ソフトバンクG,ニトリ,タムロン,応用地質,ダイダン,いよぎんHD,若築建設,BASE,UACJ,ENEOS,JTOWER,ベネフィット・ワン,パソナG,ニチアス,IGS,サイオス



※S高銘柄一覧



<1885> 東亜建     東証P      24年3月期業績及び配当予想の上方修正と株式分割を好感
<2146> UT      東証P      10-12月期(3Q)経常は黒字浮上、未定だった今期配当は2期ぶり93.03円で復配
<2330> フォーサイド  東証S  一時  前日もストップ高。仮想通貨関連
<3077> ホリイフード  東証S  一時  4-12月期経常が黒字浮上で着地
<3744> サイオス    東証S  配分  24年12月期営業黒字転換見込みで配当上乗せへ 4.31万株買残
<4107> 伊勢化     東証S      前日もストップ高
<4265> IGS     東証G      三井住友信託銀行と業務提携と報じられる
<5572> リッジアイ   東証G      人工知能関連
<5803> フジクラ    東証P      10-12月期は市場想定以上の収益改善に
<5867> エスネット   東証G  一時  今期経常は28%増益へ
<5871> SOLIZE  東証S      人材派遣関連
<5965> フジマック   東証S      今期経常は25%増で7期ぶり最高益更新へ
<6556> ウェルビー   東証P  配分  MBOの実施を発表でTOB価格にサヤ寄せの動き 38.74万株買残
<7386> Jワランティ  東証G      24年9月期第1四半期の営業利益50.5%増、延長保証事業が安定成長
<7552> ハピネット   東証P  配分  業績・配当予想を大幅に上方修正 4.94万株買残
<7601> ポプラ     東証S  配分  前日もストップ高 11.72万株買残
<7689> コパ      東証G      
<8022> ミズノ     東証P      高付加価値品の拡大で今期利益見通しを上方修正
<9159> WTOKYO  東証G      前日もストップ高。2023年のIPO関連
<9235> 売れるネット  東証G      GPTWJapan2024年版働きがいのある会社ランキングの小規模部門で11位

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <7601> ポプラ    東証S   24.7   404 S
2. <5803> フジクラ   東証P   23.8  1558 S 24年3月期業績及び配当予想を上方修正
3. <4265> IGS    東証G   22.0   443 S 三井住友信託銀行と業務提携と報じられる
4. <3744> サイオス   東証S   21.6   451 S 24年12月期営業黒字転換見込みで配当上乗せへ
5. <130A> ウェリタス  東証G   20.2  3005 S 本日東証グロース市場に新規上場
6. <2146> UT     東証P   20.0  2997 S 10-12月期(3Q)経常は黒字浮上、未定だった今期配当は2期ぶり93.03円で復配
7. <5572> リッジアイ  東証G   20.0  2399 S GPT実践活用でワークショップ開催へ、コンサルが無料相談
8. <5871> SOLIZE 東証S   19.8  3030 S 本日東証スタンダード市場に新規上場
9. <7822> 永大産業   東証S   18.6   281  販売価格改定効果で24年3月期営業予想を上方修正
10. <1885> 東亜建    東証P   18.4  4500 S 24年3月期業績及び配当予想の上方修正と株式分割を好感
11. <6556> ウェルビー  東証P   17.9   988 S MBO発表でTOB価格1089円にサヤ寄せ
12. <9235> 売れるネット 東証G   17.9  3305 S 働きがい小規模部門で11位にランク、Amazonでの事業開始も引き続き材料視
13. <7689> コパ     東証G   17.8   661 S
14. <7552> ハピネット  東証P   17.6  3340 S 24年3月期業績及び配当予想を上方修正
15. <9159> WTOKYO 東証G   16.9  3460 S Web3領域合弁会社の総合プロデューサーに秋元康氏就任
16. <5965> フジマック  東証S   16.5  1057 S 今期経常は25%増で7期ぶり最高益更新へ
17. <7386> Jワランティ 東証G   16.5  4940 S 24年9月期第1四半期の営業利益50.5%増、延長保証事業が安定成長
18. <8022> ミズノ    東証P   16.2  5060 S 高付加価値品の拡大で今期利益見通しを上方修正
19. <2433> 博報堂DY  東証P   15.8 1384.5  JPX日経400関連
20. <4107> 伊勢化    東証S   15.3  11300 S 増配も見込む
21. <7864> フジシール  東証P   13.5  1990  24年3月期業績予想と期末配当計画を上方修正
22. <4719> アルファ   東証P   13.3  3490  第3四半期営業益9%増で期末配当を30円増額
23. <3077> ホリイフード 東証S   12.8   352 
24. <6383> ダイフク   東証P   12.7  3244  利益率向上で10-12月期は市場予想上回り通期予想上方修正
25. <3070> アマガサ   東証G   12.5   153 

フジクラ <5803>  1,558円  +300 円 (+23.9%) ストップ高   本日終値  東証プライム 上昇率トップ
ストップ高の1558円に買われている。8日の取引終了後、24年3月期の連結業績予想について、売上高を7600億円から7900億円(前期比2.0%減)へ、営業利益を540億円から630億円(同10.2%減)へ、純利益を410億円から450億円(同10.0%増)へ上方修正し、あわせて期末配当予想を22円50銭から26円50銭へ引き上げ年間配当予想を49円(前期30円)としたことが好感されている。エレクトロニクス事業で、サプライチェーン問題の影響による需要減が想定よりも軽微だったことや生産性改善が進んでいることが要因という。また、自動車事業部門で費用削減や顧客との間でコスト負担の適正化が進展したことも寄与する。同時に発表した第3四半期累計(23年4〜12月)決算は、売上高5989億9100万円(前年同期比2.3%減)、営業利益514億4300万円(同9.0%減)、純利益357億9700万円(同23.0%減)だった。

東亜建設工業 <1885>  4,500円  +700 円 (+18.4%) ストップ高   本日終値  東証プライム 上昇率3位
続急騰し一時ストップ高の4500円に買われている。8日の取引終了後、24年3月期の連結業績予想について、売上高を2600億円から2700億円(前期比26.4%増)へ、営業利益を122億円から159億円(同2.4倍)へ、純利益を74億円から96億円(同98.6%増)へ上方修正し、あわせて期末一括配当予想を110円から150円(前期90円)へ引き上げたことが好感されている。国内土木事業・国内建築事業ともに受注高の増加による豊富な手持ち工事が順調に進捗していることに加えて、国内土木事業で設計変更獲得に伴う利益回復などが寄与する見通し。また、海外事業で大型工事の利益率が改善したことも寄与する。同時に発表した第3四半期累計(23年4〜12月)決算は、売上高2065億5200万円(前年同期比39.2%増)、営業利益135億6900万円(同4.9倍)、純利益83億3800万円(同4.1倍)だった。また、3月31日を基準日として1株を4株に株式分割すると発表しており、これも好材料視されている。投資単位当たりの金額を引き下げ、株式の流動性を向上させ、投資家層の拡大を図ることが目的という。

ハピネット <7552>  3,340円  +501 円 (+17.7%) ストップ高   本日終値  東証プライム 上昇率5位
朝方から買い気配で推移し、ストップ高の3340円水準でカイ気配となっている。8日の取引終了後、24年3月期の連結業績予想について、売上高を3100億円から3400億円(前期比10.7%増)へ、営業利益を60億円から84億円(同43.8%増)へ、純利益を37億円から65億円(同82.5%増)へ上方修正し、あわせて期末配当予想を25円から100円へ引き上げ、年間配当予想を125円(前期65円)としたことが好感されている。玩具事業でBANDAI SPIRITSの「一番くじ」や、「ポケモンカードゲーム」「ONE PIECE カードゲーム」などのトレーディングカードが引き続き好調に推移していることに加えて、アミューズメント事業でカプセル玩具の売り上げが伸長していることが要因という。また、持ち分法適用関連会社であったブロッコリーの株式を追加取得し連結子会社化したことに伴い、上期に段階取得に係る差益10億2500万円を特別利益として計上したことも寄与する。なお、同時に発表した第3四半期累計(23年4〜12月)決算は、売上高2723億9200万円(前年同期比12.4%増)、営業利益77億1400万円(同29.1%増)、純利益59億3900万円(同61.1%増)だった。

ミズノ <8022>  5,060円  +705 円 (+16.2%) ストップ高   本日終値  東証プライム 上昇率6位
に物色人気が集まっている。8日の取引終了後、24年3月期連結業績予想について営業利益を150億円から165億円(前期比27.5%増)へ上方修正すると発表。あわせて、配当予想を70円から120円(前期70円)へ増額修正しており、これらが好感されている。注力しているフットボールやインドアシューズなど、付加価値の高い競技スポーツ品の販売が世界的に拡大してきたことが業績を押し上げる。また、アジアや南米での販売が好調なことも寄与する。なお、売上高見通しについては従来予想の2250億円(同6.1%増)を据え置いた。

フジシール <7864>  1,990円  +236 円 (+13.5%)  本日終値  東証プライム 上昇率8位
大幅に3日続伸し、昨年来高値を更新している。同社は8日取引終了後、24年3月期通期の連結業績予想と期末配当計画を上方修正しており、これが好感されているようだ。今期の売上高見通しは従来の1910億円から1960億円(前期比6.5%増)に、営業利益の見通しは106億円から126億円(同53.8%増)に引き上げた。円安による為替効果に加えて、収益性の向上施策が更に加速したことが主な要因。なお、前提為替レートは1ドル=140円34銭(当初予想は125円)、1ユーロ=151円63銭(同135円)に変更している。また、期末配当を従来計画比10円増額の28円にすることも発表。これにより、中間配当の17円をあわせた年間配当は45円(前期は35円)となる。

アルファシステムズ <4719>  3,490円  +410 円 (+13.3%)  本日終値  東証プライム 上昇率9位
4日ぶりに急反発している。同社は8日取引終了後、24年3月期第3四半期累計(23年4〜12月)の単独決算を発表。営業利益は前年同期比8.6%増の33億8100万円となり、通期計画43億円に対する進捗率は78.6%となった。売上高は同1.8%増の268億3900万円で着地。公共、金融及び情報通信関連の売り上げが増加したことなどが寄与した。なお、通期業績予想は従来計画を据え置いている。また、期末配当を従来計画比30円増額の65円とすることも発表。これにより、中間配当35円とあわせた年間配当は100円(前期は70円)となる。

ダイフク <6383>  3,244円  +366 円 (+12.7%)  本日終値  東証プライム 上昇率10位
2月8日大引け後(16:00)に決算を発表。24年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比3.5%減の392億円に減った。しかしながら、併せて通期の同利益を従来予想の555億円→595億円(前期は597億円)に7.2%上方修正し、減益率が7.1%減→0.4%減に縮小する見通しとなった。

日本金銭機械 <6418>  1,612円  +172 円 (+11.9%)  本日終値
大幅高で昨年来高値更新。8日の取引終了後、24年3月期連結業績予想について売上高を302億円から315億円(前期比24.7%増)へ、営業利益を20億円から27億円(同4.3倍)へ上方修正すると発表。あわせて自社株買いの実施も明らかにしており、これらが好感され買われている。北米や欧州地域での堅調な設備投資需要を背景に、製品需要が想定を超えて増加しているため。配当予想も14円から26円(前期10円)に増額修正した。自社株買いについては122万株(自己株式を除く発行済み株数の4.15%)、または20億円を上限に実施する。期間は2月9日から同月29日まで。取得方法は東京証券取引所の自己株式立会外買付取引(ToSTNeT−3)による買い付けを予定している。

F&LC <3563>  3,120円  +294.5 円 (+10.4%)  本日終値
急反発。この日午前、23年10〜12月期連結決算を発表。売上高が前年同期比25.8%増の855億3300万円、営業利益が同3.9倍の61億2300万円となり、これを好感した買いが集まっている。主力の国内スシロー事業が好調で全体業績を大きく押し上げた。海外スシロー事業は増収減益、京樽事業は小幅減収・黒字転換となった。海外事業では中国大陸を中心に客数の落ち込みがあったという。なお、通期の増収・営業増益見通しに変更はない。

日清紡ホールディングス <3105>  1,359.5円  +115 円 (+9.2%)  本日終値
後場急伸している。午前11時30分ごろに発表した24年12月期連結業績予想で、売上高5130億円(前期比5.2%減)、営業利益240億円(同92.7%増)、純利益190億円(前期200億4500万円の赤字)と大幅営業増益を見込むことが好感されている。TMDグループを事業譲渡したことにより減収を見込むものの、無線・通信事業で安定した公共事業予算を背景にソリューション・特機事業が堅調に推移することに加え、日立国際電気グループが連結子会社となったことが寄与する。また、マイクロデバイス事業で車載製品が引き続き堅調に推移することに加え、23年12月期に大きく減少したスマートフォンやパソコン関連などの民生製品の市況が下期から回復することを想定しているという。なお、同時に発表した23年12月期決算は、売上高5412億1100万円(前の期比4.9%増)、営業利益124億5300万円(同19.3%減)だった。同時に26年12月期に売上高5800億円、営業利益380億円を目指す中期経営計画を発表した。無線・通信/マイクロデバイス事業を軸にした成長の加速を図るほか、デジタル技術を活用したビジネスモデル構築と経営資源の重点投入を計画しているという。

ソフトバンクグループ <9984>  7,991円  +641 円 (+8.7%)  本日終値
続急伸、前日はインデックス買いを絡め11%を超える急騰をみせ日経平均への寄与度ランキングトップとなったが、きょうも目先筋の利益確定売りをこなし強さを発揮した。前日引け後に発表した23年4〜12月期業績は最終損益が4587億2300万円の赤字(前年同期は9125億1300万円の赤字)と損失幅が大きく縮小しており、特に10〜12月期でみると9500億400万円の黒字と前年同期の7834億1500万円の赤字から大幅黒字転換を果たした。ドル高・円安による為替差損や株式未公開の投資先の企業価値減少などが影響したものの、足もとで世界的な株高が追い風となり損益改善傾向を強めている。これを受け、投資資金の買い戻しや見直し買いが継続している。また、前日の米国株市場では同社が出資する半導体設計のアーム・ホールディングスが好決算発表を受け、一時60%を超える急騰を演じたことも株高を後押ししている。

ニトリホールディングス <9843>  21,240円  +1,615 円 (+8.2%)  本日終値
大幅反発。8日の取引終了後に発表した第3四半期累計(23年4〜12月)連結決算は売上高6637億4600万円、営業利益978億6500万円だった。前期に決算日を2月20日から3月31日に変更したため単純比較はできないものの、23年3月期第3四半期との単純比較では5.1%増収、3.0%営業増益となっており、これを好感した買いが入った。既存店の改装をはじめとした客数対策を積極的に進めたことが寄与した。円安の進行により売上原価は増加したものの、プライベート商品の拡大などによる粗利改善に継続して取り組んだことが奏功した、また、物流の内製化や拠点再配置による発送配送費の削減を行ったことも貢献した。なお、24年3月期通期業績予想は売上高9320億円、営業利益1451億円を予想。会社参考値との比較では1.7%減収、3.6%増益の従来予想を据え置いている。

タムロン <7740>  6,180円  +440 円 (+7.7%)  本日終値
3連騰し上場来高値を更新。8日の取引終了後、6月30日を基準日として1株を2株へ株式分割すると発表。また、上限を40万株(発行済み株数の1.89%)、または20億円とする自社株買いを実施すると発表しており、これらを好材料視した買いが入った。なお、自社株買いの取得期間は2月9日から3月31日までで、取得した全株式を消却する予定としている。また、同時に発表した24年12月期連結業績予想で、売上高755億円(前期比5.7%増)、営業利益143億円(同5.1%増)、純利益107億3000万円(同0.8%減)を見込み、配当予想は中間50円、期末80円と株式分割を考慮すると実質増配となる予定であることも好材料視された。引き続きミラーレスカメラ用の自社ブランド交換レンズの積極的な市場投入を図るほか、注力分野であるFAカメラ用と車載用レンズの拡大を見込む。また、顧客の在庫調整の解消による監視カメラ用レンズ、カメラモジュールの回復見込みもあり、増収、営業増益を計画している。なお、23年12月期決算は、売上高714億2600万円(前の期比12.6%増)、営業利益136億700万円(同23.3%増)、純利益108億1200万円(同29.5%増)だった。

応用地質 <9755>  2,263円  +146 円 (+6.9%)  本日終値
後場に入り急上昇。午後0時30分ごろ、上限を100万株(発行済み株数の4.08%)、または20億円とする自社株買いを実施すると発表したことが好感された。取得期間は2月13日から9月30日までで、資本効率の向上及び株主還元の充実が目的という。また、同時に発表した24年12月期連結業績予想で、売上高660億円(前期比0.6%増)、営業利益35億円(同23.2%増)を見込むことも好材料視された。国土強靱化に関連して、公共事業分野において引き続き安定的な市場機会が見込まれるほか、国内外でのグリーンエコノミーへの政策転換の動き活発化から資源循環や生物多様性ビジネス市場の拡大も期待できるという。なお、23年12月期決算は、売上高656億200万円(前の期比11.2%増)、営業利益28億4200万円(同15.8%増)となった。洋上風力発電関連業務や廃棄物処理関連業務が順調に推移したことや国内外グループ会社の業績伸長などで、従来予想の営業利益24億円を上回って着地した。あわせて、26年12月期に売上高780億円以上、営業利益62億4000万円以上を目指す中期経営計画を発表した。市場特性に即した組織・セグメントの再編による事業の効率化と収益性向上や市場ニーズに即したイノベーション開発投資などを行うとしている。

ダイダン <1980>  1,821円  +105 円 (+6.1%)  本日終値
2月8日大引け後(15:30)に決算を発表。24年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比17.6%増の68.8億円に伸びた。併せて、通期の同利益を従来予想の89億円→94億円(前期は92.8億円)に5.6%上方修正し、一転して1.2%増益見通しとなった。

いよぎんHD <5830>  1,070.5円  +61 円 (+6.0%)  本日終値
2月8日大引け後(15:00)に決算を発表。24年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比7.1%増の492億円に伸び、通期計画の475億円に対する進捗率が103.6%とすでに上回り、さらに5年平均の98.7%も超えた。同時に、今期の年間配当を従来計画の20円→30円(前期は17円)に大幅増額修正した。

若築建設 <1888>  3,250円  +185 円 (+6.0%)  本日終値
2月8日大引け後(16:00)に決算を発表。24年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比5.8%増の55.4億円に伸び、通期計画の55億円に対する進捗率が100.8%とすでに上回り、さらに5年平均の69.2%も超えた。

BASE <4477>  340円  +19 円 (+5.9%)  本日終値
急伸。8日の取引終了後に24年12月期連結業績予想を発表。売上高を前期比25.9%増の147億円としたほか、営業損益を2億円の赤字〜損益均衡と前期の赤字から改善する見通しを示しており、これを評価した買いが流入した。主力のBASE事業で月額有料プラン(グロースプラン)の値上げに加え、オンライン決済サービスを提供するPAY.JP事業でも料金体系の適正化や原価率の改善を図る。同時に発表した23年12月期決算は売上高が前の期比19.9%増の116億8000万円、営業損益が前の期実績(15億800万円の赤字)から4億2500万円の赤字に縮小して着地した。

UACJ <5741>  4,340円  +225 円 (+5.5%)  本日終値
2月8日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。24年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結最終利益は前年同期比2.8倍の67.9億円に急拡大し、通期計画の110億円に対する進捗率は61.8%となった。

ENEOS <5020>  624.3円  +31.3 円 (+5.3%)  本日終値
後場一段高。午後1時ごろ、上限を1億5000万株(発行済み株数の4.96%)、または500億円とする自社株買いを実施すると発表したことが好感された。取得期間は2月13日から6月28日までで、取得した全株式は7月12日付で消却される予定だ。同時に発表した第3四半期累計(23年4〜12月)連結決算は、営業利益が3863億1900万円(前年同期比54.7%増)となった。原油価格の下落に伴う石油製品販売価格の下落や金属価格の下落などで売上高は10兆2453億円(同9.6%減)と減収となったものの、白油・輸出マージンの前期のマイナスタイムラグが反転したことに加え、実質の白油マージン、化学品などのマージンが良化したことが寄与した。なお、24年3月期通期業績予想は、売上高14兆円(前期比6.8%減)、営業利益4200億円(同49.3%増)の従来見通しを据え置いている。

JTOWER <4485>  4,900円  +235 円 (+5.0%)  本日終値
大幅続伸。8日の取引終了後に発表した24年3月期第3四半期累計連結決算が、売上高79億600万円(前年同期比2.2倍)、営業利益7億500万円(前年同期7400万円の赤字)、最終損益300万円の赤字(同11億5900万円の赤字)となり、通期計画の営業利益(6億6000万円)を上回って着地したことが好感された。屋外の鉄塔・コンクリート柱・ポール・アンテナなどを共用設備を用いて一本化し、携帯キャリアへシェアリングを行うタワー事業でタワー移管が計画以上に推移したことに加えて、大型施設内で携帯キャリアに対して屋内電波対策用の共用設備を提供する国内IBS事業が好調に推移した。通期業績予想は、ファイナンス組成費用やミリ波共用無線機の開発費など一時費用の計上などを考慮し、売上高112億円(前期比2.1倍)、営業利益6億6000万円(同5.6倍)、最終損益3億8000万円の赤字(前期16億200万円の赤字)の従来見通しを据え置いている。同時に、東証プライム市場への市場区分変更申請に向けた準備を行っていることを明らかにしており、これも好材料視された。なお、変更申請日や承認日は未定で、変更申請に向けた準備を中止する可能性もあるとしている。

ベネフィット・ワン <2412>  2,171.5円  +86.5 円 (+4.2%)  本日終値
反発。第一生命ホールディングス<8750>が8日取引終了後、ベネ・ワンに対し非公開化を目的にTOBを開始すると発表。TOB価格を1株2173円としたことから、これにサヤ寄せする格好となっている。買い付け予定数は7737万2192株(下限2451万1300株、上限設定なし)、買い付け期間は2月9日から3月11日まで。TOB成立後にベネ・ワンは上場廃止となる予定で、これを受け東京証券取引所は8日付で同社株を監理銘柄(確認中)に指定した。なお、ベネ・ワンは同日にこのTOBに対して賛同の意見を表明。第一生命HDより先に買収提案を行っていたエムスリー<2413>のTOBについては「賛同」から「留保」へ意見を変更した。

パソナグループ <2168>  2,840円  +110 円 (+4.0%)  本日終値
高い。8日の取引終了後、これまで非開示としていた24年5月期連結業績予想について売上高を前期比0.7%減の3700億円、純利益を同16倍の1000億円と発表した。純利益が2期ぶりに最高益更新となる見通しを示したことから、これが好感され買われた。注力しているBPOサービスが堅調な一方、前期の特需影響が大きかったエキスパートサービスやアウトソーシングセグメントが計画を下回って推移しており、足もとにおいても改善スピードが遅いという。子会社ベネフィット・ワン<2412>の株式売却に伴い関係会社株式売却益が発生するため、純利益は急拡大する見込み。

ニチアス <5393>  3,490円  +100 円 (+3.0%)  本日終値
大幅反発し上場来高値を更新。8日の取引終了後、24年3月期の連結業績予想について、売上高を2420億円から2480億円(前期比4.2%増)へ、営業利益を315億円から340億円(同13.5%増)へ、純利益を242億円から255億円(同19.2%増)へ上方修正したことが好感された。第3四半期までの実績で、プラント向け工事・販売部門、高機能製品部門、自動車部品部門を中心に業績が堅調に推移していることに加えて、第4四半期についても引き続き順調な進捗が見込まれることが要因としている。同時に発表した第3四半期累計(23年4〜12月)決算は、売上高1850億9600万円(前年同期比5.0%増)、営業利益254億9600万円(同17.5%増)、純利益196億8200万円(同13.1%増)だった。

IGS <4265>  443円  +80 円 (+22.0%) ストップ高   本日終値
ストップ高。9日付の日本経済新聞朝刊が「三井住友信託銀行は、人工知能(AI)を使った人事評価を手掛けるInstitution for a Global Society(IGS)と業務提携した」と報じた。三井住友信託銀行の顧客にIGSの人事評価システムを提供するという。この報道を手掛かりに買いが向かったようだ。

サイオス <3744>  451円  +80 円 (+21.6%) ストップ高   本日終値
ストップ高。システムの構築及び販売を手掛けるシステムインテグレーターでオープンシステム基盤事業を主力とし、人工知能(AI)分野を深耕していることにも特徴がある。8日取引終了後に発表した23年12月期決算は営業損益段階で2億800万円の赤字(前の期は5億7200万円の赤字)となったが、トップラインは前の期比10%増の158億8900万円と2ケタ増収を確保した。前期の営業赤字は株価に織り込まれていたが、続く24年12月期は営業損益が2億5000万円の黒字を予想しており、改善色を強める見通しだ。更に今期は年間配当について前期実績から5円増配となる10円を計画しており、これも株価を強く刺激する格好となっている。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック