◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配材・好料情報] タスキ,クシム,ストレージ王,ワイエスフード,北日本紡績,ブロードリー…
[格付け・レーティング情報] 東洋水,三越伊勢丹,東レ,クラレ,レンゴー,レゾナック,東合成,ダイセル,…
[S高|株価値上注目銘柄] 地主,テラプローブ,INFORICH,TDK,楽天グループ,不動テトラ,イン…
[格付け・レーティング情報] レゾナク,東亞合成,ヨネックス,ミズノ
[上方修正・増配材・好料情報] ココリブ,石油資源開発,燦キャピタル,コシダカ,ランドネット,マーチャ…
[格付け・レーティング情報] 大成建,大林組,西松建,積水ハウス,Jフロント,三越伊勢丹,GLP,菱ガス…
[S高|株価値上注目銘柄] ファンケル,コプロHD,INFORICH,日本パワーファスニング,曙ブレー…
[株式分割情報] パワーソリューションズ(4450) 1株⇒2株
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(06/21週〜09/20週 ] 6月中下旬から7月下押すか …
[上方修正・増配材・好料情報] リョーサン菱洋,イチカワ,パーク24,ファンケル,DAIWACYCL…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証グロース銘柄一覧(06/14週終値現在)
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証スタンダード銘柄一覧(06/14終値現在)
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2023-24年発表分)
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2024/06/14週 +369,573円】NYDow 反落 ナスダック5日連続最高値…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割銘柄一覧(06/14週終値現在)
[上方修正・増配材・好料情報] コプロHD,ホープ,ReYuu,ムゲンE,ザッパラス,東計電算,Fインタ,…
[上方修正・増配材・好料情報] クロスフォー,ラックランド,クラシコム,アイリック,いちごオフィ,オル…
[S高|株価値上注目銘柄] ファンケル,JEH,東建コーポ,ダブル・スコープ,トーホー,サンバイオ,丹青…
[株式分割情報] 三井ハイテック(6966) 1株⇒5株
[株式分割情報] QLSホールディングス(7075) 1株⇒3株
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] 富士通,コクサイエレ,JFEシステムズ,カンロ,東邦チタニウム,信越ポリマー,弁護士ドットコム,三菱鉛筆,FPG,JCRファーマ,マクセル,野村総合研究所,能美防災,SGホールディングス,ヒューリック,日本ギア工業,植松商会
2023年10月27日

[S高|株価値上注目銘柄] 富士通,コクサイエレ,JFEシステムズ,カンロ,東邦チタニウム,信越ポリマー,弁護士ドットコム,三菱鉛筆,FPG,JCRファーマ,マクセル,野村総合研究所,能美防災,SGホールディングス,ヒューリック,日本ギア工業,植松商会



※S高銘柄一覧



<3189> ANAP    東証S  一時  人工知能関連
<4068> ベイシス    東証G  一時  ドローン関連
<6335> 東京機     東証S      
<6356> 日ギア     東証S      補修用部品・工事売り上げ好調で24年3月期利益予想を上方修正
<9914> 植松商会    東証S      9月中間期営業益18%増で通期計画に対し進捗率88%

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <6356> 日ギア    東証S   21.9   445 S 補修用部品・工事売り上げ好調で24年3月期利益予想を上方修正
2. <6335> 東京機    東証S   17.3   542 S
3. <9914> 植松商会   東証S   16.9  1039 S 9月中間期営業益18%増で通期計画に対し進捗率88%
4. <4068> ベイシス   東証G   16.2  1825  ドローン関連
5. <3189> ANAP   東証S   16.2   352  人工知能関連
6. <4972> 綜研化学   東証S   14.2  2105  粘着剤の中国販売想定上回り24年3月期業績予想を上方修正
7. <9686> 東洋テク   東証S   12.7  1280  株主優待制度の新設を手掛かり視
8. <6702> 富士通    東証P   12.0  18770  下方修正後の今期営業利益見通しは市場のコンセンサス上回る
9. <8938> グロームHD 東証G   11.3  1273 
10. <3810> サイステップ 東証S   10.9   335 
11. <6525> コクサイエレ 東証P   10.2  2664  国内有力証券は新規『A』でカバレッジ開始
12. <9478> SEHI   東証S   9.9   300 
13. <9345> ビズメイツ  東証G   9.4  1472  2023年のIPO関連
14. <2338> クオンタムS 東証S   9.4  3200  電気自動車関連
15. <3498> 霞ヶ関C   東証P   9.4  8620 
16. <4832> JFEシステ 東証S   9.4  3385  24年3月期業績及び配当予想を上方修正
17. <5010> 日精蝋    東証S   9.3   141 
18. <3628> データHR  東証G   9.2   970 
19. <2216> カンロ    東証S   9.2  2156  23年12月期業績及び配当予想を上方修正
20. <1972> 三晃金    東証S   9.2  4390  上期営業利益は大幅増益で従来予想を上回る
21. <2936> ベースフード 東証G   9.2   488 
22. <3793> ドリコム   東証G   8.4   631 
23. <9563> アトラスT  東証G   8.4   464  フィンテック関連
24. <7373> アイドマHD 東証G   8.3  1730 
25. <9553> マイクロアド 東証G   8.2   578  人工知能関連

富士通 <6702>  18,770円  +2,010 円 (+12.0%)  本日終値  東証プライム 上昇率トップ
急反発した。26日の取引終了後、24年3月期第2四半期累計(4〜9月)の連結決算発表にあわせ、通期の業績予想の修正を発表した。営業利益の見通しは3400億円から3200億円(前期比4.7%減)に引き下げたものの、3000億円前後とする市場のコンセンサスを上回った。サービスソリューション事業は国内市場でのDX(デジタルトランスフォーメーション)の需要拡大などを背景に売上収益が力強く伸長しており、買い安心感をもたらしたようだ。今期の売上収益予想は3兆8600億円から3兆8100億円(同2.6%増)に見直した。デバイスソリューション事業での収益見通しのみ下方修正し、それ以外は据え置いた。想定為替レートは1ドル=130円、1ユーロ=140円とした。

コクサイエレ <6525>  2,664円  +246 円 (+10.2%)  本日終値  東証プライム 上昇率2位
続伸。同社は25日に東証プライム市場に新規上場し、公開価格1840円を15.0%上回る2116円で初値をつけた。上場初日は2350円で取引を終え、翌26日、そして今日27日と値を上げている。同社は日立国際電気の半導体製造装置部門が分社し発足しており、バッチ式ALD成膜装置で世界首位、熱処理(膜質改善)装置で同2位のシェアを誇る。岩井コスモ証券は26日、同社株の投資判断を新規「A」でカバレッジを開始した。目標株価は2730円に設定した。同社が得意とするバッチ式ALD成膜装置は高難度加工と高生産性の両立が可能で今後、需要が高まることを予想。AI投資の加速も追い風になるとみている。24年3月期の連結営業利益は、メモリ投資の落ち込みで前期比48.1%減の291億900万円(同証券予想は300億円)と減益予想だが、25年3月期の同利益は372億円と急回復を見込んでいる。

JFEシステムズ <4832>  3,385円  +290 円 (+9.4%)  本日終値
4連騰し年初来高値を更新。26日の取引終了後、24年3月期の連結業績予想について、売上高を570億円から613億円(前期比8.5%増)へ、営業利益を60億5000万円から69億5500万円(同11.3%増)へ、純利益を41億5000万円から47億3000万円(同9.4%増)へ上方修正し、あわせて配当予想を中間50円・期末52円の年102円から中間64円・期末54円の年118円(前期97円)へ引き上げたことが好感された。JFEスチール向け製鉄所システムリフレッシュプロジェクトの更なる進展や一般顧客部門の堅調な事業環境を踏まえて売上高が上振れる見通しであることに加えて、開発生産性の向上などが寄与する見通し。なお、同時に発表した第2四半期累計(4〜9月)決算は、売上高307億9900万円(前年同期比13.5%増)、営業利益40億4600万円(同45.6%増)、純利益27億400万円(同46.9%増)だった。

カンロ <2216>  2,156円  +182 円 (+9.2%)  本日終値
後場一段高。午後1時30分ごろ、23年12月期の単独業績予想について、売上高を277億円から285億円(前期比13.5%増)へ、営業利益を24億5000万円から29億4000万円(同52.1%増)へ、純利益を16億8000万円から20億5000万円(同52.3%増)へ上方修正し、あわせて期末配当予想を22円から30円へ引き上げ年50円としたことが好感された。同社では、市場拡大が継続するグミとオミクロン株の感染拡大や花粉飛散量増加による影響を受けたのど飴需要の急激な増加を受けて、安定供給の観点から3月以降一部製品につき休売などの対応策を実施し、人員増強を含む生産体制の整備を推進。この結果、下期において主力ブランドを中心にグミ・飴ともに更なる需要取り込みが可能となることが要因としている。同時に発表した第3四半期累計(1〜9月)決算は、売上高206億900万円(前年同期比15.0%増)、営業利益22億3500万円(同72.6%増)、純利益15億5100万円(同65.7%増)だった。

東邦チタニウム <5727>  1,875円  +141 円 (+8.1%)  本日終値  東証プライム 上昇率5位
急伸。26日の取引終了後、24年3月期第2四半期累計(4〜9月)の連結決算発表にあわせ、通期の業績と年間配当予想の修正を発表した。最終利益の見通しは29億円から41億円(前期比45.4%減)に引き上げたほか、年間配当予想は8円増額して記念配当3円を含めて20円(前期比10円減配)に見直しており、好感されたようだ。想定為替レートを1ドル=130円から1ドル=140円へ円安方向に見直した。一方、今期の売上高見通しは832億円から807億円(同0.4%増)に下方修正した。中国経済の停滞の影響により、THC触媒や超微粉ニッケルの販売数量が減少すると見込む。9月中間期の売上高は前年同期比5.8%減の366億4900万円、最終利益が同46.3%減の24億3600万円だった。

信越ポリマー <7970>  1,357円  +98 円 (+7.8%)  本日終値  東証プライム 上昇率6位
発行済み株式数(自社株を除く)の0.74%にあたる60万株(金額で9億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は10月27日から12月31日まで。

弁護士ドットコム <6027>  4,220円  +280 円 (+7.1%)  本日終値
26日に発表した「クラウドサインLGWAN対応機能を提供」が買い材料。電子契約サービス「クラウドサイン」で総合行政ネットワーク(LGWAN)環境におけるファイルダウンロード機能を提供開始。

三菱鉛筆 <7976>  1,950円  +127 円 (+7.0%)  本日終値  東証プライム 上昇率8位
大幅高で3日続伸した。26日の取引終了後、23年12月期の連結業績予想の修正を発表し、最終利益の見通しを71億円から89億円(前期比28.0%増)に引き上げた。更に、32年12月期まで10期にわたり、年間で特別配当2円を実施する方針を示し、今期の年間配当予想についても、特別配当2円を加えて38円(前期比3円増配)に見直した。これらをポジティブ視した買いが集まったようだ。横浜市内にある土地の売却に伴う特別利益を23年12月期に約15億円、24年12月期に約36億円計上する予定。これらの利益は長期の保有によってもたらされたものだとして、特別利益を原資に長期にわたり特別配当として株主に還元する。今期の売上高予想は705億円から730億円(同5.8%増)に上方修正した。海外市場での販売が想定よりも堅調に推移したほか、円安効果も出た。

FPG <7148>  1,377円  +86 円 (+6.7%)  本日終値  東証プライム 上昇率10位
マドを開けて急反発した。26日の取引終了後、23年9月期の連結業績について、最終利益がこれまでの予想の112億円から124億6600万円(前の期比47.1%増)に上振れして着地したようだと発表した。期末配当予想は7円40銭増額して73円(前の期の期末配当比23円増配)に見直しており、評価された。前期の売上高は585億円から711億4900万円(前の期比20.2%増)と計画を上回る形となったようだ。不動産小口化商品の販売額が想定を上回って推移したほか、不動産ファンド事業でも海外不動産の販売額が四半期ベースで過去最高となった。航空機リース関連の投資家向け商品に関する評価損を計上しながらも、最終利益はこれまでの過去最高予想を上乗せする格好となった。

JCRファーマ <4552>  1,146円  +70.5 円 (+6.6%)  本日終値
切り返し急。27日、ムコ多糖症3A型(サンフィリッポ症候群A型)治療酵素製剤「JR−441(血液脳関門通過型ヘパランN−スルファターゼ)」のグローバル臨床第1相・第2相試験において、第1例目となる被験者に治験薬が投与されたと発表した。新薬の実用化への前向きな動きと評価した買いが集まったようだ。ムコ多糖症3A型は、重度の中枢神経障害などを呈する疾患で、標準治療は確立されていないという。JR−441は欧州委員会により2022年1月にオーファンドラッグ(希少疾病用医薬品)の指定を受けている。治験はドイツで行い、1歳から18最までの被験者合計12例を登録する予定としている。

マクセル <6810>  1,640円  +91 円 (+5.9%)  本日終値
高い。同社は26日、主電源用途でも適用可能な円筒形全固体電池「PSB23280」を開発したことを明らかにしており、これが材料視されたようだ。PSB23280は、今年6月に量産を開始している硫化物系固体電解質を使用したセラミックパッケージ型全固体電池「PSB401010H」の容量の25倍に相当する200mAhの大容量化を実現したもので、長期信頼性や耐熱性を持つという。なお、サンプル出荷については24年1月下旬を予定している。

野村総合研究所 <4307>  3,870円  +201 円 (+5.5%)  本日終値
3日ぶり急反発した。26日の取引終了後、24年3月期第2四半期累計(4〜9月)の連結決算発表にあわせ、通期の業績予想を上方修正した。売上収益はこれまでの7200億円から7350億円(前期比6.2%増)、最終利益は780億円から800億円(同4.8%増)にそれぞれ見通しを引き上げた。年間配当予想は2円増額して50円(同5円増配)としており、好感されたようだ。デジタルトランスフォーメーション(DX)を中心に企業の投資意欲が高く、足もとの受注環境を踏まえて業績予想を見直した。9月中間期の売上収益は前年同期比6.8%増の3620億6500万円、最終利益は同5.0%増の376億6200万円だった。

能美防災 <6744>  1,808円  +78 円 (+4.5%)  本日終値
5日ぶりに反発した。26日の取引終了後、24年3月期第2四半期累計(4〜9月)の連結業績について、最終利益が計画の3億5000万円から11億9000万円(前年同期比2.9倍)に上振れして着地したようだと発表した。減益計画から一転、大幅増益となる。これをポジティブ視した買いが入ったようだ。9月中間期の売上高は、463億円から487億3000万円(同11.0%増)と計画を上回る格好となったという。受注環境は想定よりも堅調に推移し、部品の供給制約の解消もあって、売り上げが想定を上回った。販管費の一部を第3四半期(10〜12月)以降に後ろ倒しして計上することとなったことも寄与する。

SGホールディングス <9143>  2,091円  +90 円 (+4.5%)  本日終値
大幅高で4連騰。同社グループの佐川急便は27日、2024年4月1日から宅配便などの届け出運賃を改定すると発表した。飛脚宅配便では平均で7%程度値上げする。今後の収益貢献を期待した買いが入ったようだ。エネルギー価格や労働コストの上昇への対応や、従業員やパートナー企業の労働環境の改善が迫られるなか、持続可能な物流インフラの維持と品質向上を目的とする。

ヒューリック <3003>  1,339円  +18 円 (+1.4%)  本日終値
後場上げ幅を拡大。午前11時30分ごろ、23年12月期の連結業績予想について、営業利益を1400億円から1430億円(前期比13.3%増)へ、純利益を865億円から900億円(同13.7%増)へ上方修正し、あわせて期末配当予想を23円から25円へ引き上げたことが好感された。「高品質の賃貸ポートフォリオ構築」のため、保有方針に合致しない物件の売却を進めたことが寄与するという。また、予測が困難として記載していなかった売上高は4700億円(同10.2%減)を見込むとした。なお、年間配当予想は48円(前期42円)になる予定だ。同時に発表した第3四半期累計(1〜9月)決算は、売上高2785億2900万円(前年同期比30.2%減)、営業利益909億5000万円(同17.7%増)、純利益586億9700万円(同20.6%増)だった。

日本ギア工業 <6356>  445円  +80 円 (+21.9%) ストップ高   本日終値
ストップ高。午後1時ごろ、24年3月期の単独業績予想について、営業利益を6億5000万円から14億6000万円(前期比51.5%増)へ、純利益を4億8000万円から10億円(同46.0%増)へ上方修正したことが好感された。売上高は84億円(同11.7%増)の従来見通しを据え置いたものの、歯車装置事業の補修用部品や工事事業の売り上げが好調に推移していることに加えて、海外の原子力発電所向け大型案件による利益確保が寄与する。

植松商会 <9914>  1,039円  +150 円 (+16.9%) ストップ高   本日終値
ストップ高の水準となる前営業日比150円高の1039円に買われ、年初来高値を更新した。26日の取引終了後に発表した24年3月期第2四半期累計(3月21日〜9月20日)の単体決算は、売上高が前年同期比5.2%増の35億1100万円、営業利益が同18.2%増の4200万円だった。営業利益の進捗率は通期の計画(4800万円)に対し87.5%に上り、業績の上振れを期待した買いが入ったようだ。自動車の生産や設備需要の回復を受け、機械や工具の売り上げが伸びた。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 15:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック