◆新着記事一覧◆
[格付け・レーティング情報] 東洋水,三越伊勢丹,東レ,クラレ,レンゴー,レゾナック,東合成,ダイセル,…
[S高|株価値上注目銘柄] 地主,テラプローブ,INFORICH,TDK,楽天グループ,不動テトラ,イン…
[格付け・レーティング情報] レゾナク,東亞合成,ヨネックス,ミズノ
[上方修正・増配材・好料情報] ココリブ,石油資源開発,燦キャピタル,コシダカ,ランドネット,マーチャ…
[格付け・レーティング情報] 大成建,大林組,西松建,積水ハウス,Jフロント,三越伊勢丹,GLP,菱ガス…
[S高|株価値上注目銘柄] ファンケル,コプロHD,INFORICH,日本パワーファスニング,曙ブレー…
[株式分割情報] パワーソリューションズ(4450) 1株⇒2株
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(06/21週〜09/20週 ] 6月中下旬から7月下押すか …
[上方修正・増配材・好料情報] リョーサン菱洋,イチカワ,パーク24,ファンケル,DAIWACYCL…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証グロース銘柄一覧(06/14週終値現在)
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証スタンダード銘柄一覧(06/14終値現在)
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2023-24年発表分)
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2024/06/14週 +369,573円】NYDow 反落 ナスダック5日連続最高値…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割銘柄一覧(06/14週終値現在)
[上方修正・増配材・好料情報] コプロHD,ホープ,ReYuu,ムゲンE,ザッパラス,東計電算,Fインタ,…
[上方修正・増配材・好料情報] クロスフォー,ラックランド,クラシコム,アイリック,いちごオフィ,オル…
[S高|株価値上注目銘柄] ファンケル,JEH,東建コーポ,ダブル・スコープ,トーホー,サンバイオ,丹青…
[株式分割情報] 三井ハイテック(6966) 1株⇒5株
[株式分割情報] QLSホールディングス(7075) 1株⇒3株
【立会外分売結果】ヴィス(5071) 【終値:1,001円:+12円:+7.22%】楽天・松井・SBI・SBIネオ・岡オン…
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] 霞ヶ関キャピタル,西部技研,クスリアオキ,レオパレス21,マネックスグループ,F&LC,オービック,BBDイニシアティブ,カーメイト,セキュアヴェイル,ギグワークス,VIX短先物,QBNHD
2023年10月04日

[S高|株価値上注目銘柄] 霞ヶ関キャピタル,西部技研,クスリアオキ,レオパレス21,マネックスグループ,F&LC,オービック,BBDイニシアティブ,カーメイト,セキュアヴェイル,ギグワークス,VIX短先物,QBNHD



※S高銘柄一覧



<3042> セキュアヴェ  東証G  一時  SaaS型ログ分析サービスのオンプレミス版提供を材料視
<3498> 霞ヶ関C    東証G  配分  中期経営計画の上方修正と期間短縮 5.64万株買残
<5259> BBDイニシ  東証G      会社情報検索・チェックサービス『クリックサーチ』の提供開始
<5966> KTC     東証S  一時  前日もストップ高
<7042> アクセスHD  東証S      前日もストップ高
<7297> カーメイト   東証S      電気自動車を走行中に給電する技術の開発に取り組む

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <7042> アクセスHD 東証S   26.8  1421 S プロネクサスと業務提携
2. <5259> BBDイニシ 東証G   19.3   617 S 子会社による会社情報検索サービスの提供開始が株価刺激
3. <7297> カーメイト  東証S   17.0  1033 S 東大と共同で給電状況の可視化システムを開発
4. <8168> ケーヨー   東証P   15.7  1297  DCMによるTOB価格1300円にサヤ寄せ
5. <3498> 霞ヶ関C   東証G   15.6  7390 S 中期計画の目標達成時期1年前倒しと大幅増配計画を好感
6. <3042> セキュアヴェ 東証G   14.8   411  Microsoft365の可視化・レポートサービスのオンプレミス版をリリースへ
7. <8918> ランド    東証S   12.5    9 
8. <2375> ギグワークス 東証S   11.5   580  出来高流動性にマーケットの視線
9. <9846> 天満屋ス   東証S   11.2  1210 
10. <1552> VIX短先物 東証E   9.6   767  米『恐怖指数』は19.78に上昇
11. <3723> ファルコム  東証G   9.5  1416 
12. <9517> イーレックス 東証P   8.3   794  JPX日経400関連
13. <6223> 西部技研   東証S   7.4  2900  直近IPO銘柄ならではの上値抵抗の小さい銘柄として物色される
14. <7776> セルシード  東証G   6.9   401  再生医療等製品製造業許可の更新を引き続き材料視
15. <1466> iF4百Wベ 東証E   6.8  1188 
16. <3549> クスリアオキ 東証P   6.0  9070  株式分割と配当予想の実質増額を好感
17. <5248> テクノロジー 東証G   5.8  2746  延期していた24年1月期第2四半期決算、12日までに開示へ
18. <6236> NCHD   東証S   5.8  1640 
19. <5842> インテグラル 東証G   5.7  2099  2023年のIPO関連
20. <8107> キムラタン  東証S   5.3   20 
21. <1356> TPXベア2 東証E   5.1  632.3 
22. <1469> J4百ベア2 東証E   5.1 1153.5 
23. <1368> iFTPWベ 東証E   5.0   917 
24. <9246> プロカン   東証G   4.9  3320 
25. <3961> シルバエッグ 東証G   4.9   879  人工知能関連

霞ヶ関キャピタル <3498>  7,390円  +1,000 円 (+15.7%) ストップ高   本日終値
ストップ高。3日の取引終了後、2021年10月に公表した26年8月期までの中期経営計画の修正を発表した。期間を5カ年から4カ年に短縮。26年8月期に営業利益200億円、純利益100億円にする当初の計画を1年前倒しし、25年8月期での達成を目指す。あわせて大幅な増配計画も示しており、好感されたようだ。コロナ禍を経てホテル需要が急速に回復するなか、アパートメントホテル事業はこれまでの想定を大きく超えた事業拡大を見込めるようになった。ヘルスケア関連施設開発が事業として本格的に発足したことも踏まえ、計画に織り込んだ。24年8月期は営業利益で前期比91.3%増の85億円(従来の計画は35億円)、純利益は同2.4倍の50億円(同20億円)を計画する。売上高は同60.9%増の600億円の見込みで、年間配当予想は120円(同60円増配)に設定した。26年8月期の業績目標は未定とした。23年8月期の連結決算は、売上高が前の期に比べ79.4%増の372億8200万円、最終利益が同2.0倍の20億5000万円だった。

西部技研 <6223>  2,900円  +199 円 (+7.4%)  本日終値
高い。3日に東証スタンダード市場に新規上場した直近IPO銘柄で、公開価格2600円を87円(3.3%)上回る2687円で初値をつけ、初日は初値を上回る2701円で取引を終えた。全般安のなか、直近IPO銘柄ならではの上値抵抗の小さい銘柄として物色されたようだ。

クスリアオキ <3549>  9,070円  +515 円 (+6.0%)  本日終値  東証プライム 上昇率3位
続急伸。3日の取引終了後、11月20日を基準日として1株を3株に株式分割するほか、それに伴い期末配当予想を16円から5円50銭に修正すると発表しており、実質増額となる予定であることが好感された。同時に発表した第1四半期(5月21日〜8月20日)連結決算は、売上高1074億3900万円(前年同期比17.1%増)、営業利益66億6000万円(同48.8%増)、純利益47億8900万円(同15.6%増)と大幅増益となり、これも好材料視された。既存店の改装を中心に生鮮食品などの品揃えを強化したほか、ドラッグストアを9店舗、ドラッグストア併設調剤薬局15局を新規に開設した。なお、24年5月期通期業績予想は、売上高4100億円(前期比8.2%増)、営業利益178億円(同16.4%増)、純利益130億円(同5.5%増)の従来見通しを据え置いている。

レオパレス21 <8848>  328円  +11 円 (+3.5%)  本日終値  東証プライム 上昇率6位
反発。同社は単身者向けワンルームを主力とする賃貸住宅大手。新型コロナウイルスの影響で法人顧客を中心に抑制されていた入居需要が回復し、直近4〜6月期は営業2.1倍増益と急拡大。通期でも大幅増益を見込んでいる。好業績を背景に堅調な値動きを続けるなか、きょうはみずほ証券の格上げを手掛かりに全体下げ相場のなか逆行高を演じている。

マネックスグループ <8698>  559円  +14 円 (+2.6%)  本日終値
後場に上げ幅を拡大した。日本経済新聞電子版が4日、「NTTドコモはマネックスグループと資本業務提携する方針を固めた」と報じたことを機に、買い注文が殺到している。報道によると日本電信電話<9432>傘下のNTTドコモが500億円規模の出資をし、マネックスGと共同出資会社を設立。マネックスGが手掛ける金融サービスを自社の経済圏に取り込むとしている。

F&LC <3563>  2,569円  +46 円 (+1.8%)  本日終値
続伸。3日の取引終了後に発表した9月度の月次情報で、国内スシローの既存店売上高が前年同月比9.9%増となり、3カ月連続で前年実績を上回ったことが好感された。迷惑動画問題などで客数が一時落ち込んだものの、8月以降客数がプラスに転じていることが寄与。また、客単価も同9.5%増だった。

オービック <4684>  22,795円  +350 円 (+1.6%)  本日終値
7日ぶりに反発した。4日付の日本経済新聞朝刊は「オービックの2023年4〜9月期の連結営業利益は、前年同期比15%増の350億円強になったようだ」と報じた。株価は直近で調整色を強めていたとあって、押し目買いを誘う要因となったようだ。報道によると、主力の統合基幹業務システム(ERP)の販売が伸長したほか、インボイス制度への対応で、中小企業からシステム改修などの需要が増えたという。通期の業績予想は据え置く公算が大きいと伝えている。

BBDイニシアティブ <5259>  617円  +100 円 (+19.3%) ストップ高   本日終値
ストップ高に買われた。この日、グループ子会社のネットビジネスサポートが、ブラウザの拡張機能を使って右クリックだけで簡単に会社情報の検索やチェックが可能となるサービス「クリックサーチ」の提供を開始したと発表。これが株価の刺激材料となったようだ。ブラウザ画面上の企業名を右クリックするだけで、法人番号やインボイス番号、企業規模、電話番号、ニュースなどを表示。企業の営業部門やマーケティング、経理、購買部門の業務効率化を促す。費用は3つのIDの年間契約で月1万5000円(税別)とする。

カーメイト <7297>  1,033円  +150 円 (+17.0%) ストップ高   本日終値
ストップ高の1033円に買われた。3日の取引終了後、東京大学と共同で給電状況の可視化システムを開発したと発表しており、好材料視された。同社では東京大学、柏市、そのほかの関係機関とともに電気自動車を走行中に給電する技術の開発に取り組んでおり、同社は車載機器と送電コイルの制御装置間の通信技術に携わっている。今回開発した可視化システムは、実験用の車両に搭載された車載機器と、データ処理を行うクラウドサーバー、及びスマートフォンアプリで構成され、走行中の給電状況などのデータをスマートフォンアプリで可視化できるようにしたほか、無駄な電力消費を抑えるよう、送電コイルのON/OFFを指示できるようにしたことが特徴としている。

セキュアヴェイル <3042>  411円  +53 円 (+14.8%) 一時ストップ高   本日終値
続騰し、後場に一時ストップ高の水準となる前営業日比80円高の438円に買われる場面があった。4日、グループ会社のLogStareが開発・販売する、米マイクロソフトの「Microsoft 365」のSaaS型ログ分析サービス「LogStare M365」のオンプレミス(自社所有)版を10日にリリースすると発表。これを材料視した買いが集まったようだ。「LogStare M365」は、LogStareが開発する純国産のSaaS型ログ分析・セキュリティー運用プラットフォームをベースとして、「Microsoft 365」に特化してログを収集、分析するクラウドサービス。企業のIT運用の効率化とセキュリティー強化を支援する。同サービスを取り扱うシステムインテグレーション(SI)ベンダーなどから、オンプレミス版を望む声が多数あり、開発を進めたという。

ギグワークス <2375>  580円  +60 円 (+11.5%)  本日終値
全般波乱相場の間隙を縫って4連騰、きょうは18%高で615円まで駆け上がる場面があった。ここ全体相場は急落を強いられているが、同社株は前週9月27日にマドを開けて上放れ、いったん小休止を入れたものの買い直され一気に株価水準を切り上げる展開にある。同社は法人向けIT支援やエンジニア派遣を主力にコールセンターにも注力するが、業務領域は多岐にわたり、同社の完全子会社を通じてブロックチェーンゲームの共同開発も進めている。ブロックチェーンゲーム「SNPIT(スナップイット)」のストラテジックアドバイザーに、作詞家で音楽プロデューサーの秋元康氏が就任すると発表したことが、今回の急騰パフォーマンスの起点となっている。また、登録者数12万5000人規模のギグワーカー向け少額短期保険への参入など、個人事業主を対象とした保険事業への展開で商機を捉えている。時価総額120億円強の小型株ながら、出来高流動性の高さが際立っており、前日は回転売買が加速し2000万株近い商いをこなし、マーケットでも話題となっていた。

VIX短先物 <1552>  767円  +67 円 (+9.6%)  本日終値
大幅に3日続伸。同ETFは「恐怖指数」と称される米VIX指数とリンクしており、米国市場の波乱時に上昇する特性を持つ。3日の米VIX指数は前日に比べ2.17(12.32%)ポイント高の19.78に上昇した。一時20.48と4カ月半ぶりに警戒ラインとされる20を上回った。同日の米株式市場で、NYダウは430ドル安と3日続落。米長期金利が一時、4.81%と07年8月以来の高水準をつけた。金利上昇が懸念されるなか、米株式市場では売りが優勢となった。こうしたなか、VIX短先物は上昇した。

QBNHD <6571>  1,613円  +62 円 (+4.0%)  本日終値  東証プライム 上昇率4位
5日ぶり反発。3日取引終了後、9月度の国内店舗売上高・来店客数(速報)を発表。既存店ベースの売上高が前年同月比14.8%増と引き続き増加基調を維持したことから、これが好感された。既存店ベースの来店客数は同2.2%増。なお、全店ベースでは売上高が同11.9%増、来店客数が同0.5%減だった。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 15:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック