◆新着記事一覧◆
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2024/05/24週 ▲192,774円】NYDow 反落 利下げ先延ばし観測 ナス…
[格付け・レーティング情報] コムシス,日東紡,プレステIN,花王,ラウンドワン,フジクラ,オルガノ,V…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割銘柄一覧(05/24週終値現在)
[上方修正・増配材・好料情報] 堀場製作,アニコム,光陽社,秩父鉄,Vコマース,ソフトウェア,イトヨー…
[格付け・レーティング情報] 大林組,アサヒ,セブン&アイ,野村総研,エーザイ,第一三共,DIC,サカタ…
[株式分割情報] 日東電工(6988) 1株⇒5株
[S高|株価値上注目銘柄] 日本ヒューム,王将フードサービス,ケイアイスター不動産,ダスキン,ライフネ…
[格付け・レーティング情報] 大林組,アサヒGH,ライフドリ,グリー,野村総研,エーザイ,第一三共,大塚…
[上方修正・増配材・好料情報] クルーズ,博展,デリカフーズ,デジタルプラス,NTTデータ・イントラ,…
[上方修正・増配材・好料情報] ダスキン,ケイアイ不動産,ミタチ産業,Gセキュリ
[格付け・レーティング情報] SREHD,東レ,NEC,富士通,シスメックス,日産自,良品計画,アシック…
[S高|株価値上注目銘柄] 帝人,アドバンテスト,アニコムHD,ソフトバンクG,エニマインド,西部技研,…
[株式分割情報] 加賀電子(8154) 1株⇒2株
[株式分割情報] 王将フードサービス(9936) 1株⇒3株
[格付け・レーティング情報] SREHD,東レ,東京製鐵,ダイキン,日産自動,メニコン,東祥,アインHD
[上方修正・増配材・好料情報] FRONTEO,ナフコ,ハウス食品グループ本社,オカムラ食品,シーア…
[上方修正・増配材・好料情報] 桜井製作,ダイセキS,アドソル日進,前沢工業,出前館,三栄コ
[格付け・レーティング情報] ヒビノ,味の素,SUMCO,レゾナック,テルモ,リゾートトラ,資生堂,リク…
[S高|株価値上注目銘柄] Kudan,ゼビオ,マツモト,ランシステム,YEDIGITAL,コマースワ…
[格付け・レーティング情報] カカクコム,レイゾナク,田岡化学,資生堂,リクルート,平田機工,TOWA,…
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] フルヤ金属,乃村工藝社,コーセル,ライフネット生命保険,三菱自動車工業,西松屋チェーン,テスホールディングス,INPEX,システム情報,ロジザード,メディシノバ・インク,デジタルプラス,ペルセウス,日東精工,ブリッジ,ニイタカ,メディカルネット,アプリックス,クロスフォー,キッズウェル・バイオ,ヘッドウォータース
2023年09月28日

[S高|株価値上注目銘柄] フルヤ金属,乃村工藝社,コーセル,ライフネット生命保険,三菱自動車工業,西松屋チェーン,テスホールディングス,INPEX,システム情報,ロジザード,メディシノバ・インク,デジタルプラス,ペルセウス,日東精工,ブリッジ,ニイタカ,メディカルネット,アプリックス,クロスフォー,キッズウェル・バイオ,ヘッドウォータース



※S高銘柄一覧



<3645> メディカルN  東証G  一時  スキャンテスト乳がんの独占販売権取得、唾液をAIで解析
<3677> システム情報  東証P  配分  MBO実施発表でTOB価格にサヤ寄せへ 101.25万株買残
<3691> デジプラ    東証G  配分  マクビープラと資本業務提携 1.28万株買残
<4391> ロジザード   東証G      実証実験を開始
<5010> 日精蝋     東証S  一時  
<7477> ムラキ     東証S      
<9327> イーロジット  東証S        

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <9327> イーロジット 東証S   18.5   513 S
2. <3677> システム情報 東証P   17.2   894 S TOB価格の930円にサヤ寄せ
3. <7477> ムラキ    東証S   16.4  3490 S
4. <4391> ロジザード  東証G   15.3  1128 S 岸田首相が『物流24年問題』対策取りまとめ表明で思惑
5. <4875> メディシノバ 東証S   15.3   362  『MN−166』の研究成果を好感
6. <3691> デジプラ   東証G   14.9   772 S マクビープラとの資本・業務提携を好感
7. <2323> fonfun 東証S   13.2   748 
8. <5935> 元旦     東証S   12.6  2487 
9. <4319> TAC    東証S   11.9   226 
10. <5010> 日精蝋    東証S   11.2   208 
11. <7771> 日本精密   東証S   11.1   90 
12. <4882> ペルセウス  東証G   10.5   454  シングルセル・クローニング技術用いた新サービス開始
13. <5271> トーヨアサノ 東証S   9.8  2249 
14. <7265> エイケン工業 東証S   8.4  3345 
15. <5957> 日東精    東証P   8.2   597  PBR1倍超への対応方針を評価
16. <8105> 堀田丸正   東証S   7.8   55 
17. <9326> 関通     東証G   7.8   749 
18. <1514> 住石HD   東証S   7.7   585 
19. <2997> ストレジ王  東証G   7.7   591 
20. <4690> 日パレット  東証S   7.6  2249 
21. <6561> ハナツアーJ 東証G   7.5  1828 
22. <5254> Arent  東証G   7.5  5070  2023年のIPO関連
23. <4107> 伊勢化    東証S   7.5  8750 
24. <6577> ベストワン  東証G   7.4  4275 
25. <3075> 銚子丸    東証S   7.1  1487 

フルヤ金属 <7826>  10,200円  +480 円 (+4.9%)  本日終値
高い。27日の取引終了後、東証プライム市場への上場市場区分変更申請を行ったと発表しており、これが好感された。同社は8月4日付でプライム市場への上場市場区分変更予備申請を行っており、現在は同申請に伴う東証の審査対応を継続している。

乃村工藝社 <9716>  944円  +42 円 (+4.7%)  本日終値  東証プライム 上昇率5位
マドを開けて上伸した。27日の取引終了後、24年2月期の連結業績予想の修正を発表した。今期の最終利益は27億4000万円から31億円(前期比39.1%増)に見通しを上方修正しており、業況の更なる回復を期待した買いを集めたようだ。売上高の見通しは1200億円から1240億円(同11.8%増)に見直した。上期(3〜8月)において、複合商業施設市場やホテルなどの余暇施設市場における売り上げが堅調に推移した。下期の採算性は保守的に見積もっており、上期の業績上振れ分を通期の業績予想に反映した。

コーセル <6905>  1,252円  +54 円 (+4.5%)  本日終値  東証プライム 上昇率7位
5日ぶりに急反発した。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が27日、コーセルの目標株価を1700円から1900円に引き上げた。レーティングは「バイ」を継続する。部品の調達状況の改善や、生産能力の増強による受注残高の消化が進んだこと、価格改定効果を踏まえて、同証券は業績予想を見直した。25年5月期は成長鈍化を想定するものの、26年5月期は医療機器向けの拡販効果や半導体製造装置向けの新規受注の回復による成長再加速を予測する。コーセルの25年5月期の営業利益予想について、同証券は57億9000万円から70億円に引き上げた。

ライフネット生命保険 <7157>  972円  +37 円 (+4.0%)  本日終値
急反発した。旧村上ファンド出身者が設立したエフィッシモ・キャピタル・マネージメントがライフネット株の買い増しに動いたことが27日の取引終了後に明らかとなり、思惑視した買いを集めたようだ。同日に財務省に提出された変更報告書によると、エフィッシモの保有割合は15.74%から16.86%に上昇した。保有目的は純投資とする。報告義務発生日は21日。

三菱自動車工業 <7211>  669.9円  +20.6 円 (+3.2%)  本日終値
3日ぶりに反発し、2019年1月以来、およそ4年8カ月ぶりの高値圏に浮上した。日本経済新聞電子版が27日の取引終了後、「三菱自動車は中国の自動車生産から撤退する方針を固めた」と報じた。広州汽車集団と合弁で運営する中国唯一の新車工場での生産から撤退する。同工場では販売低迷を受けて今年3月から新車生産を停止していたという。事業の選択と集中に向けた取り組みが進み、収益性の向上につながるとの受け止めが広がり、株式市場は買いで反応した。報道によると、合弁会社は存続する一方で、三菱自と三菱商事<8058>は出資分を引き上げる見込み。現地では地場企業のブランド力向上で、販売が低迷していたという。

西松屋チェーン <7545>  1,614円  +41 円 (+2.6%)  本日終値
3日ぶりに反発した。27日の取引終了後、24年2月期第2四半期累計(2月21日〜8月20日)の単体決算の発表にあわせて中間配当に関し、これまでの予想から1円増額の14円で決定したと開示した。前期の中間配当に比べて1円増配となる。更に、取得総数22万7000株(自己株式を除く発行済み株式総数の0.38%)、取得総額3億円を上限とする自社株買いの実施も公表しており、株価の支援材料となったようだ。自社株の取得期間は9月29日から10月13日とする。8月中間期の経常利益は前年同期比1.0%減の71億3000万円となり、微増益を見込んでいた従来の計画を下振れて着地した。また、売上高は同4.7%増の884億7300万円となり、計画をやや下回った。期間中は33店舗を新規出店。退店数は10店舗だった。円安の影響で売上総利益率が低下したほか、積極的な出店を背景に販売費及び一般管理費がかさんだ。

テスホールディングス <5074>  518円  +13 円 (+2.6%)  本日終値
3日続伸。27日の取引終了後、連結子会社のテス・エンジニアリングが、岡山県真庭市による2023年度の「公共施設への太陽光発電設備等設置及び電力供給業務」に関する公募型プロポーザルに、PPA(電力購入契約)事業者として採用され、自家消費型太陽光発電システムによる電力供給を行うことが決まったと発表。これを手掛かり視した買いが株価を押し上げたようだ。テス・エンジニアリングが同市の公共施設に同発電システムを設置。オンサイトPPAモデルとして所有・維持管理をし、再生可能エネルギーによる電力の供給を行う。24年秋ごろから供給を開始する予定。同社はストックビジネスを充実させる戦略を掲げており、今後も地方自治体向け脱炭素ソリューションの拡大を図る。

INPEX <1605>  2,323円  +56 円 (+2.5%)  本日終値
石油資源開発<1662>が逆行高。全般相場が下落するなか、原油価格の上昇を背景に買いを集めている。27日の米原油先物相場はWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の11月限が前日比3.29ドル高の1バレル=93.68ドルと上昇。一時、94.17ドルと昨年8月下旬以来、約1年1カ月ぶりの水準に値を上げた。米エネルギー情報局(EIA)が発表した原油在庫が市場予想を大幅に上回る減少となり、需給引き締まり観測が強まった。この原油高を受け、INPEXなどに買いが流入している。

システム情報 <3677>  894円  +131 円 (+17.2%) ストップ高   本日終値  東証プライム 上昇率トップ
ストップ高。27日の取引終了後、MBO(経営陣が参加する買収)の一環として、投資ファンドのベインキャピタルと組み、TOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。ベインキャピタルが設立したBCJ─76(東京都千代田区)による買い付け価格は930円。株価はこれにサヤ寄せする展開となっている。買付予定数は1947万4378株で、下限は1177万3700株。上限は設定しない。買付期間は9月28日から11月10日まで。TOB成立後は上場廃止となる見込み。システム情報はTOBに賛同の意見を表明し、株主に応募を推奨した。業界内で豊富な投資実績や知見、ネットワークを持つベインキャピタルが、経営資源の提供者として最適であると判断したという。東京証券取引所は27日、システム情報の株式を監理銘柄(確認中)に指定した。

ロジザード <4391>  1,128円  +150 円 (+15.3%) ストップ高   本日終値
急動意。残業規制の強化によってトラック運転手の人手不足が深刻化するとされる物流業界の「2024年問題」に関し、岸田首相が10月上旬に関係閣僚会議を開いて緊急対策を取りまとめる考えを表明したと、この日複数のメディアが報じた。これを受け、倉庫の在庫管理システムを手掛ける同社に思惑的な物色が向かっているようだ。物流代行サービスを展開する関通<9326>、イー・ロジット<9327>なども上昇している。

メディシノバ・インク <4875>  362円  +48 円 (+15.3%)  本日終値
急伸し、年初来高値を更新した。28日、米国生物医学先端研究開発機構(BARDA)との提携共同開発による、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)や急性肺障害(ALI)への治療法・医療対策としての「MN−166(イブジラスト)」の研究成果を開示した。このうち、塩素ガス誘発性ALIに対するMN−166の単回投与と複数回投与の治療効果を評価する研究では、複数回投与スタディーにおいて、肺機能の有意な改善と生存率の向上が確認できたという。開発プログラムの次のステップについて米食品医薬品局(FDA)とミーティングを持つ予定としており、新薬の実用化を期待した買いが集まった。

デジタルプラス <3691>  772円  +100 円 (+14.9%) ストップ高   本日終値
急騰。27日の取引終了後、Macbee Planet<7095>との間で資本・業務提携すると発表。これを好感した買いが膨らんだ。マクビープラのLTV(顧客生涯価値)マーケティングの一環としてデジプラが提供するデジタルギフトを活用することや、各種データを活用した新サービスの共同開発に取り組んでいく。資本面では、デジプラの菊池誠晃代表取締役社長が保有する株式の一部をマクビープラに譲渡する。マクビープラはデジプラ株の10.27%を保有する大株主になる見通し。

ペルセウス <4882>  454円  +43 円 (+10.5%)  本日終値
反発。27日の取引終了後、シングルセル・クローニング技術を活用した新しい抗体研究支援サービスの提供を始めたと発表。同サービスでは、従来必要だった細胞融合やライブラリ構築を行うことなく、抗体産生細胞を1個ずつ単離してスクリーニングし、目的の抗体を産生する細胞を選択して抗体を取得することができる。抗体研究だけでなく、シングルセル遺伝子解析や希少細胞の回収、遺伝子導入後の細胞クローニングなど幅広い用途に対応しているという。

日東精工 <5957>  597円  +45 円 (+8.2%)  本日終値  東証プライム 上昇率2位
急伸。27日の取引終了後、資本コストや株価を意識した経営の実現に向けた対応方針を発表しており、これを評価した買いが集まった。PBR(株価純資産倍率)が1倍を下回る状況にあるなか、財務戦略として、25年12月期までの中期経営計画期間を対象に、1株18円を下限とした配当維持または増配を行う累進配当を導入する。余剰資金の変動に応じた機動的な自己株式取得を実施する方針も示した。25年12月期にPBR1倍以上を目指す。同社が2月に公表した中期経営計画では、25年12月期に売上高を600億円(22年12月期実績は440億2100万円)、営業利益を51億6000万円(同29億3100万円)に伸ばす目標を掲げた。ROIC(投下資本利益率)は8.0%以上(同5.7%)、ROE(自己資本利益率)は9.0%以上(同6.1%)を目指す。今後、中期計画の戦略と連動させてPBR1倍割れの状況に対処していく方針だ。

ブリッジ <7039>  1,906円  +120 円 (+6.7%)  本日終値
続急伸した。27日の取引終了後、23年12月期から配当を開始すると発表しており、好感されたようだ。従来は無配を計画していたが、期末一括配当予想を35円に設定した。

ニイタカ <4465>  2,087円  +116 円 (+5.9%)  本日終値  東証プライム 上昇率3位
全体下げ相場に逆行して上昇。ここ2カ月にわたり底値ボックス圏での推移だが、足もとで動きを一変させ、13週・26週移動平均線を一気に上抜いた。同社は業務用洗剤などを手掛けるが23年5月期は営業利益段階で53%減益と落ち込んだ。前日の取引終了後に24年5月期第1四半期(23年6〜8月)の業績を発表、営業利益は前年同期比19%減の2億8800万円と低調だったが、売上高は同18%増の55億600万円と大幅に伸びた。また、営業利益についても第1四半期は減益ではあったが、通期計画の10億円(前期比17%増)に対する進捗率は29%に達しており安心感につながっている。信用買い残も枯れた状態で株式需給面も上値が軽い。

メディカルネット <3645>  381円  +21 円 (+5.8%) 一時ストップ高   本日終値
大幅続伸。27日の取引終了後、遺伝子検査サービスを手掛けるミルテル(広島市南区)が提供するスキャンテスト乳がんの歯科業界における独占販売権を取得したと発表。スキャンテスト乳がんは、乳がん患者で変化する唾液中の「ポリアミン」を解析して乳がんの早期発見をサポートする検査。AI(人工知能)で作成した独自アルゴリズムにより、現在乳がんに罹患している可能性を判定するという。

アプリックス <3727>  231円  +12 円 (+5.5%)  本日終値
大幅続伸、低位株物色の流れに乗り年初来高値を更新した。業績は低迷しているが、ストックビジネスのMVNO事業に注力し業績立て直しを図っている。また、通信機能付きAIドライブレコーダーの法人向け需要開拓に期待が大きい。23年12月期は営業利益段階で前期比3.1倍の1億5200万円予想と改善色を一気に強める見通しで、24年12月期もストック事業が好調で回復歩調が維持されるとの見方が強い。

クロスフォー <7810>  223円  +10 円 (+4.7%)  本日終値
続伸。同社は27日、中国市場への本格進出のため、広州市に初の小売第1号店となる「Crossfor x Liber」がグランドオープンしたことを明らかにしており、これが株価を刺激したようだ。同店舗は20〜30代の女性をターゲットに、ユニークで洗練されたデザインのシルバーアクセサリーの商品を展開。今後は多くのフランチャイズ企業とのビジネス提携など戦略的なパートナーシップ提携を築くため、展示・商談スペースのCrossfor Showroom「Crossfor x VBOSS」を10月1日にオープンする予定だとしている。

キッズウェル・バイオ <4584>  200円  +7 円 (+3.6%)  本日終値
切り返し急。今週26日にストップ高に買われた後、前日は目先利益確定の売りで反落したが、きょうは改めて買いが流入しカイ気配で始まった。北大発の創薬ベンチャーでバイオシミラー(バイオ後続品)を手掛ける。27日取引終了後、眼科治療領域のバイオ後続品「ラニビズマブ」について、販売パートナーの千寿製薬が新たな適応症「網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫」に対する医薬品製造承認事項一部変更申請の承認を取得したことを発表、これを新たな手掛かり材料として投資資金が攻勢をかけた。

ヘッドウォータース <4011>  7,730円  +270 円 (+3.6%)  本日終値
大幅高。同社は人工知能(AI)を活用したソリューションビジネスを手掛けているが、時流を捉え生成AI分野にも積極的に布石を打っている。27日取引終了後、コンサルティング事業を手掛けるマネジメントソリューションズ<7033>と協業を開始することを発表した。米マイクロソフトのAzure OpenAI Service活用と組織浸透を包括的に伴走支援する「生成AIプロジェクトラボ」の提供を行う。これによる業容拡大効果に期待した投資資金を呼び込んだ。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック