◆新着記事一覧◆
【立会外分売結果】南総通運(9034) 【終値:1,102円:▲2円:▲0.18%】楽天・松井・SBI・SBIネオ・岡…
[格付け・レーティング情報] 保土谷化工,三井化学,塩野義薬,参天製薬,アトラエ,ホシザキ,ダイヘン,ア…
[上方修正・増配材・好料情報] オーテック,イチケン,プラネット,ベクターホールディングス,シー・ヴ…
[上方修正・増配材・好料情報] アイフル,共和レザ,エクセディ,サンテック,ホテルレジR,プラネット
[格付け・レーティング情報] アサヒ,東応化,PI,花王,オルガノ,大崎電,全国保証,ゼンショHD,タカ…
[S高|株価値上注目銘柄] 大阪チタ,日本電子材料,バリューコマース,関西電力,高砂熱学工業,住友電気…
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(05/31週〜08/30週 ] 6月中下旬まで上向いた後7月…
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2023-24年発表分)
[上方修正・増配材・好料情報] 明星工業,ファンコミュニケーションズ,紀文食品,JPMC,GMOリサ…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証グロース銘柄一覧(05/24週終値現在)
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証スタンダード銘柄一覧(05/24終値現在)
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2024/05/24週 ▲192,774円】NYDow 反落 利下げ先延ばし観測 ナス…
[格付け・レーティング情報] コムシス,日東紡,プレステIN,花王,ラウンドワン,フジクラ,オルガノ,V…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割銘柄一覧(05/24週終値現在)
[上方修正・増配材・好料情報] 堀場製作,アニコム,光陽社,秩父鉄,Vコマース,ソフトウェア,イトヨー…
[格付け・レーティング情報] 大林組,アサヒ,セブン&アイ,野村総研,エーザイ,第一三共,DIC,サカタ…
[株式分割情報] 日東電工(6988) 1株⇒5株
[S高|株価値上注目銘柄] 日本ヒューム,王将フードサービス,ケイアイスター不動産,ダスキン,ライフネ…
[格付け・レーティング情報] 大林組,アサヒGH,ライフドリ,グリー,野村総研,エーザイ,第一三共,大塚…
[上方修正・増配材・好料情報] クルーズ,博展,デリカフーズ,デジタルプラス,NTTデータ・イントラ,…
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] 古野電気,FPパートナー,ジンズ,ダイト,バリュエンス,チヨダ,ライク,ANYCOLOR,DDグループ,エスエルディー,サーバーワークス,BeeX,ベースフード,アララ,きずなHD,ライトワークス,グッドパッチ,ジェイフロンティア,前澤工業,24セブン,ヨシムラHD,NEWART,明治機械,Hamee,ビイングHD,エッチ・ケー・エス
2023年07月18日

[S高|株価値上注目銘柄] 古野電気,FPパートナー,ジンズ,ダイト,バリュエンス,チヨダ,ライク,ANYCOLOR,DDグループ,エスエルディー,サーバーワークス,BeeX,ベースフード,アララ,きずなHD,ライトワークス,グッドパッチ,ジェイフロンティア,前澤工業,24セブン,ヨシムラHD,NEWART,明治機械,Hamee,ビイングHD,エッチ・ケー・エス



※S高銘柄一覧



<2936> ベースフード  東証G  配分  3〜5月期大幅上振れを好感 2.37万株買残
<3073> DDグループ  東証P  配分  大幅上方修正がポジティブなインパクトに 1.31万株買残
<3223> SLD     東証S  配分  コラボイベント奏功し24年2月期業績予想を上方修正 0.67万株買残
<4015> アララ     東証G      23年8月期第3四半期は営業黒字に転換、進捗率89.2%
<4267> ライトW    東証G      24年1月期配当予想を22円増額へ
<4270> BeeX    東証G  配分  第1四半期営業利益は64%増 0.37万株買残
<4434> サーバワクス  東証P  一時  第1四半期2ケタ増益で業績上振れ期待
<5578> ARアドバン  東証G      23年8月期第3四半期の営業利益3.96億円、進捗率90.4%
<6121> TAKISA  東証S  配分  前日もストップ高 34.34万株買残
<6578> エヌリンクス  東証S  一時  
<6814> 古野電     東証P  一時  第1四半期大幅増益で業績予想を上方修正
<7351> グッドパッチ  東証G      3〜5月期の大幅増益と高進捗率を評価
<7388> FPパートナ  東証G  一時  今期業績・配当予想の上方修正と配当性向引き上げを好感
<9264> ポエック    東証S  一時  9-5月期経常は83%増益

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <3073> DDグループ 東証P   24.0  1550 S 脱コロナ追い風に今期営業利益は前期比4.8倍化へ
2. <3223> SLD    東証S   20.8   870 S コラボイベント奏功し24年2月期業績予想を上方修正
3. <6121> TAKISA 東証S   20.1  2387 S ニデックが1株2600円でTOB実施へ
4. <4434> サーバワクス 東証P   18.6  3660  第1四半期営業益11%増で通期計画進捗率44%超
5. <4270> BeeX   東証G   18.1  3265 S 24年2月期第1四半期の営業利益63.7%増、新規契約数が増加
6. <2936> ベースフード 東証G   17.3   543 S 3〜5月期大幅上振れを好感
7. <5578> ARアドバン 東証G   16.9  3460 S 23年8月期第3四半期の営業利益3.96億円、進捗率90.4%
8. <4015> アララ    東証G   16.4   569 S 9〜5月期営業損益黒字化で対通期進捗率9割に
9. <7086> きずなHD  東証G   16.4  1907  24年5月期は36%営業増益で3期連続最高益へ
10. <7369> メイホーHD 東証G   16.1  1716  人材派遣関連
11. <4267> ライトW   東証G   15.7  1105 S 24年1月期配当予想を22円増額へ
12. <6814> 古野電    東証P   15.6  1210  24年2月期業績及び配当予想を上方修正
13. <7351> グッドパッチ 東証G   15.5  1120 S 3〜5月期の大幅増益と高進捗率を評価
14. <4621> ロック    東証S   14.9   919 
15. <9326> 関通     東証G   14.5   608 
16. <2934> ジェイフロ  東証G   14.2  3650  24年5月期は1億300万円の営業黒字を見込む
17. <2687> CVSベイ  東証S   14.2   911  脱コロナとインバウンド恩恵で今2月期業績予想を大幅増額
18. <7388> FPパートナ 東証G   13.9  4670  23年11月期の営業利益予想を上方修正、期末配当予想も75円に増額修正
19. <6489> 前沢工業   東証S   13.4   890  24年5月期2ケタ営業増益と自社株買いを好感
20. <7074> 24セブン  東証G   13.3   375  第2四半期は営業赤字が縮小
21. <5527> プロパテクノ 東証G   13.2  2218  金融機関向け業務効率化・高度化ソリューションを開発・提供開始
22. <2884> ヨシムラHD 東証P   12.0  1000  M&A効果で第1四半期は大幅な増収増益
23. <2656> ベクターHD 東証S   11.5   397 
24. <7638> NEWART 東証S   11.4  1754  配当予想の増額修正をポジティブ視
25. <6578> エヌリンクス 東証S   11.2   357  3〜5月期営業黒字化達成で上期計画も超過

古野電気 <6814>  1,210円  +163 円 (+15.6%) 一時ストップ高   本日終値  東証プライム 上昇率3位
急反騰。前週末14日の取引終了後、24年2月期の連結業績予想について、売上高を970億円から1000億円(前期比9.5%増)へ、営業利益を20億円から30億円(同96.9%増)へ、純利益を20億円から25億円(同85.4%増)へ上方修正し、あわせて中間10円・期末10円の年20円としていた配当予想を中間10円・期末15円の年25円に引き上げると発表したことが好感された。足もとで主力の舶用事業において、欧米、アジアを中心に海外での販売が好調に推移していることに加えて、部材価格高騰による売上原価の上昇が想定以下の水準で推移していることや、為替レートがドル、ユーロともに想定よりも円安水準で推移していることなどが要因としている。なお、同時に発表した第1四半期(3〜5月)決算は、売上高238億5200万円(前年同期比12.5%増)、営業利益14億5500万円(同6.8倍)、純利益11億4100万円(同2.3倍)だった。

FPパートナー <7388>  4,670円  +570 円 (+13.9%) 一時ストップ高   本日終値
一時ストップ高。前週末14日の取引終了後、23年11月期第2四半期累計(22年12月〜23年5月)の単体決算発表にあわせ、通期の業績予想と配当予想の上方修正を発表。更に、配当性向の引き上げも公表し、好感されたようだ。今期の売上高の見通しは293億9700万円から299億7300万円(前期比17.1%増)に、最終利益の見通しは27億4900万円から37億7900万円(同59.7%増)に見直した。変額保険など資産形成商品の販売が好調に推移する。一部の業務品質支援金の受け取り条件が変更になることが予定されており、それぞれ影響を業績予想に織り込んだ。年間配当予想は50円から75円(前期は無配)に修正した。同社は配当方針も変更。これまで約40%としてきた配当性向の目安を、今期から約45%とする。

ジンズホールディングス <3046>  3,655円  +265 円 (+7.8%)  本日終値  東証プライム 上昇率7位
急反発。前週末14日の取引終了後に発表した第3四半期累計(22年9月〜23年5月)連結決算が、売上高535億6200万円(前年同期比7.3%増)、営業利益36億7900万円(同33.4%増)、純利益21億5100万円(同2.1倍)と大幅増益となり、通期計画に対する営業利益の進捗率が92%となったことが好感された。主力の国内アイウェア事業で定番商品から販売価格を改定し、昨年11月中旬以降は既存商品も同一の価格帯にしたことにより一式単価が順調に伸長した。また、新型コロナウイルス感染症の影響が薄れ外出する機会が増えたことにより、カラーレンズや紫外線量によってカラー濃度が変化する調光レンズをはじめとした外出に適したオプションレンズの売り上げが好調に推移したことや、海外アイウェア事業が黒字転換したことなども寄与した。なお、23年8月期通期業績予想は、売上高734億8600万円(前期比9.8%増)、営業利益40億900万円(同20.9%増)、純利益21億4200万円(同2.9倍)の従来見通しを据え置いている。

ダイト <4577>  2,309円  +166 円 (+7.8%)  本日終値  東証プライム 上昇率8位
14日に発表した「1→1.1の株式分割を実施」が買い材料。8月31日現在の株主を対象に1→1.1の株式分割を実施。

バリュエンス <9270>  2,614円  +170 円 (+7.0%)  本日終値
3営業日ぶりに反発。同社は14日取引終了後、23年8月期第3四半期累計(22年9月〜23年5月)の連結決算を発表。営業利益が前年同期比43.5%増の13億4000万円となったことが買い手掛かりとなったようだ。売上高は同20.9%増の536億7300万円で着地。自社オークションにおける委託が好調だったほか、インバウンド需要による小売店舗の売り上げも伸長した。なお、通期業績については売上高750億円(前期比18.3%増)、営業利益25億円(同32.4%増)とする従来見通しを据え置いている。

チヨダ <8185>  971円  +59 円 (+6.5%)  本日終値
大幅反発し年初来高値を更新。前週末14日の取引終了後に発表した第1四半期(3〜5月)連結決算が、売上高254億8800万円(前年同期比5.0%増)、営業利益15億1100万円(同3.7倍)、最終利益12億4900万円(同6.5倍)となり、通期計画の営業利益を大きく上回ったことが好感された。コロナ禍からの個人消費の回復やインバウンド需要の増加などにより、ビジネスシューズ、カジュアルシューズの売り上げが伸長。特に主力プライベートブランド「セダークレスト」のソフトな素材と屈曲性にこだわった「ストレッチビジネスシューズ」や、防水・透湿「ユーティリティスニーカー」、立ったまま手を使わずに履ける「スパットシューズ」など消費者の使い勝手を考慮した商品が好調だった。24年2月期通期業績予想は、売上高945億円(前期比2.6%増)、営業利益7億円(前期22億3400万円の赤字)、最終利益3億8000万円(同26億200万円の赤字)の従来見通しを据え置いている。同時に、百貨店を中心とした法人向けの紳士靴卸販売を主な事業とするトモエ商事(東京都台東区)の全株式を8月28日をメドに取得し子会社化すると発表した。トモエ商事の卸売ビジネスやそのノウハウ、販売チャネルなどがグループの企業価値向上に資すると判断したという。取得価額は1億2000万円。なお、同件による業績への影響は、見積もり後に開示するとしている。

ライク <2462>  1,813円  +94 円 (+5.5%)  本日終値
3日続伸。同社は14日取引終了後、24年5月期通期の連結業績予想を公表。営業利益の見通しを前期比24.3%増の44億5000万円としていることが好感されたようだ。売上高は同5.5%増の633億円を見込む。子育て支援サービス事業で積極的に新規園の開設を行い、今期は認可保育園・事業所内保育施設・学童クラブ・児童館を合わせて20カ所前後の開設を予定。総合人材サービス事業では、モバイル業界や拡大の続く物流・製造業界などに注力しながらも、高い成長性が期待できる外国人材領域、特に介護業界に対しての外国人材紹介強化に経営資源を投下するとしている。

ANYCOLOR <5032>  7,920円  +310 円 (+4.1%)  本日終値
大幅高で4日ぶりに反発。前週末14日の取引終了後、7月31日を基準日として1株を2株に株式分割すると発表したことが好感された。投資単位あたりの金額を引き下げることで投資家がより投資しやすい環境を整え、株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることが目的という。効力発生日は8月1日。

DDグループ <3073>  1,550円  +300 円 (+24.0%) ストップ高   本日終値  東証プライム 上昇率トップ
物色人気集中。同社は複数の業態の飲食店を手掛けるが、脱コロナを追い風に足もとの業績は会社側の想定を上回って好調に推移している。同社が前週末14日取引終了後に発表した24年2月期第1四半期決算は営業利益が11億400万円の黒字(前年同期は3億3700万円の赤字)と急改善した。増収効果に加え、コスト低減努力や、不採算店舗での各種施策及び当該店舗の業態変更などにより利益採算が向上、全体収益に反映された。これを受けて通期業績予想の修正も行い、営業利益は従来計画の15億2400万円から22億5000万円(前期比4.8倍)に大幅増額しており、これがポジティブサプライズとなって投資資金を呼び込んだ。

エスエルディー <3223>  870円  +150 円 (+20.8%) ストップ高   本日終値
急騰。前週末14日の取引終了後、24年2月期単独業績予想について、売上高を32億1700万円から33億1200万円(前期比7.2%増)へ、営業利益を3400万円から5000万円(前期2億5600万円の赤字)へ、最終利益を4200万円から4800万円(同2億3800万円の赤字)へ上方修正したことが好感された。飲食サービスで、アニメなどのキャラクターをモチーフにしたメニューを展開するコラボイベントを実施し、集客向上につながっていることが要因。また、コンテンツ企画サービスで、優良コンテンツを活用した常設コラボカフェ及び運営の受託をしているプロデュース案件も堅調に推移していることが寄与する。なお、同時に発表した第1四半期(3〜5月)決算は、売上高9億4300万円(前年同期比28.8%増)、営業利益3600万円(前年同期8800万円の赤字)、最終利益3800万円(同4100万円の赤字)だった。

サーバーワークス <4434>  3,660円  +575 円 (+18.6%) 一時ストップ高   本日終値  東証プライム 上昇率2位
大幅高で、年初来高値を更新した。同社は14日取引終了後、24年2月期第1四半期(3〜5月)の連結決算を発表。営業利益は前年同期比11.3%増の1億6500万円となり、通期計画3億7300万円に対する進捗率が44%超に達していることが好感されたようだ。売上高は同76.0%増の58億8700万円で着地。アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)を中心としたクラウド基盤に関するコンサルティング、基盤構築・運用、クラウドサービスの機能強化、シェア獲得によるビジネスの拡大に尽力したことが奏功した。なお、通期業績予想については従来計画を据え置いている。

BeeX <4270>  3,265円  +501 円 (+18.1%) ストップ高   本日終値
ストップ高。前週末14日の取引終了後に発表した第1四半期(3〜5月)単独決算が、売上高16億7700万円(前年同期比34.1%増)、営業利益1億5200万円(同63.7%増)、純利益1億400万円(同68.6%増)と大幅増益となったことが好感された。新規顧客の獲得や新規契約数の増加で、MSP事業やクラウドライセンスリセール事業などのストック要素が拡大。また、既存顧客からの追加案件の受注及び新規顧客の獲得もあってプロジェクト数が順調に積み上がり、クラウドインテグレーション事業も引き続き好調だった。24年2月期通期業績予想は、売上高69億1000万円(前期比20.0%増)、営業利益4億2700万円(同6.0%増)、純利益3億1100万円(同4.0%増)の従来見通しを据え置いている。

ベースフード <2936>  543円  +80 円 (+17.3%) ストップ高   本日終値
ストップ高。前週末14日の取引終了後に3〜5月期(第1四半期)決算を発表し、売上高は37億3900万円、営業損益は3億8000万円の赤字だった。あわせて開示した決算説明資料によると、売上高、営業損益とも期初計画から大幅に上振れしたとされており、これを好感した買いが膨らんだ。自社ECやリテールチャネルの売り上げが大きく伸長。売上高は前年同期と比べ約7割増と急拡大した。説明資料では24年2月期通期の着地見込みについて、売上高170億円(期初予想160億7800万円)、営業損益6億円の赤字(同8億400万円の赤字)としている。

アララ <4015>  569円  +80 円 (+16.4%) ストップ高   本日終値
急速人気化。キャッシュレスサービスの導入支援業務を主力展開するが、バリューデザイン買収によるM&A効果が発現しトップラインの拡大が顕著となっている。14日取引終了後に発表した23年8月期第3四半期決算(22年9月〜23年5月)は営業損益が1億700万円の黒字を確保し、対通期計画に対する進捗率が89%に達した。通期業績上振れの可能性があり、これを手掛かり材料に投資資金が攻勢をかけている。

きずなホールディングス <7086>  1,907円  +268 円 (+16.4%)  本日終値
大幅反発し、年初来高値を更新した。前週末14日の取引終了後に発表した24年5月期連結業績予想で、売上高126億8000万円(前期比20.4%増)、営業利益16億1000万円(同36.3%増)、純利益9億円(同28.4%増)と、大幅増収増益で3期連続営業最高益更新を見込むことが好感された。20ホールの新規出店を計画していることに加えて、拡大する家族葬需要を背景に葬儀件数は前期比11.7%増の1万3870件、コロナ禍の収束に伴う葬儀規模の回復やオリジナルプランの増加などで葬儀単価は前期比8.2%増の86万1000円と想定しており、これらが業績を牽引する。なお、23年5月期決算は、売上高105億3500万円(前の期比13.6%増)、営業利益11億8100万円(同10.2%増)、純利益7億円(同17.0%増)だった。

ライトワークス <4267>  1,105円  +150 円 (+15.7%) ストップ高   本日終値
ストップ高。正午ごろに配当政策の基本方針の変更を発表しており、従来の「安定的な配当の継続」から「連結配当性向100%を目標と定め積極的な配当を実施」に変更。それに伴い、24年1月期の配当予想を期末一括10円から中間8円・期末24円の年32円(前期14円)にすると発表しており、これらを好感した買いが入った。

グッドパッチ <7351>  1,120円  +150 円 (+15.5%) ストップ高   本日終値
ストップ高に買われ、年初来高値を更新した。前週末14日の取引終了後、23年8月期第3四半期累計(22年9月〜23年5月)の連結決算を発表した。営業利益は前年同期比30.9%減の2億6400万円と減益となったものの、直近四半期の3〜5月期では同3倍超の大幅な増益となった。通期計画に対する営業利益の進捗率は約88%に上り、堅調な業況を評価した買いが集まったようだ。第3四半期累計の売上高は同2.2%増の28億6900万円。3〜5月期の売上高は四半期として過去最高となった。デザインパートナー事業でプロジェクトの継続に注力したほか、新規顧客の獲得もあって、デザイナーの稼働安定に寄与。例年稼働が低調となる第3四半期において、収益拡大につなげた。

ジェイフロンティア <2934>  3,650円  +455 円 (+14.2%)  本日終値
大幅高。同社は14日取引終了後、24年5月期通期の連結業績予想を公表。営業損益は1億300万円の黒字(前期は18億1600万円の赤字)を見込んでいることが好材料視されたようだ。売上高は前期比22.3%増の205億9800万円となる見通し。オンライン診療・服薬指導・処方薬配送サービス「SOKUYAKU(ソクヤク)」の会員数の大幅な増加と、D2C事業における商品ラインアップの拡充などに注力するとしている。

前澤工業 <6489>  890円  +105 円 (+13.4%)  本日終値
急反発し年初来高値を更新した。前週末14日の取引終了後に発表した24年5月期連結業績予想で、売上高355億円(前期比9.7%増)、営業利益36億円(同11.6%増)、純利益25億円(同5.0%減)と2ケタ営業増益を見込むことが好感された。引き続き老朽化した施設の更新・再構築需要などの取り込みに注力するほか、防災・減災、エネルギー問題などに対するソリューション営業を進めることで営業増益を見込む。なお、同時に発表した23年5月期決算は、売上高323億6900万円(前の期比4.7%増)、営業利益32億2600万円(同6.2%増)、純利益26億3000万円(同22.8%増)だった。あわせて、上限を40万株(発行済み株数の2.15%)、または3億6000万円とする自社株買いを発表しており、これも好材料視されている。取得期間は7月19日から11月22日までで、取得した全株式は12月8日付で消却する予定としている。

24セブン <7074>  375円  +44 円 (+13.3%)  本日終値
4営業日ぶりに反発。同社は14日取引終了後、23年11月期第2四半期累計(22年12月〜23年5月)の単独決算を発表。営業損益が1億7900万円の赤字(前年同期は3億1200万円の赤字)に縮小したことが好材料視されたようだ。売上高は前年同期比23.2%減の16億9600万円となった。コロナによる影響長期化や消費者の行動変容、外的環境の変化などが減収につながった一方、コスト削減を目的とした全社横断プロジェクトの取り組みが損失額の減少に寄与した。なお、通期業績予想については引き続き非公表としている。

ヨシムラHD <2884>  1,000円  +107 円 (+12.0%)  本日終値  東証プライム 上昇率4位
急騰。前週末14日の取引終了後、24年2月期第1四半期(3〜5月)の連結決算を発表した。売上高は前年同期比44.3%増の115億8100万円、最終利益は同35.2%増の3億9300万円と大幅な増収増益となった。最終利益は第1四半期ながら通期計画に対する進捗率が約52%に上り、業績の上振れ期待が膨らんだようだ。M&Aにより新たに6社が加わった。製造事業においては国内では原材料価格の高騰を受け価格改定を行った効果が出たほか、海外ではコロナ禍を経て社会経済活動の規制が緩和されたことを背景に、ホテルや飲食店向けの販売が回復した。

NEWART <7638>  1,754円  +179 円 (+11.4%)  本日終値
切り返し急。18日、配当予想の修正を発表した。これまで70円としていた24年3月期の年間配当予想を、前期と横ばいの100円に30円増額しており、これをポジティブ視した買いが集まったようだ。ブライダルジュエリーなどの基幹事業が堅調に推移しており、第2四半期決算発表後に予定していた感謝特別配当を同日開催の取締役会において決議。前倒しで発表することにしたという。

明治機械 <6334>  408円  +39 円 (+10.6%)  本日終値
大幅反発。前週末14日の取引終了後に自社株買いを実施すると発表しており、好材料視された。上限を34万株(発行済み株数の2.99%)、または1億円としており、取得期間は23年7月19日から24年3月29日まで。資本効率の向上と株主への利益還元の拡大を図りつつ、今後の環境変化に備えて資本政策の対応力を強化し、柔軟性を確保するのが狙いとしている。

Hamee <3134>  1,015円  +93 円 (+10.1%)  本日終値  東証プライム 上昇率5位
急反発した。前週末14日、連結子会社でEC支援・SaaS事業などを展開するNEのスピンオフと同社の上場準備を始めると発表。これを材料視した買いが集まった。Hameeの株主に対し、NEの株式を現物配当により交付する予定。売買機会を確保するため東証の上場承認を得ることをスピンオフの条件とする。スピンオフ後、Hameeの株主は同社株とNE株の2銘柄の上場株式を保有することになる。スピンオフ及び上場時期などの詳細は未定。業績への影響を含め、開示すべき事由が発生した際には速やかに開示するとした。なお、日証金は14日、Hameeの株式について18日約定分から、制度信用取引の新規売りおよび買いの現引きに伴う貸借取引の申し込み停止措置を実施すると発表した。弁済繰り延べ期限が到来した買いの現引きは除く。

ビイングHD <9145>  2,335円  +180 円 (+8.4%)  本日終値
大幅反発。前週末14日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(1〜6月)連結業績について、売上高が従来予想の115億円から122億9000万円(前年同期比14.1%増)へ、営業利益が5億2000万円から7億2000万円(同66.3%増)へ、純利益が3億円から4億2000万円(同43.8%増)へ上振れて着地したようだと発表しており、好材料視された。既存拠点における新規業務の開始や前期に稼働した7拠点の安定稼働などで順調に事業が拡大したことが牽引した。また、自社開発の生産性管理システムや配送業務の合理化への取り組みなどの原価コントロールを徹底したことも寄与した

エッチ・ケー・エス <7219>  2,127円  +155 円 (+7.9%)  本日終値
急伸。前週末14日の取引終了後、23年8月期第3四半期累計(22年9月〜23年5月)の連結決算発表にあわせ、通期の業績予想と年間配当予想を上方修正した。加えて、創立50周年を記念した株主優待の実施も開示しており、これらを好感した買いが入ったようだ。今期の売上高の見通しを90億円から91億8000万円(前期比6.4%増)、営業利益の見通しを4億5000万円から5億5000万円(同3.3%増)に見直した。営業利益は減益予想から一転して増益を見込む。マフラーやサスペンションを中心にアフターマーケット向けの売上高が伸長しており、業績予想に反映した。年間配当予想は普通配当50円、記念配当30円をあわせた80円に見直した。これまでは普通配当36円と記念配当14円をあわせ、前期と横ばいの50円の計画だった。株主優待では、23年8月31日時点の株主名簿に記載または記録された保有株式数100株以上の株主に、対象店舗において同社の商品購入時に利用できる優待割引券を贈呈する。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック