◆新着記事一覧◆
[格付け・レーティング情報] コスモス薬,三菱マテリ,ベル24,HOYA,東宝
[上方修正・増配材・好料情報] キューブシステム,No.1,ディー・エル・イー,セキュア,JDSC,倉…
[上方修正・増配材・好料情報] 栄研化学,航空電子,ファナック,キュブシス,中外薬,大垣共立,大真空,桜…
[格付け・レーティング情報] ホギメデ,OBC,安川電,アルバック,川重,FPパートナ,良品計画,HOY…
[S高|株価値上注目銘柄] 野村マイクロ,KOA,コメリ,ニコン,フルマルHD,鉄建建設,フリービット,…
[格付け・レーティング情報] ホギメデ,サイバーA,フジクラ,FPパトナ,良品計画
[上方修正・増配材・好料情報] 鉄建建設,FRONTEO,メディカル一光,フリービット,ニーズウェル,…
[上方修正・増配材・好料情報] シマノ,コメリ,宮崎銀,Jマテリアル,丸八証券,ギガプライズ,エンチョ…
[格付け・レーティング情報] ABCマート,DCM,コメダ,レンゴー,日産化,TDK,村田製,大栄環境,…
[S高|株価値上注目銘柄] フィナHD,宮崎銀行,タスキ,三信電気,東急建設,大阪ガス,ストライク,エニ…
[株式分割情報] GENDA(9166) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] ABCマト,ワッツ,DCM,コメダ,日産化学,TDK,トヨタ
[上方修正・増配材・好料情報] タスキ,神戸物産,ボルテージ,エルテス,ニーズウェル,スタメン,インテ…
[上方修正・増配材・好料情報] ウエスコ,ダイセキ,東京衡機,東急建設,北海電工,OBシステム,東海エ…
[格付け・レーティング情報] 大林組,いちご,日本ペHD,特殊陶,フジクラ,楽天銀,ニデック,住信SBI…
[S高|株価値上注目銘柄] トランザクション,中部飼料,ネクソン,フジ・コーポ,NTTデータG,スズデ…
【立会外分売結果】室町ケミカル(4885) 【終値:726円:+30円:+4.31%】楽天・松井・SBI・SBIネオ・岡…
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(04/26週〜07/26週 ] 4月下旬から6月中下旬まで戻…
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2023-24年発表分)
[上方修正・増配材・好料情報] 成学社,ユナイテッド,クリアル,DDグループ,カラダノート,ソラスト,…
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] グリムス,丸文,FPG,Genky,Gセキュリ,住友理工,アルプス物流,ベネフィット・ワン,エンプラス,ドウシシャ,東テク,ワコム,エフピコ,JBCCHD,PALTAC,マックス,中国塗料,スクリン,アルプスアルパイン,理想科学工業,アドバンテスト,ジェイテック,ワオワールド,インテM,フェイスネットワーク
2023年02月01日

[S高|株価値上注目銘柄] グリムス,丸文,FPG,Genky,Gセキュリ,住友理工,アルプス物流,ベネフィット・ワン,エンプラス,ドウシシャ,東テク,ワコム,エフピコ,JBCCHD,PALTAC,マックス,中国塗料,スクリン,アルプスアルパイン,理想科学工業,アドバンテスト,ジェイテック,ワオワールド,インテM,フェイスネットワーク



※S高銘柄一覧



<2410> キャリアデザ  東証P      3月中間期業績予想の上方修正を好感
<2479> ジェイテック  東証G      23年3月期の営業損益予想を上方修正、テクノロジストの稼働順調
<3150> グリムス    東証P  配分  全てのセグメントで売上高が増加 1.02万株買残
<3489> フェイスNW  東証P  配分  1.58万株買残
<3666> テクノスJ   東証P      10〜12月期営業5割超の増益で進捗率94%に
<3896> 阿波製紙    東証S      
<4417> Gセキュリ   東証G      4〜12月期大幅増益と実質増配見通しを好感
<4884> クリングル   東証G  一時  
<5128> ワオワールド  東証P  配分  TOB価格1502円にサヤ寄せへ 11.71万株買残
<5246> エレメンツ   東証G      前日もストップ高。人工知能関連
<6696> トラースOP  東証G  一時  
<7046> TDSE    東証G      業績予想の上方修正を発表
<7072> インテM    東証G      海外の広告配信事業参入を材料視
<9325> ファイズHD  東証P      23年3月期業績予想と期末配当計画を上方修正

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <2479> ジェイテック 東証G   34.9   309 S 今期経常利益の増額修正で17期ぶり過去最高益へ
2. <5128> ワオワールド 東証P   27.5  1390 S JGIAによるTOB価格にサヤ寄せ
3. <3150> グリムス   東証P   24.8  2513 S 4〜12月期営業2ケタ増益で通期計画を超過
4. <7072> インテM   東証G   24.4  1530 S 海外の広告配信事業に参入
5. <7537> 丸文     東証P   22.6  1247  今期経常利益と配当の大幅増額発表でサプライズ
6. <3489> フェイスNW 東証P   21.7  1681 S 1株から2株への株式分割と23年3月期業績予想の上方修正を好感
7. <7046> TDSE   東証G   21.4  2269 S 業績予想の上方修正を発表
8. <2410> キャリアデザ 東証P   20.4  1767 S 3月中間期業績予想の上方修正を好感
9. <3542> ベガコーポ  東証G   18.6   618 
10. <3666> テクノスJ  東証P   16.5   564 S 10〜12月期営業5割超の増益で進捗率94%に
11. <5246> エレメンツ  東証G   16.3  1070 S 人工知能関連
12. <7148> FPG    東証P   16.1  1228  第1四半期の大幅な最終増益と高進捗率を好感
13. <9325> ファイズHD 東証P   16.0  1090 S 23年3月期業績予想と期末配当計画を上方修正
14. <3896> 阿波製紙   東証S   15.7   735 S
15. <3422> J−MAX  東証S   15.7   679  インド関連
16. <9267> Genky  東証P   15.5  4310 
17. <4417> Gセキュリ  東証G   15.2  5340 S 23年3月期第3四半期の営業利益64.0%増、セキュリティソリューション伸長
18. <5337> ダントーHD 東証S   12.5   314 
19. <4593> ヘリオス   東証G   12.5   341 
20. <9560> プログリット 東証G   11.7  1594 
21. <7064> ハウテレ   東証G   11.3  4535 
22. <9753> IXナレッジ 東証S   11.1   901  情報セキュリティ関連
23. <5248> テクノロジー 東証G   11.1  3220  人工知能関連
24. <5191> 住友理工   東証P   10.8   706  今期最終益予想の上方修正を好感
25. <1439> 安江工務店  東証S   10.6  1352 

グリムス <3150>  2,513円  +500 円 (+24.8%) ストップ高   本日終値  東証プライム 上昇率2位
ストップ高 。同社は中小企業を主要顧客に電力料金の低減など電力コンサルティング事業を手掛ける。昨今の電力コスト高騰を背景に、顧客に調達改善を提案する同社のビジネスに追い風が強まっている。31日取引終了後に発表した23年3月期第3四半期(22年4〜12月)決算は営業利益が前年同期比15%増の28億2500万円と2ケタ伸長を達成し、通期計画の27億円を超過した。これを手掛かり材料に上値を見込んだ投資資金が流入した。

丸文 <7537>  1,247円  +230 円 (+22.6%)  本日終値  東証プライム 上昇率3位
急反騰。半導体や電子部品のほか、レーザーなどシステム機器も扱うエレクトロニクス商社だが、足もとの業績は絶好調に推移している。31日取引終了後に23年3月期業績予想の修正を発表、経常利益は従来予想の50億円から70億円(前期比71%増)に大幅増額修正した。22期ぶりの過去最高利益更新となる。更に好業績を背景に株主還元も強化し、今期配当は従来計画の45円から22円上乗せし67円とする。これがポジティブサプライズとなり投資資金が集中した。

FPG <7148>  1,228円  +170 円 (+16.1%)  本日終値  東証プライム 上昇率7位
続急騰。31日の取引終了後、23年9月期第1四半期(22年10〜12月)の連結決算を発表した。最終利益は前年同期比81.0%増の45億6000万円と大幅な増益となった。中間期の計画に対する最終利益の進捗率は約94%に上るなど、好決算を評価した買いが集まったようだ。売上高は同11.1%増の174億1600万円だった。リースファンド事業は、10〜12月期としては過去最高の出資金販売額を達成したことなどを背景に、大幅な増収増益となった。

Genky <9267>  4,310円  +580 円 (+15.6%)  本日終値  東証プライム 上昇率9位
1月31日大引け後(15:00)に決算を発表。23年6月期第2四半期累計(7-12月)の連結経常利益は前年同期比13.9%増の35.6億円に伸び、従来の1.6%減益予想から一転して増益で着地。同時に発表した「1月既存店売上高は3.6%増」も買い材料。1月既存店売上高は3.6%増。

Gセキュリ <4417>  5,340円  +705 円 (+15.2%) ストップ高   本日終値
ストップ高の水準となる前日比705円高の5340円に買われた。31日の取引終了後、未定としていた期末配当予想を13円とすると発表した。22年11月1日付の1対2の株式分割を考慮すると、前期末に比べ実質5円50銭の増配の計画となる。あわせて発表した23年3月期第3四半期累計(22年4〜12月)の単体決算は、最終利益が前年同期比78.3%増の3億7300万円と大幅な増益となったことも相まって、これらを好感した買いが集まったようだ。最終利益の通期計画に対する進捗率は約82%に上った。4〜12月期の売上高は同29.1%増の40億2300万円だった。企業へのサイバー攻撃が相次ぐなか、セキュリティーソリューションサービスが伸長したという。

住友理工 <5191>  706円  +69 円 (+10.8%)  本日終値  東証プライム 上昇率10位
続急騰。この日、23年3月期第3四半期累計(22年4〜12月)の連結決算発表にあわせ、通期の業績予想を見直した。最終損益の見通しを10億円の黒字から12億円の黒字(前期は63億5700万円の赤字)に引き上げたことなどを好感した買いが入ったようだ。売上高の見通しは据え置いた。原材料価格高騰分の一部売価反映や、経費支出の抑制などが利益を押し上げる要因となった。4〜12月期の売上高は前年同期比22.9%増の3951億600万円、最終損益は25億2900万円の赤字(前年同期は46億4400万円の赤字)だった。

アルプス物流 <9055>  1,325円  +126 円 (+10.5%)  本日終値
急伸し、昨年来高値を更新した。31日の取引終了後、23年3月期第3四半期累計(22年4〜12月)の連結決算発表にあわせ、通期の業績予想を上方修正した。最終利益の見通しは従来の42億円から49億円(前期比36.2%増)に引き上げた。期末配当予想はこれまでの23円から5円増額。前期末比11円増配の28円とした。これらを好感した買いが入ったようだ。売上高の見通しは1210億円から1215億円(同6.8%増)に見直した。電子部品物流事業での国際貨物の荷動きが底堅く推移したことなどを業績予想に反映させた。4〜12月期の連結決算は、売上高が前年同期比9.2%増の932億3500万円、最終利益が同59.4%増の42億4000万円だった。

ベネフィット・ワン <2412>  2,309円  +182 円 (+8.6%)  本日終値
1月31日大引け後(16:50)に決算を発表。23年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比17.5%減の78.8億円に減り、通期計画の107億円に対する進捗率は73.0%となり、5年平均の71.1%とほぼ同水準だった。

エンプラス <6961>  4,045円  +305 円 (+8.2%)  本日終値
急騰、大きくマドを開け前日比510円高の4250円まで上値を伸ばした。中期波動の分水嶺である75日移動平均線を一気に上回ってきた。微細加工技術を得意とする精密樹脂加工メーカーで、半導体向けで需要獲得が進み、足もとの業績は急拡大局面にある。31日取引終了後に発表した23年3月期第3四半期(22年4〜12月)の売上高は前年同期比35%増の322億7000万円、営業利益は同3.2倍の70億6400万円と変貌をみせた。半導体テスト用ソケットがサーバー向けで高水準の伸びを確保、自動車向けも好調で売り上げを伸ばした。また、同社は売上高の8割を海外で占めており、円安効果も発現している。株価は足もと急騰しているが、依然としてPER8倍前後と割安感が強く、一段の水準訂正余地を見込んだ買いを誘導している。

ドウシシャ <7483>  1,834円  +136 円 (+8.0%)  本日終値
1月31日大引け後(15:00)に決算を発表。23年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比6.5%増の74億円に伸び、通期計画の84億円に対する進捗率は88.2%となり、5年平均の90.1%とほぼ同水準だった。

東テク <9960>  3,920円  +285 円 (+7.8%)  本日終値
1月31日大引け後(15:30)に決算を発表。23年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比24.2%増の49.1億円に伸び、通期計画の75億円に対する進捗率は5年平均の60.1%を上回る65.5%に達した。

ワコム <6727>  686円  +49 円 (+7.7%)  本日終値
31日に発表した「3.98%の自社株消却を実施」が買い材料。発行済み株式数の3.98%にあたる654万6400株の自社株を消却する。消却予定日は2月14日。

エフピコ <7947>  3,785円  +270 円 (+7.7%)  本日終値
1月31日大引け後(15:00)に決算を発表。23年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比0.4%増の147億円となり、通期計画の170億円に対する進捗率は86.5%に達し、5年平均の83.8%も上回った。

JBCCHD <9889>  1,996円  +125 円 (+6.7%)  本日終値
1月31日大引け後(17:00)に決算を発表。23年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比21.9%増の30.7億円に伸び、通期計画の37億円に対する進捗率は83.2%に達し、5年平均の80.4%も上回った。

PALTAC <8283>  4,980円  +290 円 (+6.2%)  本日終値
1月31日大引け後(15:00)に決算を発表。23年3月期第3四半期累計(4-12月)の経常利益(非連結)は前年同期比4.1%減の214億円に減ったが、通期計画の274億円に対する進捗率は78.1%となり、5年平均の79.2%とほぼ同水準だった。

マックス <6454>  2,140円  +115 円 (+5.7%)  本日終値
大幅続伸し、昨年来高値を更新した。同社は1月31日取引終了後に、23年3月期通期の営業利益予想を従来の90億円から98億円(前期比30.7%増)に上方修正。また、期末一括配当を従来計画比10円増額の74円(前期は64円)にすると発表したことが好感されたようだ。通期の売上高予想は従来通り854億円(同15.5%増)で据え置いたが、荷発費の上昇が落ち着いていることが利益に寄与するとしている。

中国塗料 <4617>  1,042円  +55 円 (+5.6%)  本日終値
続急伸。31日の取引終了後、23年3月期第3四半期累計(22年4〜12月)の連結決算発表にあわせ、通期の業績予想を上方修正し、材料視されたようだ。売上高は900億円から980億円(前期比16.3%増)、営業利益は25億円から38億円(同5.5倍)に見通しを引き上げた。主力の船舶用塗料の販売が好調に推移しているのに加え、為替影響により海外子会社で売り上げの押し上げ効果が出た。原材料調達コストの上昇を受けた販売価格の見直しも、想定以上に進んでいるという。4〜12月期の売上高は前年同期比14.2%増の709億8100万円、営業利益は同94.5%増の16億7800万円だった。

スクリン <7735>  10,060円  +490 円 (+5.1%)  本日終値
1月31日大引け後(15:30)に決算を発表。23年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比43.3%増の571億円に拡大し、通期計画の730億円に対する進捗率は78.3%に達し、5年平均の59.6%も上回った。

アルプスアルパイン <6770>  1,390円  +67 円 (+5.1%)  本日終値
高い。旧村上ファンド系のシティインデックスイレブンスが同社株を5%超保有していることが31日の取引終了後に明らかになった。これを思惑視した買いが集まったようだ。31日に財務省に提出された大量保有報告書によると、シティインデックスイレブンスと共同保有者の保有比率は新たに5.02%となった。報告義務発生日は1月24日。保有目的は「投資及び状況に応じて経営陣への助言、重要提案行為等を行うこと」としている。アルプスアルは31日、23年3月期第3四半期累計(22年4〜12月)の連結決算を発表。売上高は前年同期比18.1%増の7006億1600万円、最終利益は同43.2%増の211億2500万円だった。コンポーネント事業ではスマートフォン向けが堅調だったほか、円安も業績を押し上げる要因となった。

理想科学工業 <6413>  2,259円  +98 円 (+4.5%)  本日終値
大幅続伸。31日の取引終了後、期末配当の増額修正と自社株買いの実施を発表。これを材料視した買いが入ったようだ。同社はこれまで60円としてきた期末配当予想を40円増額し、前期末と横ばいの100円に見直した。また取得総数16万株(自己株式を除く発行済み株式総数の0.48%)、取得総額3億円を上限とする自社株買いを2月14日から3月24日の間、東証における市場買付けによって実施する。

アドバンテスト <6857>  9,570円  +370 円 (+4.0%)  本日終値
6日ぶりに急反発した。31日の取引終了後に発表した23年3月期第3四半期累計(4〜12月)の連結決算は、売上高が前年同期比37.6%増の4127億9900万円、最終利益が同63.9%増の998億600万円と、大幅な増収増益となった。未定としていた期末配当予想は前期末と横ばいの70円とした。半導体市場の先行きが警戒されるなかにあって、通期の業績予想が据え置きとなったこともあって、買い安心感が広がったようだ。高水準にある受注残高を考慮し、業績予想を据え置いた。1〜3月期の想定為替レートも同じく、1ドル=130円、1ユーロ=140円を踏襲した。

ジェイテック <2479>  309円  +80 円 (+34.9%) ストップ高   本日終値
ストップ高。自動車や半導体分野などを中心に技術者派遣事業を手掛けるが、5G、次世代自動車、ロボット、AI関連といった最新技術分野での旺盛な開発需要を取り込み業績拡大が急となっている。31日取引終了後、23年3月期業績予想の修正を発表。経常利益は従来予想の1億5500万円から2億1500万円(前期比84%増)に増額した。06年3月期以来17期ぶりの過去最高更新となる。技術者派遣の稼働率が高水準に推移するなか、高付加価値業務への配属などで平均単価も上昇し収益を押し上げている。これを材料視する形で買いが集まった。

ワオワールド <5128>  1,390円  +300 円 (+27.5%) ストップ高   本日終値
ストップ高の水準となる前日比300円高の1390円に買われた。31日の取引終了後、同社株に対し日本成長投資アライアンス(JGIA、東京都港区)がファンドを通じて完全子会社化を目的にTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。TOB価格は1株1502円。株価はTOB価格にサヤ寄せする動きとなった。JGIAはワオワールドの非公開化が同社の企業価値向上につながると判断した。買い付け予定数は496万7752株(下限331万1800株、上限設定なし)。買付け期間は2月1日から3月15日。TOB成立後にワオワールド株は上場廃止となる予定で、これを受けて東京証券取引所は1月31日付で監理銘柄(確認中)に指定している。

インテM <7072>  1,530円  +300 円 (+24.4%) ストップ高   本日終値
ストップ高。この日昼ごろ、海外の広告配信事業に参入したと発表しており、これが買い材料視された。主力のAd Tech領域事業の海外展開を目指す。参入に向けて、「CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)」と「CPRA(カリフォルニア州プライバシー権法)」に対応したプライバシーポリシーを制定した。今後、順次各国の法制度への対応を進め、事業展開が可能なエリアを増やしていく。

フェイスネットワーク <3489>  1,681円  +300 円 (+21.7%) ストップ高   本日終値
ストップ高。1月31日の取引終了後、3月31日を基準日として1株を2株に株式分割すると発表しており、これが材料視された。投資単位当たりの金額を引き下げ、株式の流動性向上と投資家層の拡大を図ることが目的という。あわせて、23年3月期の単独業績予想について、営業利益を20億円から25億円(前期比42.1%増)へ、純利益を11億5000万円から15億円(同45.1%増)へ上方修正し、42円としていた期末一括配当予想を84円(前期37円)に引き上げるとしたことも好感された。売上高は従来見通しの210億円(前期比23.4%増)に据え置いたものの、主力の不動産投資支援事業において、デザイン性と居住性を両立させる設計技術と、それを高度な施工能力によって具現化する開発物件が評価され販売は堅調に推移した。また、資材価格の高騰などによる原価上昇を一定の範囲でコントロールできたことも寄与するとしている。なお、22年9月末時点の株主への提供を持って株主優勢制度を廃止すると発表した。配当による直接的な利益還元への集約が適切であると判断したという。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック