◆新着記事一覧◆
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2024/07/19週 ▲710,324円】NYDow 続伸 経済ソフトランディング…
[格付け・レーティング情報] キューピー,ホギメディ,イオンファ,日特陶,神戸製鋼,住SBI銀,ゆうち…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割銘柄一覧(07/19週終値現在)
[株式分割情報] AIAIグループ(6557) 1株⇒2株
[上方修正・増配材・好料情報] ハウス食,ナカヨ,リベロ,ピーエイ,大和オフィス,阪急阪神R,アジュバ…
[格付け・レーティング情報] あらた,大黒天,参天薬,北興化,フジクラ,ディスコ,日立,三菱電,ダイヘン,…
[S高|株価値上注目銘柄] サン電子,大黒天物産,江崎グリコ,住友林業,フルヤ金属,オンコセラピ,リンク…
[格付け・レーティング情報] オプンUG,大黒天,ネクセラ,ペプチD,ルレサスエレ,良品計画,伊藤忠,日…
[上方修正・増配材・好料情報] 江崎グリコ,北日本紡績,ガイアックス,アドソル日進,NTTデータイン…
[上方修正・増配材・好料情報] フルヤ金属,ディスコ,ブロンコB,INV,ハピネス&D
[格付け・レーティング情報] いちご,味の素,コスモス薬品,セブン&アイ,信越化,信越化,セプテニHD,…
[S高|株価値上注目銘柄] 北海道電力,ホギメディカル,トライアル,日清オイリオグループ,フォーサイド…
[格付け・レーティング情報] いちご,味の素,アステラ薬,塩野義薬,ロート製薬,参天製薬,バンド化学,ミ…
[上方修正・増配材・好料情報] JESCO,fantasista,キャリアデザイン,日清オイリオG,…
[上方修正・増配材・好料情報] JIA,ブロドリーフ
[格付け・レーティング情報] 鹿島,双日,ネクソン,大有機,Sansan,三星ベ,CKD,ベイカレント,…
[S高|株価値上注目銘柄] ヤマシンフィルタ,セルソース,東宝,HIOKI,名糖産業,ギフティ,イオンフ…
[格付け・レーティング情報] ディップ,ジンズ,大阪有機,サンサン,CKD,三菱電機,ベイカレント,TD…
[上方修正・増配材・好料情報] 買取王国,ホギメディカル,Aiming,レゾナック,ハイブリッドテク…
[上方修正・増配材・好料情報] 日本国土開発,FPパトナ,エネチェンジ,ビイングHD,名糖産,大庄,ア…
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] ミツウロコG,コーセル,西松屋チェーン,日経Dインバ,オカモト,三菱UFJ,ディー・ディー・エス,オーナンバ,ワンダープラネット,和田興産,ホープ,JPホールディングス,IGポート,第一工業製薬,ソノコム
2022年12月19日

[S高|株価値上注目銘柄] ミツウロコG,コーセル,西松屋チェーン,日経Dインバ,オカモト,三菱UFJ,ディー・ディー・エス,オーナンバ,ワンダープラネット,和田興産,ホープ,JPホールディングス,IGポート,第一工業製薬,ソノコム



※S高銘柄一覧



<3782> ディディエス  東証G  一時  指紋認証及び汗孔認証アルゴリズムの特許出願が中国で権利化完了
<4199> ワンプラ    東証G  一時  
<5816> オーナンバ   東証S      
<7114> フーディソン  東証G      2022年のIPO関連

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <7114> フーディソン 東証G   22.7  2700 S 初値は2300円(公開価格2300円)
2. <3782> ディディエス 東証G   21.7   84  中国で新特許の権利化が完了
3. <5816> オーナンバ  東証S   14.6   786 S 今期上方修正と増配を好感
4. <1757> 中小企業HD 東証S   12.5   45 
5. <8131> ミツウロコG 東証S   11.4  1141  今期業績予想を上方修正
6. <3133> 海帆     東証G   10.4   213 
7. <3131> シンデンハイ 東証S   10.3  2610 
8. <5527> プロパテクノ 東証G   9.4  4195  2022年のIPO関連
9. <8150> 三信電    東証P   8.7  2386  NISA拡充で高利回り銘柄の一角にも見直し
10. <9204> スカイマーク 東証G   8.1  1500  本日東証グロース市場に新規上場
11. <4199> ワンプラ   東証G   8.1  1288  新株35万株発行で4.18億円調達、中国ゲーム企業の日本法人に割当
12. <6905> コーセル   東証P   7.8   969  今期上方修正と自社株買い発表を好感
13. <6835> アライドHD 東証S   7.1   120  サイバーセキュリティ関連
14. <6625> JALCO  東証S   7.1   241 
15. <4439> 東名     東証P   6.7  1600  情報セキュリティ関連
16. <3358> YSフード  東証S   6.6   341 
17. <7537> 丸文     東証P   6.5   987  半導体関連
18. <3529> アツギ    東証P   6.2   410  太陽光発電関連
19. <7545> 西松屋チェ  東証P   6.1  1436  第3四半期業績の高進捗率を評価
20. <2216> カンロ    東証S   6.0  1374 
21. <9362> 兵機海    東証S   6.0  2004 
22. <8931> 和田興産   東証S   6.0   924  今期は一転最終増益の見通しで配当予想も増額
23. <2479> ジェイテック 東証G   5.9   250  人材派遣関連
24. <6946> 日本アビオ  東証S   5.8  3460  防衛関連
25. <6721> ウインテスト 東証S   5.7   148  半導体製造装置関連

ミツウロコG <8131>  1,141円  +117 円 (+11.4%)  本日終値
急騰。前週末16日の取引終了後、23年3月期の連結業績予想について売上高を2800億円から3400億円(前期比36.0%増)へ、純利益を27億円から30億円(同57.2%増)へ上方修正しており、これを好感した買いが入った。電力事業の調達電源のうち、発電事業者から相対契約で調達した電源が大部分を占めていることから、電力不足による市場高騰の影響を最低限に留めることができたことが業績を押し上げた。なお、連結子会社において資産除去債務を認識したことに伴い、17億4000万円の特別損失を計上する見通し。

コーセル <6905>  969円  +70 円 (+7.8%)  本日終値  東証プライム 上昇率2位
急反発。午前11時ごろ、23年5月期業績予想の上方修正を発表。売上高を322億2000万円から337億3000万円(前期比20.1%増)へ、純利益を23億1500万円から30億7000万円(同62.0%増)へ引き上げており、これが好感された。安定調達に注力した生産活動を行った結果、上期業績が上振れしたことを踏まえ、通期見通しを見直した。年間配当予想も27円から31円(前期26円)に引き上げた。同時に発表した上期決算は、売上高が163億3100万円(前年同期比18.2%増)、純利益が16億2400万円(同71.3%増)だった。あわせて、上限を100万株(発行済み株数の2.93%)、または10億円とする自社株買いを発表しており、これを好感した買いも入ったようだ。取得期間は12月20日から来年5月12日まで。

西松屋チェーン <7545>  1,436円  +82 円 (+6.1%)  本日終値  東証プライム 上昇率6位
3日ぶりに急反発。前週末16日取引終了後に発表した23年2月期第3四半期累計(2月21日〜11月20日)の決算は、最終利益が前期比4.9%減の70億9200万円だった。減益での着地となったものの、通期計画に対する進捗率は90%を超えており、業績の上振れを期待した買いが集まったようだ。売上高は同4.4%増の1304億2700万円、営業利益は同4.2%減の102億5300万円だった。円安による仕入れ原価の上昇が響いたものの、衣料部門では小学校高学年向けの商品が大きく伸びたほか、雑貨部門では粉ミルクなど食料品、マスクなどの衛生用品などが好調だった。

日経Dインバ <1357>  362円  +8 円 (+2.3%)  本日終値
3日続伸。日経Dインバは日経平均に対し逆方向に連動し、パフォーマンスがマイナス2倍に基本設定されたETF。景気減速懸念を背景に前週末の米国株が下落したことなどを背景に、この日は日経平均株価が300円を超す下げとなり、11月4日以来、およそ1カ月半ぶりの安値をつけた。更に、17日には共同通信が、岸田政権が安定的な経済成長の実現に向け政府と日銀の役割を定めた共同声明について、初めて改定する方針を固めたことが分かったと報じた。日米金利差縮小に伴う円高進行への警戒感がくすぶるなか、日本株相場の先安観をもとにしたベア型ETFに対する買いが集まったようだ。

オカモト <5122>  3,810円  +65 円 (+1.7%)  本日終値
上昇。前週末16日の取引終了後に自社株買いを実施すると発表しており、これが好感された。取得上限は40万株(発行済み株数の2.22%)、または20億円。期間は12月19日から来年9月30日まで。

三菱UFJ <8306>  772.2円  +11 円 (+1.5%)  本日終値
銀行株が逆行高となっている。共同通信が17日、岸田政権が安定的な経済成長の実現に向け政府と日銀の役割を定めた共同声明について、初めて改定する方針を固めたことが分かったと報じた。イールドカーブ・コントロール政策が修正され、金利の上昇により業績が一段と改善に向かうとの思惑が広がったようだ。三井住友フィナンシャルグループ<8316>、みずほフィナンシャルグループ<8411>、コンコルディア・フィナンシャルグループ<7186>も堅調。千葉銀行<8331>が年初来高値をつけた。報道によると、「できるだけ早期に実現する」としてきた2%の物価上昇目標の達成時期を見直すことなどを通じ、金融政策の幅を広げる方向で検討するという。

ディー・ディー・エス <3782>  84円  +15 円 (+21.7%) 一時ストップ高   本日終値
一時ストップ高まで買われた。同社はきょう、指紋認証及び汗孔(かんこう)認証アルゴリズムに関する2つの特許出願について、中国で権利化が完了したと発表しており、これが材料視されたようだ。指紋認証アルゴリズムは近接するマニューシャ間の濃淡情報から周波数成分を抽出し、マニューシャの位置と周波数成分の類似度で照合させる方法で、汗孔認証アルゴリズムは汗孔などの指紋隆線の微細構造を解析することで認証を行う高精度の認証アルゴリズムについて照合の原理を示したもの。なお、同特許は既に日本国内で権利化されている。

オーナンバ <5816>  786円  +100 円 (+14.6%) ストップ高   本日終値
急騰。前週末16日の取引終了後、22年12月期の連結業績予想について売上高を395億円から430億円(前期比16.4%増)へ、営業利益を15億5000万円から22億円(同99.3%増)へ上方修正すると発表。あわせて、8円としていた期末配当予想を14円にするとしており、これらを好感した買いが膨らんだ。サプライチェーンの改善が想定以上に進んだことでワイヤーハーネス部門を中心に売り上げが増加したことに加え、円安による為替影響が業績を押し上げた。なお、年間配当予想は22円となり、前期実績の14円に対しては8円の増配となる予定だ。

ワンダープラネット <4199>  1,288円  +96 円 (+8.1%) 一時ストップ高   本日終値
急騰。16日取引終了後、中国を拠点にモバイルゲーム事業を展開する企業グループの日本法人であるHappy Elements(京都市下京区)に対し第三者割当増資を行い、手取り概算で4億1815万円を調達すると発表した。これを材料視した買いが集まったようだ。35万株の新株を発行し、発行価格1222円で同社に割り当てる。同社はワンプラの議決権割合14%を保有する第2位の株主となる見通し。調達資金は開発中及び開発開始の新規タイトルに関する人件費や外注費に充てる。今後は業務面における両社の関係性を強化することを視野に入れた検討を進めていくとしている。

和田興産 <8931>  924円  +52 円 (+6.0%)  本日終値
急伸。前週末16日取引終了後、23年2月期の業績予想の修正を発表した。最終利益の見通しは20億円から24億円(前期比2.7%増)に上方修正した。減益予想から一転して増益の計画となったことに加え、配当予想の増額修正も行っており、これらを材料視した買いが入ったようだ。売上高の見通しは前期比微増の420億円で据え置いた。分譲マンション販売セグメントにおいて、個別プロジェクトの採算性が向上。販管費の抑制効果も表れるという。これまで22円としてきた期末配当予想は3円増額し、25円に見直した。年間配当は前期比7円増配の47円の見込みとした。

ホープ <6195>  225円  +9 円 (+4.2%)  本日終値
大幅高。前週末16日取引終了後、23年3月期の連結業績予想の上方修正を発表しており、好感されたようだ。売上高は19億9500万円から21億2400万円、営業利益は1億2600万円から1億8100万円、最終利益は49億2200万円から50億2000万円にそれぞれ見通しを見直した。前期に決算期の変更があり増減率の記載はない。広告事業における媒体販売やジチタイワークス事業のサービス受注が堅調に推移した。マーケティングコストが想定よりも抑えられる見通しとなったことも寄与するという。

JPホールディングス <2749>  291円  +10 円 (+3.6%)  本日終値
大幅高。午後1時前に、グループ会社の日本保育サービスが、英語に特化した「バイリンガル保育園」を2023年4月に首都圏で3施設開設すると発表。これを手掛かり材料視した買いが入ったようだ。認可保育所1施設と、東京都認証保育所2施設を業態変更する。ネイティブ英語講師が常駐し、日本語と英語の習得に向けたイマージョン教育を展開。受け入れ児童の拡大を目指すという。

IGポート <3791>  1,848円  +49 円 (+2.7%)  本日終値
3日続伸。6月1日につけた1829円を上回り、年初来高値を更新した。同社はアニメ制作会社で、コミックの企画・出版や作品の二次利用に関する権利の販売などを手掛ける。ここ好材料が相次いだことで株価上昇に弾みがついており、前週末16日にはテレビアニメ「怪獣8号」の制作が決定したとの発表を受けて大幅高。きょう19日には、人気漫画「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」のテレビアニメシーズン2とオリジナル劇場版の制作決定を明らかにしており、これを好感した買いが向かっている。

第一工業製薬 <4461>  1,932円  +37 円 (+2.0%)  本日終値
高い。同社はきょう、高容量リチウムイオン二次電池の負極用水系複合接着剤を開発したと発表しており、これが買い手掛かりとなったようだ。このほど開発した接着剤は、樹脂の弾性率や強度のコントロールを行い、汎用品では得られない負極材の膨張収縮に追従する性質を持ち、高い構造復元性を発揮。シリコン系材料の添加により負極容量が2倍以上になっても、1000回以上の充放電後で電極構造が安定しており、高容量電池の長寿命化が可能になるという。

ソノコム <7902>  821円  +15 円 (+1.9%)  本日終値
発行済み株式数(自社株を除く)の2.18%にあたる8万株(金額で6448万円)を上限に、12月19日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック