◆新着記事一覧◆
[格付け・レーティング情報] エイピアG,メルカリ,武田薬品,OBC,三菱電機,千葉銀
[上方修正・増配・好材料情報] 横河ブリ,スタンレー,バルカー,共和電,アズーム,白洋舎,大同特鋼,日本…
[上方修正・増配・好材料情報] インタライフ,ホウライ,バーチャレク,洋シヤタ,エクセディ,リョーサン…
[上方修正・増配・好材料情報] ソシオネクス,協栄産,NEC,モロゾフ,東邦金,バルカー,日立物流,野村…
[格付け・レーティング情報] 神戸物産,信越化,コスモHD,ディスコ,日本光電,ファナック,七十七
[市場変更情報] アクシージア(4936) 東証GRT⇒東証PRM
[S高|株価値上注目銘柄] M&A総合研究所,サンワテクノス,兼松エレクトロニクス,キヤノン電子,山九…
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(02/03週〜05/12週 ]上向くも2月中旬から再下落か…
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2023年発表分)
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2022年発表分)
[上方修正・増配・好材料情報] 鳥貴族,ホットリンク,オプティム,キャンバス,ラクオリア創薬,東京イン…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証グロース銘柄一覧(01/27週終値現在)
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証スタンダード銘柄一覧(01/27週終値現在)
[上方修正・増配・好材料情報] 兼松エレク,AGP,アジアパイル,元気寿司,ホクシン,日本興業,HSH…
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2023/01/27週 +228,643円】NYDow 反発 利上げ減速期待 N225 続…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割銘柄一覧(01/27週終値現在)
[上方修正・増配・好材料情報] 東邦レマック,セゾン情報,京阪神ビル,SHOEI,鳥取銀,七十七,タカ…
[上方修正・増配・好材料情報] 蔵王産業,木徳神糧,キヤノン電,タウンN,YKT,ニッキ,エスティック,…
[格付け・レーティング情報] わらべ日洋,ホギメデ,信越化,富士電機,信越ポリ
[S高|株価値上注目銘柄] インパクト,ローランド,出前館,信越化学工業,北海道電力,三菱UFJ,東邦ガ…
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] DyDo,JBCCHD,資生堂,三菱重工業,新東,旅工房,助川電気工業,リボミック,Aiming,ユビキタスAI,インテM,プラザクリエイト本社,ブレインズテクノロジー,エーアイ,カラダノート,Jテック・C,INTLOOP,エフ・コード,佐田建設
2022年11月29日

[S高|株価値上注目銘柄] DyDo,JBCCHD,資生堂,三菱重工業,新東,旅工房,助川電気工業,リボミック,Aiming,ユビキタスAI,インテM,プラザクリエイト本社,ブレインズテクノロジー,エーアイ,カラダノート,Jテック・C,INTLOOP,エフ・コード,佐田建設



※S高銘柄一覧



<2334> イオレ     東証G  配分  2.03万株買残
<2761> トシンG    東証S  一時  
<3417> 大木ヘルス   東証S  一時  
<4422> VNX     東証G      人工知能関連
<4541> 日医工     東証P      前日もストップ高
<4891> ティムス    東証G      2022年のIPO関連
<4937> ワクー     東証G  一時  前日もストップ高
<5380> 新東      東証S      12月末を基準日として1株を2株に株式分割
<6549> DMソリュ   東証S      
<7273> イクヨ     東証S  一時  前日まで2日連続ストップ高

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <7273> イクヨ    東証S   91.1  3280  EV対応への業務提携の発表を材料視
2. <4541> 日医工    東証P   47.6   155 S
3. <4891> ティムス   東証G   21.3   853 S 2022年のIPO関連
4. <5380> 新東     東証S   21.0  2880 S 12月末を基準日として1株を2株に株式分割
5. <4422> VNX    東証G   20.4  1768 S 人工知能関連
6. <2334> イオレ    東証G   15.3  1130 S NFT領域での新規事業の開始を材料視
7. <6549> DMソリュ  東証S   15.3  1133 S
8. <2666> オートW   東証S   13.6   200 
9. <6548> 旅工房    東証G   12.5   477  『ゼロコロナ政策』修正期待で旅行・百貨店株に買いが集まる
10. <7711> 助川電気   東証S   10.9  1393  半導体関連の出遅れで原発活用に向けた思惑も株価刺激
11. <3370> フジタコーポ 東証S   10.4   307 
12. <9227> マイクロ波  東証G   10.1  2583  リチウムイオン電池部材・部品関連
13. <3417> 大木ヘルス  東証S   9.9   818 
14. <1572> H株ブル   東証E   9.9  4239 
15. <2031> ハンセンブル 東証EN   9.8  5050 
16. <3687> Fスターズ  東証P   9.6  1467  政策に乗る量子コンピューター関連本命として再浮上
17. <8789> フィンテック 東証S   9.6   57 
18. <6058> ベクトル   東証P   9.3  1342  新たな成長ステージ迎えるとして国内証券が買い推奨
19. <3904> カヤック   東証G   9.2  1550  人工知能関連
20. <3671> ソフトMAX 東証G   9.1   982 
21. <7375> リファバスG 東証G   9.0  2261 
22. <4591> リボミック  東証G   8.2   237  軟骨無形成症治療薬『RBM−007』での症例登録を材料視
23. <2038> 原油先Wブル 東証EN   8.2  1380 
24. <7972> イトーキ   東証P   8.1   533 
25. <3983> オロ     東証P   8.0  1803 

DyDo <2590>  4,840円  +185 円 (+4.0%)  本日終値
朝安後に切り返す展開。28日の取引終了後に23年1月期第3四半期累計(1月21日〜10月20日)の決算を発表し、営業利益は前年同期比55.7%減の23億2600万円だった。ただ、通期計画の7億円を大きく上回っていることから、業績に対する過度な警戒感が後退し買い戻しの動きが優勢となったようだ。一部商品の価格改定をはじめ、トルコ事業の伸長や医薬品関連事業の増加により、売上高は1246億4000万円(前年同期1246億5800万円)と堅調だった。一方で原材料価格やエネルギーコストの高騰などが響き、利益は押し下げられた。通期見通しは据え置いている。

JBCCHD <9889>  1,953円  +40 円 (+2.1%)  本日終値
堅調に推移。同社はきょう、自社のSASE(ネットワークとセキュリティーの機能をクラウド上で統合し提供する考え方)運用支援サービス「マネージドサービス for SASE Plus」が、新日本製薬<4931>の全社ゼロトラストネットワーク構築で導入されたと発表。これが買い手掛かりとなったようだ。第1段階として、社員のパソコンやモバイル端末にSASEを適用してテレワーク環境にあわせたセキュリティー対策を実施。今後、社内ネットワークを統合し、順次SASEの適用範囲を拡大する予定だとしている。

資生堂 <4911>  5,839円  +110 円 (+1.9%)  本日終値
続落スタートとなったが、その後切り返しに転じた。中国当局が日本時間午後4時から記者会見を開くことがこの日昼ごろ伝わっており、これを受けてマーケットではゼロコロナ政策の見直しに対する思惑が浮上している。中国からの訪日客回復への期待感からインバウンド関連株を物色する動きが出ており、そのなか化粧品株の一角にも買いが入った。資生堂のほか、コーセー<4922>、ポーラ・オルビスホールディングス<4927>が朝安から切り返す動きをみせている。

三菱重工業 <7011>  5,312円  +76 円 (+1.5%)  本日終値
全体軟調地合いに抗して上値を指向しているのをはじめ、IHI<7013>や川崎重工業<7012>も堅調、石川製作所<6208>なども買い優勢で推移するなど防衛関連株に資金が向かっている。28日、岸田文雄首相が防衛費を2027年度にGDP比2%に増額するように関係閣僚に指示したことが日本経済新聞などメディアを通じて伝わった。これまで日本の防衛費は概ね1%以内を目安としてきたが、ロシアによるウクライナ侵攻を受けてNATO加盟国の間で防衛費を2%に引き上げる動きが相次いでいることから、それに追随する動きとなる。これを受け、防衛関連銘柄の収益機会が拡大するとの思惑が買いを誘導している。

新東 <5380>  2,880円  +500 円 (+21.0%) ストップ高   本日終値
ストップ高。28日の取引終了後、12月31日を基準日(実質的には12月30日)として1株を2株に株式分割すると発表したことが好感された。投資単位あたりの金額を引き下げ、投資のしやすい環境を整えることで投資家層の拡大と株式の流動性を高めることが目的という。効力発生日は23年1月1日。

旅工房 <6548>  477円  +53 円 (+12.5%)  本日終値
後場急伸。エイチ・アイ・エス<9603>も上げ幅拡大。中国当局が日本時間29日午後4時から、新型コロナウイルスの防疫措置に関する記者会見を開くと一部で伝わったことを受け、ゼロコロナ政策の修正とともに日中両国間の渡航が活発化するとの思惑が広がったようだ。旅行関連株ではベルトラ<7048>、オープンドア<3926>などが一段高となっている。日本でのインバウンド消費が活発化するとの見方から、三越伊勢丹ホールディングス<3099>、高島屋<8233>、J.フロント リテイリング<3086>など百貨店株にも買いが集まった。

助川電気工業 <7711>  1,393円  +137 円 (+10.9%)  本日終値
全般地合い悪のなか異色の強調展開で4連騰。半導体製造装置向け温度センサーを手掛けており、ここ半導体主力株の買い戻しが一巡する一方、同関連の中小型株に物色の流れが広がっており、同社はその一角として出遅れ感から投資資金が攻勢を掛けている。また、28日に経済産業省が、岸田政権が掲げる「原発の最大限活用」の実践に向け計画案を開示、廃炉が決まった原発の建て替えを具体化させることを明記したことが伝えられた。熱制御技術に強い研究開発型メーカーで原子力関連機器などでも高い実績を有する同社は同関連株としても改めて存在感を高めている。冬場の電力不足の問題が取り沙汰されるなか、原発再稼働への論議も今後高まりそうで、同社の株価も刺激される場面が増えそうだ。

リボミック <4591>  237円  +18 円 (+8.2%)  本日終値
急伸。28日取引終了後、軟骨無形成症治療薬「RBM−007」の国内前期第2相試験に向けた観察試験について、第1例目の症例登録が行われたと発表。これをポジティブ視した投資家の買いが集まったようだ。症例登録が行われたのは東京医科歯科大学病院。観察試験に引き続き、前期第2相臨床試験と長期投与試験を進めていくとしている。

Aiming <3911>  418円  +28 円 (+7.2%)  本日終値
切り返し急。スマートフォンゲームの配信を手掛け、業績面では足もと苦戦しているものの、新作投入効果から23年12月期業績回復への期待が大きい。同社は28日取引終了後、ユーチューバーの制作サポート事業を手掛けるUUUM<3990>の子会社であるLiTMUS、講談社とスマートフォン向けゲーム「かみながしじま 〜輪廻の巫女〜」を共同開発中であることを開示、また、同新作ゲームの制作発表会を12月1日にメディア向けには会場で、一般ユーザーにはライブ配信で開催することも併せて発表、これを材料視する形で投資資金が流入した。

ユビキタスAI <3858>  429円  +26 円 (+6.5%)  本日終値
商い増勢のなかマドを開けて買われ、上値指向を鮮明としている。ソフト開発会社でIoT関連ソリューションを展開する。ネットワーク対応ソフトに強みを有し、高速起動製品などが売り上げに寄与している。量子コンピューター分野への布石も着々と進め、量子コンピューターに関するソフトウェアやエンジニアリングサービスを提供するカナダのsoftwareQ社と販売代理店契約を結び、8月9日からsoftwareQ社が開発した量子コンピューター向けコンパイラ「staq(スタッキュ)」とシミュレーター「Quantum++(クウォンタムプラス)」の提供を開始している。

インテM <7072>  1,399円  +80 円 (+6.1%)  本日終値
朝安後に切り返した。同社はきょう、N2i(名古屋市中区)とデジタルコマース領域での商品開発を目的とした戦略的パートナーシップを結んだと発表しており、これが材料視されたようだ。両社はこのほど、インテMの提供するデータ技術とN2iが運営するECブランドの体験型シェア店舗「my GAKUYA」を連携させ、D2C(Direct to Consumer)ブランド特化型のリターゲティング広告「my GAKUYA 集客フォローパッケージ」を共同開発し、提供を開始。興味があるが購入に至らなかったユーザーに「my GAKUYA」でD2Cブランドの商品を体験できることを案内することで、店舗での商品体験・接客で購入への一押しができるようになり、売り上げの向上と新規顧客の獲得が見込めるようになるという。

プラザクリエイト本社 <7502>  407円  +22 円 (+5.7%)  本日終値
反発。28日の取引終了後に自社株買いを実施すると発表したことが好材料視された。上限を30万株(発行済み株数の2.47%)、または1億5000万円としており、取得期間は22年12月1日から23年5月31日まで。経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行するためとしている。

ブレインズテクノロジー <4075>  1,360円  +73 円 (+5.7%)  本日終値
4日続伸。午前10時ごろ、デンソー<6902>において、小型カメラ上でAI処理を行う作業分析ソリューションの導入に向けた検証環境の構築と実証実験を開始すると発表しており、好材料視された。ブレインズでは、製造現場をはじめとするさまざまな分野における現場の作業を、AIを利用した動画認識技術により、作業の品質監視やパフォーマンスの分析を自動化できるアプリケーション「Impulse作業分析アプリケーション」を提供しているが、今回の実証実験では、セキュリティーカメラをはじめとして画像センシング事業を行うi−PRO(東京都港区)との協働を通じて、デンソーでの自動車部品の外観検査工程における作業分析への検証を行うとしている。

エーアイ <4388>  823円  +36 円 (+4.6%)  本日終値
しっかり。28日取引終了後、同社の音声合成ナレーション作成ソフトをNTTデータ<9613>の子会社であるNTTデータユニバーシティが導入したと発表。これが株価の支えとなったようだ。NTTデータによるシステム開発の総合ソリューション「TERASOLUNA(テラソルナ)」の開発手順研修のナレーション作成に、エーアイのソフト「AITalk 声の職人」を導入する。コロナ禍の影響で研修のオンライン化が進むなか、動画教材の制作が増加していたという。

カラダノート <4014>  824円  +34 円 (+4.3%)  本日終値
3日続伸。この日、子どもの予防接種スケジュール管理アプリ「ワクチンノート」に新機能「ワクチン追加リスト」を追加したと発表しており、好材料視された。「ワクチンノート」は、子どもが1歳になるまでに推奨されている予防接種が15種類前後あり、接種時期も決まっているため、スケジュール管理に悩むママ・パパが多いことから開発した、子どもの予防接種スケジュールを管理するアプリ。今回の機能追加により、定期接種以外のワクチンや新型コロナウイルスワクチンなど、子どもに必要なワクチンを手動で追加し記録・管理することが可能となり、ワクチンノート一つで全ての予防接種を管理することが可能になるという。

Jテック・C <3446>  2,134円  +73 円 (+3.5%)  本日終値
4日続伸。28日取引終了後、大阪大学とプラズマ援用研磨法(PAP)に関するノウハウ供与契約を締結すると発表。これが株価の支援材料となったようだ。同社は半導体向け加工・研磨装置の開発による自社の成長に向け、阪大の独自加工技術の導入を図ってきたが、今回のノウハウ供与はその一環となる。PAPは、研磨面に対しプラズマによって活性化した酸素などを備える研磨法。太陽光・風力発電や自動車、エアコンなどに使われるパワー半導体の増産に向けたプロセス開発が進むなか、PAPは耐熱性能に優れるGaN(窒化ガリウム)、SiC(炭化ケイ素)、単結晶ダイヤモンドなどの化合物半導体材料の加工効率の向上につながる。

INTLOOP <9556>  5,330円  +180 円 (+3.5%)  本日終値
大幅高。同社は28日、KDDI<9433>グループのKDDI Digital Divergence Holdings及びKDDIアジャイル開発センターと業務提携すると発表しており、これが材料視されたようだ。3社はこのほど、地方リモート、シニア人材、多種多様な働き方を希望するフリーランスの活用など、デジタルトランスフォーメーション(DX)人材の多面的な採用、育成、及び各種案件で協業することで合意。提携の第1弾として、顧客企業のDX化と内製化を支援するサービスの提供を開始するとしている。

エフ・コード <9211>  2,541円  +78.5 円 (+3.2%)  本日終値
反発。28日取引終了後、サブスクリプションファクトリー(東京都港区)からウエブ接客ツール「KaiU」の運営事業を取得すると発表。これを材料視した買いが集まった。同事業を分割して新設する企業の全株式を取得し子会社化する。取得会社の22年8月期の売上高は約2億300万円。エフ・コードによる取得価格は3億円としている。コンバージョン率の改善につながるKaiUの取得により、プロダクトとサービスの拡充が可能になるという。エフ・コードが保有するSaaS事業やデジタルマーケティング事業の知見を活用し、相乗効果の発揮も期待されるとしている。

佐田建設 <1826>  455円  +13 円 (+2.9%)  本日終値
大幅続伸。28日の取引終了後に自社株買いを実施すると発表したことが好感された。上限を22万株(発行済み株数の1.42%)、または1億円としており、取得期間は22年11月29日から23年3月24日まで。株主還元の充実と資本効率の向上を図ることが目的という。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック