◆新着記事一覧◆
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2022/12/02週 ▲468,047円】NYDow 続伸 FRB議長利上げペース減速…
【抽選結果|IPO新規上場】property technologies(5527)・・・公開価格は、2,950円(仮条件上限)に決定…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割銘柄一覧(12/02週終値現在)
[上方修正・増配・好材料情報] 中国塗料,アインHD,クミアイ化,キタック
[格付け・レーティング情報] セブン&アイ,TIS,信越化,日触媒,ワンキャリア,日油,オービック,AS…
[S高|株価値上注目銘柄] サイバーエージェント,マキタ,タカトリ,資生堂,レーザーテック,GLP投資…
【立会外分売結果】富士興産(5009) 【終値:1,118円:+20円:+1.82%】楽天・松井・SBI・マネックス…
[格付け・レーティング情報] 東洋水産,セブンアイ,日油,日ASB機械,SANKY,しまむら,三井住友…
[上方修正・増配・好材料情報] 住石HD,トランスジェニック,エスプール,スターティア,GMOペイメ…
[上方修正・増配・好材料情報] 伊藤園,ビケンテクノ
[株式分割情報]  ユニフォームネクスト(3566) 1株⇒4株
[格付け・レーティング情報] 東鉄工,GMO−PG,メルカリ,エーザイ,住友電,ニッパツ,マキタ,ソニー…
[株式分割情報]  RS Technologies(3445) 1株⇒2株
[S高|株価値上注目銘柄] JTOWER,ACCESS,FRONTEO,トリケミカル研究所,レーザーテ…
[格付け・レーティング情報] GMOPG,東海カボン,住友電工,大阪チタニ,ニッパツ,信越ポリマ,ニトリ
[上方修正・増配・好材料情報] 中電工,FRONTEO,クロスキャット,まんだらけ,三洋貿易,ツルハH…
[上方修正・増配・好材料情報] ASNOVA,シキボウ,東和フード,ラクーンHD,JSB,トリケミカル…
[格付け・レーティング情報] マツキヨココ,三洋貿易,オイシックス,デンカ,バルテス,塩野義,富士製薬,…
[株式分割情報]  ASNOVA(9223) 1株⇒2株
[S高|株価値上注目銘柄] 日本電波工業,恵和,エーザイ,日本郵船,三菱重工業,日医工,ビリングシステム…
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] エーザイ,シスメックス,トピー工業,Abalance,オンワード,VIX短先物,グリー,Appier,タカトリ,ラサ商事,ガーラ,レッド,佐藤商事,INCLUSIVE
2022年09月28日

[S高|株価値上注目銘柄] エーザイ,シスメックス,トピー工業,Abalance,オンワード,VIX短先物,グリー,Appier,タカトリ,ラサ商事,ガーラ,レッド,佐藤商事,INCLUSIVE



※S高銘柄一覧



<4523> エーザイ    東証P  配分  アルツハイマー薬の第3相試験結果を好感 96.89万株買残
<7692> Eインフィニ  東証S      前日もストップ高。メタバース関連

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <7692> Eインフィニ 東証S   18.9  3150 S メタバース関連
2. <4523> エーザイ   東証P   17.3  6784 S 『レカネマブ』が第3相試験で主要評価項目達成
3. <6338> タカトリ   東証S   13.4  3255  パワー半導体向けSiC材料切断加工装置の大口受注獲得
4. <6869> シスメックス 東証P   9.7  8383  尿検査装置の新モデル発売受け一時800円超の上昇
5. <7231> トピー    東証P   9.5  1437  非開示だった上期経常は23億円の黒字に浮上へ
6. <7084> キッズSHD 東証G   7.7  1071 
7. <7317> 松屋R&D  東証G   7.4  1225  ロボット関連
8. <3856> Aバランス  東証S   7.3  2131  中期経営計画を上方修正
9. <7829> サマンサJP 東証G   6.7   111 
10. <2138> クルーズ   東証S   6.7  1298  YouTuberヒカル氏が『PROJECT XENO』のアンバサダーに就任
11. <7388> FPパートナ 東証G   6.5  2920 
12. <6539> MSジャパン 東証P   6.4   896  人材派遣関連
13. <9229> サンウェルズ 東証G   6.1  6570 
14. <5935> 元旦     東証S   6.0  6150 
15. <1773> YTL    東証P   5.9   18 
16. <7874> レック    東証P   5.8   815 
17. <2585> Lドリンク  東証S   5.7  1586 
18. <4955> アグロカネシ 東証P   5.7  1320 
19. <3023> ラサ商事   東証S   5.7  1004  今期業績予想と配当計画の大幅増額を好感
20. <9399> ビート    東証S   5.4   39  仮想通貨関連
21. <8016> オンワード  東証P   5.2   302  今2月期営業利益は従来予想からほぼ倍増で投資資金呼び込む
22. <9475> 昭文社HD  東証S   5.1   307  インバウンド関連
23. <8355> 静岡銀    東証P   5.0   889  地方銀行関連
24. <7482> シモジマ   東証P   4.8  1044 
25. <1552> VIX短先物 東証E   4.7  2430  米『恐怖指数』は32.60に上昇

エーザイ <4523>  6,784円  +1,000 円 (+17.3%) ストップ高   本日終値  東証プライム 上昇率トップ
ストップ高。同社は28日、米バイオジェンと開発するアルツハイマー病の治療薬候補「レカネマブ」に関して、1795人の早期アルツハイマー病当事者を対象としたグローバル大規模臨床第3相臨床試験(CLARITY AD試験)で統計学的に高度に有意な臨床症状の悪化抑制を示し、主要評価項目を達成したと発表した。同社では、本試験結果をもとに22年度中の米国フル承認申請、および日本、欧州での承認申請を目指すとしている。

シスメックス <6869>  8,383円  +738 円 (+9.7%)  本日終値  東証プライム 上昇率2位
急動意、800円を超える急騰をみせ8475円まで上値を伸ばす場面があった。検体検査機器の大手でグローバル展開しており、海外売上比率は8割を超えるなど世界を舞台に活躍している。27日、尿検査装置の新モデルを発売したことを発表、旗艦モデルの小型機種で、新興国や先進国の中小規模病院向けの需要獲得を見込んでいる。同社は1995年に世界で初めてフローサイトメトリー法を活用した尿中有形成分の自動定量分析を実用化し、以降は尿沈渣検査分野の技術進展に大きく貢献してきた実績がある。株価は7月下旬以降に調整色を強め、前日はザラ場に7500円台まで売られ、年初来安値をつけた5月12日以来の安値をつけていただけに、目先リバウンド狙いの買いも流入した。

トピー工業 <7231>  1,437円  +125 円 (+9.5%)  本日終値  東証プライム 上昇率3位
5日ぶりに急反発。27日の取引終了後、非開示だった23年3月期上期(4〜9月)の連結業績は売上高1600億円(前年同期比27.9%増)、経常損益23億円の黒字(前年同期は15億8800万円の赤字)になりそうだと発表。国内自動車生産台数の減少や石炭価格の上昇などの影響があるものの、原材料やエネルギーコストを反映した販売価格の適正化に加え、建設機械用足回り部品や鉱山向け超大型ホイールの堅調な需要の取り込みなどで吸収する。また、構造改革などによるコスト改善も利益回復につながるという。併せて、従来無配としていた上期配当を20円(前年同期は無配)実施し、下期配当は従来計画の70円から50円に修正することも発表している。

Abalance <3856>  2,131円  +145 円 (+7.3%)  本日終値
後場急伸。午後2時20分に、24年6月期を最終年度とする中期経営計画の目標値を上方修正すると発表しており、これが好感されたようだ。世界的な再生エネルギー需要の拡大が追い風となり、22年6月期の連結売上高が前の期比3.4倍超に膨らんだことを踏まえ、24年6月期の売上高目標を1500億円(従来は590億円)へ、営業利益目標を45億円(従来は36億円)へそれぞれ引き上げた。

オンワード <8016>  302円  +15 円 (+5.2%)  本日終値  東証プライム 上昇率8位
続伸し300円台に復帰、1月14日につけた年初来高値320円を視界に入れる展開。27日取引終了後、同社は23年2月期業績予想の上方修正を発表した。営業利益は従来予想の21億円から41億円(前期実績は10億7900万円の赤字)にほぼ倍増する見通しとなった。値引き販売の抑制に加えて経費圧縮などの合理化努力が結実したほか、eコマースの成長やeコマース対象商品を含めた実店舗の商品ラインアップ拡充が収益押し上げに貢献している。足もとで業績の回復色が強まっていることを好感する買いを呼び込んでいる。

VIX短先物 <1552>  2,430円  +108 円 (+4.7%)  本日終値
反発。同ETFは「恐怖指数」と称される米VIX指数とリンクしており、米国市場の波乱時には上昇する特性を持つ。27日の米VIX指数は前日に比べ0.34(1.05%)ポイント高の32.60に上昇した。一時34.14と6月中旬以来、約3カ月ぶりの水準まで値を上げた。同日の米国の10年債利回りが一時3.99%まで上昇したことが警戒されNYダウは6日続落し、年初来安値を更新した。こうしたなか、東京市場ではVIX短先物が値を上げている。

グリー <3632>  892円  +33 円 (+3.8%)  本日終値
反発。27日、子会社のREALITYを通じてブロックチェーンゲームの開発及びパブリッシングを目的にWeb3事業に参入すると発表しており、これを好感する買いが入った。今回のWeb3参入により、同社が持つノウハウや経験を生かし、ブロックチェーンゲームの開発及びパブリッシング、有力ブロックチェーンのバリデーターノードの運営を行うほか、有力なWeb3プロジェクトへの出資や提携も視野に入れている。また、ブロックチェーンゲームの開発に向けて、Web3人材の採用を開始するという。

Appier <4180>  1,202円  +4 円 (+0.3%)  本日終値
3日ぶりに反発。27日の取引終了後、子会社のAppierがWoopra(米国)の株式を取得し完全子会社化すると発表しており、これを好感する買いが入った。Woopraは、米国と欧州においてBtoC及びBtoBの幅広い顧客基盤を持ち、カスタマージャーニー分析、マーケティングオートメーション、データマネジメントの分野で実績のあるSaaSプラットフォームを提供している企業。Woopraの買収により、顧客及び商品分析市場における両社の地位は更に強化され、欧米における同社グループのエンタープライズ市場への浸透と成長が加速されるほか、グローバルな顧客基盤の拡大を目指す。

タカトリ <6338>  3,255円  +385 円 (+13.4%)  本日終値
急騰。午前10時ごろ、海外企業からパワー半導体向けSiC材料切断加工装置の大口受注を獲得したと発表しており、これが好感された。受注金額は約26億3700万円で、23年9月期及び24年9月期上期に売上計上する予定としている。

ラサ商事 <3023>  1,004円  +54 円 (+5.7%)  本日終値
急伸。同社は鉱物資源や機械を取り扱う専門商社だが、足もとの業績は会社側想定を上回って推移している。資源高に伴い、材料の販売価格が上昇し利益率向上をもたらしている。27日取引終了後、23年3月期通期業績予想の修正を発表、営業利益は従来予想の19億円から23億円(前期比10%減)に上方修正し、今期の年間配当も従来計画の50円から58円に大幅増額した。これにより、配当利回りは前日終値換算で6%強と高水準。収益見通しと配当計画の上乗せが好感される形で投資資金が流入した。

ガーラ <4777>  614円  +22 円 (+3.7%)  本日終値
大幅続伸。同社は欧米向けを主軸にオンラインゲームの開発を主力とし、スマートフォンゲーム開発にも力を入れている。メタバース分野への展開にも虎視眈々で、27日取引終了後には、韓国・淑明女子大学校の就職フェアでメタバースキャンパスプラットフォーム「Meta School」のβ版を提供することを発表しており、これを手掛かり材料に短期資金が集結する格好となった。

レッド <3350>  58円  +2 円 (+3.6%)  本日終値
急動意。超低位株の強みを発揮して短期志向の個人投資家など投機性の強い資金を誘導、一時20%を超える上昇で68円まで上値を伸ばした。同社は音楽CD販売などから撤退し事業を再建中。東京と札幌などで訪日外国人観光客を対象とする格安ホテルを複数運営しており、インバウンド関連の一角として人気素地を開花させている。またメタバース関連分野への展開も図っており、前日取引終了後にはWeb3やブロックチェーン、NFTなどの先端技術を活用した事業を展開する子会社を2社設立することを発表、これが株価を強く刺激した。

佐藤商事 <8065>  1,168円  +34 円 (+3.0%)  本日終値
続伸。午後2時ごろ、23年3月期の連結業績予想について、最終利益を42億円から56億円(前期比39.4%増)へ上方修正したことが好感された。賃貸用不動産を譲渡することに伴い固定資産譲渡益約21億円を特別利益として計上することが要因。同社では事業拡大を目的とした子会社における事業用地の取得予定に伴い、賃貸用不動産を譲渡することで資産の入れ替えを実施するとしている。なお、売上高2650億円(同12.2%増)、営業利益55億円(同4.1%減)は従来見通しを据え置いている。

INCLUSIVE <7078>  1,140円  +33 円 (+3.0%)  本日終値
4連騰。27日に、資本提携先であるロケット開発ベンチャーのインターステラテクノロジズ(北海道大樹町)が、全産業参加型の宇宙開発プログラム「みんなのロケットパートナーズ」に、東京海上ホールディングス<8766>傘下の東京海上日動火災保険が新たに参画したと発表。これが刺激材料になったようだ。東京海上日動はインターステラが開発・製造する超小型人工衛星打ち上げロケット「ZERO」のグローバル展開などを支援するという。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 15:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック