◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配・好材料情報] 住友林業,エスプール,石垣食品,富士紡,フィル・カンパニー,スターティ…
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(010/07週〜01/13週) ]10月上旬まで下押すか 12月…
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2022年発表分)
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証グロース銘柄一覧(09/30週終値現在)
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証スタンダード銘柄一覧(09/30週終値現在)
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2022/09/30週 ▲389,906円】NYDow 続落 積極的な利上げが景気悪…
[格付け・レーティング情報] SUMCO,信越化学,ロート薬,アルチザN,オリンパス
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割銘柄一覧(09/30週終値現在)
[上方修正・増配・好材料情報] IPS,ニチリン,パイプドHD,ヤマシタHD,ソーバル,スターマイカ,…
[格付け・レーティング情報] Bガレージ,SMC,太陽誘電,ブシロード,バンナムHD,スクエニHD
[株式分割情報]  スター・マイカ・ホールディングス(2975) 1株⇒2株
[S高|株価値上注目銘柄] DCM,キユーピー,東エレデバ,HOUSEI,ALBERT,バルクHD,ワイ…
[株式分割情報]  泉州電業(9824) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] Bガレージ,ミンカブ,エーザイ,コーセー
[上方修正・増配・好材料情報] 第一建設工業,システナ,エスプール,まんだらけ,アスクル,アズ企画設計…
[上方修正・増配・好材料情報] DCM,セキチュー,東エレデバ,グローセル,ハニーズHD,クラウディア…
[格付け・レーティング情報] キユーピー,ヒューリック,塩野義,エーザイ,エーザイ,SOMPO,東京海…
[S高|株価値上注目銘柄] エーザイ,タカラインフ,イマジカG,M&A総合研究所,インテM,長野銀行,ジ…
[株式分割情報]  共同ピーアール(2436) 1株⇒2株
【抽選結果|IPO新規上場】キューブ(7112)・・・公開価格は、2,140円(仮条件上限)に決定っ!!
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] 大塚商会,TDK,松風,セントラル硝子,双日,そーせいグループ,オルガノ,飯野海運,住友化学,フルマルHD,サイジニア,スマートバリュー,バルクホールディングス,平河ヒューテック
2022年08月02日

[S高|株価値上注目銘柄] 大塚商会,TDK,松風,セントラル硝子,双日,そーせいグループ,オルガノ,飯野海運,住友化学,フルマルHD,サイジニア,スマートバリュー,バルクホールディングス,平河ヒューテック



※S高銘柄一覧



<5035> HOUSEI  東証G  一時  前日まで2日連続ストップ高
<6031> サイジニア   東証G      『感情分析機能』を『ZETA
<7399> ナンシン    東証S      
<9552> M&A総研   東証G  一時  前日もストップ高。人工知能関連

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <7399> ナンシン   東証S   17.4   539 S
2. <9552> M&A総研  東証G   16.3  3335  22年9月期業績予想を上方修正
3. <6031> サイジニア  東証G   15.9  1093 S 『ZETA VOICE』の拡張機能として『感情分析機能』を提供開始
4. <4768> 大塚商会   東証P   15.6  4845  4-6月期は増収増益に転じる
5. <4771> F&M    東証S   14.6  2409 
6. <5031> モイ     東証G   14.2   834  メタバース関連
7. <6762> TDK    東証P   13.5  4750  4〜6月期営業利益42%増
8. <2323> fonfun 東証S   10.3   462 
9. <4287> ジャストプラ 東証S   8.7   299  フィンテック関連
10. <7792> コラントッテ 東証G   8.5   982 
11. <6961> エンプラス  東証P   8.5  3775  23年3月期業績予想の上方修正と自社株消却を好感
12. <7047> ポート    東証G   7.9   766  人工知能関連
13. <5998> アドバネクス 東証S   7.5  1207  円安メリット関連
14. <9110> ユナイテド海 東証P   6.5  4985  今3月期業績上方修正で一転増益に
15. <1773> YTL    東証P   6.3   17 
16. <6826> 本多通信   東証P   6.2   704  ミネベアミツミのTOB発表でサプライズ
17. <7162> アストマクス 東証S   6.1   312 
18. <9417> スマバ    東証S   6.1   520  『クルマベース』をマルネンのカーシェア事業に提供
19. <5035> HOUSEI 東証G   6.1   820 
20. <7979> 松風     東証P   5.9  1927  23年3月期業績予想を上方修正し一転して営業増益見通しに
21. <3093> トレファク  東証P   5.9  1588 
22. <7794> EDP    東証G   5.6  10500  半導体関連
23. <2978> ツクルバ   東証G   5.5   674 
24. <8115> ムーンバット 東証S   5.4   525 
25. <3850> イントラマト 東証S   5.4  1658  人工知能関連

大塚商会 <4768>  4,845円  +655 円 (+15.6%)  本日終値  東証プライム 上昇率トップ
大きくマドを開けて上昇。1日の取引終了後に上期(1〜6月)決算を発表し、売上高、営業利益とも小幅減での着地となった。ただ、直近4〜6月期でみると前四半期比ベースで増収増益に転じており、通期計画に対する進捗も堅調なことから、過度な警戒感が後退し買い戻しの動きが優勢となったようだ。上期決算は、売上高が前年同期比4.6%減の4453億3600万円、営業利益が同7.4%減の307億7800万円だった。企業の底堅いIT投資需要が追い風となった一方、半導体不足やサプライチェーンの混乱による商品供給面での影響が出た。また、会計基準の変更に伴う減収も響いた。

TDK <6762>  4,750円  +565 円 (+13.5%)  本日終値  東証プライム 上昇率2位
マドを開けて買われた。1日の取引終了後に23年3月期第1四半期(4〜6月)の決算を発表。営業利益が前年同期比42.4%増の446億300万円と大幅な増益で着地しており、これを好感した買いが入ったようだ。売上高も同21.5%増の5105億400万円と増加した。自動車市場向けや産業機器市場向けでコンデンサーなど各種製品の販売が伸びた。また、円安による収益の押し上げ効果も寄与した。なお、通期見通しは据え置いた。

松風 <7979>  1,927円  +108 円 (+5.9%)  本日終値  東証プライム 上昇率7位
急伸。上昇加速し2000円大台を視野に捉えている。同社は歯科材料・器具の大手でネイル関連にも展開している。海外展開に傾注しており、売上高の半分は海外で稼いでいる。今期は海外での積極的な拡販戦略が奏功しているもようで、為替の円安進行も追い風となっている。1日取引終了後に23年3月期業績予想の修正を発表、営業利益は従来計画の27億3200万円から33億800万円(前期比2.8%増)に増額した。これまでの減益予想から一転して増益予想に変わり、連続ピーク利益更新見通しとなったことで、これを手掛かり材料に投資資金が流入した。

セントラル硝子 <4044>  3,465円  +175 円 (+5.3%)  本日終値  東証プライム 上昇率9位
大幅続伸し年初来高値を更新。1日の取引終了後、第2四半期累計(4〜9月)連結業績予想について、売上高を750億円から770億円(前年同期比21.5%減)へ、営業利益を30億円から60億円(同2.3倍)へ、純利益を65億円から90億円(同3.1倍)へ上方修正した。ハイドロフルオロオレフィン製品や医薬関連製品などの主力製品の輸出価格が円安に伴い上昇していることに加えて、リチウムイオン電池用電解液製品の販売好調や価格改定が収益を押し上げる。また、持ち分法投資利益の増加や円安による為替差益の計上なども寄与する。なお、23年3月期通期業績予想は、売上高1600億円(前期比22.4%減)、営業利益90億円(同23.9%増)、純利益250億円(前期398億4400万円の赤字)の従来見通しを据え置いている。同時に発表した第1四半期(4〜6月)決算は、売上高373億3100万円(前年同期比26.2%減)、営業利益36億3500万円(同90.8%増)、純利益62億2900万円(同4.5倍)となった。欧米自動車ガラス事業会社2社が連結対象から外れたことで減収となったが、業務の効率化・合理化施策を推進したことが寄与した。

双日 <2768>  2,148円  +107 円 (+5.2%)  本日終値  東証プライム 上昇率10位
後場急上昇しプラスに転換。午後0時30分ごろに発表した第1四半期(4〜6月)連結決算で、純利益が451億5000万円(前期比2.7倍)と大幅増益となったことが好感された。石炭価格の上昇に伴い金属・資源・リサイクル部門が伸長したほか、木材取引の増加による生活産業・アグリビジネス部門での増収やメタノール価格の上昇による化学部門の増収が寄与し、売上高は6185億1100万円(同25.5%増)となった。また、鉄鋼事業会社の増益などによる持ち分法投資利益の増加なども利益押し上げに貢献した。なお、23年3月期通期業績予想は、純利益850億円(前期比3.2%増)の従来見通しを据え置いている。

そーせいグループ <4565>  1,500円  +70 円 (+4.9%)  本日終値
急伸。この日の寄り前、米バイオ医薬品企業アッヴィ社(イリノイ州)と新規創薬提携及びライセンスのオプション契約を締結したと発表しており、これが好感された。両社は20年6月に炎症性疾患及び自己免疫疾患を標的とした創薬提携契約を締結しているが、今回の契約はその範囲を更に拡大するもの。契約に基づき両社は、神経疾患を対象にGタンパク質共役受容体(GPCR)に作用する低分子の研究開発と商品化を目指すとしており、そーせいグループは新薬臨床試験開始申請(IND)までの研究開発活動を行い、研究開発資金を負担する。また、契約締結時に約53億円を受領し、22年12月期第3四半期から一定期間に分けて計上するほか、オプション、開発・販売の達成に応じた最大約1595億円のマイルストンに加えて、グローバルでの販売高に応じた段階的ロイヤルティーを受領する権利を有することになる。

オルガノ <6368>  9,830円  +450 円 (+4.8%)  本日終値
続伸。同社は1日取引終了後、23年3月期第1四半期(4〜6月)の連結決算を発表。営業利益は前年同期比65.8%増の22億1900万円となり、上半期計画40億円に対する進捗率が55.5%となったことが好感されたようだ。売上高は同24.8%増の278億3500万円で着地。主力の水処理エンジニアリング事業で、大型の半導体プロジェクトなどの工事が国内外で順調に進捗していることや、メンテナンス及び加工受託契約などソリューション事業も好調に推移していることなどが主な要因となっている。なお、上半期及び通期の業績予想は従来計画を据え置いている。

飯野海運 <9119>  778円  +31 円 (+4.2%)  本日終値
後場急動意。午後2時ごろ、23年3月期の連結業績予想について、売上高を1120億円から1230億円(前期比18.2%増)へ、営業利益を70億円から118億円(同56.8%増)へ、純利益を70億円から141億円(同12.6%増)へ上方修正し、あわせて中間・期末各10円の年20円としていた配当予想を中間・期末各20円の年40円(前期36円)へ引き上げると発表したことが好感された。ケミカルタンカーやドライバルク船市況をはじめとした海運市況が高い水準で推移したことに加えて、為替のドル円レートが想定より円安となっていることが要因としている。更に、見込んでいなかった船舶の売却益を計上予定となったことも寄与するとしている。なお、同時に発表した第1四半期(4〜6月)決算は、売上高335億8300万円(前年同期比42.3%増)、営業利益42億6400万円(同3.9倍)、純利益51億7100万円(同57倍)だった。

住友化学 <4005>  549円  +18 円 (+3.4%)  本日終値
続伸。1日の取引終了後、第2四半期累計(4〜9月)連結業績予想について、売上高を1兆5500億円から1兆5700億円(前年同期比18.5%増)へ、営業利益を850億円から1000億円(同30.7%減)へ、純利益を600億円から850億円(同4.4%減)へ上方修正したことが好感された。南米での農薬販売が好調に推移していることに加えて、石油精製事業の交易条件が良好であることが要因という。また、想定為替レートを円安方向に見直したことや、円安による輸出手取りの増加や在外子会社の邦貨換算による増益も見込むという。なお、23年3月期通期業績予想は、売上高3兆1200億円(前期比12.8%増)、営業利益1800億円(同16.3%減)、純利益1250億円(同22.9%減)の従来見通しを据え置いている。同時に発表した第1四半期(4〜6月)決算は、売上高7741億3400万円(前年同期比21.2%増)、営業利益662億8200万円(同13.6%増)、純利益699億9200万円(同96.3%増)だった。

フルマルHD <7128>  3,045円  +40 円 (+1.3%)  本日終値
続伸。1日の取引終了後、22年12月期の連結業績予想について、売上高を1570億円から1580億円へ、営業利益を41億円から55億円へ、純利益を30億円から41億円へ上方修正し、あわせて81円50銭としていた期末配当予想を97円にするとしたことが好感された。21年10月に共同株式移転により設立されたため前期との比較はないものの、工作機械や半導体製造装置業界を中心に堅調に推移しており、北米を中心に景気の回復傾向にある上期の業績を勘案したことが要因としている。また、第3四半期以降の想定為替レートは1ドル=110円から126円へ見直した。なお、年間の配当予想は107円となる予定。

サイジニア <6031>  1,093円  +150 円 (+15.9%) ストップ高   本日終値
ストップ高となる1093円まで買われる人気となった。この日、グループ会社のZETAが投稿されるレビューのテキストを人工知能(AI)で解析し、ポジティブ・ネガティブなどの感情をスコア化する「感情分析機能」をレビュー・口コミ・Q&Aエンジン「ZETA VOICE」の拡張機能として提供開始すると発表しており、これが好材料視された。同機能を活用することで、商品やサービスに関する有用なフィードバックの収集、不満を持つユーザーへのスピーディーな改善対応、新たなトレンドの発見などができるようになり、蓄積されたデータを有効活用した新たなマーケティング施策の実現やカスタマーサクセスにつながることが期待できるという。また、先月発表したハッシュタグ活用エンジン「ZETA HASHTAG」と連携することで、その商品に関連するホットなキーワードに感情の情報を加味して分析・抽出することも可能になるとしている。

スマートバリュー <9417>  520円  +30 円 (+6.1%)  本日終値
続伸。同社は1日、自社が運営・提供するモビリティのシェアリングプラットフォーム「Kuruma Base(クルマベース)」を、マルネン(東京都千代田区)が実施するガソリンスタンドを活用したカーシェアリング事業に提供すると発表。これが材料視されたようだ。今回ガソリンスタンドで実施するカーシェアリングは、「クルマベース」上で構築されたスマバが展開する「Patto」ブランドを活用。「Patto」は、スマートフォンでクルマの予約から鍵の開錠・施錠まで実施できるという。

バルクホールディングス <2467>  269円  +15 円 (+5.9%)  本日終値
急伸。きょう午前10時ごろ、子会社のサイバージムジャパンが東芝エネルギーシステムズ(川崎市幸区)との間でサイバーセキュリティー訓練サービスに関する協業の覚書を締結したと発表。これを材料視した買いが入ったようだ。両社は、電力会社を中心としたエネルギー事業者やインフラ事業全般(工場、ビル、電鉄など)向けのサイバーセキュリティー訓練サービスについて、国内向け共同開発や提供を行っていく。また、アジア展開などにおける協業も推進していく構えにある。同訓練サービスは、今年度下期以降に順次提供する。

平河ヒューテック <5821>  1,185円  +59 円 (+5.2%)  本日終値
カイ気配スタートで一気に水準を切り上げた。年明け早々の1月5日につけた年初来高値1248円奪回を視野に入れている。電線やネットワーク機器の製造販売を主力に手掛け、医療用チューブなどにも展開する。車載用ケーブルや半導体製造装置向けが好調で収益を牽引し、固定資産売却による特別利益計上も寄与して足もとの業績は急拡大している。1日取引終了後に発表した23年3月期第1四半期(22年4〜6月)決算は、最終利益が前年同期比2.8倍の9億3000万円と大幅な伸びを達成、これが株価を強く刺激する格好となった。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック