◆新着記事一覧◆
[格付け・レーティング情報] 東洋水産,セブンアイ,日油,日ASB機械,SANKY,しまむら,三井住友…
[上方修正・増配・好材料情報] 住石HD,トランスジェニック,エスプール,スターティア,GMOペイメ…
[上方修正・増配・好材料情報] 伊藤園,ビケンテクノ
[株式分割情報]  ユニフォームネクスト(3566) 1株⇒4株
[格付け・レーティング情報] 東鉄工,GMO−PG,メルカリ,エーザイ,住友電,ニッパツ,マキタ,ソニー…
[株式分割情報]  RS Technologies(3445) 1株⇒2株
[S高|株価値上注目銘柄] JTOWER,ACCESS,FRONTEO,トリケミカル研究所,レーザーテ…
[格付け・レーティング情報] GMOPG,東海カボン,住友電工,大阪チタニ,ニッパツ,信越ポリマ,ニトリ
[上方修正・増配・好材料情報] 中電工,FRONTEO,クロスキャット,まんだらけ,三洋貿易,ツルハH…
[上方修正・増配・好材料情報] ASNOVA,シキボウ,東和フード,ラクーンHD,JSB,トリケミカル…
[格付け・レーティング情報] マツキヨココ,三洋貿易,オイシックス,デンカ,バルテス,塩野義,富士製薬,…
[株式分割情報]  ASNOVA(9223) 1株⇒2株
[S高|株価値上注目銘柄] 日本電波工業,恵和,エーザイ,日本郵船,三菱重工業,日医工,ビリングシステム…
[株式分割情報]  Birdman(7063) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] マツココ,オイラ大地,デンカ,バルテス,塩野義薬,OBC,コスモエネ,丸一…
[上方修正・増配・好材料情報] テノックス,セーラー広告,ShinwaWise,オエノン,高千穂交易,…
[上方修正・増配・好材料情報] SEHI,ジャフコG,菱洋エレク
[格付け・レーティング情報] 大成建,住友林,東洋水,日清食HD,三越伊勢丹,SUMCO,石原産,信越化…
[S高|株価値上注目銘柄] DyDo,JBCCHD,資生堂,三菱重工業,新東,旅工房,助川電気工業,リボ…
【立会外分売結果】綜研化学(4972) 【終値:1,743円:+31円:+1.81%】楽天・松井・SBI・マネックス…
Top◆日経平均長期予想結果 >【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2022/07/29週 +168,928円】NYDow 続伸 FOMC通過 米GDP2四半期連続マイナスも利上げペース鈍化期待 N225 反落 コロナ感染拡大に歯止めかからず VIX指数 15週ぶりに終値25超出現せず 週末終値21台前半へ NYダウ日経平均長期予想3ヶ月先行シグナルチャート
2022年07月30日

【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2022/07/29週 +168,928円】NYDow 続伸 FOMC通過 米GDP2四半期連続マイナスも利上げペース鈍化期待 N225 反落 コロナ感染拡大に歯止めかからず VIX指数 15週ぶりに終値25超出現せず 週末終値21台前半へ NYダウ日経平均長期予想3ヶ月先行シグナルチャート



日経平均・NYダウ長期予想

VIX指数が25を下回っており、先行指数による予想は復活中。

07/29週のNYダウ・日経平均長期予想は、長期:売り、中期:売り:短期:売り。

NYダウは、+945ドル:+2.97%。週末終値は、32,845ドル台へ。
N225は、▲113円:▲0.40%。週末終値は、27,801円台へ。

FRBは、FOMCで、高インフレ対策として2会合連続となる0.75%の大幅利上げ決定を表明。パウエル議長は記者会見で、今後の金融引き締めはデータ次第になるとの見方を示し、利上げにさほど積極的な姿勢ではないとの見方が台頭。

また、米2022年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)は、年率換算で0.9%減となり、2四半期連続でマイナス。個人消費が減速したほか、住宅投資が大幅なマイナスに転じる。米経済成長率が2四半期連続のマイナスになったのを受け、米利上げペースが減速するとの観測が広がる。

6月の米個人消費支出(PCE)物価指数は前年同月比6.8%上昇と、伸びが前月から加速し、約40年半ぶりの伸び率を記録した。インフレ高止まりが改めて示されたが、市場の反応は限定的。

米国債10年債金利は、週末は2.65%台に下落。週間で▲0.32%。米国債2年債金利は、2.88%台に下落。週間で▲0.09%。 長短金利差は、▲0.23%に拡大。逆イールドが発生中。

原油は、反発。週末には、98ドル台後半へ。

注目のVIX指数ですが、07/29週は、場中で25.31となるも、終値では15週ぶりに25超が出現せず。週末終値は、21.33に低下。

米国相場心理は、落ち着きを取り戻したか。

予想は、「上押し圧力が、かかり始めるか。」であり、的中となりました。
循環的アノマリーによる予想は、的中となりました。

3ヶ月先行指数(2022/05/27週〜2022/07/29週)一覧表

※3ヶ月先行指数は、米国の経済指標を基に米国景気(相場)を予測したものです。
furi-coment-225-20220729.png

ただし、VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。

日経平均長期予想(N225)と前1年の3ヶ月先行指数(2021/07/30〜2022/07/29)
furi-225-year-20220729.png

NYダウ長期予想(DJI)と前1年の3ヶ月先行指数(2021/07/30〜2022/07/29)
furi-ny-year-20220729.png

3ヶ月先行指数による予想ポイントと株式相場結果

週イチ5分株まとめ:長期的な見通し:短期スケール&長期スケール

短期スケールは、07/29週は、上昇へ。
長期スケールは、07/29週は、上昇へ。

短期スケール<長期スケールとなるデッドクロスが、07/29週に出現。

短期スケールでは、「11/04週の値<07/29週の値」が出現。
長期スケールでは、「11/04週の値<07/29週の値」が出現。
長期的な先高感が失われているか。

07/29週において、長期的には、売りか。

週イチ5分株まとめ:中期的な見通し:長期トレンド指数

長期トレンド指数は、07/29週は、下落へ。プラス幅が縮小。
11/04週の値<07/29週の値が出現。
中期的な先高感が失われているか。

07/29週において、中期的には、売りか。

週イチ5分株まとめ:短期的な見通し:スケールDiff&成長Diff

スケールDiffは、07/29週は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
成長Diffは、07/29週は、下落へ。マイナス幅が拡大。

スケールDiff>成長Diffとなるゴールデンクロスが出現。

07/29週は、短期的には、売りか。

4月中旬に「強気(買い)相場入り」サインが点灯。7月弱含むも「弱気(売り)相場入り」は回避するか。ただ、9月中旬に「弱気(売り)相場入り」サインが点灯。大幅な下値があれば拾ってみるのも有りだが、上値では確実な利益確定が必要か。



<実相場の状況>
NYダウは、続伸。週末には、32,845ドル台へ。
SP500は、続伸。週末には、4130台へ。
ナスダックは、続伸。週末には、12390台へ。
原油は、反発。週末には、98ドル台半ばへ。

N225は、反落。週末には、27,801円台へ。

VIX指数は、終値で15週ぶりに25超が出現せず。週末終値は、21.33。

米国相場心理は、落ち着きを取り戻しつつあるか。

<VIX指数25以下:長期順張りシステム>
利益確定売り。

今週の資産増減:前週末比+168,928円。

3ヶ月景気先行指数による運用開始後の全資産増減(現物取引のみ)
+34,522,521円
平均投資金額(種銭):9,701,557円

日経平均株価(N225)日足と前3ヶ月の先行指数と循環的アノマリー(2022/04/29〜2022/07/29)
furi-225-rousoku20220729.png

NYダウ(DJI)日足と前3ヶ月の先行指数と循環的アノマリー(2022/04/29〜2022/07/29)
furi-ny-rousoku20220729.png


05/06週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff>0」が出現。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、上昇へ。僅かにプラス値に復帰。成Diffは、下落へ。マイナス値に転落。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のマイナス値が出現。
上押し圧力と下押し圧力が、入り混じるか。

NYダウは、続落。週末には、32,899ドル台へ。 0.5%利上げ決定。大幅連続利上げで景気後退懸念
N225は、反発。週末には、27,003円台へ。大型連休で様子見強し。

05/13週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff>0」が出現。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、上昇へ。プラス幅が拡大。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス値に復帰。
下し圧力と上押し圧力が、入り混じるか。

NYダウは、続落。週末には、32,196ドル台へ。 連続大幅利上げ懸念継続6日続落も。
N225は、反落。週末には、26,427円台へ。米株安に抗えず。

05/20週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff>0」が出現。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、上昇へ。プラス幅が拡大。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。二桁のマイナス値に転落。
下し圧力と上押し圧力が、入り混じるも、下押し圧力が勝るか。

NYダウは、続落。週末には、31,261ドル台へ。 週足で8週連続下落は大恐慌以来最長。
N225は、反落。週末には、26,739円台へ。中国景気回復期待も。

05/27週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が出現。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、下落へ。マイナス値に転落。成Diffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス値に復帰。
下し圧力と上押し圧力が、入り混じるか。

NYダウは、反発。週末には、33,212ドル台へ。 インフレ鈍化期待 大幅下落の反動も。
N225は、小幅続伸。週末には、26,781円台へ。頃感からの買い継続。

06/03週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff>0」が出現。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、上昇へ。プラス値に復帰。成Diffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のプラス値が出現。
上押し圧力が、かかるか。

NYダウは、反落。週末には、32,899ドル台へ。 雇用統計堅調で利上げペース鈍化期待後退。
N225は、続伸。週末には、27,761円台へ。上海都市封鎖解除で中国企業活動再開期待。

06/10週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff>0」が出現。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、上昇へ。プラス幅が拡大。成Diffは、上昇へ。マイナス幅が減少。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。天井を打つか。
短期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が減少。
上押し圧力が、残るか。

NYダウは、続落。週末には、31,392ドル台へ。インフレ高進 急速な金融引締による景気後退懸念。
N225は、小幅続伸。週末には、27,824円台へ。円安進行が下支え。一時28,200円台も。

06/17週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff>0」が出現。「成Diff>0」が出現。
スDiffは、下落へ。プラス幅が縮小。成Diffは、上昇へ。僅かにプラス値に復帰。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が減少。
下し圧力が、ややかかるか。

NYダウは、続落。週末には、29,888ドル台へ。0.75%利上げ 急劇な利上げ継続観測で3万ドル割れ。
N225は、反落。週末には、25,963円台へ。世界的な景気後退懸念強まる。

06/24週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff>0」が出現。「成Diff>0」が出現。
スDiffは、下落へ。プラス幅が縮小。成Diffは、上昇へ。プラス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。
上し圧力が、少し期待できるか。

NYダウは、反発。週末には、31,500ドル台へ。
N225は、反発。週末には、26,491円台へ。

07/01週は、「スDiff<成Diff」が出現。「スDiff>0」が出現。「成Diff>0」が出現。
スDiffは、下落へ。プラス幅が縮小。成Diffは、下落へ。プラス幅が減少。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のマイナス値が出現。
下し圧力が、かかるか。

NYダウは、反落。週末には、31,097ドル台へ。上半期下落率15%は60年ぶり。
N225は、反落。週末には、25,935円台へ。世界的な景気後退懸念根強い。

07/08週は、「スDiff<成Diff」が出現。「スDiff<0」が出現。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、下落へ。マイナス幅が拡大。成Diffは、下落へ。マイナス値に転落。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のマイナス値が出現。
下し圧力が、かかるか。

NYダウは、反発。週末には、31,338ドル台へ。雇用統計堅調 中国大型経済対策に期待感。
N225は、反発。週末には、26,517円台へ。 欧米株上昇に安心感。

07/15週は、「スDiff<成Diff」が出現。「スDiff<0」が出現。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、下落へ。マイナス幅が拡大。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のマイナス値が出現。
下し圧力が、かかるか。

NYダウは、反落。週末には、31,288ドル台へ。CPI40年ぶりの伸び。1%利上げ観測も。
N225は、反発。週末には、26,788円台へ。 参院選与党大勝に安心感。

07/22週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が出現。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のマイナス値が出現。
下し圧力が、かかるか。

NYダウは、反発。週末には、31,899ドル台へ。企業決算に期待感。1%利上げ観測後退。
N225は、続伸。週末には、27,914円台へ。 コロナ感染拡大も行動制限無しに安心感。

07/29週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が出現。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス値に復帰。
上押し圧力が、かかり始めるか。

NYダウは、続伸。週末には、32,845ドル台へ。FOMC通過。米GDP2四半期連続マイナスも利上げペース鈍化期待。
N225は、続伸。週末には、27,801円台へ。 コロナ感染拡大に歯止めかからず。

循環的アノマリーには、積分系(相場の方向性を示唆)と微分系(相場の瞬発力を示唆)の2種類あり。ともに、+10以上は、好調。+10〜−10は、軟調。−10以下は、不調。の傾向あり。グラフ右軸の数値は先行指数用。周期的アノマリーは、点線の緑+10と、点線の赤−10が有意。横軸の日付のみ有意。上昇、下落のタイミングのみを日々の日経平均株価終値とNYダウ終値から数学的に予想(予測)。あくまでアノマリーですので、ご留意を。

N225では、05/06週〜07/29週は、やや有意性があるか。

NYダウでは、05/06週は、やや微妙か。05/06週〜07/08週は、有意性があるか。07/15週〜07/29週は、やや有意性があるか。




投資の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いません。


更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 16:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆日経平均長期予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック