◆新着記事一覧◆
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2022/12/02週 ▲468,047円】NYDow 続伸 FRB議長利上げペース減速…
【抽選結果|IPO新規上場】property technologies(5527)・・・公開価格は、2,950円(仮条件上限)に決定…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割銘柄一覧(12/02週終値現在)
[上方修正・増配・好材料情報] 中国塗料,アインHD,クミアイ化,キタック
[格付け・レーティング情報] セブン&アイ,TIS,信越化,日触媒,ワンキャリア,日油,オービック,AS…
[S高|株価値上注目銘柄] サイバーエージェント,マキタ,タカトリ,資生堂,レーザーテック,GLP投資…
【立会外分売結果】富士興産(5009) 【終値:1,118円:+20円:+1.82%】楽天・松井・SBI・マネックス…
[格付け・レーティング情報] 東洋水産,セブンアイ,日油,日ASB機械,SANKY,しまむら,三井住友…
[上方修正・増配・好材料情報] 住石HD,トランスジェニック,エスプール,スターティア,GMOペイメ…
[上方修正・増配・好材料情報] 伊藤園,ビケンテクノ
[株式分割情報]  ユニフォームネクスト(3566) 1株⇒4株
[格付け・レーティング情報] 東鉄工,GMO−PG,メルカリ,エーザイ,住友電,ニッパツ,マキタ,ソニー…
[株式分割情報]  RS Technologies(3445) 1株⇒2株
[S高|株価値上注目銘柄] JTOWER,ACCESS,FRONTEO,トリケミカル研究所,レーザーテ…
[格付け・レーティング情報] GMOPG,東海カボン,住友電工,大阪チタニ,ニッパツ,信越ポリマ,ニトリ
[上方修正・増配・好材料情報] 中電工,FRONTEO,クロスキャット,まんだらけ,三洋貿易,ツルハH…
[上方修正・増配・好材料情報] ASNOVA,シキボウ,東和フード,ラクーンHD,JSB,トリケミカル…
[格付け・レーティング情報] マツキヨココ,三洋貿易,オイシックス,デンカ,バルテス,塩野義,富士製薬,…
[株式分割情報]  ASNOVA(9223) 1株⇒2株
[S高|株価値上注目銘柄] 日本電波工業,恵和,エーザイ,日本郵船,三菱重工業,日医工,ビリングシステム…
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] ホシデン,ミロク情報サービス,ダブル・スコープ,大同特殊鋼,アンリツ,東洋水産,アスクル,三和ホールディングス,アドバンテスト,富士電機,オリエンタルランド,商船三井,ドリコム
2022年07月29日

[S高|株価値上注目銘柄] ホシデン,ミロク情報サービス,ダブル・スコープ,大同特殊鋼,アンリツ,東洋水産,アスクル,三和ホールディングス,アドバンテスト,富士電機,オリエンタルランド,商船三井,ドリコム



※S高銘柄一覧



<3793> ドリコム    東証G      23年3月期第1四半期の営業利益62.1%増、主力のIPゲームタイトル好調
<5035> HOUSEI  東証G      
<7352> Bエンジニア  東証G  一時  8月31日を基準日に1対2の株式分割
<7878> 光・彩     東証S      前日もストップ高   

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <7878> 光・彩    東証S   20.1  4185 S
2. <7046> TDSE   東証G   19.6  1416  第1四半期営業損益が黒字に転換
3. <5035> HOUSEI 東証G   17.5   673 S 本日東証グロース市場に新規上場
4. <4531> 有機薬    東証S   15.6   318  第1四半期営業益6.4倍で通期計画進捗率64%
5. <3793> ドリコム   東証G   15.6   741 S 4〜6月期営業6割超の増益で過去最高を記録
6. <7908> KIMOTO 東証S   10.4   254  4〜6月期営業益倍増で100万株の自社株買いを材料視
7. <6804> ホシデン   東証P   10.3  1479  アミューズメント関連向け好調で第2四半期業績予想を上方修正
8. <3491> GAテクノ  東証G   9.7  1432  人工知能関連
9. <1992> 神田通機   東証S   9.7  1481  人工知能関連
10. <4378> CINC   東証G   9.6  1512  人工知能関連
11. <4373> シンプレクス 東証P   9.5  1971  人工知能関連
12. <9928> ミロク情報  東証P   9.4  1500  中堅・中小企業向けERP製品好調で第1四半期営業利益60%増
13. <6262> ペガサス   東証P   9.0   760  想定為替レートの見直しで23年3月期業績予想を上方修正
14. <4192> スパイダー  東証G   8.8   654 
15. <3393> スタティアH 東証P   8.5   917 
16. <3536> アクサスHD 東証S   8.5   141 
17. <2134> 燦キャピタル 東証S   8.3   26  メタバース関連
18. <5481> 山陽鋼    東証P   8.3  2019  3Dプリンター関連
19. <3856> Aバランス  東証S   8.3  5100  8月末を基準日として1株を3株に株式分割
20. <4565> そーせい   東証G   8.0  1430 
21. <3681> ブイキューブ 東証P   7.9  1390  メタバース関連
22. <2978> ツクルバ   東証G   7.9   645 
23. <7601> ポプラ    東証S   7.5   157 
24. <3808> OKウェイヴ 名証N   7.3   147  人材派遣関連
25. <7477> ムラキ    東証S   7.2  1750  4〜6月期営業7割増益で上期計画を大幅超過

ホシデン <6804>  1,479円  +138 円 (+10.3%)  本日終値  東証プライム 上昇率トップ
大幅高で、年初来高値を更新した。同社は28日取引終了後に、23年3月期第2四半期累計(4〜9月)の連結業績予想修正を発表。経常利益見通しを従来の47億円から140億円(前年同期比88.9%増)に引き上げたことが好感されたようだ。売上高の見通しも従来の890億円から1200億円(同24.0%増)に上方修正。足もとでアミューズメント関連向けの売り上げが大きく伸長しているほか、経常利益については為替差益を計上する見込みであることが主な要因だという。なお、半導体をはじめとする電子部品の調達状況が見通せないことに加え、為替相場が不安定なことから通期業績予想を取り下げ、未定に変更している。

ミロク情報サービス <9928>  1,500円  +129 円 (+9.4%)  本日終値  東証プライム 上昇率3位
後場急伸。午後2時ごろに発表した第1四半期(4〜6月)連結決算が、売上高97億1600万円(前年同期比11.1%増)、営業利益15億300万円(同60.0%増)、純利益9億6500万円(同67.4%増)と大幅増益となったことが好感された。新ERPシステム「Galileopt DX」を中心に、中堅・中小企業向けのERP製品の売り上げが好調に推移したほか、新規顧客へのシステム導入に伴うソフトウェア保守収入が伸長した。また、顧問先企業向けの低価格なクラウドサービス(会計・給与)の利用社数の増加に加えて、ERP製品の一部をサブスクリプション型で提供したことによるソフトウェア使用料収入が大きく伸長したことも寄与した。23年3月期通期業績予想は、売上高388億円(前期比6.0%増)、営業利益48億円(同0.2%増)、純利益29億円(同35.8%減)の従来見通しを据え置いている。

ダブル・スコープ <6619>  1,870円  +112 円 (+6.4%)  本日終値  東証プライム 上昇率9位
急伸。28日の取引終了後、新規事業への取り組みとして、連結子会社ダブル・スコープ コリアが韓国・忠清北道及び陰城郡と合意書を締結し、約60億円を投資し新設する工場でイオン交換膜の製造・販売を行うことになったと発表しており、これを好感した買いが流入した。同子会社では製品開発を終えプロトタイプの生産が始まっており、今後の量産販売時期及び事業規模を交渉中という。なお、今後の業績への影響は未定としている。

大同特殊鋼 <5471>  3,950円  +235 円 (+6.3%)  本日終値  東証プライム 上昇率10位
後場上げ幅を拡大。午後1時ごろ、第2四半期累計(4〜9月)連結業績予想について、営業利益を115億円から195億円(前年同期比1.8%増)へ、純利益を90億円から155億円(同20.7%増)へ上方修正したことが好感された。売上高は2800億円(同9.7%増)の従来見通しを据え置いたものの、主要な原材料である鉄屑価格が想定を下回る水準で推移していることに加えて、固定費を中心としたコスト削減に努めていることが寄与する。なお、23年3月期通期業績予想は、売上高6000億円(前期比13.3%増)、営業利益340億円(同8.1%減)、純利益250億円(同7.0%減)の従来見通しを据え置いている。同時に発表した第1四半期(4〜6月)決算は、売上高1376億8200万円(前年同期比4.9%増)、営業利益101億9000万円(同3.0%減)、純利益98億5700万円(同29.2%増)だった。自動車減産の影響を受けて数量は減少したが、半導体関連、産業機械部品は好調だった。

アンリツ <6754>  1,622円  +89 円 (+5.8%)  本日終値
急反発。同社は28日取引終了後に、23年3月期第1四半期(4〜6月)の連結決算を発表。同期間の受注高が前年同期比6.0%増の297億6900万円となったことや、受注残高が同37.2%増の373億8100万円となったことが好感されたようだ。同期間の売上収益は同10.1%増の261億8000万円、営業利益は同2.1%減の30億1700万円で着地。主力の通信計測事業はネットワークの高速化需要や5G開発需要を背景に増収増益となったが、PQA(プロダクツ・クオリティ・アシュアランス)事業は販売促進費・部品調達費用・物流費などの増加で営業赤字となった。なお、通期業績予想については売上収益1150億円(前期比9.1%増)、営業利益190億円(同15.2%増)とする従来見通しを据え置いている。

東洋水産 <2875>  5,650円  +300 円 (+5.6%)  本日終値
後場急伸しプラスに転換。午後0時30分ごろに発表した第1四半期(4〜6月)連結決算が、売上高1031億2700万円(前年同期比23.3%増)、営業利益107億2700万円(同27.7%増)、純利益86億4900万円(同34.3%増)と大幅増益となったことが好感された。米国で袋麺の「Ramen」シリーズやカップ麺の「Instant Lunch」「Yakisoba」「Bowl」シリーズが好調に推移したことが牽引した。また、加工食品事業で人件費の削減を図ったことも寄与した。なお、23年3月期通期業績予想は、売上高4050億円(前期比12.0%増)、営業利益365億円(同22.7%増)、純利益270億円(同20.5%増)の従来見通しを据え置いている。

アスクル <2678>  1,753円  +79 円 (+4.7%)  本日終値
大幅高で3日ぶりに反発。28日の取引終了後に発表した7月度(6月21日〜7月20日)の月次業績で単体売上高が前年同月比5.6%増となり、2カ月連続で前年実績を上回ったことが好材料視された。前年同月に比べて平日が1日少ないものの、主力のBtoB事業が同2.5%増となったほか、LOHACO事業がZホールディングス<4689>と連携した販促効果で同27.1%増となったことが寄与した。

三和ホールディングス <5929>  1,430円  +63 円 (+4.6%)  本日終値
大幅高。午前11時30分ごろ、23年3月期の連結業績予想について、売上高を5180億円から5450億円(前期比16.2%増)へ、営業利益を390億円から450億円(同26.8%増)へ、純利益を250億円から280億円(同22.6%増)へ上方修正し、あわせて中間22円・期末23円の年45円としていた配当予想を中間・期末各25円の年50円に引き上げたことが好感された。直近の為替相場の動向を勘案し、想定為替レートを1ドル=115円から125円へ、1ユーロ=125円から135円へ見直したことに加えて、サプライチェーン問題の改善により、米国事業が計画を上回る見通しであることが要因としている。同時に発表した第1四半期(4〜6月)決算は、売上高1189億5700万円(前年同期比19.9%増)、営業利益48億8000万円(同30.5%増)、純利益25億7500万円(同6.5%増)だった。国内でビルマンションドアが好調だったほか、米国でガレージドアや商業用ドア・シャッターなどが伸長した。

アドバンテスト <6857>  7,850円  +310 円 (+4.1%)  本日終値
大幅反発。28日の取引終了後、23年3月期の連結業績予想について、売上高を5100億円から5500億円(前期比31.9%増)へ、営業利益を1500億円から1700億円(同48.2%増)へ、純利益を1125億円から1300億円(同48.9%増)へ上方修正し、あわせて未定としていた中間配当を65円(前年同期50円)にすると発表したことが好感された。スマートフォンやパソコンなど民生品の最終需要が弱含む可能性はあるものの、高性能半導体の技術進展に伴うテスタ需要の強さは継続する見通し。また、一層進んだ円安の効果もあり、半導体試験装置市場が円ベースで大きく拡大すると見込む。なお、第1四半期(4〜6月)決算は、売上高1359億4300万円(前年同期比40.0%増)、営業利益447億8300万円(同71.4%増)、純利益364億9600万円(同88.7%増)だった。同時に上限を1000万株(発行済み株数の5.26%)、または500億円とする自社株買いを実施すると発表しており、これが好材料視された。取得期間は8月1日から12月23日まで。また、9月9日付で800万株(発行済み株数の4.01%)の自社株を消却すると発表した。消却後の発行済み株数は1億9154万2265株となる予定だ。更に、24年3月期を最終年度とする中期経営計画の目標数値の見直しを発表した。21年度〜23年度の平均の売上高について従来の3500億〜3800億円から4800億〜5200億円に引き上げた。ハイエンド半導体のテスト難易度の上昇や大手半導体メーカーの先端技術投資に対する旺盛な意欲、足もとの為替動向などを勘案すると大幅に落ち込むことはないと判断したという。営業利益率も23〜25%から27〜30%に引き上げている。

富士電機 <6504>  5,970円  +220 円 (+3.8%)  本日終値
反発、カイ気配で始まり6月13日以来となる6000円台回復を視野に入れている。同社が28日取引終了後に発表した23年3月期第1四半期(22年4〜6月)決算は営業利益が前年同期比86%増の98億7200万円と大幅な伸びを達成しており、これを好感する買いを引き寄せている。施設・電源システム分野や器具分野を中心に売上高を伸ばし、利益も前年実績を大きく上回った。データセンターや半導体向け案件の伸びが電源システムなどの売り上げ拡大につながったほか、工作機械向け部品も好調で収益に貢献している。

オリエンタルランド <4661>  20,150円  +705 円 (+3.6%)  本日終値
反発。28日の取引終了後に発表した第1四半期(4〜6月)連結決算が、売上高981億6600万円(前年同期比97.0%増)、営業利益170億6200万円(前年同期88億3200万円の赤字)、最終利益121億500万円(同60億5900万円の赤字)となり、営業損益段階から黒字に転換したことが好感された。行動制限の緩和を受けて入園者数が増加したことに加えて、変動価格制による高価格帯チケットの構成比の増加や東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージの好調、東京ディズニーシー20周年関連商品の増加などでゲスト1人当たり売上高が増加したことも寄与した。なお、23年3月期通期業績予想は、売上高4079億2200万円(前期比47.9%増)、営業利益502億5100万円(同6.5倍)、最終利益352億4400万円(同4.4倍)の従来見通しを据え置いている。

商船三井 <9104>  3,635円  +55 円 (+1.5%)  本日終値
後場上げ幅拡大。昼ごろ、23年3月期配当予想について350円から500円に上方修正すると発表。前期実績が400円(株式分割後修正値)だったことから一転増配となる見通しで、これを好感した買いが流入したようだ。同時に発表した第1四半期(4〜6月)決算は、売上高が前年同期比29.7%増の3747億8300万円、純利益が同2.7倍の2857億7900万円だった。持ち分法適用関連会社オーシャン・ネットワーク・エクスプレスの大幅増益のほか、急激な円安進行による運賃や貸船料の収益上振れが寄与した。

ドリコム <3793>  741円  +100 円 (+15.6%) ストップ高   本日終値
ストップ高に買われた。同社はスマートフォン向けを中心とするモバイル向けアプリの開発・運用を手掛けるが、足もとの業績は好調を極めている。主力タイトルの増収効果に加え、不採算タイトルのクローズに伴い利益採算も高まっている。28日取引終了後に発表した23年3月期第1四半期(22年4〜6月)決算は営業利益が前年同期比62%増の8億1700万円と高水準の伸びを示し、同期間の過去最高を記録した。通期計画の20億円に対する進捗率は第1四半期時点で41%に達しており、業績上振れ期待も膨らみやすい。これを材料視する形で投資資金が集中した。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック