◆新着記事一覧◆
[S高|株価値上注目銘柄] ウエルシア,ラクーンHD,セリア,そーせいG,朝日インテック,エーザイ,ハニ…
[格付け・レーティング情報] アスクル,味の素,IIJ,ネットワン
[上方修正・増配・好材料情報] ABCマート,大戸屋,ジンズ,サムティ,ユニフォームネクスト,ワールド,オ…
[上方修正・増配・好材料情報] トーセイ,キューブシス,アークス,イーサポート,エスプール,サンエー,…
[格付け・レーティング情報] UFHD,デクセリ,キヤノン
[S高|株価値上注目銘柄] 大阪チタ,FDK,ハイデイ日高,ネクステージ,ファーストリ,カプコン,アーク…
[上方修正・増配・好材料情報] アダストリア,日本マクドナルド,カルラ,アークランドサービス,マーチ…
[上方修正・増配・好材料情報] エスコンJP,バイク王,クスリアオキ,ハイデ日高,天満屋ス,アークラン…
[格付け・レーティング情報] ミライトワン,JSB,関西ペ,インフロニア,アルバック,アイフル,オリッ…
[S高|株価値上注目銘柄] 東電HD,ワークマン,東京エネシス,象印マホービン,ニトリ,SGホールディ…
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(07/08週〜10/14週) ] 7月減速 8月少し上向くもピ…
[上方修正・増配・好材料情報] 新日本科学,アスクル,ユーグレナ,クリアル,ウイン・パートナーズ,霞ヶ…
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2022年発表分)
[格付け・レーティング情報] JSB,アルバク,オリックス
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証グロース銘柄一覧(07/01週終値現在)
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証スタンダード銘柄一覧(07/01週終値現在)
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2022/07/01週 +13,751円】NYDow 反落 上半期下落率15%は60年ぶり…
[格付け・レーティング情報] マツキヨココ,大塚HD,富士フイルム,大和工,エプソン,識学,いすゞ,パン…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割銘柄一覧(07/01週終値現在)
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(06/24週〜09/30週) ] 7月減速 8月少し上向くもピ…
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] FRONTEO,エムアップ,神戸物産,M&Aキャピ,ラウンドワン,テレ東HD,日本航空,日本ケミコン,三井化学,アサヒ,カイゼン,ブロードE,ULSグループ,富士古河E&C,ハナツアーJ,ソースネクスト,ガーラ,ラバブルMG,FFRIセキュリティ,アイリッジ,鈴与シンワート,ODKソリュ,北日本紡績
2022年05月26日

[S高|株価値上注目銘柄] FRONTEO,エムアップ,神戸物産,M&Aキャピ,ラウンドワン,テレ東HD,日本航空,日本ケミコン,三井化学,アサヒ,カイゼン,ブロードE,ULSグループ,富士古河E&C,ハナツアーJ,ソースネクスト,ガーラ,ラバブルMG,FFRIセキュリティ,アイリッジ,鈴与シンワート,ODKソリュ,北日本紡績



※S高銘柄一覧



<4016> ミット     東証S      前日まで2日連続ストップ高。情報セキュリティ関連
<4170> カイゼン    東証G      
<4415> ブロードE   東証G      不動産関連企業との業務提携を材料視
<6579> ログリー    東証G  一時  
<6613> QDレーザ   東証G      半導体関連
<7148> FPG     東証P      想定以上の業績成長見込んで国内証券が格上げ
<9827> リリカラ    東証S  一時     

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <9318> アジア開発  東証S   20.0    6 
2. <4170> カイゼン   東証G   19.9   482 S KDDIと自治体向けウェブサイト構築ソリューションを提供開始
3. <6613> QDレーザ  東証G   18.8   632 S 『量子ドットレーザー対応ウエハーの市場開拓』報道を材料視
4. <4415> ブロードE  東証G   18.6   956 S 不動産関連企業との業務提携を材料視
5. <7148> FPG    東証P   18.0   984 S 想定以上の業績成長見込んで国内証券が格上げ
6. <4016> ミット    東証S   17.5  1007 S NTTドコモにデジタルブッククラウドサービスをOEM提供へ
7. <9827> リリカラ   東証S   15.2   524 
8. <3664> モブキャスト 東証G   14.1   89 
9. <3798> ULSグルプ 東証S   13.1  3400  20万株を上限とする自社株買い実施へ
10. <6111> 旭精機    名証M   12.8  2250  防衛関連
11. <6548> 旅工房    東証G   12.0   858  訪日外国人観光客受け入れ再開に期待
12. <3989> シェアテク  東証G   11.9   178 
13. <1775> E&C    東証S   11.6  2910  大幅増配続き高株主還元姿勢を評価
14. <7901> マツモト   東証S   10.9  2940 
15. <6561> ハナツアーJ 東証G   10.6  1264  訪日外国人観光客受け入れ再開に期待
16. <7090> リグア    東証G   10.6  2200 
17. <2872> セイヒョー  東証S   10.5  6630 
18. <7172> JIA    東証P   10.4  1319  太陽光発電関連
19. <4344> ソースネクス 東証P   10.2   205  AI通訳アプリ『ポケトーク』の提供開始へ
20. <4777> ガーラ    東証S   10.1   306  定款の事業目的に暗号資産交換業などを追加へ
21. <8918> ランド    東証S   10.0   11 
22. <7356> レッティ   東証G   9.9   368 
23. <4598> デルタフライ 東証G   9.6   831  バイオテクノロジー関連
24. <7031> インバウT  東証G   9.4  3540  インバウンド関連
25. <2158> フロンテオ  東証G   9.2  1073  医学論文探索AI『Amanogawa』が科研製薬に導入

FRONTEO <2158>  1,073円  +90 円 (+9.2%)  本日終値
4日ぶりに急反発。25日の取引終了後、医学論文探索AIシステム「Amanogawa」が科研製薬<4521>で導入されたと発表しており、これが好感されたようだ。Amanogawaは独自のAIエンジン「Concept Encoder」を搭載した論文探索AIシステム。科研薬は本社と京都・静岡の新薬創生センターで使用し、創薬研究の加速を図る。

エムアップ <3661>  1,185円  +91 円 (+8.3%)  本日終値  東証プライム 上昇率4位
急反発。25日の取引終了後、福岡ソフトバンクホークス初のオリジナルNFTサービス「タカコレ NEXT」を提供開始すると発表しており、これが好材料視された。「タカコレ NEXT」は、福岡ソフトバンクホークスの選手肖像を活用した公式NFTコンテンツ販売サービス。3DViewerでどの方向からも楽しめる実物のようなNFTカードなどを販売する予定だ。連結子会社で電子チケット事業を展開するTixplusと共同で運営し、6月10日からサービス提供を始めるとしている。

神戸物産 <3038>  2,918円  +114 円 (+4.1%)  本日終値
急伸。25日の取引終了後に発表した4月度単体業績は、売上高が367億2900万円(前年同月比10.9%増)、営業利益が24億5800万円(同15.3%増)となったことが好感された。4月末まで開催していたセールが好調だったことに加え、引き続きテレビ番組をはじめとする各種メディアやSNSなどの影響で来店客数が増加したことが牽引した。また、商品別では引き続き利便性の高い冷凍野菜や冷凍果物などが伸長したほか、セール対象商品も好調に推移したという。

M&Aキャピ <6080>  3,345円  +110 円 (+3.4%)  本日終値
高い。同社はきょう、SOMPOホールディングス<8630>傘下の損害保険ジャパンと事業承継・M&Aの推進及び課題解決に向けて業務提携したことを明らかにしており、これが買い手掛かりとなったようだ。これにより、損保ジャパンは全国の代理店とも連携し、事業承継で悩みを持つ顧客企業(売り手候補企業)をM&Aキャピに紹介。M&Aキャピは紹介された企業に対して、M&A仲介サービスを提供することで、安心・安全な事業承継・M&Aの成立を支援するとしている。

ラウンドワン <4680>  1,568円  +50 円 (+3.3%)  本日終値
4日ぶり大幅高。新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかかるなか、岸田政権は6月から入国規制の緩和などに前向きな姿勢を示しており、東京株式市場ではインバウンドが見込まれるレジャー関連などに物色の矛先が向いている。そうしたなか、市場関係者は「同社の23年3月期の業績予想はトップライン、利益ともにかなりの急回復を見込んでおり、これが投資資金の食指を動かす背景にある。直近では三菱UFJモルガンが目標株価を大幅に引き上げたことなどが株価上昇を後押ししているもようだ」(中堅証券ストラテジスト)としている。

テレ東HD <9413>  1,973円  +45 円 (+2.3%)  本日終値
6日ぶりに反発。25日取引終了後、発行済み株式数(自社株を除く)の0.7%にあたる20万株または4億6000万円を上限に自社株買いを実施すると発表。これが好材料視された。買い付け期間は5月26日から7月14日まで。うち14万500株は26日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT−3」で取得するとし、きょう11時30分に買い付けを完了したと発表した。なお、取得した自社株は7月29日付で全て消却する予定という。

日本航空 <9201>  2,325円  +51 円 (+2.2%)  本日終値
ANAホールディングス<9202>が揃って上昇、業種別騰落では33業種中で「空運」が上昇率トップとなっている。政府が6月にも外国人観光客の新規受け入れを再開する方針が伝えられていることで、国際線需要の回復への期待が株価を押し上げる材料となっている。JAL、ANAHDともに22年3月期は2期連続の大幅最終赤字となったが、いずれも23年3月期は黒字転換が見込まれている。また、株式需給面では両銘柄とも直近データで信用買い残が減少しており、これも上値の軽さにつながっている。

日本ケミコン <6997>  1,737円  +36 円 (+2.1%)  本日終値
4日ぶりに反発。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は25日、同社株の「オーバーウエイト」を継続するとともに目標株価を2750円から2900円に引き上げた。エクイティストーリーは「構造改革完遂に伴う業績改善」としている。アルミ電解コンデンサーの第4四半期(1〜3月)のBBレシオは1.2超と高水準であり、車載チップ品、産業機械向け大型品、ハイブリッド品などを中心に能力を上回る受注を受けている。23年3月期の連結営業利益は従来予想の112億円から100億円(会社予想93億円)に見直し、24年3月期の同利益は132億円から120億円に修正したが、生産性改善により供給能力が上昇すれば、業績上積みが期待される状況とみている。

三井化学 <4183>  3,085円  +60 円 (+2.0%)  本日終値
続伸。SMBC日興証券が25日付で同社の投資判断「1(強気)」を継続し、目標株価を前回の3800円から4300円に引き上げたことが好感されたようだ。23年3月期は減益ガイダンスが提示されたが、機能商品の利益は想定以上に伸長する計画のため、好印象と報告。機能商品の成長性の高さを考慮すれば、6倍前後の予想PERは割安感が特に強いとみている。また、株主還元方針からみて、自己株式の取得を発表する可能性もあると指摘している。

アサヒ <2502>  4,245円  +62 円 (+1.5%)  本日終値
キリンホールディングス<2503>、サッポロホールディングス<2501>などビール株が揃って上昇している。原料価格や輸送コストの上昇を受けビールや清涼飲料水の値上げの動きが顕在化してきた。25日、アサヒ傘下のアサヒ飲料はペットボトル入り清涼飲料水などを10月1日から値上げすることを発表した。これに先立ってサントリー食品インターナショナル<2587>が値上げを表明しており、業界全体が値上げで足並みを揃える方向となってきた。また、キリンHDも25日にビールや缶酎ハイなど酒類278品目を10月1日から値上げすることを発表しており、こうした各社の製品価格引き上げの動きが本格化することで、収益押し上げ効果につながるとの思惑が投資資金を誘導している。

カイゼン <4170>  482円  +80 円 (+19.9%) ストップ高   本日終値
急騰。きょう午前に、KDDI<9433>と共同で、自治体向けに見やすく使いやすいウェブサイトに改善・構築するソリューションの提供を開始すると発表しており、これを好感する買いが入った。ウェブサイト改善の対応が追いついていない自治体に対し、クラウド化への迅速な対応と同時に、継続的にウェブアクセシビリティを維持・向上する体制を構築する。KDDIが全体設計とクラウド導入、同社はウェブサイトの分析・改善を担当するという。なお、同ソリューションは既に、国土交通省の「川の防災情報」ウェブサイトに一部導入されたとしている。

ブロードE <4415>  956円  +150 円 (+18.6%) ストップ高   本日終値
ストップ高。同社はきょう、不動産経営サポートや不動産管理サービスを提供するResior(京都市左京区)と業務提携したと発表しており、これが材料視されたようだ。業務提携の内容は、ResiorがブロードEのマンション向け高速インターネット「B−CUBIC」及びIoTインターフォンシステム「BRO−LOCK」を、管理する賃貸物件の所有者に紹介、導入提案を行うもの。具体的な実施内容については今後、物件ごとにそれぞれ個別で締結する契約書で詳細を定める予定だとしている。

ULSグループ <3798>  3,400円  +395 円 (+13.1%)  本日終値
急伸。25日の取引終了後、自社株買いを実施すると発表しており、これが好材料視された。上限を20万株(発行済み株数の3.6%)、または6億円としており、取得期間は6月1日から7月31日まで。機動的な資本政策を行うためとしている。

富士古河E&C <1775>  2,910円  +303 円 (+11.6%)  本日終値
3連騰。同社は富士電機系のプラント・空調工事会社だが、資材価格の上昇もITを活用した合理化で利益率を維持、足もとの業績に反映させている。25日取引終了後に発表した22年3月期決算は営業利益が前の期比10%増の65億9200万円と2ケタ伸長を達成。続く23年3月期は前期比微増の66億5000万円を見込んでいる。同社は株主還元に積極的な姿勢をみせており、前期は21年3月期実績から40円の大幅増配となる130円を実施する。これは従来計画に30円も上乗せされた。更に今期は20円増配の150円を計画、配当性向は30%に達する見通し。これを評価する形で投資資金が流入した。

ハナツアーJ <6561>  1,264円  +121 円 (+10.6%)  本日終値
インバウンド関連株が高い。HANATOUR JAPAN<6561>が急伸して年初来高値を更新したほか、アドベンチャー<6030>やエアトリ<6191>、オープンドア<3926>、旅工房<6548>といった銘柄が値を上げている。複数のメディアは、政府は新型コロナウイルスの水際対策に絡み6月から訪日外国人観光客の受け入れを再開する検討に入った、と報じた。きょうにも岸田首相が表明するという。観光客は上限2万人の枠のなかで受け入れ、添乗員付きツアー客などに限定する案が検討されているもよう。観光目的の入国が再開されれば、約2年ぶりになるとみられている。

ソースネクスト <4344>  205円  +19 円 (+10.2%)  本日終値  東証プライム 上昇率3位
後場一段高で、年初来高値を更新した。同社はきょう、子会社のポケトークがAI通訳アプリ「ポケトーク」の提供を開始すると発表。インバウンド関連銘柄への関心が高まっていることもあり、買い優勢の展開となっている。このアプリは、AI通訳機「ポケトーク」をより身近なスマートフォンで使えるようにしたもので、通訳機の「ポケトーク」と同様のわかりやすいユーザーインターフェイスと70言語を音声・テキストに翻訳し、12言語をテキストのみに高い精度で翻訳することが可能。価格(税込み)は週額120円、月額360円、年額3600円となっている。

ガーラ <4777>  306円  +28 円 (+10.1%)  本日終値
大幅高。同社は25日取引終了後に、定款の一部を変更すると発表。事業目的に暗号資産交換業やブロックチェーンなどに関する項目を追加するとしており、これが材料視されたようだ。追加するのは、「資金決済に関する法律に規定された暗号資産交換業」「暗号資産、トークン又はそれらに類似するものに係る取引所運営に関するシステムの研究、企画、開発、販売、保守、運用及びコンサルティング」「暗号資産、トークンまたはそれらに類似するものの取得、保有、運用及び売買」「ブロックチェーンに関するシステムの研究、企画、開発、販売、保守、運用及びコンサルティング」「ブロックチェーン技術を利用した商品及びサービスの研究、企画、開発、販売及びコンサルティング」など。今後の事業展開に対応することが主な目的で、定款変更のための株主総会開催日は6月25日を予定している。

ラバブルMG <9254>  1,675円  +135 円 (+8.8%)  本日終値
急伸。25日の取引終了後、連結子会社の24−7がSalesforce(セールスフォース)ビジネスを拡大・加速するための取り組みとして、アイシス(東京都江東区)と事業提携したと発表しており、これが好感された。アイシスは、セールスフォースに関するSFA(営業支援システム)領域での開発・保守運用サービスに強みを持ち、導入実績も積み上げている。今回の提携により、マルチクラウドへのニーズに対応するセールスフォースビジネスにおける一貫したサービスを提供し、トータルサポートを可能とする体制の構築を目指すとしている。

FFRIセキュリティ <3692>  1,028円  +71 円 (+7.4%)  本日終値
急動意、一気に4ケタ大台回復を果たした。企業や国家関連組織を狙ったサイバー攻撃による被害が増勢一途となるなか、岸田政権では防衛省のサイバー関連能力強化予算の増額や、サイバー防衛隊の能力拡充など対処能力を高めることに積極的に取り組んでおり、高度なIT人材育成などにも力を入れている。サイバーセキュリティーは国家的軍事案件として重要性が高まっているが、そうしたなか、同社は同分野のプロフェッショナル集団として防衛省など安全保障関連に傾注している。近年急増中の標的型攻撃への対応で優位性を持ち、「先読み防御」技術を徹底追求した次世代エンドポイントセキュリティー「ヤライ」に注目が集まっている。

アイリッジ <3917>  845円  +42 円 (+5.2%)  本日終値
大幅に3日続伸し、年初来高値を更新した。同社はきょう、自社の開発リソース最適化プラットフォーム「Co−Assign(コーアサイン)」が、ECサイト構築やサイト制作・運営などを手掛けるペタビット(神戸市中央区)に導入されたと発表。これが株価を刺激したようだ。「コーアサイン」は、社内外人員の稼働管理やプロジェクトへのアサイン管理、人材調達がひとつになったリソース最適化プラットフォーム。自社に関わる社内外の人材とプロジェクトの全体像を一元化・見える化し、プロジェクトの予算や人員を管理するプロジェクトマネージャーや、人材調達や支払い業務で外部協力企業とやり取りをするバックオフィスの生産性を大きく向上することができるという。

鈴与シンワート <9360>  1,214円  +55 円 (+4.8%)  本日終値
大幅続伸。25日の取引終了後、23年3月期の配当を従来計画の25円から30円(前期は30円)へ増額修正すると発表しており、これを好感する買いが入ったようだ。業績動向や今後の事業展開などを勘案したとしている。

ODKソリューションズ <3839>  565円  +22 円 (+4.1%)  本日終値
高い。25日の取引終了後にベクトル<6058>との業務提携を発表しており、これを好感した買いが入ったようだ。ODKが運営する大学受験ポータルサイト「UCARO」や大学生向けSNS「cataro」、ベクトルが手掛ける新卒採用支援サービス「JOBTV」といった両社のサービスを連携させ、進路検討やキャリア形成を支援するコンテンツの提供などを行っていく。あわせて、クシム<2345>が手掛ける学習管理システムとEラーニング事業を譲り受けることも発表、これも好感されている。譲受価格は1億8000万円。会社側では、今回の事業譲受を通じてクシムとの連携を深め、自社サービス上のデータにクシムが持つブロックチェーン技術を活用するきっかけとするとしている。

北日本紡績 <3409>  131円  +4 円 (+3.2%)  本日終値
大幅高。25日の取引終了後、4月に上市した抗菌・抗ウイルス糸について、京都大学医生物学研究所(微細構造ウイルス学分野・野田岳志教授)において新型コロナウイルスに対する不活性効果が実証されたと発表した。新型コロナウイルスを抗菌・抗ウイルス糸に60分間反応させたときに、99.9%以上のウイルスが不活性化されることが確認されたという。会社側では、既に繊維関連や産業資材メーカー向けに同製品のサンプル提供を開始しており、実用化に向けて協議中としている。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック