◆新着記事一覧◆
[格付け・レーティング情報] アスクル,味の素,IIJ,ネットワン
[上方修正・増配・好材料情報] ABCマート,大戸屋,ジンズ,サムティ,ユニフォームネクスト,ワールド,オ…
[上方修正・増配・好材料情報] トーセイ,キューブシス,アークス,イーサポート,エスプール,サンエー,…
[格付け・レーティング情報] UFHD,デクセリ,キヤノン
[S高|株価値上注目銘柄] 大阪チタ,FDK,ハイデイ日高,ネクステージ,ファーストリ,カプコン,アーク…
[上方修正・増配・好材料情報] アダストリア,日本マクドナルド,カルラ,アークランドサービス,マーチ…
[上方修正・増配・好材料情報] エスコンJP,バイク王,クスリアオキ,ハイデ日高,天満屋ス,アークラン…
[格付け・レーティング情報] ミライトワン,JSB,関西ペ,インフロニア,アルバック,アイフル,オリッ…
[S高|株価値上注目銘柄] 東電HD,ワークマン,東京エネシス,象印マホービン,ニトリ,SGホールディ…
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(07/08週〜10/14週) ] 7月減速 8月少し上向くもピ…
[上方修正・増配・好材料情報] 新日本科学,アスクル,ユーグレナ,クリアル,ウイン・パートナーズ,霞ヶ…
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2022年発表分)
[格付け・レーティング情報] JSB,アルバク,オリックス
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証グロース銘柄一覧(07/01週終値現在)
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証スタンダード銘柄一覧(07/01週終値現在)
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2022/07/01週 +13,751円】NYDow 反落 上半期下落率15%は60年ぶり…
[格付け・レーティング情報] マツキヨココ,大塚HD,富士フイルム,大和工,エプソン,識学,いすゞ,パン…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割銘柄一覧(07/01週終値現在)
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(06/24週〜09/30週) ] 7月減速 8月少し上向くもピ…
[上方修正・増配・好材料情報] アルバイトタイムス,ユーグレナ,ツクルバ,クリアル,Oakキャピタル,…
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] 日東紡績,中国電力,オリエンタルランド,飯田GHD,キリン,三菱商事,メディネット,スポーツフィールド,QDレーザ,さいか屋,ラオックス,平山,CRI・ミドルウェア,マツオカ,ワイエイシイ,日本ヒューム,新家工業,みらいワークス
2022年05月25日

[S高|株価値上注目銘柄] 日東紡績,中国電力,オリエンタルランド,飯田GHD,キリン,三菱商事,メディネット,スポーツフィールド,QDレーザ,さいか屋,ラオックス,平山,CRI・ミドルウェア,マツオカ,ワイエイシイ,日本ヒューム,新家工業,みらいワークス



※S高銘柄一覧



<3326> ランシステム  東証S  一時  前日もストップ高。カジノ関連
<4016> ミット     東証S      
<6613> QDレーザ   東証G  一時  
<8254> さいか屋    東証S  一時  3-4月の業績概算値を好材料視   

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <2773> ミュチュアル 東証S   74.0  1794  案件の一部前倒し計上で22年3月期業績は計画上振れ
2. <4016> ミット    東証S   21.2   857 S NTTドコモにデジタルブッククラウドサービスをOEM提供へ
3. <2370> メディネット 東証G   19.2   62  慢性心不全治療の再生医療等製品に関して医師主導第2b相臨床試験開始
4. <7080> スポーツF  東証G   15.9  1598  6月末を基準日に1株を2株に株式分割へ
5. <6613> QDレーザ  東証G   15.7   532  『量子ドットレーザー対応ウエハーの市場開拓』報道を材料視
6. <8254> さいか屋   東証S   11.8   304  3、4月の営業損益黒字化で投資資金が再攻勢
7. <3110> 日東紡    東証P   11.2  2495  高水準の自社株買い実施発表で目先の需給改善期待
8. <9827> リリカラ   東証S   11.0   455 
9. <8202> ラオックス  東証S   9.9   256  インバウンド関連で短期資金の攻勢続く
10. <7379> サーキュ   東証G   9.1  2495  人材派遣関連
11. <3135> マーケットE 東証P   9.0   920 
12. <9252> ラストワンM 東証G   8.5   650 
13. <5337> ダントーHD 東証S   8.1   281 
14. <7721> 東京計器   東証P   6.5  1316  “リアル防衛関連”としての切り口で物色人気に
15. <7781> 平山     東証S   6.4  1335  6月30日を基準日に1株を2株へ株式分割へ
16. <4175> コリー    東証G   6.0  2375 
17. <1743> コーアツ工業 東証S   5.9  3115 
18. <2997> ストレジ王  東証G   5.7   702 
19. <3698> CRI    東証G   5.6  1104  『CRI TeleXus』アーリーアクセス版提供開始、メタバースで感動共有
20. <8139> ナガホリ   東証S   5.6   835 
21. <8219> 青山商    東証P   5.4   823 
22. <4376> くふう    東証G   5.3   453 
23. <4777> ガーラ    東証S   5.3   278  メタバース関連
24. <4439> 東名     東証P   5.2   954 
25. <7901> マツモト   東証S   5.2  2650 

日東紡績 <3110>  2,495円  +252 円 (+11.2%)  本日終値  東証プライム 上昇率トップ
急騰。24日の取引終了後、自社株買いを実施すると発表したことが好感された。上限を273万株(発行済み株数の7.0%)、または50億円としており、取得期間は22年5月25日から23年5月24日まで。現在の株価水準を踏まえ、株主還元及び資本効率の一層の向上のために取得するとしている。これにより取得した全ての自社株は消却するとあわせて発表した。なお、今朝は東京証券取引所の自己株式立会外買付取引(ToSTNeT−3)で31万6200株(総額7億923万6600円)の自社株を取得した。

中国電力 <9504>  920円  +43 円 (+4.9%)  本日終値  東証プライム 上昇率9位
大幅高で3日続伸。複数のメディアで、島根県の丸山達也知事が同社の島根原子力発電所2号機の再稼働について、来月2日の県議会で同意するかどうかの判断を表明する考えを示したと報じており、これが好感された。島根原発2号機は昨年9月、再稼働の前提となる規制委員会の審査に合格。立地自治体である松江市を含め、原発30キロ圏内にある自治体も再稼働に同意を表明している。

オリエンタルランド <4661>  19,445円  +685 円 (+3.7%)  本日終値
戻り足が鮮明。株価はきょうで4連騰となり1万9400円まで上値を伸ばし、今月2日ザラ場以来となる2万円大台回復を視野に捉えている。外国人観光客の入国制限の緩和が進むとの見方から、インバウンド関連株に物色の矛先が向いている。そのなか同社は国内テーマパーク最大手として、恩恵を正面から享受できる関連株として継続的な買いが流入している。「ディズニー・プレミアアクセス」という新サービス導入により、利益率が高まるとの思惑も株高を後押ししている。同社株は4月28日を境に機関投資家とみられる売りに株価は急落局面を余儀なくされていた。しかし、今月中旬以降は売り物が切れ上値指向に変わった。下落過程で信用買い残も増加し直近で100万株台に乗せたが、流動性の高い銘柄で株価の重石にはなっていない状況だ。

飯田GHD <3291>  1,983円  +41 円 (+2.1%)  本日終値
反発。24日の取引終了後、上限を800万株(発行済み株数の2.77%)、または200億円とする自社株買いを実施すると発表しており、これが好材料視された。取得期間は22年5月25日から23年5月24日までで、取得した自社株は全株式を消却する予定という。また、605万2582株(同2.10%)の自社株を6月10日付で消却するとあわせて発表している。

キリンホールディングス <2503>  1,963円  +36.5 円 (+1.9%)  本日終値
反発。この日、10月1日納品分からビール類やRTD(栓やプルタブを開けてそのまま飲めるアルコール飲料)、その他樽詰商品、ノンアルコール飲料、輸入洋酒の一部商品を値上げすると発表しており、これが好感された。対象となるのはビール類の「キリン一番搾り生ビール」「淡麗グリーンラベル」「本麒麟」やRTDの「氷結」など。大麦、コーン、アルコールなどの原材料価格をはじめ、アルミ、段ボールなどの資材価格、製造にかかるエネルギー価格や物流費などあらゆるコストが上昇しており、企業努力だけで各種コストの上昇分を吸収することは困難であると判断したという。

三菱商事 <8058>  4,492円  +75 円 (+1.7%)  本日終値
総合商社株が買い人気を集めている。エネルギー価格や穀物市況の高騰は米国や欧州をはじめインフレを高進させる背景となっており、企業のコスト増加に伴う業績への影響も警戒されている。しかし、資源や穀物を扱う総合商社にとっては収益面で強い追い風となっている。PERやPBRも割安感が強く、世界的なバリュー株シフトの動きも味方している。きょうは、米ハイテク株安を受けIT関連株への買いが入りにくく、市況関連のリバウンドを狙う動きが優勢。その流れで商社株に投資資金が誘導されている。

メディネット <2370>  62円  +10 円 (+19.2%)  本日終値
4日続伸。24日の取引終了後、九州大学と共同研究を進めている慢性心不全の治療を目的とした再生医療等製品に関して、医師主導第2b相臨床試験が同大で開始されたと発表しており、これが好感された。なお、同件による22年9月期業績への影響は軽微としている。

スポーツフィールド <7080>  1,598円  +219 円 (+15.9%)  本日終値
急騰。24日の取引終了後、6月30日を基準日として1株を2株に株式分割すると発表しており、これが好材料視された。投資単位当たりの金額を引き下げてより投資しやすい環境を整えることにより、株式の流動性向上及び投資家層の拡大を図ることを目的としている。効力発生日は7月1日。

QDレーザ <6613>  532円  +72 円 (+15.7%) 一時ストップ高   本日終値
一時ストップ高。きょう付の化学工業日報で、「量子ドットレーザーに対応したエピタキシャルウエハーとファウンドリーサービスの市場開拓を進める」と報じられており、これが好材料視された。記事によると、ガリウムヒ素(GaAs)基板に波長1120〜1310ナノメートルの量子ドットを形成し、レーザー素子、光学増幅素子(ゲインチップ)を3インチウエハーやチップ、デバイスで提供するという。車載LiDARや光インターコネクトなどの分野への応用を図るもようだ。

さいか屋 <8254>  304円  +32 円 (+11.8%) 一時ストップ高   本日終値
急騰。新型コロナウイルスの影響もあって厳しい収益環境を強いられていたが、ここにきて改善色をみせている。24日に発表した3、4月の営業損益は概算値で1411万円の黒字(前年同期は5079万8000円の赤字)だった。業績回復傾向にあることで、これを手掛かり材料に投資資金が攻勢をかけている。同社株は値ごろ感があり、今月11日に急動意し、商い急増のなかでストップ高に買われ市場の注目を集めた経緯がある。それだけに、インバウンド関連の一角として人気素地が意識されている。

ラオックス <8202>  256円  +23 円 (+9.9%)  本日終値
6連騰と上げ足鮮明。インバウンド関連株に物色の矛先が向いているが、そのなか中国小売大手の蘇寧グループを大株主とする同社に投資資金が集まっている。業績は大幅赤字が続いているが、リストラによる収益体質改善もあり22年12月期営業損益は2億円の黒字に転じる見通し。信用買い残も増勢にあるが売り残も急増しており、日証金では売り長の状態で株式需給面での妙味も意識されやすい。

平山ホールディングス <7781>  1,335円  +80 円 (+6.4%)  本日終値
急伸。24日の取引終了後、6月30日を基準日として1株を2株に株式分割すると発表したことが好感された。投資単位当たりの金額を引き下げ、株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることが目的という。効力発生日は7月1日。

CRI・ミドルウェア <3698>  1,104円  +59 円 (+5.7%)  本日終値
大幅反発。24日の取引終了後、コミュニケーションミドルウェア「CRI TeleXus(テレクサス)」のボイスチャット機能の先行試用ができるアーリーアクセス版の提供を開始したと発表しており、これが好材料視された。「CRI TeleXus」は、メタバースやオープンワールドゲームなどの大規模な仮想空間で感動や興奮が醸し出す空気感を共有でき、臨場感豊かな「居心地良い」ものにすることでコミュニケーションを活性化させるミドルウェアで、コミュニティー拡大による収益の向上に寄与する。AIスピーカーのように会話をサポートするコミュニケーションアシスト機能を有しており、例えば、「AI通訳機能」によって海外の人と簡単に会話することや、「AIアドバイザ」が攻略法を伝えることで継続率が向上するという。

マツオカ <3611>  1,040円  +51 円 (+5.2%)  本日終値  東証プライム 上昇率6位
反発。24日の取引終了後、26年3月期に売上高700億円(22年3月期510億5600万円)、経常利益35億円(同10億3700万円)を目指す中期経営計画を発表しており、これを評価する買いが入った。ベトナム新工場の本格稼働による生産能力拡大効果を見込むほか、海外市場への販路拡大などで売上高の増大を目指す。また、コスト競争力の高いASEAN諸国などへの生産地シフトを進めることで目標達成を狙う。

ワイエイシイ <6298>  1,830円  +72 円 (+4.1%)  本日終値
全般軟調地合いのなか強さを発揮。半導体製造装置周辺の銘柄には向かい風の強い地合いが続いているが、同社は好業績を背景に上値指向が強い。今月16日にマドを開け買われる人気となり18日には1908円まで買われ年初来高値更新となったが、これは2007年8月以来、約15年ぶりの高値水準で実質的には青空圏に近い。22年3月期営業利益は前の期比2.2倍の15億6600万円と急拡大したが、続く23年3月期も前期比92%増の30億円と大幅な伸びを見込んでおり、時価予想PERも10倍を切る水準だ。メカトロニクス分野が収益の柱となっている。また、次世代パワー半導体分野で活躍余地を広げているほか、次世代電池分野への参入にも意欲的で、2月4日にはマグネシウム電池の量産体制整備に着手したことを明らかにするなど、業容拡大に向けた積極的な挑戦が続いている。

日本ヒューム <5262>  710円  +18 円 (+2.6%)  本日終値
高い。同社はきょう午後2時ごろに、12万5000株(自己株式を除く発行済み株式総数の0.50%)、1億円を上限とする自社株取得枠を設定したと発表しており、需給改善などが期待されたようだ。取得理由は、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行、及び株主への利益還元のため。取得期間はあす26日から来年3月22日までとなっている。

新家工業 <7305>  1,470円  +37 円 (+2.6%)  本日終値
3日続伸。24日の取引終了後、24年3月期を最終年度とする中期経営計画の数値目標について、売上高を380億円から435億円(22年3月期407億6000万円)へ、営業利益を15億円から27億円(同33億8400万円)へ上方修正したことが好感された。世界的な半導体不足やサプライチェーンの混乱、鉄鉱石や石炭などの鉄鋼原料価格の高止まりにより、鋼管製品の原材料価格や諸経費が大幅に上昇しているものの、製品販売価格の引き上げや市況のタイト感と先高観に支えられた販売数量の増加が見込まれることが要因としている。

みらいワークス <6563>  624円  +15 円 (+2.5%)  本日終値
反発。午前11時ごろ、官民ファンドの地域経済活性化支援機構のファンド運営子会社である観光産業化投資基盤(TiPC、東京都千代田区)と戦略パートナー契約を締結したと発表しており、これが好感された。今回の戦略パートナー契約締結は、人材支援による国内の観光需要の回復と観光産業の体質強化を図ることが狙い。同社は今後、TiPCと連携しながら観光地域づくりのかじ取りを担う企業(DMC)の経営や事業推進する経営人材採用を推進。都市から地方への人材流動化、観光産業を日本の基幹産業へと成長させることに貢献するとしている。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 15:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック