◆新着記事一覧◆
[格付け・レーティング情報] 積ハウス,KePr技,TDK,アイシン,日本ガス,ダイセキ
[上方修正・増配・好材料情報] エービーシー・マート,アダストリア,カルラ,タスキ,バイク王,CEHD…
[上方修正・増配・好材料情報] 参天製薬,リコー,イオンディラ,伊藤忠,霞ヶ関C,エスプール,イーサポ…
[格付け・レーティング情報] クスリアオキ,シグマクシス,アシックス,住友商,シルバライフ
[S高|株価値上注目銘柄] クスリアオキ,円谷フィHD,伊藤忠商事,クリエイトS,KeePer技研,あ…
【抽選結果|IPO新規上場】ソシオネクスト(6526)・・・公開価格は、3,650円(仮条件上限)に決定っ!! 当…
[格付け・レーティング情報] 住友商事
[上方修正・増配・好材料情報] クルーズ,FRONTEO,メディネット,タカミヤ,ユーグレナ,アークラ…
[上方修正・増配・好材料情報] アドヴァンG,テイツー,北恵,ダイケン,エコーTD,KTK,あいちFG,…
[格付け・レーティング情報] 東レ,SUMCO,信越化,ロート,アルチザ,オリンパス,丸井G,東京海上
[S高|株価値上注目銘柄] 東亜石油,三益半導体工業,日本郵船,新生銀行,テイ・エステック,INPEX,…
[上方修正・増配・好材料情報] 住友林業,エスプール,石垣食品,富士紡,フィル・カンパニー,スターティ…
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(010/07週〜01/13週) ]10月上旬まで下押すか 12月…
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2022年発表分)
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証グロース銘柄一覧(09/30週終値現在)
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証スタンダード銘柄一覧(09/30週終値現在)
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2022/09/30週 ▲389,906円】NYDow 続落 積極的な利上げが景気悪…
[格付け・レーティング情報] SUMCO,信越化学,ロート薬,アルチザN,オリンパス
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割銘柄一覧(09/30週終値現在)
[上方修正・増配・好材料情報] IPS,ニチリン,パイプドHD,ヤマシタHD,ソーバル,スターマイカ,…
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] 東電HD,アドウェイズ,コマツ,南海電気鉄道,寿スピリッツ,INPEX,三菱UFJ,ログリー,TOA,フリービット,ライトオン,大成温調,バーチャレク
2022年05月06日

[S高|株価値上注目銘柄] 東電HD,アドウェイズ,コマツ,南海電気鉄道,寿スピリッツ,INPEX,三菱UFJ,ログリー,TOA,フリービット,ライトオン,大成温調,バーチャレク



※S高銘柄一覧



<3825> リミックス   東証S      フィンテック関連
<6561> ハナツアーJ  東証G      岸田首相『水際対策、6月に緩和』報道を材料視、インバウンド回復期待
<6579> ログリー    東証G      bajjiのWebサービス『mySDG』がeスポーツ事業で取材
<9271> 和心      東証G  一時  インバウンド関連

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <3825> リミックス  東証S   21.1   460 S フィンテック関連
2. <6579> ログリー   東証G   18.1   651 S eスポーツに関する取材を受けたと公表
3. <6561> ハナツアーJ 東証G   16.7  1046 S 岸田首相『水際対策、6月に緩和』報道を材料視、インバウンド回復期待
4. <9501> 東電HD   東証P   16.2   530  原発再稼働に向けた岸田首相の講演受け投資資金再流入
5. <2489> アドウェイズ 東証P   16.0   913  22年12月期業績及び配当予想を上方修正
6. <1689> WT天然ガス 東証E   14.6   4.7 
7. <3739> コムシード  名証N   14.6   440  NFT関連
8. <9271> 和心     東証G   14.5   339  インバウンド関連
9. <4268> エッジテクノ 東証G   12.8  1101  人工知能関連
10. <6177> アップバンク 東証G   12.0   215  仮想通貨関連
11. <7031> インバウT  東証G   11.5  3480  インバウンド関連
12. <3856> Aバランス  東証S   10.1  2291 
13. <6809> TOA    東証P   10.0   773  今期営業34%増益で配当は前期の2倍に
14. <1313> KDX200 東証E   9.7  3949 
15. <7915> NISSHA 東証P   9.5  1521  収益体質改善は織り込まれていないとし欧州系証券が格上げ
16. <6961> エンプラス  東証P   9.5  3460  前期営業利益は上振れ着地で今期も2ケタ増益見込む
17. <4479> マクアケ   東証G   9.4  2035 
18. <2038> 原油先Wブル 東証EN   9.4  1737 
19. <9014> 新京成    東証S   9.3  2840  京成が1対0.82で株式交換を実施
20. <1685> WTエナジー 東証E   9.1  782.2 
21. <9731> 白洋舎    東証S   8.5  1309 
22. <6301> コマツ    東証P   8.5  3230  円安も寄与し今期業績に増額観測
23. <6236> NCHD   東証S   7.7  1726 
24. <8202> ラオックス  東証S   7.7   181  インバウンド関連
25. <9221> フルハシE  東証S   7.6  1700 

東電HD <9501>  530円  +74 円 (+16.2%)  本日終値  東証プライム 上昇率トップ
急伸。岸田文雄首相が5日に英国金融街シティーで行った講演で、脱炭素戦略にも触れ、そのなかで再生可能エネルギーに加え、安全を確保した原子炉の有効活用を図る方針を示した。原発再稼働に向けた動きが強まるとの観測から、同社株に投資資金が改めて攻勢をかけている。既に需給相場の様相を呈していたが、直近は個人投資家の参戦が活発化し信用買い残の増加が顕著となっている。信用倍率は4月22日申し込み現在で2.0倍と需給はやや緩んでいる状況。なお、きょうは同社株を筆頭に電力株が全面高商状となった。

アドウェイズ <2489>  913円  +126 円 (+16.0%)  本日終値  東証プライム 上昇率2位
急反発。2日の取引終了後、22年12月期の連結業績予想について、売上高を135億円から138億円へ、営業利益を11億円から14億2000万円へ、純利益を7億円から10億円へ上方修正し、あわせて3円69銭を予定していた期末一括配当予想を5円49銭へ引き上げたことが好感された。前期は決算期変更に伴う変則決算のため前期との比較はないものの、第1四半期(1〜3月)においてエージェンシー事業でマンガアプリを展開するクライアントからの需要が増加したことに加えて、台湾におけるブランド広告主向けブランディング広告が好調なことなどが寄与。また、グループ全体で人件費などの販管費を抑制したことも利益を押し上げる。なお、第1四半期決算は、売上高35億1800万円、営業利益6億5500万円、純利益5億100万円だった。

コマツ <6301>  3,230円  +253.5 円 (+8.5%)  本日終値  東証プライム 上昇率6位
大幅高で3日続伸。株価は2日終値に比べ8%超高に買われ年初来高値を更新した。4月28日に発表した決算内容を好感する買いが継続した。22年3月期連結営業利益は前の期比89.5%増の3170億1500万円の大幅増益となったのに続き、23年3月期の同利益は前期比9.1%増の3460億円と連続増益が見込まれている。前期は年96円(前の期比41円増)とした配当は、今期も同水準とする計画。今期の想定為替レートは1ドル=118円で足もとの円安は追い風。主力の建設機械は販売量の増加や販売価格の改善が寄与しているほか、鉱山機械はインドネシアを中心に堅調な需要が続くとみられている。市場には、今期同利益は3600億円台への増額観測も出ている。

南海電気鉄道 <9044>  2,487円  +156 円 (+6.7%)  本日終値  東証プライム 上昇率10位
大幅高。きょう昼ごろに複数のメディアで、政府が観光目的での外国人の入国について団体客などに限って認める方向で検討していることが伝えられた。南海電は関西国際空港に向かう空港線を持っており、空港を利用するインバウンド客の増加で同社路線の利用も増えるとの期待感から思惑買いを集めたようだ。

寿スピリッツ <2222>  7,040円  +330 円 (+4.9%)  本日終値
反発。2日の取引終了後、集計中の22年3月期連結業績について、売上高が307億円から321億9000万円(前の期比38.7%増)へ、営業利益が1億5000万円から14億円(前の期28億9000万円の赤字)へ、最終利益が9億4700万円から19億1000万円(同5億6900万円の赤字)へ上振れて着地したようだと発表したことが好感された。国内小売及び通信販売で、クリスマス・年末帰省・ホワイトデーなど季節イベントでの販促強化や限定商品投入などの対策が奏功した。また、生産性向上による売上総利益率の改善や、販売促進費などの経費の効率的な使用に努めたことなども寄与した。

INPEX <1605>  1,598円  +74 円 (+4.9%)  本日終値
5日の米原油先物相場はWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の6月限が前日比0.45ドル高の1バレル=108.26ドルに上昇した。5日に開催された石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟国から構成される「OPECプラス」では6月も小幅な増産ペースを維持することを決定した。これを受け、原油需給の引き締まりは続くとの見方が強まった。また、4日に欧州連合(EU)がロシア産原油の輸入を禁止する案を公表したことも原油価格の上昇要因に働いている。

三菱UFJ <8306>  779.5円  +23.3 円 (+3.1%)  本日終値
三井住友フィナンシャルグループ<8316>、みずほフィナンシャルグループ<8411>のメガバンク3銘柄は頑強な値動き。前日の米国株市場では、FRBの金融引き締め強化による経済への影響を警戒して主要株価指数が揃って急反落したが、その一方で債券も売られ米10年債利回りは終値ベースで3.04%とフシ目の3%台を上回ってきた。長期金利の先高期待は根強く、米国事業を展開するメガバンク各社にとっては追い風材料となっている。

ログリー <6579>  651円  +100 円 (+18.2%) ストップ高   本日終値
ストップ高の651円に上昇。この日、bajji(東京都台東区)が運営するSDGs進捗見える化メディアプラットフォーム「mySDG」で、同社が「日本におけるeスポーツの裾野をコミュニティーを軸に拡大。障がい者やシニアまで、広く活性化する鍵がここにはある」として取材を受けたと発表。eスポーツ事業にSDGs要素を付加する取り組みに関して紹介されており、これが好材料視されたようだ。

TOA <6809>  773円  +70 円 (+10.0%)  本日終値  東証プライム 上昇率3位
急伸。放送設備など音響システムを主力に、防犯カメラなどセキュリティー関連の映像システムにも展開している。2日取引終了後に発表した23年3月期の営業利益は前期比34%増の29億円と大幅伸長を見込んでおり、年間配当も前期実績の2倍となる40円を計画していることで、ポジティブサプライズとなった。配当利回りは2日終値で換算して5.68%と高水準だ。更に、25年度(26年3月期)を最終年度とする中期計画もあわせて発表。売上高520億円(前期実績408億6400万円)、営業利益45億円(同21億5900万円)とハイレベルの数値目標を掲げており、これも投資マネーの流入を助長した。

フリービット <3843>  920円  +51 円 (+5.9%)  本日終値
高い。岩井コスモ証券は2日、同社株の投資判断を「B+」から「A」に引き上げた。目標株価は1200円(従来1450円)とした。第3四半期(21年5月〜22年1月)の業績は堅調で22年4月期の連結営業利益は26億円と会社予想(25億円)を少し上回って着地すると予想。NTTドコモのエコノミーMVNO(仮想移動体通信事業者)では、開始時期が後ろにずれたが3〜4月の乗り換えが多い時期には間に合い、今期からの貢献に期待している。子会社のフルスピード<2159>を完全子会社化する意向であり、シナジーの発現や新規事業への注力が見込めるとみている。

ライトオン <7445>  735円  +25 円 (+3.5%)  本日終値
続伸。2日の取引終了後に発表した4月度の月次売上高情報で、既存店売上高が前年同月比7.7%増と3カ月ぶりに前年実績を上回ったことが好感された。気温が高く推移したことで、長袖Tシャツなど春物商品が苦戦した一方、初夏物の販売が堅調に推移した。なお、全社売上高は同3.6%増だった。

大成温調 <1904>  1,884円  +57 円 (+3.1%)  本日終値
3日続伸。2日の取引終了後、集計中の22年3月期連結業績について、営業利益が5億5000万円から12億4000万円(前の期比4.8%減)へ、純利益が5億1000万円から9億7000万円(同14.8%減)へ上振れて着地したようだと発表したことが好感された。新型コロナウイルス感染症の影響による一部工事の遅延や民間設備投資の抑制に伴う受注機会の減少などから、売上高は505億円から491億円(同1.0%増)へ下振れたものの、大型工事における原価低減や為替差益などが利益を押し上げたという。

バーチャレク <6193>  986円  +29 円 (+3.0%)  本日終値
大幅続伸。2日の取引終了後、子会社VXアクトと共同で「育成型DX人材サービス」の提供を開始すると発表しており、これが好材料視された。同サービスは、高度なIT/デジタルスキルを持たない人を対象にデジタルトランスフォーメーション(DX)の実行・運用が行える人材にリスキリングしたうえで、DX人材として企業に役務提供という形で提供するサービス。まずは「Salesforce」製品を扱う人材育成に取り組むことから開始するとしており、トレーニングロードマップやトレーニングコンテンツを用意し、開始後1カ月以内に認定アドミニストレーターの取得を目指し、2カ月以降は社内の実プロジェクトでのOJTで知識とスキルをブラッシュアップ、その後、人材を必要な組織やプロジェクトに提供するとしている。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック