◆新着記事一覧◆
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2021/12/03週 ▲402,695円】NYDow 続落 オミクロン米国で感染確…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割・東証2部 銘柄一覧(12/03終値)
[格付け・レーティング情報] わらべや,石原産業,デンカ,ADEKA,JMDC,デクセリア,日本製鋼,荏…
[上方修正・増配・好材料情報] ポールHD,牧野フラ,ウチダエスコ,内田洋,トミタ電機,ベルグアース,…
[格付け・レーティング情報] 熊谷組,寿スピリッツ,日東紡,SUMCO,TIS,レンゴー,信越化,住友ベ…
[S高|株価値上注目銘柄] ギフティ,KNTCT,パークシャ,ラクス,ニフコ,大幸薬品,飯田GHD,アダ…
[格付け・レーティング情報] 熊谷組,キューピー,日東紡績,TIS,オリランド,住友大阪,東京製鐵,ディ…
[上方修正・増配・好材料情報] ニップン,FRONTEO,アダストリア,ユーグレナ,ブレインパッド,ラ…
[上方修正・増配・好材料情報] 大和コンピ,ニフコ,ゴールドクレ,アルチザ,ギフト
[格付け・レーティング情報] INPEX,飯田GHD,ネクソン,クレハ,メルカリ,旭ダイヤ,ジェイテク…
[S高|株価値上注目銘柄] アドウェイズ,VIX短先物,日本郵船,ニチコン,日本ケミコン,住友倉庫,小森…
[格付け・レーティング情報] 味の素,クレハ,メルカリ,リゾートトラ,CTC,旭ダイヤ,カシオ,ニチコン…
[上方修正・増配・好材料情報] 日本M&Aセンター,日本ハム,アセンテック,エムアップ,アクロディア,…
[上方修正・増配・好材料情報] 小森,アドウェイズ,伊藤園
[格付け・レーティング情報] SBSHD,ディーエヌエ,東応化,LIXIL,コマツ,安川電,デンソー,ロ…
[S高|株価値上注目銘柄] ダイビル,宇徳,日本精線,トリケミカル研究所,レンゴー,おきなわFG,GAテ…
[格付け・レーティング情報] SBSHD,ABCマート,東京応化,トレンドM,富士フィルム,リクシル,…
[上方修正・増配・好材料情報] 中小企業HD,アマナ,ジャパンベストレスキューシステム,まんだらけ,シ…
[上方修正・増配・好材料情報] フラベッド,おきなわFG,シライ電子,プラザクリエ,メタリアル,ファン…
[格付け・レーティング情報] 味の素,ヨシックス,F&LC,デンカ,三井化学,住友ベ,太陽HD,コスモH…
Top◆日経平均予想見通し >[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(08/27週〜12/03週) ]9月粘るも10月ピークアウト 11月弱気相場入り12月初旬下押し継続 中国景気は9月まで少し持ち直すも10月11月は再失速か
2021年08月22日

[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(08/27週〜12/03週) ]9月粘るも10月ピークアウト 11月弱気相場入り12月初旬下押し継続 中国景気は9月まで少し持ち直すも10月11月は再失速か



日経平均・NYダウ長期予想

週間でのVIX指数終値が25を下回っており、先行指数による予想は復活中です。

長期スケールは、2021/10/22週には、157.78まで上昇するも、ピークアウトが出現。

短期スケールは、2021/10/08週には、ピークアウトが出現。

短期成長指数は、2021/08/20週には、ピークアウトが出現。
長期成長指数は、2021/09/03週には、ピークアウトが出現。

長期トレンド指数は、2021/07/16週には、ピークアウトが出現。 さらに、2021/10/15週には、直近ピークアウトが出現。

全ての先行指数で、10月中旬までにピークアウトが出現。

2020/12/04週からは、「長期トレンド指数>長期成長指数」となり、強気相場入りが継続中だが、 2021/11/19週に、「長期トレンド指数<長期成長指数」となる「弱気相場入り」サインが点灯。

ただ、長期スケールは漸減傾向となりそうなため、急激な景気後退入りとはならないか。

いずれにしても、今秋には新型コロナウイルスに対するワクチン効果による景気浮揚は頭打ちとなりそうか。

3ヶ月先行予測指数(2021/08/20週〜2021/12/03週)

※3ヶ月先行指数は、米国の経済指標を基に米国景気(相場)を予測したものです。 saishin-coment20211203.png

ただし、VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。

N225(日経平均長期予想) 前1年間の先行指数予想と結果(2020/12/04〜2021/12/03)

saishin-225-year20211203.png

NYDow(DJI)長期予想 前1年間の先行指数予想と結果(2020/12/04〜2021/12/03)
saishin-ny-year20211203.png

NYDow(DJI)長期予想 3ヶ月先行予測指数(長期スケール&長期トレンド)(1989〜2022)

1989-2021-ny-suke20210806.png

NYDow(DJI)長期予想 3ヶ月先行予測指数(長期成長指数&長期トレンド)(1989〜2022)

1989-2021-ny-seitr20210806.png

日経平均株価長期予想 3ヶ月先行予測指数(長期スケール)及びドル円(1989〜2022)

1989-2020-225-suke-yendoll20210806.png

株式相場3ヶ月先行指数の先読みポイント

週イチ5分株まとめ:長期的な見通し:短期スケール&長期スケール

短期スケールは、08/27週は、上昇へ。過去最高値を更新。

10/08週までは、上昇するも、ピークアウトが出現。
10/15週〜11/19週は、下落へ。
11/26週は、上昇へ。
12/03週は、下落へ。

長期スケールは、08/27週は、上昇へ。過去最高値を更新。
10/22週までは、上昇するも、ピークアウトが出現。
10/29週〜12/03週は、下落へ。

短期スケール>長期スケールとなるゴールデンクロスが、08/27週も継続。
10/22週までは、ゴールデンクロスが継続するか。
10/29週〜12/03週は、短期スケール<長期スケールとなるデッドクロスが出現。

短期スケールでは、「12/03週の値>08/27週の値」が出現。
長期スケールでは、「12/03週の値>08/27週の値」が出現。
長期的な先高感は、まだ残るか。

8月中下旬から10月中下旬にかけては上昇が期待が残るか。

08/27週において、長期的には、弱買い・売りか。

週イチ5分株まとめ:中期的な見通し:長期トレンド指数

長期トレンド指数は、08/27週は、下落へ。プラス幅が縮小するか。

09/03週は、上昇へ。プラス幅が拡大。
09/10週は、下落へ。プラス幅が縮小。
09/17週は、上昇へ。プラス幅が拡大。
09/24週〜10/01週は、下落へ。プラス幅が縮小。
10/08週〜10/15週は、上昇へ。プラス幅が拡大。直近ピークアウトが出現。
10/22週〜12/03週は、下落へ。
12/03週の値<08/27週の値が出現。
10月中旬までは、中期な先高感が消失するも、急低下とはならないか。
10月中旬までは、若干ながらも切り返すこともあるか。
10月中下旬からは、明確に減少傾向に転じるか。

08/27週において、中期的には、売り・弱買いか。

週イチ5分株まとめ:短期的な見通し:スケールDiff&成長Diff

スケールDiffは、08/27週は、上昇へ。プラス幅が拡大。
09/03週までは、上昇へ。プラス幅が拡大。 09/10週〜09/17週は、下落へ。プラス幅が縮小。
09/24週は、上昇へ。プラス幅が拡大。
10/01週〜10/22週は、下落へ。プラス幅が縮小。
10/29週は、下落へ。58週ぶりにマイナス値に転落。
11/05週は、下落へ。マイナス幅が拡大。
11/12週は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
11/19週は、下落へ。マイナス値が拡大。
11/26週は、上昇へ。マイナス値が縮小。
12/03週は、下落へ。マイナス幅が拡大。

成長Diffは、08/27週は、下落へ。プラス幅が縮小。
09/03週までは、下落へ。プラス幅が縮小。 09/10週は、下落へ。50週ぶりにマイナス値に転落。
09/17週は、下落へ。マイナス幅が拡大。
09/24週は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
10/01週〜11/26週は、下落へ。マイナス幅が拡大。
12/03週は、上昇へ。マイナス値が縮小。

08/27週は、スケールDiff>成長Diffとなるゴールデンクロスが出現。
09/03週は、スケールDiff>成長Diffとなるゴールデンクロスが出現。
09/10週〜10/22週は、成長Diffがマイナス値となるゴールデンクロスが出現。
10/29週〜12/03週は、共にマイナス値となるゴールデンクロスが出現。

10月中下旬にかけては、上向く勢いが鈍るか。
10月下旬〜12月初旬は、下押し傾向となるか。

08/27週は、短期的には、売り・弱買いか。


8月上旬に発表された中国PMI(財新)によると、中国景気は9月まで少し持ち直すも10月11月は再失速。今秋以降も下押しは継続するか。

米FRBは、早期の景気回復によるインフレ懸念が根強いなかでも、こうした物価上昇を一時的なものとして、金融緩和を継続する姿勢を強調しているか。

VIX指数は、08/20週は、25超が出現せず。ただ、場中には25に迫る場面も。週末には18台半ばへ。市場心理は、ザワツキ始めたか。

VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。

今週の予想まとめ

◎長期的予想見通し・・・弱買い・売り
◎中期的予想見通し・・・売り・弱買い
◎短期的予想見通し・・・売り・弱買い

短期・中期・中期に売りサインが点灯。
11月中旬に「弱気相場入り」サインも点灯。
利益確定売りを先行するべきか。強い下押しがあれば拾ってみるもの一興だが、売り時には注意が必要か。

N225(日経平均株価) 先行指数と循環的アノマリー(2021/08/13〜2021/12/03)

saishin-225-roano20211203.png

積分系・・・相場の基調を予想 ※微分系・・・相場の瞬発力を予想

NYDow(DJI) 先行指数と循環的アノマリー(2020/08/13〜2021/12/03)

saishin-ny-roano20211203.png


08/27週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス幅が拡大。成Diffは、下落へ。プラス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のプラス値に復帰。
上押し圧力が、やや戻るか。

09/03週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス幅が拡大。成Diffは、下落へ。プラス幅が縮小。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。
短期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
上押し圧力が、鈍るか。

09/10週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff>0」が継続。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、下落へ。プラス幅が縮小。成Diffは、下落へ。50週ぶりにマイナス値に転落。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス値に転落。
上押し圧力が、鈍るか。

09/17週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff>0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス幅が縮小。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のプラス値に復帰。
上押し圧力が、鈍るか。

09/24週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff>0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス幅が拡大。成Diffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。
上押し圧力が、鈍るか。

10/01週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff>0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス幅が縮小。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス値に転落。
上押し圧力が、弱まるか。

10/08週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff>0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス幅が縮小。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。直近の天井値が出現。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス値に復帰。
上押し圧力と下げ圧力が交錯するか。

10/15週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff>0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス幅が縮小。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。直近の天井値が出現。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のマイナス値が出現。
下押し圧力が、かかり始めるか。

10/22週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff>0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス幅が縮小。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。直近の天井値が出現。
短期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
下押し圧力が、かかり始めるか。

10/29週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が出現。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス値に転落。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
下押し圧力が、かかるか。

11/05週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が出現。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス幅が拡大。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
下押し圧力が、かかるか。

11/12週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
下押し圧力が、残るか。

11/19週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス幅が拡大。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
下押し圧力が、かかるか。

11/26週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
下押し圧力が、かかるか。

12/03週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス幅が拡大。成Diffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
下押し圧力が、かかるか。

循環性アノマリーには、積分系(相場の方向性を示唆)と微分系(相場の瞬発力を示唆)の2種類あり。ともに、+10以上は、好調。+10〜−10は、軟調。−10以下は、不調。の傾向あり。グラフ右軸の数値は先行指数用。循環性アノマリーは、点線の緑+10と、点線の赤−10が有意。横軸の日付のみ有意。上昇、下落のタイミングのみを日々の日経平均株価終値・NYダウ終値から数学的に予想(予測)。あくまでアノマリーですので、ご留意を。

N225では、08/27週〜09/24週、10/01週、10/22週〜12/03週に注意が必要か。

NYダウでは、08/27週〜09/03週、10/01週〜10/22週に注意が必要か。





投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 16:36 | Comment(0) | ◆日経平均予想見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。