◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配・好材料情報] 西松建設,DNAチップ研究所,マーチャント・バンカーズ,サンワカンパ…
[上方修正・増配・好材料情報] 大谷工業,Tスキャト,東芝,アイホン,サーティワン,飯田GHD,ガイシ,…
[格付け・レーティング情報] キユーピー,塩野義,テルモ,ユニオンツル,ミネベア,シスメックス,スタン…
[S高|株価値上注目銘柄] VIX短先物,旭ダイヤモンド工業,第一三共,エイチ・アイ・エス,京三製作所…
[上方修正・増配・好材料情報] 中小企業ホールディングス,メディアス,イメージ情報,カラダノート,ニ…
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(09/24週〜12/31週) ]10月中下旬ピークアウト 11…
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2021年発表分)
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証JQS・マザーズ 銘柄一覧(09/17週終値現在)
[格付け・レーティング情報] キューピー,JSR,塩野義薬,テルモ,ユニツール,ミネベア,スタンレ電,N…
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2021/09/17週 +174,713円】NYDow 続落 景気減速への警戒感 N225 …
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割・東証2部 銘柄一覧(09/17終値)
[上方修正・増配・好材料情報] サイボー,高圧ガス,北越メ,EAJ,タングス,水戸,サツドラHD,ラサ商…
[格付け・レーティング情報] 東洋水,DIC,ソニーG,日本光電,シスメックス,三井ハイテク,良品計画,…
[S高|株価値上注目銘柄] 電気興業,ミダックHD,ジャックス,オーケストラ,ファーマフーズ,イーレッ…
[株式分割情報]  サツドラホールディングス(3544) 1株⇒3株
[格付け・レーティング情報] カルビー,やまみ,東洋水産,DIC,日CMK,三井ハイテク
[上方修正・増配・好材料情報] ピクセルカンパニーズ,三光マーケ,LAホールディングス,アクロディア…
[上方修正・増配・好材料情報] ジョイ本田,ポバール興業,エスクロAJ,アドバンスR,クロスキャト,電…
[格付け・レーティング情報] 森永,森永乳,アサヒ,サントリBF,サントリBF,くら寿司,味の素,アリア…
[S高|株価値上注目銘柄] 瑞光,ユーザベース,日本鋳造,イーエムネットジャパン,日本空調サービス,リ…
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] タマホーム,コスモス薬品,GMO−FG,多木化学,レノバ,新日本科学,シノケングループ,ライク,ツガミ,クリエイトS,コーナン商事,大阪有機化学工業,AFC−HD,デザインワン・ジャパン,ズーム,プロパティエージェント,マーチャント,アジャイル,エーアイテイー,ナレッジスイート
2021年07月13日

[S高|株価値上注目銘柄] タマホーム,コスモス薬品,GMO−FG,多木化学,レノバ,新日本科学,シノケングループ,ライク,ツガミ,クリエイトS,コーナン商事,大阪有機化学工業,AFC−HD,デザインワン・ジャパン,ズーム,プロパティエージェント,マーチャント,アジャイル,エーアイテイー,ナレッジスイート



※S高銘柄一覧



<2388> ウェッジHD  JQG      
<2927> AFC−HD  JQ   配分  1.57万株買残
<3999> ナレッジS   東証M  一時  みずほリサーチ&テクノロジーズと販売代理店契約締結
<4068> ベイシス    東証M      前日もストップ高。5G通信インフラ 2021IPO
<6573> アジャイル   東証M  一時  投資育成業のサイブリッジが5.01%保有 
     

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <2388> ウェッジHD JQG   31.3   126 S
2. <5103> 昭和HD   東証2   28.3   68 
3. <2927> AFC−HD JQ    27.2  1402 S
4. <4068> ベイシス   東証M   19.8  9070 S ドローン関連
5. <1419> タマホーム  東証1   17.6  2748  22年5月期も増収増益見通しで中計発表も
6. <6048> デザインワン 東証1   15.1   282  BPO事業好調で21年8月期業績予想を上方修正
7. <3377> バイク王   東証2   14.8  1158 
8. <6694> ズーム    JQ    12.2  4500  円安追い風で増額期待も
9. <3647> ジー・スリー 東証2   11.6   462  再生可能エネルギー関連
10. <4934> Pアンチエイ 東証M   10.6  18330 
11. <4173> WACUL  東証M   10.4  2940  22年2月期第1四半期の営業利益0.68億円、進捗率29.7%
12. <3823> アクロディア 東証2   10.3   203  仮想通貨関連
13. <4395> アクリート  東証M   10.0  2167  サイバーセキュリティ関連
14. <6846> 中央製    名証2   9.4  1915  半導体製造装置関連
15. <3349> コスモス薬品 東証1   9.3  17730  今5月期実質営業増益で14期連続最高益へ
16. <4051> GMO−FG 東証M   9.3  21620  国内証券が投資評価『1』で新規カバレッジ開始
17. <7096> ステムセル研 東証M   9.1  5760  2021年のIPO関連
18. <4025> 多木化    東証1   9.0  5680  バカマツタケ事業化で大量生産試験設備を増設
19. <3663> アートSHD 東証2   8.9   958  自動運転車関連
20. <9519> レノバ    東証1   8.7  5310  ウエストHD、テスHDなど再生エネ関連が人気、日銀の脱炭素優遇が刺激材料に
21. <7527> システムソフ 東証1   8.6   278  人工知能関連
22. <7361> HCH    東証M   8.5  4165  人材派遣関連
23. <7034> プロレド   東証1   8.2  3025  人工知能関連
24. <4933> Ine    東証M   8.1  6290 
25. <6619> WSCOPE 東証1   7.8   701  リチウムイオン電池部材・部品関連

タマホーム <1419>  2,748円  +412 円 (+17.6%)  本日終値  東証1部 上昇率トップ
大幅高。同社は12日の取引終了後に21年5月期決算を発表し、売上高2180億9200万円(前の期比4.2%増)、営業利益109億9900万円(同11.4%増)で着地。続く22年5月期業績予想も、売上高2250億円(前期比3.2%増)、営業利益113億円(同2.7%増)と増収増益路線が続く見通しとなり、これが好感されたようだ。今期は、豊富な受注残を背景に引き渡し棟数の増加を見込むほか、高付加価値の商品展開の推進や更なるシェア拡大などを図る方針。なお、配当予想は前期比10円増の110円を見込む。あわせて、26年5月期を最終年度とする中期経営計画を発表し、26年5月期に売上高3200億円、営業利益200億円とする目標を掲げた。

コスモス薬品 <3349>  17,730円  +1,510 円 (+9.3%)  本日終値  東証1部 上昇率3位
急伸。12日の取引終了後、22年5月期の連結業績予想について、売上高を7500億円、営業利益を332億円と発表。今期から「収益認識に関する会計基準」が適用されるため単純比較はできないが、前期比で小幅ながらも営業増益となり、14期連続での最高益更新見通しとなったことが好感されたようだ。ローコストオペレーションに磨きをかけるほか、新規出店についてはドミナント出店を基本として九州・中国・四国地区に引き続き出店を行うとともに、関東・中部・関西地区への出店を拡大していく。なお、今期の配当予想は前期比10円増の80円を見込む。同時に発表した21年5月期決算は、売上高7264億2400万円(前の期比6.1%増)、営業利益331億4700万円(同13.9%増)で、従来予想から上振れて着地した。

GMO−FG <4051>  21,620円  +1,840 円 (+9.3%)  本日終値
大幅高。SMBC日興証券が12日付で、投資評価「1」で新規にカバレッジを開始しており、これが好感されているようだ。目標株価は2万4800円とした。レポートでは、成長余地の大きい対面決済市場におけるキャッシュレス化の恩恵を享受できることや、成長ドライバーであるstera(ステラ)の端末販売が加速していることなどを評価。同社の強みは幅広い業種・業態の加盟店に対して、カスタマイズ対応、POS連携、端末設置、決済処理、入金精算、保守サポートまでをワンストップで請け負うことができるところにあるとしており、直接的に競合関係にあるプレーヤーは少ないとみている。

多木化学 <4025>  5,680円  +470 円 (+9.0%)  本日終値  東証1部 上昇率4位
続急伸。12日の取引終了後、5月に大量生産試験が可能なバカマツタケ研究栽培設備を増設したと発表しており、バカマツタケ事業化が順調に進んでいることが好感された。同設備により、量産スケールでの生産安定性、生産コストなど課題解決のための検討を加速するという。なお、22年度内の事業化を目指している。

レノバ <9519>  5,310円  +425 円 (+8.7%)  本日終値  東証1部 上昇率5位
続急伸したほか、ウエストホールディングス<1407>は6連騰と上値指向が鮮明。またテスホールディングス<5074>も同じく6連騰と上げ足を強めるなど、再生可能エネルギー関連銘柄に買いが集まっている。日銀は15〜16日に予定される金融政策決定会合で、気候変動対応の投融資を後押しする姿勢を明示する構えにあり、脱炭素につながる企業向け投融資を行う金融機関に対して、低利で長期資金を提供するなど優遇措置をとる方針が伝えられている。世界的に脱炭素への取り組みが加速するなか、世界各国で中央銀行が金融政策面で関与する動きが活発化しており、日銀も積極的にその流れに乗る。株式市場でも太陽光発電など脱炭素に絡む分野に事業展開する企業群に注目が集まっている。

新日本科学 <2395>  1,106円  +75 円 (+7.3%)  本日終値
新値街道をまい進。同社は前臨床試験受託の最大手で新薬の開発支援業務では基礎研究から臨床試験に至るまでワンストップで対応できる優位性を持っている。大手製薬メーカーのアステラス製薬<4503>とは創薬支援で包括受託契約を結んでおり、安定した収益基盤が強み。早くから再生医療分野に展開するほか、純国産エネルギーの創出推進という国策の追い風を受けバイナリー型地熱発電など再生可能エネルギー分野にも積極的に取り組み、成長に向けた布石に余念がない。既に新上場区分で最上位の「プライム」への適合通知を受けており、これも物色人気を後押ししているもようだ。

シノケングループ <8909>  1,333円  +80 円 (+6.4%)  本日終値
大幅反発し年初来高値を更新した。12日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(1〜6月)連結業績について、売上高が390億円から400億円(前年同期比13.3%減)へ、営業利益が23億円から35億円(同16.9%減)へ、純利益が14億円から22億円(同16.5%減)へ上振れて着地したようだと発表しており、これが好感された。主に不動産セールス事業(アパートメント)で、従来予想に比べて建物が前倒しで竣工したことなどが要因としている。

ライク <2462>  2,280円  +133 円 (+6.2%)  本日終値
大幅続伸。12日の取引終了後に発表した22年5月期の連結業績予想で、売上高575億円(前期比5.9%増)、営業利益38億円(同5.3%増)、純利益33億円(同1.2%増)と連続営業最高益更新を見込み、年間配当予想を前期比2円増の52円を予定していることが好感された。子育て支援サービス事業で認可保育園10カ所前後の開設を予定しているほか、総合人材サービス事業における物流・製造、介護、建設、外国人材領域への経営資源の投下や、介護関連サービス事業における介護付き有料老人ホームを中心とする新規施設の開設などの施策により、売り上げ増を見込む。なお、21年5月期決算は、売上高542億7400万円(前の期比6.3%増)、営業利益36億1000万円(同80.5%増)、純利益32億6200万円(同81.9%増)だった。

ツガミ <6101>  1,759円  +101 円 (+6.1%)  本日終値
工作機械関連株が高い。ツガミ<6101>、オークマ<6103>、牧野フライス製作所<6135>、ファナック<6954>が上昇している。12日に日本工作機械工業会が発表した6月の受注総額(速報)は1321億1600万円と前年同月比96.6%増となった。好不況の目安とされる1000億円を5カ月連続で上回った。工作機械の受注は中国や欧米向けが拡大しているほか、国内向けも回復傾向にある。9日に発表された安川電の22年2月期の連結純利益は、工作機械関連の需要の伸びなどが追い風となり従来の317億円の予想が410億円(前期比2.2倍)に増額修正されるなど好調だった。国内外の設備投資回復機運に乗り、工作機械関連株を見直す動きが強まっている。

クリエイトS <3148>  3,385円  +185 円 (+5.8%)  本日終値
大幅高。12日の取引終了後、22年5月期の連結業績予想について、売上高3526億円、営業利益193億8000万円と発表した。今期から「収益認識に関する会計基準」を適用するため単純比較はできないものの、売上高、営業利益ともに前期に引き続き過去最高を更新する見通しとなったことが好感されたようだ。今期は、調剤併設型ドラッグストアを中心とした出店を継続するとともに、調剤薬局の併設加速化や品揃えの見直しなど既存店の改装に注力する。また、ポイントシステムの刷新やスマホアプリを活用したマーケティング施策の実施をはじめ、オンライン服薬指導への対応を進めるなどデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進にも積極的に取り組んでいく。なお、同時に発表した21年5月期決算は、売上高3384億7600万円(前の期比5.9%増)、営業利益186億2900万円(同4.7%増)だった。

コーナン商事 <7516>  3,975円  +190 円 (+5.0%)  本日終値
大幅高で年初来高値を更新した。12日の取引終了後に発表した第1四半期(3〜5月)連結決算は、売上高1146億3500万円(前年同期比0.7%増)、営業利益92億2500万円(同14.8%減)、純利益58億1700万円(同17.5%減)と2ケタ営業減益となったものの、従来計画の営業利益85億円を大きく上回って着地したことが好感された。新型コロナウイルス感染症の影響により、前年同期にマスク・アルコール消毒液などの感染対策品や新しい生活様式の拡大でのDIY用品などの売り上げが大幅に伸長し、今期はその反動減があったが、ペット用品や園芸用品、木材、工具などの販売が伸長した。なお、22年2月期通期業績予想は、売上高4426億円(前期比0.1%増)、営業利益274億円(同11.4%減)、純利益163億円(同12.6%減)の従来見通しを据え置いている。

大阪有機化学工業 <4187>  3,915円  +185 円 (+5.0%)  本日終値
大幅続伸。水戸証券が12日付で新規に投資判断「A」、目標株価4700円でカバレッジを開始したことが好材料視されたようだ。同証券では、21年11月期営業利益予想を58億円(会社予想同じ)、22年11月期は同67億円を予想。2019年、20年に運用を開始した新規・増設設備での半導体用材料の認定作業の進捗により増収増益が見込まれるという。また、半導体用材料は21年増強、23年新設による生産能力増を予定しており、中期的な需要の取り込みが期待できるとしている。

AFC−HD <2927>  1,402円  +300 円 (+27.2%) ストップ高   本日終値
7月12日大引け後(18:00)に決算を発表。21年8月期第3四半期累計(20年9月-21年5月)の連結経常利益は前年同期比2.4倍の19億円に急拡大し、通期計画の21億円に対する進捗率は90.8%に達し、5年平均の76.3%も上回った。

デザインワン・ジャパン <6048>  282円  +37 円 (+15.1%)  本日終値  東証1部 上昇率2位
急騰、年初来高値を一気に更新している。12日の取引終了後、21年8月期の連結業績予想について、売上高を18億1500万円から18億2300万円(前期比5.3%減)へ、営業利益を500万円から1億2300万円(同39.3%減)へ、純利益を6400万円から1億5000万円(同1.7%減)へ上方修正したことが好感された。新型コロナウイルス感染症の影響で口コミサイト「エキテン」では有料掲載店舗数の減少が続いているものの、一方で、子会社を活用したシステム開発事業(BPO事業)が好調なほか、5月に子会社化したDEECHの売り上げが第4四半期から寄与することが要因としている。また、販管費の抑制を図ったことや、予定していた投資が想定していた金額を下回る状況となったことも寄与する。なお、同時に発表した第3四半期累計(20年9月〜21年5月)決算は、売上高13億3600万円(前年同期比9.5%減)、営業利益1億3400万円(同30.3%減)、純利益1億6600万円(同22.1%増)だった。

ズーム <6694>  4,500円  +490 円 (+12.2%)  本日終値
大幅に3日続伸し上場来高値を更新。同社は音楽用電子機器を手掛け、小型レコーダーやミキサー、エフェクターなどを手掛けている。北米、欧州、日本を中心に世界規模での事業展開を行っている。コロナ禍の巣ごもり需要もあり、業績は好調。第1四半期(1〜3月)の連結営業損益は3億4600万円の黒字(前年同期は5400万円の赤字)となり、21年12月通期の予想営業利益8億円に対する進捗率は43%に達した。今期想定の為替レートは1ドル=102円と足もとの円安傾向は追い風であり、業績には増額修正期待が浮上している。

プロパティエージェント <3464>  2,754円  +195 円 (+7.6%)  本日終値  東証1部 上昇率9位
急伸。正午ごろ、不動産クラウドファンディング事業に関する特許を取得したと発表しており、これが好感された。同社の不動産クラウドファンディングサービス「Rimple」では、他社のポイントをリアルエステートコインに交換することで「Rimple」に出資することを可能としているが、この仕組みを実現する複数の自動オペレーションについて特許を取得したという。

マーチャント <3121>  318円  +18 円 (+6.0%)  本日終値
続伸。12日の取引終了後に自社株買いを実施すると発表しており、これが好材料視された。上限を12万株(発行済み株数の0.43%)、または3600万円としており、取得期間は7月13日から8月20日まで。株主還元及び資本効率の向上を図ることが目的という。

アジャイル <6573>  512円  +25 円 (+5.1%) 一時ストップ高   本日終値
一時ストップ高。サイブリッジ合同会社が12日の取引終了後、財務省に大量保有報告書を提出し、サイブリッジのアジャイル株式保有割合が5.01%と、新たに5%を超えたことが判明。これを受けて思惑的な買いが入った。投資目的は純投資及び状況に応じて経営陣への助言、重要提案行為などを行うためで、報告義務発生日は7月5日としている。

エーアイテイー <9381>  1,149円  +51 円 (+4.6%)  本日終値
大幅高。正午ごろ、22年2月期の連結業績予想について、売上高を487億円から530億円(前期比15.7%増)へ、営業利益を24億7000万円から28億3000万円(同22.8%増)へ、純利益を17億8000万円から20億4000万円(同17.8%増)へ上方修正したことが好感された。巣ごもり消費の拡大から生活雑貨や家電製品などの取り扱いが堅調に推移し、日本における海上輸送の取り扱いコンテナ本数、通関受注件数が前年同期を上回る推移となっていることや、昨秋以降続いている海上コンテナの不足による海上運賃の高騰が寄与する。なお、同時に発表した第1四半期(3〜5月)決算は、売上高135億1500万円(前年同期比22.1%増)、営業利益7億4100万円(同71.8%増)、純利益5億1700万円(同49.4%増)だった。

ナレッジスイート <3999>  845円  +32 円 (+3.9%) 一時ストップ高   本日終値
一時ストップ高まで買われ、年初来高値を更新した。同社はきょう、みずほリサーチ&テクノロジーズ(東京都千代田区)と自社が提供している純国産クラウドSaaS型統合ビジネスアプリケーション「Knowledge Suite(ナレッジスイート)」の販売パートナー契約を締結したと発表。これが株価を刺激したようだ。「Knowledge Suite」は、グループウェアをはじめ、営業支援システム(SFA)や顧客管理(CRM)がオールインワンになったクラウド型統合ビジネスアプリケーション。同社は今回の販売パートナー契約を機に、みずほグループが持つ数多くの顧客のデジタルトランスフォーメーション(DX)化を推進するとしている。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:03 | Comment(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。