◆新着記事一覧◆
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2024/05/17週 ▲385,773円】NYDow 続伸 NYダウ40,000ドル到達 …
[格付け・レーティング情報] 大成建設,デジハーツ,CTS,メルカリ,日製鋼,リクルート,TOWA,竹内…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割銘柄一覧(05/17週終値現在)
[上方修正・増配材・好料情報] ARM,信越化学,アピリッツ,信金中央,東北新社,ムサシ,創健社,アーレ…
[格付け・レーティング情報] 東洋水,日軽金HD,ニデック,川重,パンパシHD,IDOM,東エレク,三井…
[S高|株価値上注目銘柄] サンバイオ,エムアップ,岡三証券グループ,岩谷産業,三井住友FG,IDOM,…
[格付け・レーティング情報] パーソル,レゾナク,川重,パンパシ,IDOM,東エレク
[上方修正・増配材・好料情報] 三井松島,ドーン,ピクセルカンパニーズ,ハウス食,DDグループ,あいH…
[上方修正・増配材・好料情報] サムティ,大同信号,エムアップ,ホリイフード,ココナラ
[格付け・レーティング情報] 大林組,JINSHD,三越伊勢丹,セブン&アイ,Appier,メドレー,…
[S高|株価値上注目銘柄] 住石ホールディングス,クレディセゾン,エムアップ,フォスター電機,リクルー…
[格付け・レーティング情報] クラレ,TIS,エイピア,メドレー,サカタインク,関西ペイント,フジクラ,…
[上方修正・増配材・好料情報] 日本郵政,フェニックスバイオ,日機装,Orchestra,インターネ…
[上方修正・増配材・好料情報] ITbook,ジーエヌアイ,ヒューマン,スターティア,フェイスネット…
[格付け・レーティング情報] 三越伊勢丹,ネクソン,クレスコ,東洋合成,NEC,アルバック,日電子,スズ…
[株式分割情報] リベルタ(4935) 1株⇒2株
[S高|株価値上注目銘柄] 山一電機,日本電子材料,東洋エンジニアリング,三浦工業,宮地エンジ,三越伊…
【立会外分売結果】太洋テクノレックス(6663) 【終値:308円:+4円:+1.31%】楽天・松井・SBI・SBIネ…
[株式分割情報] カクヤスグループ(7686) 1株⇒3株
[株式分割情報] 前田工繊(7821) 1株⇒2株
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] アイドマHD,ハニーズHD,レノバ,わらべ日洋,FRONTEO,キタック,フェリシモ,前澤工業,ヤマシタHD,三機サービス,タスキ,アップル
2021年07月07日

[S高|株価値上注目銘柄] アイドマHD,ハニーズHD,レノバ,わらべ日洋,FRONTEO,キタック,フェリシモ,前澤工業,ヤマシタHD,三機サービス,タスキ,アップル



※S高銘柄一覧



<3396> フェリシモ   東証1  配分  1.37万株買残
<4673> 川崎地質    JQ   一時  
<4707> キタック    JQ       日本海側を中心とする大雨で思惑
<7373> アイドマHD  東証M      2021年のIPO関連
<9941> 太洋物産    JQ       

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <6628> オンキヨーH JQ    33.3    4  AIスピーカー関連
2. <4707> キタック   JQ    22.5   435 S 日本海側を中心とする大雨で思惑
3. <3396> フェリシモ  東証1   20.5  1763 S 3〜5月期営業益急拡大で通期計画を大幅超過
4. <9941> 太洋物産   JQ    18.9   630 S
5. <7373> アイドマHD 東証M   15.8  5160 S DX時代の営業コンサルで成長期待
6. <4960> ケミプロ   東証2   15.8   264 
7. <7519> 五洋インテ  JQ    15.8   22 
8. <6489> 前沢工業   東証1   13.3   699  21年5月期業績の上振れと自社株買い発表を好感
9. <9318> アジア開発  東証2   12.5    9 
10. <2792> ハニーズHD 東証1   12.0  1179  22年5月期営業19.5%増益見通しで2ケタ成長継続へ
11. <3377> バイク王   東証2   11.3   906  バイク王の上期経常利益は4.5倍
12. <4932> アルマード  JQ    11.2  1122  2021年のIPO関連
13. <4673> 川崎地質   JQ    10.4  3090 
14. <7527> システムソフ 東証1   8.6   228  『SSクラウドシリーズ』の利用企業数が7000社を突破
15. <9519> レノバ    東証1   8.5  4905  国策強化でビジネスチャンス拡大へ
16. <7699> オムニプラス 東証M   8.3  1323  2021年のIPO関連
17. <2918> わらべ日洋  東証1   7.8  2342  第1四半期営業益6.3倍で上半期計画進捗率50%
18. <7062> フレアス   東証M   7.6  1182 
19. <2158> フロンテオ  東証M   7.4  1365  7年ぶり高値圏突入で最高値更新も視野
20. <6335> 東京機    東証1   7.2   799 
21. <9479> インプレス  東証1   7.1   242 
22. <9265> ヤマシタHD 東証1   6.9  2009  コロナ対策で医療機器の需要高まり21年5月期業績は計画上振れ
23. <5759> 日本電解   東証M   6.8  4140  リチウムイオン電池部材・部品関連
24. <6205> OKK    東証1   6.6   421 
25. <3150> グリムス   東証1   6.5  2064  再生可能エネルギー関連

アイドマHD <7373>  5,160円  +705 円 (+15.8%) ストップ高   本日終値
急反騰。6月23日に東証マザーズに新規上場した直近IPO銘柄で、法人向け営業戦略の立案・実行・検証などをワンストップで行う。また、クラウドワーカーに対応した就労支援サイトの運営なども行い、デジタルトランスフォーメーション(DX)全盛の時流に乗った経営で成長期待が強い。独自理論である経営コンサルティングを提供する識学<7049>が識学1号ファンドを通じて出資しているほか、6月末には投資会社のK&Pパートナーズが純投資目的で5%超の大株主に浮上するなど株価の先高期待を増幅させている。

ハニーズHD <2792>  1,179円  +126 円 (+12.0%)  本日終値  東証1部 上昇率3位
大幅高。同社は6日の取引終了後に21年5月期決算を発表し、営業利益は56.5%増益で着地、続く22年5月期も前期比19.5%増の45億円と2ケタ成長が続く見通しとしており、これを好感した買いが入ったようだ。前期は、高いアセアン生産比率を維持し、高品質、リーズナブルプライスの実現に努めたほか、巣ごもり需要に対応した商品企画やEC事業の強化を図った。また、仕入れ調整などにより、適正な商品在庫水準への圧縮や販管費の削減にも努めた。

レノバ <9519>  4,905円  +385 円 (+8.5%)  本日終値  東証1部 上昇率5位
ウエストホールディングス<1407>、テスホールディングス<5074>などが地合い悪のなか揃って頑強な値動きを示している。太陽光発電など再生可能エネルギー関連株には根強い買いが入っている。前日に、経済産業省が再生可能エネルギーの大量導入に向けた総合資源エネルギー調査会小委員会を開き、環境省など関係省庁から報告を受けたことが伝えられており、これに伴うビジネスチャンスの広がりに期待した買いを呼び込んでいる。菅政権では2030年度までに温室効果ガスの排出量を13年度比で46%削減する目標を掲げるが、そのなか経済産業省では既に30年度で太陽光発電を8760万キロワットまで増強する見通しを開示している。報道によると、今回の委員会で環境省から示された新たな上積み案の内訳としては、太陽光パネルが設置できる公的な建物に5割導入し600万キロワット増やす、民間企業の自家消費で少なくとも1000万キロワット増やす、1000の市町村が促進区域を設けるなどして410万キロワット増やすというもの。また、国土交通省では空港を再生可能エネルギーの拠点として230万キロワット規模の太陽光の導入を検討するとの計画案を提示している。

わらべ日洋 <2918>  2,342円  +170 円 (+7.8%)  本日終値  東証1部 上昇率6位
3日ぶりに反発し、新値追いとなっている。同社は6日取引終了後に、22年2月期第1四半期(3〜5月)の連結決算を発表。営業利益は前年同期比6.3倍の13億5500万円となり、上半期計画27億円に対する進捗率は50.2%となった。売上高は同1.6%増の470億5800万円で着地。主力の食品関連事業の売り上げが回復したほか、利益面では商品規格を見直したことや棚卸資産評価損がなくなったことなどが寄与した。なお、上半期及び通期の連結業績予想は従来計画を据え置いている。あわせて、米子会社が米国東海岸エリア(バージニア州を中心とする5州の一部及びワシントン)に事業進出することも発表。バージニア州に工場を新設し、現地のセブン−イレブンに向けた商品の供給を行うとしている。

FRONTEO <2158>  1,365円  +94 円 (+7.4%)  本日終値
継続的な投資資金の流入が観測されている。きょうは全体リスクオフの環境にあってマザーズ市場は相対的に強い動きを示しているが、同社株はそのなかでも高水準の売買高をこなし派手な上昇パフォーマンスで目を引く。きょうは一時8.6%高の1380円まで上値を伸ばし年初来高値を更新したが、時価は戻り相場の要衝とみられた2016年5月につけた高値1346円(修正後株価)も上回ってきた。これは14年8月の上場来高値1421円をつけて以来約7年ぶりの高値水準であり、要注目場面に入ったといえる。同社は人工知能(AI)技術をバックボーンとした電子データ収集や分析を武器にリーガルテック事業を主力展開している。また、近年はAI技術を活用して対象を広げ、医療AIなどライフサイエンス分野などへの応用で需要獲得を進めている。直近では、6月末にイスラエルの最先端技術を使ったシステム脆弱性診断を手掛けるサイバージムジャパン(東京都港区)とサイバーセキュリティー分野での提携を発表している。これに伴い、犯罪捜査や法的紛争などで、コンピュータなどの電子機器データ記録を収集・分析し証拠性を確保するデジタルフォレンジック分野での新境地開拓に期待が高まる状況となった。

キタック <4707>  435円  +80 円 (+22.5%) ストップ高   本日終値
ストップ高。日本海側を中心に大雨が続いており、新潟県糸魚川市では6日に一部地域に避難指示が出たことなどを受けて、新潟県を地盤とする建設コンサルタントで、地質調査などを行う同社に思惑的な買いが入ったようだ。

フェリシモ <3396>  1,763円  +300 円 (+20.5%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率トップ
ストップ高。同社は衣料品や雑貨などの通信販売を展開するが足もとの業績は絶好調に推移している。6日取引終了後に発表した22年2月期第1四半期(3〜5月)決算は営業利益が4億7100万円(前期実績は2600万円)と急増しており、通期計画の3億7700万円(前期比75%減)を1億円近く上回った。これを好感する買いを呼び込む形となった。

前澤工業 <6489>  699円  +82 円 (+13.3%)  本日終値  東証1部 上昇率2位
急伸。6日の取引終了後、集計中の21年5月期の連結業績について、売上高が310億円から318億1000万円(前の期比6.2%増)、営業利益が23億円から32億2100万円(同81.2%増)へ、純利益が15億円から24億8900円(同2.3倍)へ上振れて着地したようだと発表しており、これが好感された。バルブ、環境両部門で大型案件の売り上げ促進による増益のほか、全社ベースでのコスト削減効果も寄与した。業績の上振れに伴い、従来は8円を予定していた期末配当を12円に引き上げるとあわせて発表した。通期では20円となり、前の期に比べて6円の増配となる。同時に、上限を40万株(発行済み株数の2.11%)、または3億2000万円とする自社株買いを実施すると発表したことも好材料視された。取得期間は21年7月27日から22年1月31日までで、自己株式立会外買付取引(ToSTNeT−3)による市場買い付け及び取引一任契約に基づく立会取引市場における市場買い付けにより取得するとしている。

ヤマシタHD <9265>  2,009円  +130 円 (+6.9%)  本日終値  東証1部 上昇率9位
急伸。6日の取引終了後、集計中の21年5月期連結業績について、売上高が653億600万円から701億3100万円(前の期比8.5%増)へ、営業利益が7億3100万円から9億6700万円(同72.7%増)へ、純利益が5億600万円から6億7900万円(同47.9%増)へ上振れて着地したようだと発表しており、これが好感された。急性期病院向け営業や物流管理の強化への取り組みが奏功したことに加えて、医療機関におけるコロナ対策としての医療機器への需要の高まりや複数の病院建て替え案件で想定を上回る受注があり、医療機器販売業が想定を上回ったとしている。なお、業績上振れに伴い、68円を予定していた期末一括配当を90円(前期54円)に引き上げた。

三機サービス <6044>  1,100円  +55 円 (+5.3%)  本日終値
続伸。6日の取引終了後、集計中の21年5月期連結業績について、売上高が114億円から115億2500万円(前の期比1.3%減)へ、営業利益が2億3000万円から2億8800万円(同29.1%減)へ、純利益が1億3800万円から1億7500万円(同35.7%減)へ上振れて着地したようだと発表しており、これが好感された。省エネ工事や空調機器の新設・更新工事で新たに進捗した案件があったことが要因としている。同時に、従来10円を予定していた期末一括配当を15円に増額すると発表した。

タスキ <2987>  1,821円  +77 円 (+4.4%)  本日終値
大幅続伸。6日の取引終了後、経済産業省が定めるDX認定制度に基づく「DX認定事業者」に選定されたと発表しており、これが好感された。DX認定制度は、20年5月に施行された「情報処理の促進に関する法律」に基づき、ビジョンや戦略、ITシステム活用環境の整備など「デジタルガバナンス・コード」の基本的事項に対応する企業を国が認定する制度。同社では、20年11月に「タスキDX構想」を掲げ、同時に業界全体のデジタル活用を牽引する「DX戦略研究室」を新設するなどDX推進のスピードを上げており、こうしたことが選定につながったようだ。

アップル <2788>  338円  +12 円 (+3.7%)  本日終値
地合い悪に抗して続伸。7月に入ってから30円以上水準を切り上げ、2月18日につけた年初来高値354円が視界に入りつつある。中古車輸出を主力に、国内では中古車の買い取り専門店を展開している。アジア地域での中古車需要が想定以上で21年12月期の業績予想は上方修正される可能性が高い。会社側では通期営業利益を2億5600万円(前期比28%減)と予想しているが、1〜3月期時点で1億9500万円に達しており、大幅な増額が有力視されている。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:17 | Comment(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。