◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配・好材料情報] 新光電工,ZOZO,アズーム,村田製,日華化学,大和,東武,アルプス物流…
[格付け・レーティング情報] 野村不HD,サイバー,大同特鋼,竹内製作所,アドテスト,日産自,スクリン,…
[上方修正・増配・好材料情報] 南海辰村,センチュ21,アルプスアル,太洋工業,多木化,日野自,イント…
[株式分割情報]  Jストリーム(4308) 1株⇒2株
[S高|株価値上注目銘柄] NSユナイテッド海運,FDK,アドバンテスト,リョーサン,NECネッツエス…
[格付け・レーティング情報] 野村不動,野村総合,竹内製作,ソニーG
[上方修正・増配・好材料情報] アドテスト,東京ガス,Vコマース,白洋舎,日産車体,日産自,日化産,FR…
[上方修正・増配・好材料情報] 北海電工,カナディアン,東エレデバ,フコク,ムラキ,アートSHD,ホリ…
[上方修正・増配・好材料情報] 日立金,航空電子,京王,エムスリー,沖縄セルラー,エリアリンク,キヤノ…
[格付け・レーティング情報] 日清粉G,ネクステージ,クリレスHD,アドバンスR,テルモ,オービック,…
[株式分割情報]  TDK(6762) 1株⇒3株
[S高|株価値上注目銘柄] 三菱自動車工業,シマノ,日清製粉グループ本社,トクヤマ,エステー,KOA,サ…
[格付け・レーティング情報] ネクステジ,東急不動,クリレス,テルモ,オービック,シンメンテ,ソニーG,…
[上方修正・増配・好材料情報] ジャパンベストレスキューシステム,サカイオーベックス,サイバーリン…
[上方修正・増配・好材料情報] ダイハツデ,積水樹,シックHD,テセック,サイバトラス,洋機械,シマノ,…
[格付け・レーティング情報] SFOODS,SFP,栄研化,OSG,サイゼリヤ
[株式分割情報]  ピックルスコーポレーション(2925) 1株⇒2株
[株式分割情報]  霞ヶ関キャピタル(3498) 1株⇒2株
[S高|株価値上注目銘柄] ピー・シー・エー,日本精線,Abalance,MARUWA,DyDo,コー…
[格付け・レーティング情報] エスフーズ,ブロンコB,野村不動,ニッタ,東製鉄,サイゼリヤ
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] ケアネット,IJTT,セーレン,アドウェイズ,新日本科学,TOWA,東プレ,Fringe81,システム・ロケーション,ペッパーフードサービス,スタティアH,岩崎電気,テセック,キューブシステム,ALBERT
2021年05月20日

[S高|株価値上注目銘柄] ケアネット,IJTT,セーレン,アドウェイズ,新日本科学,TOWA,東プレ,Fringe81,システム・ロケーション,ペッパーフードサービス,スタティアH,岩崎電気,テセック,キューブシステム,ALBERT



※S高銘柄一覧



<4495> i3      東証M      情報セキュリティ関連
<6337> テセック    JQ   一時  業績高変化を背景に投資マネーの流入続く
<6550> Fringe  東証M  配分  Sansanと資本業務提携 7.31万株買残
<9271> 和心      東証M  一時  前日もストップ高  

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <6550> Fringe 東証M   24.9   401 S Sansanグループ入り視野に資本業務提携
2. <7343> Bマインド  東証M   24.8  1433  フィンテック関連
3. <4495> i3     東証M   16.6  4915 S 情報セキュリティ関連
4. <4920> 日本色材   JQ    15.3  1335 
5. <2150> ケアネット  東証M   14.1  6480  売上高目標300億円とする中期経営ビジョンを評価
6. <6597> HPCシス  東証M   13.8  3805  人工知能関連
7. <4498> サイバトラス 東証M   13.2  8260  情報セキュリティ関連
8. <6627> テラプローブ 東証2   12.3  1563  半導体関連
9. <7030> スプリックス 東証1   10.7  1229 
10. <6149> 小田原エンジ JQ    10.6  2828  電気自動車関連
11. <3695> GMO−R  東証M   10.6  2114 
12. <1435> ロボホーム  東証1   10.1   240 
13. <7859> アルメディオ 東証2   10.1   164 
14. <2480> シスロケ   JQ    9.9  1615  26年3月期売上高30億円の野心的な中期計画を評価
15. <4934> Pアンチエイ 東証M   9.8  13620 
16. <1743> コーアツ工業 東証2   9.8  4390 
17. <7089> フォースタ  東証M   9.6  1470  投資事業を行う子会社を設立
18. <3237> イントランス 東証M   9.5   81  カジノ関連
19. <3053> ペッパー   東証1   9.3   330  4月度既存店売上高44.7%増を好感
20. <7315> IJTT   東証2   9.2   666  好調いすゞ系部品会社で1株純資産は1500円超
21. <8918> ランド    東証1   9.1   12 
22. <7362> T.S.I  東証M   9.0  2210  2021年のIPO関連
23. <6775> TBグループ 東証2   8.9   233  『まゆ玉クリーン』を初受注
24. <3798> ULSグルプ JQ    8.6  3645  子会社が兼松のDX推進支援でポジティブ視
25. <3393> スタティアH 東証1   8.5  1219  子会社C−designがキャップクラウドと業務提携

ケアネット <2150>  6,480円  +800 円 (+14.1%)  本日終値
大幅に3日続伸し、年初来高値を更新した。同社は19日に、今後5年間の会社経営の方向性をまとめた「中期経営ビジョン」を発表しており、これが評価材料となったようだ。経営戦略は、主力の医薬DX事業でデジタルと人が融合したハイブリッドモデルで市場成長を牽引するとしているほか、メディカルプラットフォーム事業ではデジタルによる効率化の余地が大きいクリニックなどのスマート化、ヘルスデータサイエンス事業では職域を中心に個人の健康管理を通じて企業の健康経営推進を支援する方針。最終年度となる25年12月期の数値目標は、連結売上高300億円(20年12月期実績は53億400万円)、営業利益100億円(同15億1000万円)を掲げている。

IJTT <7315>  666円  +56 円 (+9.2%)  本日終値
急反発。いすゞ自動車<7202>系列の自動車部品会社3社が経営統合して発足した会社で、22年3月期に業績急回復を見込むいすゞの傘下企業として好調な収益環境を享受する見通し。IJTTの22年3月期業績は営業利益段階で前期比5.7倍の73億円を見込んでいる。予想PERは5.5倍前後と超割安。また1株当たり純資産は前期実績ベースで1579円あり、時価はそこから60%もディスカウントされた水準にあり見直し余地が大きいとみられている。世界的な電気自動車(EV)シフトの動きを背景にモーター駆動システムの開発などその対応にも余念がない。

セーレン <3569>  2,150円  +164 円 (+8.3%)  本日終値  東証1部 上昇率6位
大幅反発。19日の取引終了後に発表した21年3月期の連結経常利益は前の期比16.0%減の94億5100万円と2ケタ減益になったが、従来予想の80億円を上回って着地。子会社からの受取配当金の増加や生産調整休業に伴う雇用調整助成金の計上などが上振れの要因となった。続く22年3月期の同利益予想は前期比6.9%増の101億円に伸びる計画とした。ワクチン普及で緩やかに経済活動の正常化が進むなか、収益が回復に向かう見通しだ。また、併せて発表した中期経営計画では、最終年度である24年3月期の経常利益目標を151億円に設定している。

アドウェイズ <2489>  1,017円  +68 円 (+7.2%)  本日終値
急伸。4ケタ大台回復は2016年7月以来、約4年10カ月ぶりとなる。モバイル向け配信を主力とするアフィリエイト広告大手で、電子コミック系の広告需要が旺盛で業績が急変貌している。21年3月期は従来計画を大きく上振れ、トップラインが3割強の伸びを示したほか、営業利益は前期比8.3倍となる16億2600万円と過去最高利益を大幅更新した。今期は9カ月の変則決算となるが、会社側計画の4億9000万円は増額含みとみられている。「直近、外資系証券経由で空売り残が大幅に増加しており、その買い戻しによる株高効果も反映されている」(国内証券ストラテジスト)とみられる。

新日本科学 <2395>  835円  +44 円 (+5.6%)  本日終値
大幅高、750〜800円のゾーンでの三角もち合いをきれいに上放れ年初来高値を更新した。同社は新薬開発支援を手掛け、前臨床試験受託では国内最大手。新薬の開発支援業務において基礎研究から臨床試験に至るまでワンストップで対応できる強みを持っている。ここバイオ関連株に物色の矛先が向かうなか、業績実態の良好な同社株に投資資金が集まっている。同社の21年3月期営業利益は前の期比14%増の25億2900万円と2ケタ成長を達成、年間配当は前の期実績に15円増配となる20円とし、マーケットのサプライズを誘った経緯がある。22年3月期営業利益は25億5000万円予想と横ばい圏ながら豊富な受注案件を背景に堅調な収益を確保できる見込み。新型コロナウイルスの国産ワクチンについては欧米や中国などの後塵を拝しているが、国策的な後押しで開発が早まる可能性が指摘されている。同社は新型コロナワクチン開発に絡み、アンジェス<4563>のプロジェクトに参画するほか、オンコリスバイオファーマ<4588>などとも共同開発契約を締結している。

TOWA <6315>  1,953円  +86 円 (+4.6%)  本日終値
反発。岩井コスモ証券は19日、同社株の投資判断「A」を継続するとともに、目標株価を3200円から3400円に引き上げた。同社は半導体製造後工程のモールディング装置で世界トップシェア。21年3月期の連結営業利益は前の期比4.5倍の36億1800万円と大幅増益となった。半導体内製化を進める中国地域で設備投資が活発だったほか、台湾で5G関連製品向け設備投資が増加した。22年3月期の同利益は前期比38.2%増の50億円の見込みだが、同証券では53億円に増額修正され過去最高益を更新すると予想している。同証券では、足もとの好調な業績と中期成長性を考慮すれば株価は評価不足とみている。

東プレ <5975>  1,667円  +71 円 (+4.5%)  本日終値
反発。同社は19日取引終了後に、3カ年の中期経営計画を発表。最終年度となる24年3月期の連結営業利益目標を240億円(21年3月期実績は108億3300万円)としていることが好感されたようだ。連結売上高の目標は2800億円(同2145億4400万円)。基本方針として、顧客の課題を解決するために開発体制を強化し、技術力を向上させることなどを掲げている。

Fringe81 <6550>  401円  +80 円 (+24.9%) ストップ高   本日終値
ストップ高。19日の取引終了後、Sansan<4443>と資本業務提携を再締結するとともに、Sansan及び日本政策投資銀行に対して第三者割当による優先株式の発行を行うと発表した。Fringeは、昨年12月に締結したSansanとの資本業務提携を終了させ、今回Sansanの子会社としてグループ入りすることを視野に改めて資本業務提携する。Fringeが手掛けるHRテックサービス「Unipos(ユニポス)」とクラウド名刺管理サービス「Sansan」との連携のほか、インターネット広告事業などで連携していく。あわせて、Sansanと日本政策投資銀行を引受先とする第三者割当増資を実施する。これにより調達する総額38億円の資金は、ユニポスのシステム開発やマーケティング投資などにあてる。なお、子会社化の時期についてFringeでは、契約上の取り決めはないが、ユニポス事業が成長し、Sansanグループの利益に貢献できるようになった段階を想定しているという。また、子会社となった後も上場は維持する方針とした。加えて、10月1日付で「Unipos株式会社」に商号変更を行う予定としている。

システム・ロケーション <2480>  1,615円  +145 円 (+9.9%)  本日終値
急伸。同社は自動車リース会社向けなどを中心に自動車の業務・販売支援システムなどを展開している。19日取引終了後に中期経営計画を発表、数値目標としては第3フェーズの最終年度となる26年3月期に売上高30億円(21年3月期実績は11億3600万円)、営業利益段階で12億円(同4億3600万円)と大幅な伸びを見込んでおり、これを評価する形で買いを呼び込んでいる。株式需給面では信用買い残が枯れた状態にあり、株式需給面からも上値が軽い

ペッパーフードサービス <3053>  330円  +28 円 (+9.3%)  本日終値  東証1部 上昇率3位
5日続伸。同社は19日、4月度実績を公表。主力の「いきなり!ステーキ」の既存店売上高は前年同月比44.7%増となり、今年に入って初めて前年実績を上回ったことが好感されたようだ。既存店の客単価は同10.6%減となったが、客数が同61.8%増となったことが寄与した。なお、全店ベースの売上高は同7.9%減だった。

スタティアH <3393>  1,219円  +96 円 (+8.6%)  本日終値  東証1部 上昇率5位
5連騰。19日の取引終了後、子会社のC−designが全国のワークスペースが使い放題となる月額定額制サービス「anyplace パスポート」を展開するキャップクラウドと業務提携すると発表しており、これが好感された。今回の提携は、キャップクラウドが提供する「anyplace パスポート」を利用する施設の運営企業と施設をワークスペースとして利用するユーザー向けに、C−designが提供する業務支援プラットフォーム「cocrea」を紹介し、BEGINNERプランを無償で提供するもの。これにより、「cocrea」の会員数増加が見込まれるとしている。

岩崎電気 <6924>  1,611円  +121 円 (+8.1%)  本日終値  東証1部 上昇率7位
急反発。19日の取引終了後、自社株買いを実施すると発表しており、これが好材料視された。上限を33万株(発行済み株数の4.35%)、または5億円としており、取得期間は21年5月20日から22年3月31日まで。経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行するためとしている。

テセック <6337>  2,926円  +191 円 (+7.0%) 一時ストップ高   本日終値
3連騰で連日の年初来高値更新、業績高変化が見込める半導体関連として継続的な投資資金の流入が観測されている。12日にマドを開けストップ高の400円高に買われたが、その後も目先筋の売りを吸収しながら、5日移動平均線をサポートラインに漸次水準を切り上げる異彩の値動きを示している。同社はハンドラ(分類装置)とテスター(検査装置)を主力とする半導体製造装置メーカーで半導体投資の活発化を背景に足もとでは業績回復色が強い。22年3月期は売上高が前期比2.2倍の77億円を予想し、増収効果を反映して営業損益も15億円の黒字化(前期実績は4億4800万円の赤字)を見込む。また、年間配当も大幅増配しマーケットの耳目を集めた。今期は前期実績の10円に対し6倍の60円を計画し、ファンド系資金とみられる大口の買いを誘導している。

キューブシステム <2335>  1,110円  +62 円 (+5.9%)  本日終値
上げ足加速、全体相場の地合いに流されることなく、きょうで5連騰と気を吐いている。金融、流通業界向けなどで実績の高いシステムインテグレーターで、ソフト開発やデータベース構築などで優位性を発揮し、トップラインは前期まで9期連続で増収を確保、今22年3月期も8%増収の160億円を見込む。また、株主還元にも前向きに取り組んでいる。19日取引終了後、発行済み株式数の5.1%にあたる77万9840株の自社株を消却することを発表(消却予定日は今月末)しており、これが株高を後押しする格好となっている。

ALBERT <3906>  5,500円  +280 円 (+5.4%)  本日終値
 ALBERT<3906>が3日続伸。同社はきょう、資本・業務提携先のマイナビ(東京都千代田区)と共同で、デジタルトランスフォーメーション(DX)の実践力習得を目的とする「DX人材育成サービス(仮称)」の開発を始めたと発表。新たな買い材料となったようだ。マイナビの持つ採用・就職支援のノウハウ及び企業・学生・大学をつなぐネットワークと、ALBERTのDX人材・データサイエンティスト育成に関するノウハウ・実績を融合。このサービスでは、DXの素養を高めるコンテンツに加え、実践的なDX人材育成カリキュラムをeラーニングなどを通じて提供する予定だとしている。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:19 | Comment(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。