◆新着記事一覧◆
[格付け・レーティング情報] アサヒGH,セブンアイ,日立,レーザテク,関西電力
[上方修正・増配・好材料情報] JESCO,マーケットエンタ,アクセルマーク,セレス,ガンホー,NTT…
[上方修正・増配・好材料情報] ツクイ,OBC,KIMOTO,シグマクシス,ディスコ,表示灯,三重交H…
[格付け・レーティング情報] キユーピー,イビデン,Sansan,弁護士COM,三菱電,日電産,ヤマハ…
[S高|株価値上注目銘柄] gumi,アルプス物流,東エレデバ,ニューラルポケット,NSユナイテッド海…
[格付け・レーティング情報] キューピ,イビデン,ダイフク,丸紅,郵船,商船三井
[上方修正・増配・好材料情報] オリエンタル白石,三光マーケティングフーズ,シノブフーズ,デュアルタ…
[上方修正・増配・好材料情報] ジャフコG,丸八証券,アルプス物流,日カン,ホクリヨウ,今村証券,大井…
[格付け・レーティング情報] アサヒ,日本調剤,コメダ,F&LC,王子HD,積水化,ローツェ,三菱電,ベ…
[S高|株価値上注目銘柄] 日経Dインバ,ユーグレナ,JCRファーマ,ロングライフ,愛光電気,ブティッ…
[格付け・レーティング情報] SUMCO,コメダ,F&LCD,GMOペイ,信越化学,ベイカレント,良品…
[上方修正・増配・好材料情報] LibWork,エプコ,ユーグレナ,テクマトリックス,SYSホールデ…
[上方修正・増配・好材料情報] クボタ,船井電,ヤマシナ,ブティックス,ヒップ,ハウスリート,イワブチ,…
[格付け・レーティング情報] トヨタ紡織,アコモF,クリレスHD,マネフォ,協和キリン,武田,アステラ…
[S高|株価値上注目銘柄] イーグル工業,マネーフォワード,さくらインターネット,RPAホールディン…
[格付け・レーティング情報] クリレス,協和キリン,武田薬品,アステラス,塩野義,浜ゴム,TOYOタ,日…
[上方修正・増配・好材料情報] FRONTEO,ゼネラル・オイスター,スターティアホールディングス,…
[上方修正・増配・好材料情報] 壱番屋,AMGHD,タカキタ,日本調剤,いちご,横田製,南陽,Ysテーブ…
[格付け・レーティング情報] アスクル,SFP,ウイングアク,エーザイ,栗田工,ベイカレント,RPA,I…
[S高|株価値上注目銘柄] 東エレデバ,HENNGE,Speee,栗田工業,インソース,さいか屋,イワキ…
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] スノーピーク,カルタHD,ニューラルポケット,セレス,ココペリ,クラウドワークス,バイセル,荏原,オリンパス,ホソカワミクロン,アイ・ピー・エス,CAC,ブレインパッド,エアトリ,オプティム,大阪油化工業,オーケストラ,ロジザード
2021年02月15日

[S高|株価値上注目銘柄] スノーピーク,カルタHD,ニューラルポケット,セレス,ココペリ,クラウドワークス,バイセル,荏原,オリンパス,ホソカワミクロン,アイ・ピー・エス,CAC,ブレインパッド,エアトリ,オプティム,大阪油化工業,オーケストラ,ロジザード



※S高銘柄一覧



<1575> 中国A300  東証E      
<3688> カルタHD   東証1      21年12月期業績は増収増益で2円増配見込む
<3696> セレス     東証1      モバイル領域の好調継続で21年12月期も2ケタ成長へ
<4056> ニューラル   東証M      今期経常は2.5倍増で2期連続最高益へ
<4124> 大阪油化    JQ       21年9月期第1四半期の営業利益が7.2倍、通期予想を超過
<4167> ココペリ    東証M      21年3月期業績予想を上方修正
<4222> 児玉化     東証2  配分  下半期収益改善で大幅上方修正へ 2.98万株買残
<4304> Eストアー   JQ   配分   今3月期営業利益を一転7割増益に大幅上方修正 1.39万株買残
<4391> ロジザード   東証M  配分  21年6月期の営業利益予想を上方修正、クラウドサービスが順調 0.87万株買残
<4449> ギフティ    東証1      
<4764> NexusB  JQG  一時  今期経常は8.4倍増で2期連続最高益へ
<6094> フリークHD  東証M  配分  10-12月期経常は3%増益 1.54万株買残
<6361> 荏原      東証1  一時  精密・電子事業けん引役に想定以上の増益見通しへ
<6533> オーケストラ  東証1      通期売上・利益ともに過去最高値を大幅更新
<6580> ライトアップ  東証M  配分  21年3月期業績予想の上方修正と1株から2株への株式分割を好感 0.77万株買残
<6613> QDレーザ   東証M      2021IPO 半導体関連
<6697> テクポイント  東証M  配分  車載向け半導体製品が引き続き好調 1.32万株買残
<6699> ダイヤHD   東証1      21年3月期経常利益予想を一転7倍増益へ増額修正
<6840> AKIBA   JQ   一時  10-12月期(3Q)経常は3%増益
<7681> レオクラン   東証2  配分  第1四半期営業益4億500万円で通期計画超過 0.27万株買残
<7685> バイセル    東証M  一時  21年12月期の営業利益予想は63.2%増、出張訪問買取などの増加目指す
<7816> スノーピーク  東証1      前期上振れに続き今期も高い利益成長見通しで
  

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <8789> フィンテック 東証2   27.0   80  再生可能エネルギー関連
2. <6613> QDレーザ  東証M   25.4  1480 S 半導体関連
3. <2315> CAICA  JQ    25.0   85  テスラのビットコイン購入で関連銘柄として物色
4. <1575> 中国A300 東証E   24.7  1513 S
5. <7816> スノーピーク 東証1   24.4  2549 S 20年12月期営業益は上振れ着地で21年12月期予想は37%増
6. <4124> 大阪油化   JQ    23.9  1556 S 第1四半期経常は8倍増益で通期計画を超過
7. <3688> カルタHD  東証1   21.9  1668 S 21年12月期業績は増収増益で2円増配見込む
8. <6533> オーケストラ 東証1   21.9  2784 S 21年12月期は26%営業増益で1円増配見込む
9. <4391> ロジザード  東証M   21.6  2251 S コロナ禍でのEC強化追い風に今期経常を最高益予想へ
10. <4304> Eストアー  JQ    21.2  2859 S 今3月期営業利益を一転7割増益に大幅上方修正
11. <7681> レオクラン  東証2   21.0  2879 S 第1四半期収益急拡大がポジティブサプライズに
12. <4449> ギフティ   東証1   20.7  4075 S
13. <6699> ダイヤHD  東証1   20.2  2380 S 21年3月期経常利益予想を一転7倍増益へ増額修正
14. <4056> ニューラル  東証M   19.2  6200 S 人工知能関連
15. <6580> ライトアップ 東証M   18.4  4510 S 21年3月期業績予想の上方修正と1株から2株への株式分割を好感
16. <3696> セレス    東証1   18.1  3285 S モバイル領域の好調継続で21年12月期も2ケタ成長へ
17. <8836> RISE   JQ    17.9   33 
18. <4222> 児玉化    東証2   17.6   534 S 需要回復で21年3月期業績予想を上方修正
19. <4764> NexusB JQG   17.0   316  フィンテック関連
20. <3689> イグニス   東証M   16.5  2201 
21. <6697> テクポイント 東証M   16.2  1075 S 車載向け半導体製品が引き続き好調
22. <6094> フリークHD 東証M   16.2  1078 S
23. <3979> うるる    東証M   14.9  3465 
24. <4167> ココペリ   東証M   14.6  7840 S 21年3月期の営業利益予想を上方修正、経営支援プラットフォームが増加
25. <3900> クラウドW  東証M   14.1  2070 

スノーピーク <7816>  2,549円  +500 円 (+24.4%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率トップ
ストップ高。同社は12日取引終了後に、20年12月期通期の連結決算を発表。キャンプ需要の高まりなどを背景に、売上高は前の期比17.6%増の167億6400万円(従来予想は162億2000万円)、営業利益は同61.6%増の14億9300万円(従来予想は13億3000万円)で上振れ着地した。あわせて発表した21年12月期通期の連結業績予想は、売上高が前期比22.3%増の205億円、営業利益が同37.3%増の20億5000万円を見込む。新規出店・エントリー商材の継続訴求を実施し、新規顧客の開拓に注力するとともに、体験型消費(キャンプ場、イベントなど)の強化を進めることでユーザーの増加に取り組むとしている。

カルタHD <3688>  1,668円  +300 円 (+21.9%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率2位
ストップ高の1668円に買われ、昨年来高値を更新した。前週末12日の取引終了後に発表した21年12月期の連結業績予想で、売上高245億円(前期比8.9%増)、営業利益38億円(同9.7%増)、純利益24億円(同34.7%増)と増収増益を見込み、年間配当を同2円増の50円を予定していることが好感された。コロナ禍によりインターネット広告需要は一時的に減退したものの、パフォーマンス広告は早期にコロナ以前に戻った一方、ブランド広告も9月以降に緩やかに回復に向かっていることが寄与する。なお、20年12月期決算は、売上高224億8700万円、営業利益34億6300万円、純利益17億8100万円となり、19年12月期は前期変則決算に伴い単純比較はできないものの、実質増収増益を確保したという。

ニューラルポケット <4056>  6,200円  +1,000 円 (+19.2%) ストップ高   本日終値
2月12日大引け後(15:00)に決算を発表。20年12月期の経常損益(非連結)は1.4億円の黒字(前の期は1.3億円の赤字)に浮上し、21年12月期の同利益は前期比2.5倍の3.7億円に急拡大を見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。

セレス <3696>  3,285円  +503 円 (+18.1%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率6位
ストップ高に買われた。12日の取引終了後、21年12月期の連結業績は売上高238億円(前期比17.7%増)、経常利益26億円(同43.2%増)になる見通しだと発表。また、配当は前期比12円増の30円に大幅増配する方針としており、これを好感する買いが入った。今期は主力のモバイルサービス事業で前期好調だったアフィリエイトプログラムとポイントサイトの成長が続く見通しだ。また、関連会社では高まる企業のDX化ニーズを背景としたゆめみの利益貢献と暗号資産取引市場の活況によるビットバンクの持ち分法による投資利益計上を見込む。同時に発表した20年12月期の連結業績は売上高202億1300万円(前の期比22.4%増)、経常利益18億1600万円(同2.3倍)だった。

ココペリ <4167>  7,840円  +1,000 円 (+14.6%) ストップ高   本日終値
後場一段高しストップ高の7840円に買われた。午後0時30分ごろ、21年3月期の単独業績予想について、売上高を8億8800万円から10億300万円(前期比2.4倍)へ、営業利益を8600万円から1億9700万円(前期2100万円の赤字)へ、最終利益を7700万円から2億900万円(同2100万円の赤字)へ上方修正したことが好感された。主力の中小企業向け経営支援プラットフォーム「Big Advance」が、導入金融機関数及び会員企業が計画以上に増加する見込みとなったことが要因としている。なお、同時に発表した第3四半期累計(20年4〜12月)決算は、売上高6億9600万円、営業利益1億4900万円、純利益1億1800万円だった。

クラウドワークス <3900>  2,070円  +256 円 (+14.1%)  本日終値
2月12日大引け後(15:30)に決算を発表。21年9月期第1四半期(10-12月)の連結営業損益は1億0700万円の黒字(前年同期は2100万円の赤字)に浮上して着地した。

バイセル <7685>  3,375円  +384 円 (+12.8%) 一時ストップ高   本日終値
一時ストップ高の3495円に買われ、昨年来高値を更新。前週末12日の取引終了後に発表した21年12月期の連結業績予想で、売上高253億4500万円(前期比71.7%増)、営業利益15億8000万円(同63.2%増)、純利益9億6100万円(同70.0%増)と大幅増益を見込み、年間配当12円と実質増配を予想していることが好感された。引き続き出張訪問買取事業の伸長を見込むほか、昨年10月に子会社化したタイムレスの業績が通期で寄与する見通し。なお、20年12月期決算は、売上高147億6400万円、営業利益9億6800万円、純利益5億6500万円だった。

荏原 <6361>  4,155円  +455 円 (+12.3%) 一時ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率8位
マドを開けての急騰を演じ異彩を放った。朝方に値幅制限上限となる700円高の4400円まで駆け上がった。同社はポンプの総合メーカーで古くから環境関連分野への展開力に定評がある。12日取引終了後に発表した20年12月期営業利益は前の期比7.3%増の378億7900万円と好調で、年間配当も従来計画の60円から90円に大幅増額した(前期実績は60円)。営業利益は期中3回にわたり上方修正されており、期初予想は270億円であった。また、主力の風水力事業の牽引で21年12月期営業利益については430億円を見込む。国際会計基準に移行するため、単純比較はできないが業績成長路線をまい進する見通し。株主還元にも積極姿勢をみせており、年間配当は前期から更に10円上乗せした100円を計画。これらを評価する買いが集中する格好となった。

オリンパス <7733>  2,314円  +252 円 (+12.2%)  本日終値  東証1部 上昇率9位
急伸。前週末12日の取引終了後、21年3月期の連結業績予想について、売上高を6970億円から7200億円へ、営業利益を605億円から795億円へ、最終損益を55億円の赤字から85億円の黒字へ上方修正したことが好感された。10〜12月期にかけて欧州や中国で内視鏡事業が回復に向かい、科学事業では中国で生物・工業用顕微鏡の売り上げが増加するなどし、第3四半期累計(20年4〜12月)決算が、想定を上回り推移していることが要因。また、年度末にかけて事業環境の更なる回復が見込まれることや、引き続き費用の統制を進めていることも寄与する。なお、第3四半期累計決算は、売上高5135億8400万円(前年同期比8.5%減)、営業利益647億3400万円(同23.6%減)、最終利益16億2400万円(同97.3%減)だった。

ホソカワミクロン <6277>  6,880円  +660 円 (+10.6%)  本日終値
2月12日大引け後(15:00)に決算を発表。21年9月期第1四半期(10-12月)の連結経常利益は前年同期比39.4%増の13.9億円に拡大し、10-3月期(上期)計画の15億円に対する進捗率は92.9%に達し、5年平均の46.6%も上回った。

アイ・ピー・エス <4390>  2,987円  +268 円 (+9.9%)  本日終値
2月12日大引け後(15:00)に決算を発表。21年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比88.4%増の15.7億円に拡大した。併せて、通期の同利益を従来予想の16.5億円→17億円(前期は10.7億円)に3.0%上方修正し、増益率が53.5%増→58.1%増に拡大し、従来の6期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。

CAC <4725>  1,554円  +119 円 (+8.3%)  本日終値
2月12日大引け後(15:00)に決算を発表。20年12月期の連結経常利益は前の期比51.9%増の19億円に伸び、21年12月期も前期比31.0%増の25億円に拡大する見通しとなった。

ブレインパッド <3655>  4,595円  +315 円 (+7.4%)  本日終値
2月12日大引け後(15:30)に決算を発表。21年6月期第2四半期累計(7-12月)の連結経常利益は前年同期比59.9%減の2.5億円に大きく落ち込んだ。しかしながら、併せて通期の同利益を従来予想の4億円→6.5億円(前期は10.7億円)に62.5%上方修正し、減益率が62.9%減→39.7%減に縮小する見通しとなった。

エアトリ <6191>  1,841円  +124 円 (+7.2%)  本日終値
大幅高で3日続伸。前週末12日の取引終了後に発表した第1四半期(20年10〜12月)連結決算で、営業利益が7億6300万円(前年同期比3.8倍)となり、通期計画を上回って着地したことが好感された。新型コロナウイルス感染症の影響で主力のオンライン旅行事業が落ち込み、売上高は65億6000万円(前年同期比17.8%減)となったものの、GoToトラベルが追い風となり、国内旅行領域を中心に利益が大きく回復していることに加えて、前期より取り組んでいるグループ全体のコスト構造の変化や事業ポートフォリオの分散などが進んだことが寄与した。なお、21年9月期通期業績予想は、売上高243億円(前期比14.4%増)、営業利益4億4900万円(前期89億9400万円の赤字)を見込んでいる。

オプティム <3694>  3,565円  +235 円 (+7.1%)  本日終値
マドを開けて急伸し、前営業日比10.5%高の3680円まで買われた。12日の取引終了後、21年3月期の連結経常利益を従来予想の8億200万円〜16億1600万円から20億円〜23億円(前期比7.7〜8.9倍)へ上方修正すると発表しており、これが好感された。MDM・PC管理サービス「Optimal Biz」など利益率の高いライセンス売り上げが好調に推移していることに加え、今期からプロダクトの収益性が増加したことにより「OPTiM Cloud IoT OS」を中心としたソフトウェア資産計上を開始していることなどが寄与する。なお、同時に発表した4〜12月期の同利益は前年同期比20倍の10億2300万円だった。

大阪油化工業 <4124>  1,556円  +300 円 (+23.9%) ストップ高   本日終値
ストップ高に買われた。12日の取引終了後に発表した21年9月期第1四半期(10〜12月)の連結決算で経常利益が前年同期比8.4倍の8400万円に急拡大しており、これを好感する買いが入った。売上高は前年同期比66.4%増の3億6600万円だった。主力の受託蒸留事業で電子材料向け案件が増加したことに加え、有償支給案件の計上があったことが収益を押し上げた。第1四半期の経常利益は通期計画の1400万円を大きく上回っており、業績上振れが期待されている。

オーケストラ <6533>  2,784円  +500 円 (+21.9%) ストップ高   本日終値
ストップ高の2784円に買われた。前週末12日の取引終了後に発表した21年12月期連結業績予想で、売上高142億円(前期比20.1%増)、営業利益8億7000万円(同26.8%増)、純利益5億4000万円(同24.0%増)と大幅増益を見込み、年間配当を前期比1円増の8円を予定していることが好感された。IT人材不足の深刻化やデジタルトランスフォーメーション(DX)のトレンドの進展により、デジタルトランスフォーメーション、デジタルマーケティング事業ともに引き続き良好な市場環境が見込まれ、売上高・利益の拡大を見込む。なお、20年12月期決算は、売上高118億2500万円(前年同期比26.6%増)、営業利益6億8600万円(同30.0%増)、純利益4億3500万円(同58.5%増)だった。

ロジザード <4391>  2,251円  +400 円 (+21.6%) ストップ高   本日終値
 ロジザード<4391>がストップ高。12日の取引終了後、21年6月期の連結経常利益が3億2200万円(前期比29.1%増)になりそうだと発表。従来予想の1億4800万円から一転して過去最高益を更新する見通しとなり、これを好感する買いが入った。新型コロナウイルス感染症の感染再拡大による店舗営業自粛対応としてのEC強化の取り組みにより、在庫管理システムへのニーズが高まるなか、クラウドサービスの新規アカウント獲得が進み月額利用料が増加する。また、テレワークによる交通費などの低減も利益上振れにつながる。なお、同時に発表した7〜12月期の同利益は前年同期比33.7%増の1億5200万円だった。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 15:58 | Comment(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。