◆新着記事一覧◆
[格付け・レーティング情報] デンカ,イビデン,ルネサスエレ,新光電工
[上方修正・増配・好材料情報] ITbook,FRONTEO,パレモ,シュッピン,リアルワールド,TH…
[上方修正・増配・好材料情報] 日電産,日シス技術,白洋舎,スポーツF,日東電,北日銀,クロスキャト,信…
[格付け・レーティング情報] セブン&アイ,コーテクHD,イビデン,小野薬,フルキャスト,ディスコ,ロ…
[S高|株価値上注目銘柄] KeePer技研,出前館,コメリ,ディスコ,FRONTEO,神戸物産,オービ…
[格付け・レーティング情報] 小野薬品,豊田織機,ローツェ,京セラ,デンソー,識学,いすゞ自動,マツダ,…
[上方修正・増配・好材料情報] FRONTEO,ダイドー,イメージワン,ピックルス,神戸物産,アズ企画…
[上方修正・増配・好材料情報] ほくほくFG,北海電工,日本興業,ブレインP,テラ,ディスコ,サイバト…
[格付け・レーティング情報] コメダ,テルモ,ソニーG,東京海上
[S高|株価値上注目銘柄] 多木化学,KDDI,しまむら,日産自動車,アイビー化粧品,ゼネテック,Gセキ…
[格付け・レーティング情報] アステラス薬,中外製薬,ソニーG,コナミ
[上方修正・増配・好材料情報] カゴメ,マーチャント・バンカーズ,ジェイテックコーポ,霞ヶ関キャピタ…
[上方修正・増配・好材料情報] 三共生興,JBR,INPEX,ロードスター,インソース,PCA,共立印…
[格付け・レーティング情報] INPEX,セブン&アイ,ホギメデ,ルネサス,日産自,日野自,豊田合,キヤ…
[S高|株価値上注目銘柄] テクマトリックス,鳥居薬品,アイホン,JCRファーマ,日本郵船,リョービ,旭…
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(01/28週〜05/06週) ] 2月中旬底打ちも5月に伸び…
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2022年発表分)
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2021年発表分)
[上方修正・増配・好材料情報] パソナグループ,ジャパンベストレスキューシステム,TOKYOBAS…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証JQS・マザーズ 銘柄一覧(01/21週終値現在)
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] アイル,日本駐車場開発,凸版印刷,エイチーム,ナトコ,山王,アイ・オー・データ機器,メディアシーク,カナモト,ポールHD
2020年12月07日

[S高|株価値上注目銘柄] アイル,日本駐車場開発,凸版印刷,エイチーム,ナトコ,山王,アイ・オー・データ機器,メディアシーク,カナモト,ポールHD



※S高銘柄一覧



<1981> 協和日成    JQ   一時  
<3662> エイチーム   東証1      
<4406> 日理化     東証1      水素関連
<4824> メディアS   東証M      21年7月期第1四半期の営業利益4.7倍、通期予想上回る
<5922> 那須鉄     東証2      電線地中化関連
<5974> 中国工     東証2      
<6391> 加地テック   東証2  一時  水素関連
<6497> ハマイ     JQ       
<6772> コスモス    東証2      水素関連
<6846> 中央製     名証2      前日もストップ高。半導体製造装置関連
<7042> アクセスHD  JQ   一時  子会社が約1秒で検温完了する『ドットキューブ』販売開始
<7249> 尾張精     名証2  配分  ライジング・ジャパン系によるTOB価格にサヤ寄せ 4.4万株買残
<7726> 黒田精     東証2  一時  前日もストップ高。電気自動車関連
<7727> オーバル    東証1  一時  
<9888> UEX     JQ   一時  
  

※株価高上昇率銘柄一覧



1. <1689> WT天然ガス 東証E   100    2 
2. <6846> 中央製    名証2   28.7  1344 S 半導体製造装置関連
3. <4406> 日理化    東証1   26.6   238 S 水素関連
4. <6494> NFKHD  JQ    24.4   112 
5. <6497> ハマイ    JQ    23.6  1570 S
6. <7727> オーバル   東証1   22.9   354  燃料電池車関連として思惑買い流入
7. <4247> ポバール興業 名証2   20.0  1200 
8. <6391> 加地テック  東証2   20.0  4175  水素関連
9. <5922> 那須鉄    東証2   19.1  9350 S 化工機などと水素吸蔵合金を用いた水素ガス高圧化の実証に成功
10. <4824> メディアS  東証M   17.1   684 S 第1四半期営業利益が通期計画上回って着地
11. <5974> 中国工    東証2   17.1   684 S
12. <6772> コスモス   東証2   16.6  1054 S 水素関連
13. <9888> UEX    JQ    16.5   559 
14. <3662> エイチーム  東証1   15.6  1112 S EC事業好調で第1四半期営業利益2.5倍
15. <1981> 協和日成   JQ    14.4  1087 
16. <2788> アップル   東証2   14.2   257  電気自動車関連
17. <4627> ナトコ    JQ    14.1  1294  塗料やファインケミカルの受注想定上回り20年10月期業績は計画上振れ
18. <7073> ジェイック  東証M   14.0  3220 
19. <3578> 倉庫精    東証2   13.9   390 
20. <6331> 化工機    東証1   13.3  2630  水素関連
21. <3854> アイル    東証1   12.1  1567  ショッピファイエキスパートに認定
22. <7519> 五洋インテ  JQ    11.3   158 
23. <6495> 宮入バ    東証2   11.0   212 
24. <4251> 恵和     東証2   10.2  2243 
25. <7746> 岡本硝子   JQ    9.8   201  5G関連

アイル <3854>  1,567円  +169 円 (+12.1%)  本日終値  東証1部 上昇率5位
急反騰。前週末4日の取引終了後、「Shopify(ショッピファイ)」の提供するパートナープログラム「Shopify Experts(ショッピファイエキスパート)」に認定されたと発表しており、これが好感された。Shopifyは、国内に限らず海外へのオンライン販売も、専門知識がないなかで手軽に始められる、クラウド基盤のマルチチャネルコマースプラットフォーム。今回の認定により、アイルは「Shopify」のアカウント開設やプラグイン追加、ブランディング、ディレクション、デザイン、サイト制作、運用サポートといったフロント業務支援から、「Shopify」とネットショップ一元管理サービス「CROSS MALL(クロスモール)」とのAPI連携によるバックヤード支援まで、ネットショップ運営を一貫して支援するとしている。

日本駐車場開発 <2353>  141円  +10 円 (+7.6%)  本日終値  東証1部 上昇率7位
急伸。前週末4日の取引終了後に発表した第1四半期(8〜10月)連結決算で、売上高60億4100万円(前年同期比5.0%増)、営業利益11億800万円(同26.1%増)、純利益10億2800万円(同24.1%増)と大幅増益となったことが好感された。テーマパーク及び別荘宿泊の集客強化や、20年5月に那須高原りんどう湖ファミリー牧場を経営する那須興行を取得したことが増収につながった。また、駐車場事業における時間貸併用物件の稼働が完全には回復していないものの、テーマパーク事業の来場者増やスキー事業のコストコントロールの徹底により大幅増益を確保した。なお、21年7月期通期業績予想は、売上高235億円(前期比2.3%増)、営業利益33億円(同23.5%増)、純利益19億円(同58.1%増)の従来見通しを据え置いている。同時に、上限を400万株(発行済み株数の1.21%)、または5億円とする自社株買いを実施すると発表しており、これも好材料視されている。取得期間は20年12月9日から21年2月26日までで、株主還元及び資本効率の向上と経営環境の変化に応じた機動的な資本政策の遂行を図ることが目的としている。

凸版印刷 <7911>  1,608円  +103 円 (+6.8%)  本日終値  東証1部 上昇率9位
大幅続伸。前週末4日の取引終了後、21年3月期の連結業績予想について、純利益を220億円から500億円(前期比42.6%減)へ上方修正したことが好感された。同社及び子会社が保有するリクルートホールディングス<6098>株式の一部を売却したことに伴い、特別利益が941億円発生したほか、不採算事業の生産拠点最適化をはじめとする構造改革に関連する費用が発生することが要因としている。なお、売上高1兆4400億円(前期比3.1%減)、営業利益400億円(同39.8%減)は従来見通しを据え置いている。同時に、1600万株(発行済み株数の4.62%)、または200億円を上限とする自社株買いを実施すると発表しており、これも好材料視されている。取得期間は20年12月7日から21年9月30日までで、株主還元の強化を資本効率の向上を図るとともに、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を可能とするためという。

エイチーム <3662>  1,112円  +150 円 (+15.6%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率3位
ストップ高に買われ年初来高値を更新した。4日の取引終了後、第1四半期(8〜10月)連結決算を発表しており、営業利益3億7800万円(前年同期比2.5倍)、純利益2億5800万円(同3.4倍)と大幅な増益となったことが好感された。結婚式場情報サイト「ハナユメ」が前下期に続き新型コロナウイルスの影響を受けたほか、既存ゲームアプリが減少傾向にあったことで、売上高は74億9300万円(同8.0%減)となった。ただ、自転車専門通販サイトを展開するEC事業で、「3密」を避ける外出手段として自転車需要が高く推移したほか、引き続きオペレーション効率の改善及び在庫管理の徹底、品揃えの見直しなどが奏功して大幅な増収増益となったことが業績に貢献した。なお、21年7月期通期業績予想は、売上高335億円(前期比5.5%増)、営業利益5億円(同60.7%減)、最終利益2億円(前期5億1900万円の赤字)の従来見通しを据え置いている。

ナトコ <4627>  1,294円  +160 円 (+14.1%)  本日終値
大幅続伸。前週末4日の取引終了後、集計中の20年10月期連結業績について、売上高が156億円から162億4700万円(前の期比8.2%減)へ、営業利益が10億6000万円から14億4100万円(同6.6%減)へ、純利益が7億円から10億2700万円(同5.0%増)へ上振れて着地したようだと発表しており、これが好感された。塗料事業及びファインケミカル事業で国内外での受注が想定以上だったことに加えて、製造原価の低減や経費削減に努めたことが寄与した。

山王 <3441>  1,636円  +135 円 (+9.0%)  本日終値
上げ足加速、21.3%高の1820円まで急騰する場面があった。電子機器用デバイスの金メッキ加工を手掛けており、インフラ整備の進む高速通信規格5G基地局向け需要などを取り込んでいる。21年7月期は中国現地法人が連結から外れたことに伴う売上高の減少が利益面にも反映されるが、時価予想PERは依然として20倍前後にとどまり割高感が意識される水準にはない。信用買い残の整理も進んだことで株式需給面からは上値が軽い。また、新エネルギー関連の一角としてマークする動きもある。東京工業大学や産業技術総合研究所と共同研究を進めている電界メッキによる水素透過膜とその製造方法について今年4月に特許を取得しているが、コストを抑えた水素精製装置を製造するための有力技術として注目されている。

アイ・オー・データ機器 <6916>  1,028円  +60 円 (+6.2%)  本日終値
大幅続伸。前週末4日の取引終了後、自社株買いを実施すると発表したことが好感された。上限を40万株(発行済み株数の3.02%)、または5億円としており、取得期間は20年12月9日から21年3月31日まで。経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行及び株主還元策の一環として実施するとしている。

メディアシーク <4824>  684円  +100 円 (+17.1%) ストップ高   本日終値
 メディアシーク<4824>がストップ高。午前11時45分ごろに発表した第1四半期(8〜10月)連結決算が、売上高6億3200万円(前年同期比22.2%増)、営業利益7100万円(同4.7倍)、純利益3200万円(同3.4倍)と大幅増益となり、営業利益が通期計画を上回って着地したことが好感された。法人事業で、RPAなど各種企業向けツール導入のほか、主に国内の法人クライアントに対するシステムコンサルティング業務による売り上げを計上したことが寄与した。また、コンシューマー事業で、スマートフォン向けアプリ「バーコードリーダー/アイコニット」が累計3200万ダウンロードを達成し、広告収入のほかスマホ向けゲームなど各種情報サービスによる売り上げを計上したことも貢献した。

カナモト <9678>  2,268円  +96 円 (+4.4%)  本日終値
3日ぶりに反発。同社は4日取引終了後に、21年10月期通期の連結業績予想を公表。営業利益見通しを前期比5.3%増の150億円としていることや、年間配当計画を前期比5円増の70円としていることが好感されたようだ。売上高は同6.3%増の1903億円を見込む。新型コロナウイルス感染症が経済活動に与える影響には依然不透明感があるものの、国内営業基盤の拡充や海外展開、内部オペレーションの最適化により、一層の業務効率化と生産性向上を図り、収益力を強化するとしている。なお、20年10月期通期の連結決算は売上高が前の期比0.9%減の1790億5300万円、営業利益が同20.1%減の142億5000万円で着地した。

ポールHD <3657>  1,007円  +36 円 (+3.7%)  本日終値
4日ぶりに反発。4日の取引終了後に発表した第3四半期累計(2〜10月)連結決算が、売上高192億300万円(前年同期比1.9%増)、営業利益22億3100万円(同13.2%減)、純利益15億3500万円(同4.1%増)となり、最終増益となったことが好感された。主力のデバッグ・検証事業で、子会社CRESTの先行費用がかさんだことが響き、営業利益は減益を余儀なくされたが、ネットサポート事業でECやQRコード決済関連業務が拡大したことや、採用効率化による収益改善が進んだこと、更に前期の投資有価証券評価損がなくなったことが最終損益を押し上げた。なお、21年4月期通期業績予想は、売上高287億4400万円(前期比10.0%増)、営業利益35億8700万円(同1.6%増)、純利益23億4100万円(同30.9%増)の従来見通しを据え置いている。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:43 | Comment(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。