◆新着記事一覧◆
[格付け・レーティング情報] シップヘルス,住友化学,信越化学,エアウォタ,日油,ファンケル,リクルー…
[上方修正・増配・好材料情報] FRONTEO,プラマテルズ,リアルワールド,リミックスポイント,ア…
[上方修正・増配・好材料情報] スタンレー,Fブラザーズ,アゼアス,タカショー,DyDo
[格付け・レーティング情報] 大和ハウス,出前館,イビデン,野村総研,あすか薬,ZHD,日本製鉄,JFE…
[S高|株価値上注目銘柄] ブイキューブ,マーベラス,ココカラファイン,片倉工業,ワコム,日本電産,ジー…
[株式分割情報] 菱友システムズ(4685) 1株⇒5株
[格付け・レーティング情報] SUMCO,スシロー,クレハ,デンカ,信越化学,NRI,Jタワー,塩野義,…
[上方修正・増配・好材料情報] アイロムグループ,ダイドーグループ,大戸屋,グッドライフカンパニー,…
[上方修正・増配・好材料情報] 片倉,ラネット,トーセイR
[格付け・レーティング情報] 大和ハウス,協エクシオ,ハウス食G,マツキヨHD,コーテクHD,昭電工,…
[株式分割情報] 名南M&A(7076) 1株⇒2株
[S高|株価値上注目銘柄] 古河電池,ワコム,日本郵船,KeePer技研,モリテック,アイリック,ダイヤ…
[格付け・レーティング情報] 大和ハウス,協和エクシ,システナ,ハウス食,マツキヨ,東京ベース,昭和電…
[上方修正・増配・好材料情報] ホーブ,FRONTEO,博展,ユーグレナ,神戸物産,マーチャント・バン…
[上方修正・増配・好材料情報] トヨカネツ,GLP,API,トーセイ
[格付け・レーティング情報] 安藤ハザマ,NSSOL,SBSHD,アコモF,アドバンスR,東レ,チムス…
[市場変更情報] 新日本製薬(4931) マザーズ⇒東証未定
[S高|株価値上注目銘柄] 古河電池,GMOペパボ,FDK,ケネディクス,サンバイオ,BASE,日本毛織…
[上方修正・増配・好材料情報] LibWork,日清食品,ディア・ライフ,じげん,フーバーブレイン,ケ…
[格付け・レーティング情報] 安藤ハザマ,日鉄ソリュ,SBSHD,東レ,太陽HD,チームスピ,エネオス,…
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] SFoods,GAテクノ,Jエレベータ,東洋合成工業,メディアドゥ,Link−U,テーオーHD,セキド,農業総合研究所,幸和製作所,エコス,レアジョブ
2020年10月15日

[S高|株価値上注目銘柄] SFoods,GAテクノ,Jエレベータ,東洋合成工業,メディアドゥ,Link−U,テーオーHD,セキド,農業総合研究所,幸和製作所,エコス,レアジョブ



※S高銘柄一覧


<2292> SFOODS  東証1  一時  家庭需要の高まりで上期最終2.6倍増益
<3491> GAテクノ   東証M  一時  31日を基準日に1対3の株式分割、投資家層の拡大など目的
<3541> 農業総研    東証M      JR東日本と資本業務提携
<3779> Jエスコム   JQ   一時  
<3922> PRTIME  東証1  一時  前日もストップ高
<4051> GMO−FG  東証M  一時  前日もストップ高。2020年のIPO関連
<4784> GMO−AP  JQ       
<5922> 那須鉄     東証2  一時  電線地中化関連
<6026> GMOテック  東証M      
<7807> 幸和製     JQ       第2四半期営業益53%増で通期計画超過
<9812> テーオーHD  JQ       第1四半期は営業黒字に浮上
<9878> セキド     東証2      イオンモール太田での韓国コスメ催事が活況

※株価高上昇率銘柄一覧


1. <9812> テーオーHD JQ    36.5   299 S ホームセンター好調で第1四半期経常は黒字浮上
2. <9878> セキド    東証2   19.1   499 S イオンモール太田での韓国コスメ催事が活況
3. <7049> 識学     東証M   18.6  1827 
4. <3541> 農業総研   東証M   17.6  1001 S JR東日本などと資本業務提携を好感
5. <6026> GMOテック 東証M   17.4  3380 S
6. <7807> 幸和製    JQ    17.0  1030 S 第2四半期営業益53%増で通期計画超過
7. <4051> GMO−FG 東証M   16.9  29290  2020年のIPO関連
8. <3922> PRTIME 東証1   16.6  3935  上期営業利益は実質大幅増益で計画上振れで着地
9. <4784> GMO−AP JQ    15.2   757 S
10. <2292> SFOODS 東証1   14.7  3360  家庭需要の高まりで上期最終2.6倍増益
11. <3491> GAテクノ  東証M   13.2  11260  10月末を基準日に1株を3株に分割
12. <6666> リバーエレク JQ    11.0  1136  5G関連
13. <5922> 那須鉄    東証2   10.8  7080  電線地中化関連
14. <7520> エコス    東証1   10.5  2494  第2四半期営業利益は56%増
15. <6291> エアーテック 東証1   10.3  1785 
16. <3181> 買取王国   JQ    10.1   841 
17. <3306> 日本麻    東証2   9.5   368 
18. <6544> Jエレベータ 東証1   9.5  4440  1株から2株への株式分割実施を好感
19. <4482> ウィルズ   東証M   8.9  1369 
20. <3528> プロスペクト 東証2   8.8   37  電線地中化関連
21. <3981> ビーグリー  東証1   8.8  2401 
22. <3929> Sワイヤー  東証M   8.6  1320 
23. <5199> 不二ラテ   JQ    8.4  5280 
24. <6096> レアジョブ  東証M   8.3  2491  21年3月期業績予想の増額修正を好感
25. <3475> グッドコムA 東証1   8.0  4140 

SFoods <2292>  3,360円  +430 円 (+14.7%) 一時ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率2位
急騰。14日の取引終了後に発表した21年2月期上期(3〜8月)の連結最終利益は前年同期比2.6倍の62億5200万円に拡大しており、これを好感する買いが入った。新型コロナウイルス感染症の影響で販売価格が下落したものの、家庭需要の高まりから小売店向け食肉などの販売が好調に推移したことが寄与。また、固定資産売却益を40億5000万円計上したことも最終利益を押し上げた。上期最終利益の通期計画(72億円)に対する進捗率は86.8%に達しており、業績上振れ期待も出ているようだ。

GAテクノ <3491>  11,260円  +1,310 円 (+13.2%) 一時ストップ高   本日終値
一時ストップ高。14日の取引終了後、10月31日を基準日として1株を3株に株式分割すると発表したことが好感された。投資単位当たりの金額を引き下げることでより投資しやすい環境を整え、投資家層の拡大と株式の流動性の向上を図ることが目的という。効力発生日は11月1日。

Jエレベータ <6544>  4,440円  +385 円 (+9.5%)  本日終値  東証1部 上昇率5位
4連騰で上場来高値を更新している。14日の取引終了後、12月31日現在の株主を対象に1株から2株への株式分割を実施すると発表。最低投資金額が現在の2分の1に低下することから、株式流動性の向上と投資家層の拡大を期待する買いなどが入った。また、同業の関西エレベーターと長野エレベーターの全株式をそれぞれ取得し子会社化することも明らかにしている。

東洋合成工業 <4970>  8,620円  +540 円 (+6.7%)  本日終値
続伸。同社は次世代露光技術EUV(極端紫外線)用のフォトレジスト向け感光性材料で高実績を誇るが、EUV露光装置を独占的に供給するオランダのASMLホールディングスが14日発表した第3四半期の決算は、売上高が39億6000万ユーロとアナリスト予想の37億ユーロを上回った。

メディアドゥ <3678>  8,670円  +470 円 (+5.7%)  本日終値
大幅続伸、上場来高値更新となった。新型コロナウイルスの感染拡大を背景とした巣ごもり消費を捉え、電子コミックをはじめとする電子書籍市場の拡大が顕著となっている。そのなか、電子書籍取次の国内最大手の同社は21年2月期の営業利益を22億円から28億円(前期比51%増)に大幅増額している。菅政権下で官公庁のデジタルトランスフォーメーション(DX)が積極推進される方向にあるが、民間でも業界を問わずデジタルシフトの動きが加速している。出版業界もその一角に位置するが、同社は出版業界のDX支援を展開する米国のファイヤーブランド・グループを完全子会社化することで、この流れに乗る。時価総額は1000億円を超えるが、浮動株比率は非常に低く品薄感があり、信用買い残も枯れた状態で上値が軽い。

Link−U <4446>  2,214円  +41 円 (+1.9%)  本日終値
後場プラス転換。同社はサーバーの開発・運用を手掛け、マンガアプリなどの配信サーバー開発請負で実績が高い。新型コロナウイルスの影響で巣ごもり消費が喚起されており、電子書籍市場の拡大が同社にも追い風となっている。週初の12日の取引終了後、雑誌や書籍、コミックなどの出版を行う双葉社と、新規マンガ配信サービスに関する業務提携を発表しており、これを材料視して株価を急動意させた経緯があるが、きょう前場は目先筋の利益確定売りで水準を切り下げていた。ただ、業績はトップラインが急拡大局面にあり、21年7月期は利益の伸び率が再び加速し大幅2ケタ成長路線に復帰する見通し。テクニカル的には目先5日・25日移動平均線のゴールデンクロスを示現、上値を見込んだ買いが優勢となっている。

テーオーHD <9812>  299円  +80 円 (+36.5%) ストップ高   本日終値
ストップ高。14日の取引終了後に発表した21年5月期第1四半期(6〜8月)の連結経常損益が9300万円の黒字(前年同期は8800万円の赤字)に浮上しており、これが好材料視された。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた自動車関連事業は低迷したものの、流通事業のホームセンター部門で感染症予防関連商品の需要が増加したほか、木材事業における固定費の圧縮効果なども寄与し、経常黒字を達成した。なお、通期業績予想は引き続き未定としている。

セキド <9878>  499円  +80 円 (+19.1%) ストップ高   本日終値
ストップ高。同社はきょう、自社運営するGINZALoveLoveが9〜11日にかけてイオンモール太田で開催した「韓国コスメ催事」で、想定以上の売り上げになったと発表。これが株価を刺激したようだ。この催事で販売が多かったのは、韓国コスメブランド「MEDIHEAL(メディヒール)」と世界的に人気のアーティスト「BTS」との限定コラボ商品。同社は商品を緊急補充し、16日から始まる次の催事に向けて準備を整えるとしている。

農業総合研究所 <3541>  1,001円  +150 円 (+17.6%) ストップ高   本日終値
ストップ高。同社は14日取引終了後、JR東日本<9020>などと資本業務提携を締結したと発表した。農業総研は、第三者割当増資を実施しJR東日本に対して1株につき741円で13万4900株(持ち株比率0.62%)を発行する。同社は「農家の直売所」を展開しているが、JR東日本が有する駅及び駅周辺施設を活用することで生産者の拡大および集荷量の増加、物流インフラの更なる増強を図る。また、JR東日本グループが運営する小売店舗及びインターネットショッピングモール「JRE MALL」で集荷した農作物を販売する。更に、一般貨物自動車運送事業や青果販売業などを手掛ける福岡ソノリク(佐賀県鳥栖市)と農林漁業への投資を行う農林漁業成長産業化支援機構(A―FIVE、千代田区)にも、それぞれ13万4900株、48万5900株の第三者割当増資を実施する。福岡ソノリクとも同日、資本業務提携を締結している。

幸和製作所 <7807>  1,030円  +150 円 (+17.1%) ストップ高   本日終値
後場に入って急動意。同社はきょう午後2時30分頃に、21年2月期第2四半期累計(3〜8月)の連結決算を発表。営業利益は前年同期比53.2%増の1億6100万円となり、通期計画1億500万円を超過したことが好感されたようだ。売上高は同23.2%減の26億3400万円で着地。新型コロナウイルスの影響で介護用品・福祉用具製造販売と介護サービスはともに苦戦したが、組織の見直しや業務効率化で固定費抑制に努めたことが利益を押し上げた。なお、通期業績予想は従来計画を据え置いている。

エコス <7520>  2,494円  +236 円 (+10.5%)  本日終値  東証1部 上昇率3位
大幅高で3日続伸。14日の取引終了後に発表した第2四半期累計(3〜8月)連結決算が、売上高674億1700万円(前年同期比7.0%増)、営業利益31億9600万円(同56.2%増)、純利益21億2200万円(同62.5%増)と大幅な営業増益となったことが好感された。集客につながる商品を割安感のある価格で投入したことや、働く女性や中高年層の顧客に応える簡便商品や総菜商品を強化したことなどの施策が奏功した。また、商品の調達コストの見直しや在庫効率の改善に取り組んだことなども寄与した。なお、21年2月期通期業績予想は、売上高1350億円(前期比6.7%増)、営業利益60億円(同39.9%増)、純利益36億円(同49.3%増)の従来見通しを据え置いている。

レアジョブ <6096>  2,491円  +191 円 (+8.3%)  本日終値
急反発。同社は、14日取引終了後、21年3月期業績予想の増額修正を発表したことが好感されている。売上高は53億円から54億円(前期比19.7%増)に見直したほか、営業利益は5億円から6億4000万円(同43.5%増)、純利益は2億7000万円から3億7000万円(同80.5%増)に修正した。新型コロナウイルス感染拡大による在宅での余暇時間の増加と英会話学習ニーズの高まりで売上高が当初計画を上回った。また、レアジョブ英会話サービスにおけるユーザー当たりのレッスン受講回数が当初計画を下回ったことに伴い売上高利益率が増加し、費用を抑制しながら事業運営ができていることも収益を押し上げる要因となっている。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 15:56 | Comment(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。