◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配・好材料情報] EIZO,沖縄電,北国銀,エイジス,鳥居薬,ITメディア,FCC,東競馬…
[上方修正・増配・好材料情報] 藤商事,JIA,サンセイ,トリニ工,TDK,シナネンHD,イエロハット,…
[上方修正・増配・好材料情報] 滝沢鉄,ナフコ,ダイビル,東京鉄,神栄,プリマ,魚力,亀田製菓,WOWO…
[格付け・レーティング情報] エスエムエス,SFOODS,ZOZO,信越化,セプテニHD,野村総研,H…
[S高|株価値上注目銘柄] セプテニHD,Jストリーム,サンケン電気,オカムラ,島忠,アドバンテスト,K…
[市場変更情報] テノ.ホールディングス(7037) マザーズ⇒東証1部
[株式分割情報] ISID(4812) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] エスフーズ,サイバーA,シマノ,ブシロード
[上方修正・増配・好材料情報] 有沢製作,NSD,池田泉州,鋳鉄管,メイテック,ドリームI,保土谷,テク…
[上方修正・増配・好材料情報] ジーエル,ダスキン,大ガス,エヌシーエヌ,ムラキ,大崎電,東洋,積化成,…
[上方修正・増配・好材料情報] セフテック,八洲電機,オムロン,NSD,ドリコム,日野自,ルネサス,信和…
[上方修正・増配・好材料情報] AGC,筑波銀,能美防災,大和,アンリツ,アドテスト,京葉銀,ファナック…
[格付け・レーティング情報] マツキヨHD,コーテクHD,イビデン,信越化,田岡化,JSR,野村総研,マ…
[S高|株価値上注目銘柄] ストリームM,メルコ,田岡化学工業,日本電気硝子,大日本住友製薬,太平洋工…
[株式分割情報] E・Jホールディングス(2153) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] イビデン,信越化学,マクアケ,日特殊陶,TDK,日東電工,太陽誘電,村田製…
[上方修正・増配・好材料情報] メルコ,小松マテ,野村,中発条,川重冷熱,日精化,フタバ,PLANT,日…
[上方修正・増配・好材料情報] 小糸製,静岡銀,東電HD,山梨銀,レッグス,カーバイド,太平洋工,アイチ…
[上方修正・増配・好材料情報] SBテク,横河ブHD,フジオーゼ,寺岡製,メタウォータ,大日塗,タカラ…
[格付け・レーティング情報] サントリBF,アスクル,野村不HD,オープンH,OBC,弁護士COM,F…
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] ヤーマン,三井ハイテック,VTホールディングス,ソフトバンクG,ハローズ,ティーケーピー,エムジーホーム,ALiNK,フリービット,石井表記,ソフトマックス,ショーケース,日本システム技術,UMCエレ,リビン・テクノロジーズ,CEホールディングス,アドウェイズ,ナレッジスイート,富士ソSB,ギフト,キャリアインデックス,INEST,andfactory
2020年09月14日

[S高|株価値上注目銘柄] ヤーマン,三井ハイテック,VTホールディングス,ソフトバンクG,ハローズ,ティーケーピー,エムジーホーム,ALiNK,フリービット,石井表記,ソフトマックス,ショーケース,日本システム技術,UMCエレ,リビン・テクノロジーズ,CEホールディングス,アドウェイズ,ナレッジスイート,富士ソSB,ギフト,キャリアインデックス,INEST,andfactory



※S高銘柄一覧


<2567> 農中カーボン  東証E  一時  
<3490> アズ企画設計  JQ       前日もストップ高
<3671> ソフトMAX  東証M      クラウドコンピューティング関連
<3843> フリービット  東証1      インフラテック事業が好調に推移
<3909> ショーケース  東証1      デジタルトランスフォーメーション関連
<4053> サンアスタ   東証M  一時  デジタルトランスフォーメーション関連
<4880> セルソース   東証M  一時  前日もストップ高。不妊治療関連
<5609> 日鋳造     東証2  一時  前日もストップ高。半導体製造装置関連
<5950> パワーファス  東証2  一時  
<5952> アマテイ    東証2      前日もストップ高
<6049> イトクロ    東証M  配分  0.77万株買残
<6188> 富士ソSB   東証2  一時  年末調整控除申告書作成用ソフトウェアのヘルプデスク業務受託
<6336> 石井表記    東証2  配分  4.70万株買残
<6579> ログリー    東証M  一時  前日もストップ高
<6699> ダイヤHD   東証1      前日まで3日連続ストップ高。電気自動車関連
<7077> ALiNK   東証M      気象庁から同庁ホームページのウェブ広告運用業務を委託
<7685> バイセル    東証M  一時  
<8891> MGホーム   東証2  配分  新規連結化による業績上方修正を発表 0.71万株買残

※株価高上昇率銘柄一覧


1. <5950> パワーファス 東証2   30.6   188 
2. <5952> アマテイ   東証2   27.0   235 S 新築屋根瓦の固定義務化と報じられ思惑向かう
3. <3490> アズ企画設計 JQ    21.2  1713 S ケラー・ウィリアムズ・ジャパンと業務提携
4. <4055> T&S    東証M   20.0  24090  半導体システム開発拠点を新設、直近IPO銘柄として選好も
5. <8891> MGホーム  東証2   19.3   618 S 21年3月期業績予想を上方修正
6. <7077> ALiNK  東証M   17.9  3295 S 気象庁から同庁ホームページのウェブ広告運用業務を委託
7. <8562> 福島銀    東証1   17.6   261 
8. <3843> フリービット 東証1   17.1  1026 S インフラテックとヘルステック好調で5〜7月期経常は2倍化
9. <6699> ダイヤHD  東証1   17.1  1029 S 前日に発表の中計などを好感か
10. <7625> Gダイニング 東証2   17.0   261 
11. <5609> 日鋳造    東証2   16.7  1039  半導体製造装置関連
12. <6336> 石井表記   東証2   15.9   728 S 上期営業利益は従来予想上回る大幅増益で着地
13. <3671> ソフトMAX 東証M   15.3  1128 S 医療ICTで業容拡大加速
14. <3909> ショーケース 東証1   15.1  1142 S ドコモ口座不正出金問題で注目度上昇
15. <6049> イトクロ   東証M   15.0  1147 S 今期第4四半期は前年同期上振れの見込みと
16. <9360> 鈴与シンワ  東証2   14.9  1250  クラウドコンピューティング関連
17. <4833> ぱど     JQG   14.3   232  人材派遣関連
18. <6630> ヤーマン   東証1   13.7  1807  第1四半期経常利益は2.5倍で上期計画にほぼ到達
19. <7685> バイセル   東証M   13.5  4500 
20. <6567> セリオ    東証M   13.2  2420  人材派遣関連
21. <2162> nms    JQ    12.7   267  人材派遣関連
22. <3556> リネットJ  東証M   12.6   713 
23. <4323> 日シス技術  東証1   12.6  1864  レセプトデータ自動点検・分析システムの需要獲得進む
24. <3793> ドリコム   東証M   12.3   821 
25. <3541> 農業総研   東証M   12.3   694 

ヤーマン <6630>  1,807円  +218 円 (+13.7%)  本日終値  東証1部 上昇率5位
急騰。11日の取引終了後に発表した21年4月期第1四半期(5〜7月)の連結決算は、売上高87億5400万円(前年同期比60.6%増)、経常利益15億9100万円(前年同期比2.5倍)に急拡大しており、これを好感する買いが入った。新型コロナウイルスの感染拡大で巣ごもり消費が増加するなか、美顔器などの美容健康機器が直販部門でインフォマーシャル(欧米で登場したテレビショッピングの手法)が大きく伸びたほか、テレビ通販会社向けの販売や中国国内のECなども好調だった。経常利益は上期計画の16億3600万円にほぼ到達しており、業績上振れが確実とみられる。

三井ハイテック <6966>  1,995円  +198 円 (+11.0%)  本日終値  東証1部 上昇率10位
続急騰し、約8カ月ぶりに年初来高値を更新した。11日の取引終了後に発表した21年1月期上期(2〜7月)の連結決算は、売上高440億4100万円(前年同期比4.2%増)、経常損益7億8600万円の黒字(前年同期は600万円の赤字)となったことが好感されている。5G(第5世代移動通信システム)関連向けやテレワークの拡大に伴う情報通信機器関連向けの半導体需要が増加するなか、ICリードフレームの販売が伸びたことに加え、生産性向上や原価低減を進めたことも利益改善につながった。

VTホールディングス <7593>  420円  +37 円 (+9.7%)  本日終値
急伸。同社はホンダ・日産系の自動車ディーラーで、販売部門を軸に海外でM&A戦略を推進し業容拡大に取り組んでいる。前週末11日取引終了後、負ののれん発生益などを背景に21年3月期の業績予想を大幅増額修正、営業利益は従来予想の30億円から58億円(前期比10%増)に大幅増額、減益見通しから2ケタ成長に変わったことで、これがサプライズを呼んだ。

ソフトバンクグループ <9984>  6,385円  +525 円 (+9.0%)  本日終値
大幅高。売買代金は、NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信<1570>を大幅に上回る高水準をこなし全市場を通じて断トツ。同社はきょう取引開始前に、同社が傘下に置く英半導体設計大手のアームの株式を米画像処理半導体大手のエヌビディアに売却することを発表、売却金額は最大で約400億ドル(4兆2500億円)となる見通しで、巨額のキャッシュ化がポジティブサプライズとしてソフトバンクGの株価を押し上げた。一方、ソフトバンクGはその対価として現金化した資金の一部をエヌビディアの株式保有に充てる見通しで、これもプラス材料として株高を助長している。

ハローズ <2742>  4,440円  +340 円 (+8.3%)  本日終値
大幅高で3日続伸。前週末11日の取引終了後、21年2月期単独業績予想について、売上高を1420億円から1484億円(前期比10.2%増)へ、営業利益を54億4000万円から67億2000万円(同27.0%増)へ、純利益を35億8000万円から45億3000万円(同27.8%増)へ上方修正したことが好感された。新型コロナウイルス感染拡大防止のための外出自粛による生活者の購買行動の変化から、食料品を中心とした在宅用消費が増加したことが要因。また、利用客がいつでも買い物ができる365日全店24時間営業の継続や商品仕入れ対策などを行ったことも寄与した。また、業績予想の修正に伴い、従来中間・期末各14円の年28円を予定していた配当予想を中間・期末各16円の年32円にするとあわせて発表しており、これも好材料視されたようだ。

ティーケーピー <3479>  2,648円  +128 円 (+5.1%)  本日終値
反発。東京証券取引所が9月11日、同社株を9月14日付で貸借銘柄に選定すると発表したことを受けて、株式流動性の向上による売買活性化への期待から買いが入ったようだ。なお、日本証券金融も9月14日約定分から貸借銘柄に追加している。

エムジーホーム <8891>  618円  +100 円 (+19.3%) ストップ高   本日終値
ストップ高。前週末11日の取引終了後、21年3月期の連結業績について、売上高を103億5000万円から126億200万円(前期比21.7%増)へ、営業利益を6億9500万円から7億1000万円(同9.9%減)へ、最終利益を4億6000万円から15億9300万円(同2.4倍)へ上方修正したことが好感された。20年7月にTAKI HOUSEの株式を取得し、同社及び同社子会社2社を連結子会社化したことが寄与する。また、これに伴い約11億7000万円の負ののれんを特別利益として計上することも最終利益を押し上げる。

ALiNK <7077>  3,295円  +500 円 (+17.9%) ストップ高   本日終値
続急騰。 前週末11日、気象庁ホームページのウェブ広告運用業務等委託の企画競争による入札に参加し、8月5日に落札したと発表しており、これが材料視されたようだ。気象庁はホームページによる持続的・安定的な情報提供を維持・推進する事を目的として、9月15日の14時以降、同庁ホームページに有料の広告枠を設ける事を決定しており、同社によると初回は既に大塚製薬(東京都千代田区)が純広告主として出稿する事が決まっているという。なお、業績における影響は現在精査中としている。

フリービット <3843>  1,026円  +150 円 (+17.1%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率2位
ストップ高。11日の取引終了後に発表した21年4月期第1四半期(5〜7月)の連結決算は売上高134億1700万円(前年同期比0.2%増)、経常利益5億8600万円(同2倍)となり、これを好材料視する買いが入った。新型コロナウイルスの感染拡大によるテレワーク需要の高まりを背景に、インフラテック事業でMVNO支援パッケージをはじめとする通信インフラサービスが好調だった。また、お薬手帳アプリの利用者増加や薬局向けソリューションの顧客獲得、不採算事業の整理が寄与し、フリービットEPARKヘルスケアが展開するヘルステック事業が黒字化したことも増益に大きく貢献した。

石井表記 <6336>  728円  +100 円 (+15.9%) ストップ高   本日終値
ストップ高。前週末11日の取引終了後に発表した第2四半期累計(2〜7月)連結決算が、売上高50億3400万円(前年同期比9.6%増)、営業利益2億6100万円(同3.1倍)、最終利益2億4700万円(前年同期7800万円の赤字)と従来予想の営業利益2億2300万円を上回り、大幅増益となったことが好感された。新型コロナウイルス感染症の影響で、顧客の設備投資延期や営業活動縮小を余儀なくされたものの、プリント基板分野、液晶関連分野における消耗品販売が増加したことが業績を牽引した。また、原価がともに想定を下回ったことも寄与した。同時に、従来未定としていた21年1月期通期業績予想を発表しており、液晶関連分野でインクジェットコーターが中国経済の再開を受けて現地据え付けが可能となったことが牽引役となり、売上高109億8300万円(前期比5.9%増)、営業利益8億2400万円(同2.6倍)、最終利益7億1500万円(同6.8倍)を見込むとした。年間配当は前期同様に期末一括10円を予定している。

ソフトマックス <3671>  1,128円  +150 円 (+15.3%) ストップ高   本日終値
ストップ高。Web型電子カルテを主力に医療情報システム開発分野に展開し、会計システムなども手掛け医療ICT関連の有力株として頭角を現している。中規模病院向けを中心に需要開拓を進め、収益は高成長路線を走る。新型コロナウイルス感染症への警戒感が高まるなか、院内での感染防止策として非接触型の電子カルテに対するニーズが喚起されていることは追い風だ。業務提携にも前向きで、医療機関への業務請負や介護サービスなどを展開するソラスト<6197>とは医療ICTの活用に関連したサービスで包括的に協業している。20年12月期中間期(1〜6月)の営業利益は前年同期比25%増の1億2500万円と好調だ。

ショーケース <3909>  1,142円  +150 円 (+15.1%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率4位
ストップ高。NTTドコモ<9437>の電子決済サービス「ドコモ口座」を利用した不正引き出し問題発覚以降、オンライン上で行う本人確認であるeKYCへの関心が高まっており、同社の統合eKYCプラットフォーム「ProTech ID Checker」への注目から、買いが流入しているようだ。

日本システム技術 <4323>  1,864円  +209 円 (+12.6%)  本日終値  東証1部 上昇率6位
急騰。独立系のシステム開発会社で、主力の業務支援ソフト受託開発のほか医療ビッグデータ事業への展開力に厚く、医療ICTの有力株として注目されている。医療ビッグデータについては成長分野として育成に力を入れている状況にある。保険者向けトータルサービスとして、レセプトデータの自動点検・分析システム「JMICS」をクラウドで提供し、需要獲得が進む。業績は16年3月期以降20年3月期まで増収かつ2ケタ営業増益を続ける成長力の高さが評価されている。

UMCエレ <6615>  363円  +38 円 (+11.7%)  本日終値  東証1部 上昇率7位
急反発。前週末11日の取引終了後に発表した第1四半期(4〜6月)連結決算が、売上高262億5600万円(前年同期比15.3%減)、営業損益3億9100万円の赤字(前年同期4億2900万円の赤字)、最終損益7億700万円の赤字(同13億7900万円の赤字)となり、減収にもかかわらず、営業赤字幅が縮小したことが好感された。車載機器やOA機器、情報通信機器など向けに主力のEMS事業が落ち込んだことが響いた。一方、前年同期に計上した退職給付費用の影響がなくなったことが損益改善につながった。なお、21年3月期通期業績予想は引き続き未定としている。

リビン・テクノロジーズ <4445>  3,595円  +310 円 (+9.4%)  本日終値
大幅高。同社は前引け後、20年9月期業績予想について、売上高を20億500万円から24億円(前期比28.2%増)へ上方修正しており、これが好感された。「リビンマッチ」の集客が好調に推移し「不動産売却」の査定依頼件数が増加したことに加えて、「ブランディングサービス」で、インターネット広告代理の新規受注が好調に推移していることが寄与する見通し。一方で、テレビCMの制作・配信など大規模なブランディング投資を積極的に実施するため、営業利益は1000万円(同96.2%減)の従来予想を据え置いている。

CEホールディングス <4320>  645円  +54 円 (+9.1%)  本日終値
続急騰。自社開発の電子カルテシステム「ミライズエーズィー」を中心とする医療ソリューション事業を手掛ける。今3月期業績は前期に反映された大型案件獲得の反動で大幅減益を見込むが、マーケットは来期以降の回復に目が向いている。同社がM&Aで傘下に収めた臨床試験受託子会社マイクロンの収益フル寄与が見込まれることはポイント。マイクロンが開発支援したAI搭載のプログラム医療機器が「新型コロナウイルス感染症に関連した肺画像解析プログラム」として日本初の承認を取得するなど話題性も多い。光通信<9435>が純投資目的で同社株を買い増し、筆頭株主となっていることも思惑材料となっている。

アドウェイズ <2489>  473円  +38 円 (+8.7%)  本日終値
上げ足が加速している。株価は5営業日続伸となり、この間に株価水準を30%も切り上げた。スマートフォン向け広告配信を主力とするアフィリエイト広告の大手だが、巣ごもり消費を背景としたマンガアプリの広告需要拡大などが追い風となっている。配信の自動化などで収益性が高まっていることも業績数字に反映され、21年3月期営業利益は前期比倍増となる4億200万円と急回復が見込まれている。博報堂DYホールディングス<2433>傘下の博報堂DYメディアパートナーズとの資本・業務提携による効果も収益押し上げ要因となっている。

ナレッジスイート <3999>  953円  +72 円 (+8.2%)  本日終値
大幅続伸。午前10時ごろ、テレワークの営業活動を支援するクラウド型オンライン商談ツール「VCRM(ブイシーアールエム)」の大幅機能リニューアルを行ったと発表しており、これが好材料視された。今回のリニューアルでは、接続の不安定状況を改善したほか、電話商談中にオンライン商談に即座に切り替える機能と、事前にアクセスURLを発行し決められた時間にオンライン会議を始める機能を一つに集約し、ユーザー企業の負担とオペレーションの軽減を実現したのが特徴。同サービスは、20年5月13日正式リリースし、リリースから2カ月間で125社500ライセンス以上の顧客に利用されたが、リニューアルによる利便性の向上で更なるユーザー獲得が期待されている。

富士ソSB <6188>  433円  +31 円 (+7.7%) 一時ストップ高   本日終値
後場動意づき、一時ストップ高まで買われた。同社はきょう、国税庁から年末調整控除申告書作成用ソフトウェアのヘルプデスク業務を受託したと発表しており、これが株価を刺激したようだ。受託した業務内容は、年調ソフト操作方法に関する問い合わせ対応業務や、問い合わせ内容などの記録業務、書類などの整理・仕分け業務、その他付随業務などとなっている。

ギフト <9279>  1,635円  +117 円 (+7.7%)  本日終値
4日ぶりに反発。前週末11日の取引終了後、東京証券取引所の承認を受けて、9月18日付で東証マザーズから東証1部へ市場変更することになったと発表しており、TOPIX連動ファンドなどによる買い需要発生を先取りする形で買われた。同社は、横浜家系ラーメン店を関東中心にチェーン展開しているほか、麺やスープなどの食材を提供するプロデュース事業を展開。20年10月期連結業績予想は、売上高108億8000万円(前期比20.2%増)、経常利益6億1600万円(同39.7%減)を見込んでいる。

キャリアインデックス <6538>  521円  +36 円 (+7.4%)  本日終値
続伸。この日午前中、採用管理システム(ATS)との連携サービスの提供を開始したと発表しており、これが好感された。提供が開始されたサービスを利用することで、採用活動を行っている企業では、ATSに掲載している求人に対して、キャリアインデックスの提供する求職者集客のマーケティング支援を受けることができるという。具体的には、ATSに掲載している求人情報がキャリアインデックスが運営する転職サイト「CAREER INDEX(転職)」とアルバイト・パート向けの情報サイト「Lacotto(ラコット)」にリアルタイムで掲載され、応募者獲得ルートを増やすことができるという。また、応募があった際はATSで直接応募情報を取得できるようになるとしている。

INEST <3390>  80円  +5 円 (+6.7%)  本日終値
3日続伸。きょう昼ごろ、同社子会社のアイ・ステーションが、AI顔認証ソリューションを提供するソフトバンク<9434>子会社の日本コンピュータビジョンと業務提携を行うと発表しており、これが材料視された。今後、中小企業及び店舗運営会社に向けて、AI温度検知ソリューションサービスを商品化し販売を行っていくという。

andfactory <7035>  989円  +60 円 (+6.5%)  本日終値
続伸。前週末11日の取引終了後、パートナーと共同運営するマンガアプリの総合月間アクティブユーザーが、8月で1000万人を突破したと発表しており、これが好感された。なお、同社では現在、パートナー企業と「マンガUP!」「マンガPark」「マンガMee」など8つのマンガアプリを共同運営し、マンガコンテンツを提供している。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:01 | Comment(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。