◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配・好材料情報] EIZO,沖縄電,北国銀,エイジス,鳥居薬,ITメディア,FCC,東競馬…
[上方修正・増配・好材料情報] 藤商事,JIA,サンセイ,トリニ工,TDK,シナネンHD,イエロハット,…
[上方修正・増配・好材料情報] 滝沢鉄,ナフコ,ダイビル,東京鉄,神栄,プリマ,魚力,亀田製菓,WOWO…
[格付け・レーティング情報] エスエムエス,SFOODS,ZOZO,信越化,セプテニHD,野村総研,H…
[S高|株価値上注目銘柄] セプテニHD,Jストリーム,サンケン電気,オカムラ,島忠,アドバンテスト,K…
[市場変更情報] テノ.ホールディングス(7037) マザーズ⇒東証1部
[株式分割情報] ISID(4812) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] エスフーズ,サイバーA,シマノ,ブシロード
[上方修正・増配・好材料情報] 有沢製作,NSD,池田泉州,鋳鉄管,メイテック,ドリームI,保土谷,テク…
[上方修正・増配・好材料情報] ジーエル,ダスキン,大ガス,エヌシーエヌ,ムラキ,大崎電,東洋,積化成,…
[上方修正・増配・好材料情報] セフテック,八洲電機,オムロン,NSD,ドリコム,日野自,ルネサス,信和…
[上方修正・増配・好材料情報] AGC,筑波銀,能美防災,大和,アンリツ,アドテスト,京葉銀,ファナック…
[格付け・レーティング情報] マツキヨHD,コーテクHD,イビデン,信越化,田岡化,JSR,野村総研,マ…
[S高|株価値上注目銘柄] ストリームM,メルコ,田岡化学工業,日本電気硝子,大日本住友製薬,太平洋工…
[株式分割情報] E・Jホールディングス(2153) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] イビデン,信越化学,マクアケ,日特殊陶,TDK,日東電工,太陽誘電,村田製…
[上方修正・増配・好材料情報] メルコ,小松マテ,野村,中発条,川重冷熱,日精化,フタバ,PLANT,日…
[上方修正・増配・好材料情報] 小糸製,静岡銀,東電HD,山梨銀,レッグス,カーバイド,太平洋工,アイチ…
[上方修正・増配・好材料情報] SBテク,横河ブHD,フジオーゼ,寺岡製,メタウォータ,大日塗,タカラ…
[格付け・レーティング情報] サントリBF,アスクル,野村不HD,オープンH,OBC,弁護士COM,F…
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] アレンザHD,アミューズ,日本郵船,ストリーム,価値開発,ダイヤHD,ミナトホールディングス,コーセーアールイー,ショーケース,ITbook,ピースリー,SIG,ヒノキヤグループ,さくらインターネット,日本アクア,北川精機
2020年09月09日

[S高|株価値上注目銘柄] アレンザHD,アミューズ,日本郵船,ストリーム,価値開発,ダイヤHD,ミナトホールディングス,コーセーアールイー,ショーケース,ITbook,ピースリー,SIG,ヒノキヤグループ,さくらインターネット,日本アクア,北川精機



※S高銘柄一覧


<3071> ストリーム   東証2  配分  65.84万株買残
<3246> コーセーRE  東証1  一時  5-7月期収益回復で上半期は2ケタ増益に
<3248> アールエイジ  東証2  一時  5〜7月期営業44%増益で株価指標面の割安さ際立つ
<3747> インタートレ  東証2  一時  人工知能関連
<5609> 日鋳造     東証2      前日もストップ高。半導体製造装置関連
<6699> ダイヤHD   東証1      24年3月期に売上高1000億円を目指す新中計を好感
<6862> ミナトHD   JQ   配分  非接触赤外線センサー『ディスプレア』を開発 7.94万株買残
<7353> Kラーニング  東証M      2020年のIPO関連

※株価高上昇率銘柄一覧


1. <1689> WT天然ガス 東証E   100    2 
2. <3071> ストリーム  東証2   32.6   122 S リモートワーク追い風に第2四半期営業利益3.6倍
3. <4243> ニックス   JQ    28.9  1212  『コロナ対策の自動検温装置製造』の報道を引き続き買い材料視
4. <3010> 価値開発   東証2   24.8   136  株主優待制度を再開
5. <2970> グッドライフ JQ    22.0  1433 
6. <6699> ダイヤHD  東証1   18.9   629 S 前日に発表の中計などを好感か
7. <6181> パートナーA 東証M   17.1   254 
8. <6862> ミナトHD  JQ    16.6   562 S 非接触赤外線センサー『ディスプレア』を開発
9. <7353> Kラーニング 東証M   16.5  10570 S 2020年のIPO関連
10. <3246> コーセーRE 東証1   16.4   582  5〜7月期営業利益が3倍超の伸び
11. <6495> 宮入バ    東証2   14.9   116 
12. <5609> 日鋳造    東証2   14.7   780 S コバルトフリーのゼロ熱膨張率合金を開発
13. <3747> インタートレ 東証2   12.3   721  人工知能関連
14. <3909> ショーケース 東証1   12.2   911  外資経由の空売り買い戻しで3連騰
15. <1447> ITbook 東証M   12.0   679  マイナポイント事業で商機拡大
16. <6696> ピースリー  東証M   11.0   785  上期は営業赤字幅縮小
17. <3814> アルファクス JQG   9.7   757  自律歩行型AI配膳ロボットを銚子丸が試験導入
18. <4386> SIG    東証2   9.7   828  システム開発・セキュリティーに強く官公庁DX関連で商機
19. <1413> ヒノキヤG  東証1   9.5  1954  ヤマダ電が1株2000円でTOB実施
20. <7687> ミクリード  東証M   9.4  1243  2020年のIPO関連
21. <3546> アレンザHD 東証1   9.4  1411  8月既存店売上高15%増で7カ月連続プラス
22. <3441> 山王     JQ    9.3  1129  5G関連
23. <5341> アサヒ陶   東証2   9.1   624 
24. <3030> ハブ     東証1   8.9   722 
25. <6391> 加地テック  東証2   8.8  2340 

アレンザHD <3546>  1,411円  +121 円 (+9.4%)  本日終値  東証1部 上昇率5位
大幅反発。8日の取引終了後に発表した8月度の既存店売上高は前年同月比15.1%増となり、7カ月連続で前年実績を上回ったことが好感された。客数が同8.6%増となったほか、客単価は同5.9%増と4カ月連続で伸びた。なお、全店ベースの売上高も同17.7%増と好調を維持し、中間期(3〜8月)の全店売上高は前年同期比14.9%増となった。

アミューズ <4301>  2,538円  +111 円 (+4.6%)  本日終値
後場上げ幅を拡大。複数のメディアで、「政府が新型コロナウイルス対策として行っているイベント開催の人数制限について、9月末まで継続する予定だったが19日にも前倒しで緩和する方向で検討していることがわかった」と伝えられており、ライブエンターテインメントの開催がしやすくなるとの期待感から買われたようだ。

日本郵船 <9101>  1,777円  +59 円 (+3.4%)  本日終値
海運株が逆行高。野村証券は8日、国内海運大手3社のレーティングや目標株価といった投資評価を引き上げた。郵船のレーティングは「ニュートラル」から「バイ」に引き上げ、目標株価は1700円から2300円に見直した。商船三井は「バイ」を継続するとともに同株価を2600円から3100円に引き上げた。川崎汽は「リデュース」から「ニュートラル」とし、同株価を810円から1100円に見直した。郵船の投資評価見直しの要因として、(1)コンテナ業界が合従連衡の成果で柔軟な需給調整が可能となり、コンテナ船会社「ONE」が安定的に利益を創出できる体質へ変貌した(2)航空輸送事業は貨物スペースの減少による需給逼迫で赤字になった前3月期のようなリスクはなくなった――ことを挙げている。

ストリーム <3071>  122円  +30 円 (+32.6%) ストップ高   本日終値
ストップ高。8日の取引終了後、第2四半期累計(2〜7月)連結決算を発表しており、売上高140億200万円(前年同期比22.6%増)、営業利益2億6100万円(同3.6倍)、純利益2億3200万円(同7.3倍)となったことが好感された。新型コロナウイルス感染症対策に伴うリモートワークや巣ごもり需要の増加により、リモートワークに必要となるパソコン、タブレットといったIT商品及びマウス、キーボードなどの周辺機器が大幅に伸長したほか、空気清浄器、掃除機、調理家電なども好調に推移した。また、各サイト及び商品ごとのきめ細かい価格の見直しによる粗利率の改善や固定費の削減に取り組んだことも奏功した。なお、21年1月期通期業績予想は、売上高244億3000万円(前期比4.4%増)、営業利益1億1600万円(同28.1%減)、純利益2300万円(同66.9%減)の従来見通しを据え置いている。

価値開発 <3010>  136円  +27 円 (+24.8%)  本日終値
急騰。8日の取引終了後、20年9月末時点の株主から株主優待制度を再開すると発表しており、これが好材料視された。毎年9月30日時点で30単元(3000株)以上を保有する株主に対して、特設WEBサイトでこだわりグルメや家電製品、体験ギフトなどと交換できる株主優待ポイントを、保有株数と保有期間に応じて3000〜12万ポイント贈呈する。

ダイヤHD <6699>  629円  +100 円 (+18.9%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率トップ
ストップ高。8日の取引終了後に発表した新たな中期経営計画で、24年3月期に売上高1000億円(20年3月期710億1200万円)、25年3月期に営業利益率6%(同0.7%)を目指すとしたことが好感されたようだ。売上高1000億円達成のため、「点火コイルシェア世界一」「電子・車載電装事業の売上高比率5割達成」「IoTを軸とした新規事業創出」を重点施策として進める方針で、なかでIoTを軸とした新規事業創出では社長直下プロジェクトで独自モビリティー開発及び連携を推進しているという。同時に、6月26日に発表した希望退職者の募集に関して、募集人数150人程度に対して165人の希望退職者があったと発表した。特別退職金などの費用8億4200万円は21年3月期第2四半期決算で特別損失として計上する予定だ。

ミナトホールディングス <6862>  562円  +80 円 (+16.6%) ストップ高   本日終値
ストップ高。8日の取引終了後、100%子会社ミナト・アドバンスト・テクノロジーズが、画面に直接触れずに操作できる非接触赤外線センサー「ディスプレア」を開発し市場投入したと発表した。「ディスプレア」は、一般的なタッチパネルのようにタッチ面としてのガラスなどがついておらず、枠(ベゼル)のみの製品であることから、既存端末への後付けが可能な点が特徴。枠にはLEDなどが実装された基板が内蔵されており、このLEDから赤外線を放出することで位置情報を検出、画面に直接触れることなく、端末を操作することができるとしている。

コーセーアールイー <3246>  582円  +82 円 (+16.4%) 一時ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率2位
一時ストップ高。同社は福岡を地盤にマンション開発を手掛けるが、足もとの業績は好調に推移している。8日取引終了後に発表した21年1月期上期(20年2〜7月)の営業利益は前年同期比17%増の2億7300万円と2ケタ成長を達成、特に5〜7月期の伸びが前年同期比3.2倍と高変化を示しており、これを材料視する買いを呼び込んだ。

ショーケース <3909>  911円  +99 円 (+12.2%)  本日終値  東証1部 上昇率3位
3連騰と異彩の強さを発揮している。国内外で取得の特許技術を活用した「ナビキャストシリーズ」を主力にモバイル向けウェブサイト最適化技術をクラウドサービスで展開しており、需要を取り込んでいる。広報PRのデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するプラップノードは、同社とプラップジャパン<2449>の合弁で設立した会社で、広報業務をデジタル技術で変革する新サービスを今月から開始、DX関連人気の流れに乗っている。ここJPモルガンやクレディ・スイスなど外資系経由で空売り残高が大幅増加しており、この買い戻しが株高を加速させる形となっている。

ITbook <1447>  679円  +73 円 (+12.1%)  本日終値
大幅高。7月13日以来の700円台復帰が目前。今月1日からマイナンバーカード所有者へのポイント還元策「マイナポイント」事業が開始、政府はマイナンバーカードの普及や個人消費の喚起及びキャッシュレス化の進展を目的に同事業に力を入れていく構えにある。また、菅官房長官が「デジタル庁」創設の検討を明示していることもあり、官公庁向けで実績の高い同社株への注目度が高まっている。

ピースリー <6696>  785円  +78 円 (+11.0%)  本日終値
3日続伸。8日の取引終了後に発表した第2四半期累計(2〜7月)連結決算が、売上高3億3800万円(前年同期比2.3%増)、営業損益7900万円の赤字(前年同期は9100万円の赤字)、最終損益9100万円の赤字(同9900万円の赤字)と営業損益の赤字幅が縮小し、かつ従来予想の8900万円の赤字を上回っており、これが好感されたようだ。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、7月に見込んでいた美容サロン向けメディアプラットフォーム開始に遅れが生じたものの、STB(セットトップボックス)端末の大型受注をしたことや、商材の選別による売上総利益の向上施策が奏功した。なお、21年1月期通期の業績予想は、売上高15億4500万円(前期比97.3%増)、営業損益8100万円の黒字(前期は1億300万円の赤字)、最終損益6800万円の黒字(同1億2200万円の赤字)の従来見通しを据え置いている。

SIG <4386>  828円  +73 円 (+9.7%)  本日終値
続急伸。同社は官公庁向け給与システムなどで高実績を誇るシステムインテグレーターで、セキュリティー分野でもコンサルティングや脆弱性診断などで強みを有しており、菅官房長官が言及した「デジタル庁」創設で商機が巡るとの思惑が物色人気につながっている。クラウドサービス市場が急速に拡大するなか、「AWS」のあらゆる機能を駆使した構築など、クラウド環境の構築でも優位性を持っている。20年4〜6月期営業利益は前年同期比21%増と好調を堅持、PER16倍台は同業他社と比較しても割高感に乏しい。

ヒノキヤグループ <1413>  1,954円  +169 円 (+9.5%)  本日終値  東証1部 上昇率4位
急伸。8日の取引終了後、ヤマダ電機<9831>がTOB(株式公開買い付け)を実施し、同社の連結子会社化を目指すと発表。TOB価格が前日終値を12%上回る1株2000円とあって、これにサヤ寄せする形で買い気配値を切り上げた。買付期間は9月9日から10月22日まで。なお、買い付け予定数の上限は50.1%に設定しており、TOBが成立後も同社株は上場を維持する見通しだ。

さくらインターネット <3778>  692円  +43 円 (+6.6%)  本日終値  東証1部 上昇率8位
上げ足が止まらない。きょうは全体相場が波乱含みに下げるなかも実需買いが流入、きょうで8連騰と異彩を放っている。独立系データセンター大手でホスティングを中心としたクラウドサービスで業容を拡大している。“脱ハンコ時代”に対応し、押印プロセスをオンラインで完結させる「電子契約プラットフォームβ」の提供も始めており、デジタル行政の流れに乗る銘柄として注目度が高まっている。

日本アクア <1429>  668円  +40 円 (+6.4%)  本日終値  東証1部 上昇率10位
大幅続伸。8日の取引終了後、ヤマダ電機<9831>がTOBを実施し、ヒノキヤグループ<1413>の連結子会社化を目指すと発表。ヒノキヤGの子会社である日本アクアにもメリットが大きいとの思惑から買われたようだ。

北川精機 <6327>  575円  +30 円 (+5.5%)  本日終値
3日続伸し、約8カ月ぶりに年初来高値を更新した。8日の取引終了後、発行済み株式数(自社株を除く)の4.58%にあたる35万株または2億円を上限に、9日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT−3」で自社株買いを実施すると発表したことが好材料視されている。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められたようだ。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:01 | Comment(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。