◆新着記事一覧◆
[格付け・レーティング情報] 野村不動,デンカ,NRI,ZHLD,大塚商会,ファンケル,KePr技研,リ…
[上方修正・増配・好材料情報] クシム,グローバル・リンク・マネジメント,アステリア,シャノン,デン…
[格付け・レーティング情報] JCRファ,JXTG,三浦工,IRジャパン,DMG森精機,THK,アンリ…
[S高|株価値上注目銘柄] サーバーワークス,シーティーエス,サイバーセキ,ユーグレナ,AIinsid…
[格付け・レーティング情報] 明治HD,デンカ,サイボウズ,タカラバイオ,JXTGH,三浦工業,THK,…
[上方修正・増配・好材料情報] ユーグレナ,マーチャント・バンカーズ,グリムス,ソケッツ,駅探,ディー…
[上方修正・増配・好材料情報] ブイキューブ,グリムス,アーレスティ,ワットマン,FCHD,DIT
[格付け・レーティング情報] 明治HD,ダイワボウ,ネクソン,イビデン,野村総研,小野薬,ソラスト,ヤマ…
[S高|株価値上注目銘柄] 曙ブレーキ工業,アイロムグループ,FRONTEO,トリケミカル研究所,アス…
[株式分割情報] サイバーセキュリティクラウド(4493) 1株⇒4株
[株式分割情報] テクマトリックス(3762) 1株⇒2株
[株式分割情報] ピー・ビーシステムズ(4447) 1株⇒2株
[上方修正・増配・好材料情報] FRONTEO,ツルハホールディングス,ジェイ・エス・ビー,プロスペ…
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2020年発表分)
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均株価予想(06/05週〜09/11週) ]VIX25超につき先行指数によ…
[格付け・レーティング情報] 明治HD,ダイワボウ,ネクソン,NRI,小野薬品,テルモ,CTC,ライドオ…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証JQS・マザーズ 銘柄一覧(05/29週終値現在)
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2020/05/29週 +679,992円】NYDow 続伸 ロックダウン緩和継続 N22…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割・東証2部 銘柄一覧(05/29週終値)
[市場変更情報] 東証1部昇格・市場変更があるかも予想?!  銘柄一覧と進捗状況(05/29週終値)
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] メドレー,エスプール,あさひ,Zホールディングス,ブイキューブ,富士フイルム,NTTドコモ,国際石油開発帝石,ベネフィット・ワン,弁護士ドットコム,アクシアル,大阪有機化学工業,いちご,トライステージ,コックス,ヘリオスTH,岡野バルブ製造,ガイアックス,川口化学工業,ヒトコムHD,ボルテージ,ハイパー,サインポスト,識学,シャノン
2020年04月06日

[S高|株価値上注目銘柄] メドレー,エスプール,あさひ,Zホールディングス,ブイキューブ,富士フイルム,NTTドコモ,国際石油開発帝石,ベネフィット・ワン,弁護士ドットコム,アクシアル,大阪有機化学工業,いちご,トライステージ,コックス,ヘリオスTH,岡野バルブ製造,ガイアックス,川口化学工業,ヒトコムHD,ボルテージ,ハイパー,サインポスト,識学,シャノン



※S高銘柄一覧


<1685> WTエナジー  東証E      
<1687> WTアグリ   東証E  一時  
<1688> WT穀物    東証E  一時  
<1691> WTガソリン  東証E  配分  前日まで2日連続ストップ高
<1695> WT小麦    東証E  一時  
<1696> WTコーン   東証E  一時  
<1697> WT大豆    東証E      
<2150> ケアネット   東証M  一時  遠隔医療関連
<2178> トライSTG  東証M  一時  今期営業益は82%増を見込む
<2471> エスプール   東証1      両事業ともに好調なスタート
<2484> 出前館     JQ       巣ごもり関連
<3306> 日本麻     東証2  一時  
<3320> クロスプラス  東証2      
<3541> 農業総研    東証M      
<3547> 串カツ田中   東証1      3月既存店落ち込むも目先のあく抜け感が先行
<3604> 川本産業    東証2      マスク関連
<3671> ソフトMAX  東証M      
<3799> キーウェア   東証2  一時  人工知能関連
<3836> アバント    東証1      人工知能関連
<4061> デンカ     東証1      前日もストップ高。
<4320> CEHD    東証1      医療機器関連
<4361> 川口化     東証2      第1四半期80%営業増益
<4480> メドレー    東証M  一時  遠隔医療関連
<4558> 中京医薬    JQ       マスク関連
<4686> ジャスト    東証1  一時  教育ICT関連
<4990> 昭和化     東証2      コロナウイルス関連
<6034> MRT     東証M      遠隔医療関連
<6291> エアーテック  東証1  配分  10.03万株買残
<6561> ハナツアーJ  東証M  一時  
<6629> Tホライゾン  JQ       自動運転車関連
<6663> 太洋工業    JQ       
<6676> メルコ     東証1  一時  教育ICT関連
<6927> ヘリオスTH  東証1      トランプ米大統領のマスク着用推奨で思惑
<7963> 興研      JQ       マスク関連
<7980> 重松製     JQ       マスク関連
<8747> 豊商事     JQ   一時  
<8889> APAMAN  JQ       
<9876> コックス    JQ       


※株価高上昇率銘柄一覧


1. <2178> トライSTG 東証M   39.5   279  今期経常は2.8倍増益へ
2. <1695> WT小麦   東証E   34.7   97 
3. <1685> WTエナジー 東証E   30.9   246 S
4. <9876> コックス   JQ    30.6   128 S
5. <3541> 農業総研   東証M   29.7   349 S
6. <1691> WTガソリン 東証E   29.2  1323 S
7. <6927> ヘリオスTH 東証1   27.6   370 S トランプ米大統領のマスク着用推奨で思惑
8. <7963> 興研     JQ    24.3  2560 S マスク関連
9. <1696> WTコーン  東証E   23.9   88 
10. <7980> 重松製    JQ    23.8  1560 S マスク関連
11. <1688> WT穀物   東証E   23.8   401 
12. <6676> メルコ    東証1   23.1  2633  教育ICT関連
13. <3604> 川本産業   東証2   23.0  2142 S マスク関連
14. <6034> MRT    東証M   22.4  1637 S 遠隔医療関連
15. <6492> 岡野バ    東証2   21.1  2225  2万株を上限とする自社株買いと20年11月期最終利益予想の上方修正を好感
16. <4320> CEHD   東証1   20.9   463 S 医療機器関連
17. <2038> 原油ブル   東証N   20.6   380 
18. <3320> クロスプラス 東証2   19.8   484 S グループ会社が保育施設などにマスク販売開始へ
19. <3202> ダイトウボウ 東証1   19.6   165 
20. <4061> デンカ    東証1   19.5  3085 S 『アビガン』の原料供給を発表
21. <3775> ガイアックス 名証C   18.6   594  『オンラインのみ会』サービス開始
22. <4990> 昭和化    東証2   18.2   650 S コロナウイルス関連
23. <6663> 太洋工業   JQ    17.8   530 S
24. <7674> NATTY  東証M   17.7  1596 
25. <6231> 木村工機   東証2   17.7  2298 

メドレー <4480>  2,500円  +358 円 (+16.7%) 一時ストップ高   本日終値
急伸。きょう付けの日本経済新聞朝刊で、「政府は5日、受診歴がない初診患者についてもスマートフォンなどのビデオ通話機能を使ったオンライン診療を認める方針を固めた」と報じられており、オンライン診療システム「CLINICS オンライン診療」を展開する同社や、オンライン診療「ポケットドクター」を展開するMRT<6034>及びオプティム<3694>などへ思惑的な買いが向かった。記事によると、新型コロナウイルスの感染が収まるまでの特例措置となる予定で、月内にも解禁するという。オンラインのほか電話による診療も容認される方向で、オンライン診療の普及とそれに伴う業績への貢献が期待されている。

エスプール <2471>  571円  +80 円 (+16.3%) ストップ高   本日終値
ストップ高。3日大引け後に発表した20年11月期第1四半期(19年12月-20年2月)の連結経常利益が前年同期比80.6%増の3.9億円に拡大して着地したことが買い材料視された。障がい者雇用支援サービスで農園の設備販売収入と管理料収入が大きく増加したことが寄与。コールセンター業務でグループ型派遣が伸びたことに加え、販管費を抑制したことも大幅増益につながった。

あさひ <3333>  1,233円  +159 円 (+14.8%)  本日終値
急騰。3日大引け後に発表した20年2月期の経常利益(非連結)は前の期比5.5%増の42.4億円で着地。続く21年2月期も前期比3.8%増の44.1億円に伸びる見通しとなったことが買い材料視された。今期は500店体制に向けて14店舗の新規出店を計画するほか、既存店改装による活性化やスポーツサイクル専門店の拡大を図る方針。既存店売上高は前期比2.7%増を見込む。併せて、前期の年間配当を16円→18円(前の期は18円)に増額し、今期も18円を継続する方針とした。また、同時に発表した3月の既存店売上高が前年同月比18.5%増と大きく伸びたことも好感されたようだ。

Zホールディングス <4689>  347円  +36 円 (+11.6%)  本日終値
急反発。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、安倍晋三首相が法律に基づく「緊急事態宣言」を出すことで最終調整に入ったことが伝わった。これを受けてポータルサイト国内最大級の同社には、外出を控えた人の利用が増えるとの思惑が強まっているようだ。

ブイキューブ <3681>  1,273円  +86 円 (+7.3%)  本日終値
テレワーク関連株が高い。きょう朝方、安倍首相が緊急事態宣言に踏み切る意向を固めたことを複数のメディアが伝えており、これがテレワークのさらなる普及につながるとの見方から好感されたようだ。同関連株の中心的な存在となるブイキューブ<3681>は3日ぶりに反発。また、独自のコンテナ技術を強みにテレワーク製品を展開するセグエグループ<3968>も3日ぶりに反発した。その他、この日はテラスカイ<3915>、サイボウズ<4776>、パシフィックネット<3021>などが上昇している。

富士フイルム <4901>  6,166円  +402 円 (+7.0%)  本日終値
続急伸。株価は一時前営業日比11.4%高の6420円まで上昇し、2月25日につけた上場来高値5890円を大幅に更新した。5日付の日本経済新聞朝刊で「新型コロナウイルスに対する治療効果が期待されている抗インフルエンザ薬『アビガン』の増産を支援し、2020年度中に現在の最大3倍にあたる200万人分(インフルでは600万人分)の備蓄を確保する」と報じられたことが刺激材料となっている。記事によると、アビガンを開発した富士フイルム富山化学が実施する治験の結果も踏まえ、生産設備の整備を後押しするという。同社株のほか、2日大引け後にアビガン原料の供給を決定したと発表したデンカ<4061>も連日の急騰となっている。

NTTドコモ <9437>  3,369円  +214 円 (+6.8%)  本日終値
KDDI<9433>,ソフトバンク<9434>の大手通信キャリアが軒並み高。4日付の日本経済新聞朝刊で、「新型コロナウイルスの感染拡大で、データ通信量が急増している」と報じられており、業績への好影響を期待した買いが入ったようだ。記事によると、外出自粛でテレワークが広がり、企業の利用と動画配信サービスが増えているという。「3月下旬の通信量(日中)は2月比で最大4割増」になったと報じている。一方で、遠隔授業の本格利用が始まれば、通信ネットワークの停滞懸念も強まりそうだともしている。

国際石油開発帝石 <1605>  672円  +39.8 円 (+6.3%)  本日終値
石油関連株が高い。国際石油開発帝石<1605>や石油資源開発<1662>、JXTGホールディングス<5020>などが値を上げた。6日の米原油先物相場はWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の期近物が前日比3.02ドル高の1バレル=28.34ドルに上昇した。サウジアラビアが産油国に緊急会合の開催を呼びかけ、9日ごろにも緊急のテレビ会議が開催されるとの報道が流れている。先行きの原油需給に好転期待を視野に石油関連株には買いが優勢となっている。

ベネフィット・ワン <2412>  1,440円  +83 円 (+6.1%)  本日終値
続伸。同社はきょう、日本郵政<6178>グループに所属する約43万人の従業員を対象に、福利厚生として会員制優待サービス「ベネフィット・ステーション」の提供を4月から開始したことを明らかにしており、これが好材料視されたようだ。「ベネフィット・ステーション」とは、宿泊施設や飲食店、レジャー施設、介護・育児サービスなど140万件以上のサービスを優待価格で利用することができる会員制優待サービス。昨年9月時点で1万770団体、会員約781万人の規模を誇っている。

弁護士ドットコム <6027>  4,945円  +270 円 (+5.8%)  本日終値
3日に発表した「クラウドサインと契約書システム連携」が買い材料。クラウド契約サービス「クラウドサイン」と契約書作成システム「LAWGUE」が連携。オンライン上で契約書の作成から締結までを一気通貫。

アクシアル <8255>  3,970円  +215 円 (+5.7%)  本日終値
6日ぶりに反発。同社はきょう午前10時30分頃に、3月度の月次業績を公表。既存店売上高は前年同月比7.62%増(2月は6.84%増)となり、2カ月連続で前年実績を上回ったことが好感されたようだ。既存店の客単価が同5.96%増(2月は0.99%増)に伸びたほか、客数が同1.57%増(2月は5.80%増)と堅調に推移したことが寄与した。なお、全店ベースの売上高は同9.18%増(2月は9.36%増)だった。

大阪有機化学工業 <4187>  1,421円  +76 円 (+5.7%)  本日終値
急反発。3日大引け後に発表した20年11月期第1四半期(19年12月-20年2月)の連結経常利益が前年同期比25.5%増の11.9億円に伸びて着地したことが買い材料視された。半導体材料が旺盛な需要を背景に販売が好調だったことが寄与。化粧品原料や機能材料で利益率の高い製品の販売が増加したことも大幅増益に貢献した。

いちご <2337>  230円  +12 円 (+5.5%)  本日終値
3日に発表した「3月メガソーラー発電量は16.4%増」が買い材料。太陽光発電所の3月発電量は前年同月比16.4%増。

トライステージ <2178>  279円  +79 円 (+39.5%) 一時ストップ高   本日終値
急騰。3日大引け後に発表した20年2月期の連結経常利益は前の期比48.5%増の4億円に伸びて着地。続く21年2月期は前期比2.8倍の11.1億円に急拡大する見通しとなったことが買い材料視された。今期は前期までに実施した不採算事業からの撤退で利益率が大きく回復する。広告改善効果の高いAIツールを活用した顧客開拓の実施などでWEB事業が黒字化するほか、ダイレクトメール発送代行の採算改善を目指す。

コックス <9876>  128円  +30 円 (+30.6%) ストップ高   本日終値
3日に発表した「布マスクを販売開始」が買い材料。洗って使える布マスク「やわマスク」の予約販売をオンラインストアで開始。

ヘリオスTH <6927>  370円  +80 円 (+27.6%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率トップ
急反発。トランプ米大統領が3日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑止のため、外出時のマスク着用を推奨すると発表したことを受けて、3月26日にマスク生産設備の販売開始を発表した同社に思惑的な買いが入った。また、これまでは健康な人へのマスク着用を勧めていなかった世界保健機関(WHO)も3日、マスクの感染拡大を抑える効果を認める姿勢を示しており、これも手掛かり材料視されたようだ。

岡野バルブ製造 <6492>  2,225円  +388 円 (+21.1%)  本日終値
急反騰。前週末3日の取引終了後、上限を2万株(発行済み株数の1.16%)、または4000万円とする自社株買いを実施すると発表したことが好感された。取得期間は4月6日から11月20日までで、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行及び資本効率の向上を通じて株主利益向上を図ることが目的としている。また同時に、20年11月期の連結業績予想について、最終利益を1億4000万円から2億4500万円(前期9億8300万円の赤字)へ上方修正したことも好材料視されている。売上高70億6500万円(前期比6.0%増)、営業利益1億円(前期8億7200万円の赤字)は従来見通しを据え置いたものの、子会社岡野クラフトが、福島第一原子力発電所の事故に伴い東京電力ホールディングス<9501>へ請求していた賠償金の受領が決定し、特別利益へ計上したことが要因としている。なお、第1四半期(19年12月〜20年2月)決算は、売上高7億3100万円(前年同期比2.3%増)、営業損益3億1400万円の赤字(前年同期4億7600万円の赤字)、最終損益2億5900万円の赤字(同3億3200万円の赤字)だった。

ガイアックス <3775>  585円  +84 円 (+16.8%)  本日終値
反発。きょう昼ごろ、同社出資先のオクリー(東京都千代田区)がCtoCオンラインイベントに特化したプラットフォームサービス「オンラインのみ会」をきょうから提供開始すると発表した。同サービスは、自宅にいながら人と顔をあわせて会話を楽しめるもので、誰でも自由にテーマを決めて簡単にイベントを開催することができる。また、参加費を設定することも可能で、新たな収入源を得る機会にもなる。新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に立つエンターテインメント業界や中止を余儀なくされているリアルイベントなどをオンラインから支えていくことを目指すとしている。

川口化学工業 <4361>  770円  +100 円 (+14.9%) ストップ高   本日終値
ストップ高。前週末3日の取引終了後に発表した第1四半期(19年12月〜20年2月)連結決算が、売上高17億2100万円(前年同期比3.2%減)、営業利益5200万円(同80.1%増)、最終利益4000万円(同83.1%増)と大幅増益となったことが好感された。中間体やその他薬品は堅調に推移した一方、主力のゴム薬品や樹脂薬品が前年を下回った。ただ、国内外市場からの原料の安定調達に注力したほか、生産と在庫の最適化によるコストダウンと経営資源の効率化を進めたことが寄与した。なお、20年11月期通期業績予想は、売上高76億円(前期比1.5%増)、営業利益1億8000万円(同5.6%減)、最終利益1億3000万円(同11.4%減)の従来見通しを据え置いている。

ヒトコムHD <4433>  830円  +80 円 (+10.7%)  本日終値
後場急伸。前引け後に、集計中の第2四半期累計(19年9月〜20年2月)連結業績について、売上高が360億円から361億9000万円へ、営業利益が16億7000万円から18億9000万円へ、純利益が9億4500万円から10億2600万円へ上振れて着地したようだと発表しており、これが好感された。アウトソーシング事業が好調だったことに加えて、EC・TC支援事業で受託するECサイトの販売実績が好調に推移したことや、経費の効率的な運用などが業績を押し上げたという。なお、同社は単独株式移転により19年3月1日に設立されたため、前年同期との比較はない。

ボルテージ <3639>  324円  +26 円 (+8.7%)  本日終値
3日ぶりに反発。前週末3日の取引終了後、中国テンセント社の読み物アプリ「一零零一」で配信している「ダウト〜嘘つきオトコは誰?〜」の中国語簡体字版が、3月31日現在で登録ユーザー数1万3000人を突破したと発表しており、これが好感された。

ハイパー <3054>  475円  +38 円 (+8.7%)  本日終値
急伸。午後0時30分ごろ、子会社セキュリティアと提携し、ビットブレイン(福井県福井市)の提供するリモートデスクトップツール「SPG−Remote」の販売を開始したと発表しており、これが好感された。「SPG−Remote」はアプリケーションをインストールすることで、手軽にネットワーク分離システムを経由して、安全に社内のパソコン画面を転送するリモートデスクトップツール。テレワーク需要が高まっていることから、短期間で稼働することが可能なツールとして取り扱いを開始したという。

サインポスト <3996>  1,193円  +86 円 (+7.8%)  本日終値
5日ぶりに反発。前週末3日の取引終了後、北海道新冠(にいかっぷ)町の野菜直売所に設置型AIレジ「ワンダーレジ」を設置することになったと発表しており、これが好材料視された。道の駅「サラブレッドロード新冠」に隣接する「にいかっぷキッチン」内で、ナンモダ(北海道新冠町)が運営する野菜直売所「ナンモダ百貨新冠本店」に設置する予定。ワンダーレジは、画像から商品の種類を識別するため、バーコードがない商品を取り扱う店舗でも導入可能な点が特徴で、同店では交通系ICなどの電子マネーに加えて、初めて現金での支払いにも対応したという。なお、4月18日の稼働開始を予定している。

識学 <7049>  653円  +47 円 (+7.8%)  本日終値
後場急上昇。午後0時30分ごろ、3月度の月次売上高が前年同月比25.9%増の1億5064万円になったと発表しており、これが好感された。なお、同社では新型コロナウイルス感染拡大を受けて、取引先企業との商談やサービス提供を延期する案件が発生していることを受けて、事業環境の変化を把握するために「月次売上高」をタイムリーに発表することにしたという。

シャノン <3976>  1,033円  +45 円 (+4.6%)  本日終値
反発。正午ごろ、同社のマーケティング支援システム「SHANON MARKETING PLATFORM(SMP)」が、早稲田大学の社会人教育事業「WASEDA NEO」に採用されたと発表しており、これが好材料視された。「WASEDA NEO」は17年から早稲田大学が展開している社会人教育事業で、講座のほか、日本橋キャンパス内(コレド日本橋5階)でコワーキングスペースの運営も行っている。シャノンは今回、講座受付・運用管理、またマーケティングアプローチのためのシステムとして、SMPを提供したという。








saishin-225-year20200717.png
株式分割直前直後の株式相場を大胆予測っ!! 一致率は約80%超っ!!


投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いません。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:14 | Comment(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。