◆新着記事一覧◆
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2024/05/24週 ▲192,774円】NYDow 反落 利下げ先延ばし観測 ナス…
[格付け・レーティング情報] コムシス,日東紡,プレステIN,花王,ラウンドワン,フジクラ,オルガノ,V…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割銘柄一覧(05/24週終値現在)
[上方修正・増配材・好料情報] 堀場製作,アニコム,光陽社,秩父鉄,Vコマース,ソフトウェア,イトヨー…
[格付け・レーティング情報] 大林組,アサヒ,セブン&アイ,野村総研,エーザイ,第一三共,DIC,サカタ…
[株式分割情報] 日東電工(6988) 1株⇒5株
[S高|株価値上注目銘柄] 日本ヒューム,王将フードサービス,ケイアイスター不動産,ダスキン,ライフネ…
[格付け・レーティング情報] 大林組,アサヒGH,ライフドリ,グリー,野村総研,エーザイ,第一三共,大塚…
[上方修正・増配材・好料情報] クルーズ,博展,デリカフーズ,デジタルプラス,NTTデータ・イントラ,…
[上方修正・増配材・好料情報] ダスキン,ケイアイ不動産,ミタチ産業,Gセキュリ
[格付け・レーティング情報] SREHD,東レ,NEC,富士通,シスメックス,日産自,良品計画,アシック…
[S高|株価値上注目銘柄] 帝人,アドバンテスト,アニコムHD,ソフトバンクG,エニマインド,西部技研,…
[株式分割情報] 加賀電子(8154) 1株⇒2株
[株式分割情報] 王将フードサービス(9936) 1株⇒3株
[格付け・レーティング情報] SREHD,東レ,東京製鐵,ダイキン,日産自動,メニコン,東祥,アインHD
[上方修正・増配材・好料情報] FRONTEO,ナフコ,ハウス食品グループ本社,オカムラ食品,シーア…
[上方修正・増配材・好料情報] 桜井製作,ダイセキS,アドソル日進,前沢工業,出前館,三栄コ
[格付け・レーティング情報] ヒビノ,味の素,SUMCO,レゾナック,テルモ,リゾートトラ,資生堂,リク…
[S高|株価値上注目銘柄] Kudan,ゼビオ,マツモト,ランシステム,YEDIGITAL,コマースワ…
[格付け・レーティング情報] カカクコム,レイゾナク,田岡化学,資生堂,リクルート,平田機工,TOWA,…
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] ベステラ,フルスピード,アルトナー,イナリサーチ,ツヴァイ,アスカネット,手間いらず,スターマイカ,東武住販,大木ヘルス,リーガル不,川本産業,ブイキューブ,ヴィンクス,フリービット,アイビーシー,マナック,アイピーエス,ロジザード,Amazia,中京医薬,アンジェス,ACCESS,メディシノバ,昭和化,ジャニス,アドベンチャ,ヤマザキ,エアーテック,高見サイ,ヤーマン,ユビテック,ツインバード,日本アビオ,三井ハイテク,MSOL,ハークスレイ,重松製,兵機海
2020年03月16日

[S高|株価値上注目銘柄] ベステラ,フルスピード,アルトナー,イナリサーチ,ツヴァイ,アスカネット,手間いらず,スターマイカ,東武住販,大木ヘルス,リーガル不,川本産業,ブイキューブ,ヴィンクス,フリービット,アイビーシー,マナック,アイピーエス,ロジザード,Amazia,中京医薬,アンジェス,ACCESS,メディシノバ,昭和化,ジャニス,アドベンチャ,ヤマザキ,エアーテック,高見サイ,ヤーマン,ユビテック,ツインバード,日本アビオ,三井ハイテク,MSOL,ハークスレイ,重松製,兵機海



※S高銘柄一覧


<1386> UBS欧州株  東証E  一時  
<1390> UBSアジア  東証E  一時  
<1394> UBS先進国  東証E  一時  
<1433> ベステラ             今期の収益V字回復予想を好感
<2035> 日経VI    東証N  一時  前日まで3日連続ストップ高
<2159> フルスピード  東証2  一時  高水準の自社株買い実施を発表
<2163> アルトナー            21年1月期は2ケタ営業増益で2円50銭の増配へ
<2176> イナリサーチ  JQ       バイオテクノロジー関連
<2417> ツヴァイ    東証2  配分  前日まで2日連続ストップ高 10.21万株買残
<2438> アスカネット  東証M      フィンテック関連
<2477> 手間いらず   東証M      
<2975> スターマイカ       一時  
<3297> 東武住販    JQ       
<3417> 大木ヘルス   JQ   一時  マスク関連
<3497> リーガル不   東証M  一時  株主優待制度の拡充を発表
<3604> 川本産業    東証2  一時  マスク関連
<3681> ブイキューブ           『テレキューブ』抗菌施工完了で資金再攻勢
<3784> ヴィンクス        一時  人工知能関連
<3843> フリービット       一時  高水準の自社株買い実施発表を好感(訂正)
<3920> アイビーシー           フィンテック関連
<4364> マナック    東証2      電気自動車関連
<4390> アイピーエス  東証M  一時  人材派遣関連
<4391> ロジザード   東証M  一時  
<4424> Amazia  東証M  一時  巣ごもり関連
<4558> 中京医薬    JQ   一時  マスク関連
<4563> アンジェス   東証M  一時  高血圧ワクチン開発の第1/2a相臨床試験で患者への投与完了、20年第4四半期頃に結果公表
<4813> ACCESS           今期の大幅増益見通しを受けて買い安心感
<4875> メディシノバ  JQ       バイオテクノロジー関連
<4990> 昭和化     東証2  一時  コロナウイルス関連
<5342> ジャニス    名証2      
<6030> アドベンチャ  東証M      上半期営業利益は3.4倍に
<6147> ヤマザキ    JQ       
<6291> エアーテック       一時  コロナウイルス関連
<6424> 高見サイ    JQ   配分  通期業績上方修正や増配を発表 0.97万株買残
<6630> ヤーマン             自社株買いや株主優待策を好感
<6662> ユビテック   JQ   一時  
<6897> ツインバード  東証2      
<6946> 日本アビオ   東証2      記者会見でサーモグラフィカメラ利用
<6966> 三井ハイテク       一時  今期の大幅増益見通しをポジティブ視
<7033> MSOL         一時  
<7561> ハークスレイ           
<7980> 重松製     JQ       マスク関連
<9362> 兵機海     東証2  一時  

※株価高上昇率銘柄一覧


1. <3777> FHTHD  JQG   36.4   15 
2. <6147> ヤマザキ   JQ    34.2   314 S
3. <6030> アドベンチャ 東証M   23.9  2590 S 旅行系事業好調で上期営業利益3.4倍
4. <2159> フルスピード 東証2   23.9   373  高水準の自社株買い実施を発表
5. <6897> ツインバード 東証2   23.2   425 S
6. <4875> メディシノバ JQ    22.8   431 S バイオテクノロジー関連
7. <4813> ACCESS 東証1   20.7   873 S 今期の大幅増益見通しを受けて買い安心感
8. <2035> 日経VI   東証N   20.7  2080 
9. <6630> ヤーマン   東証1   19.8   485 S 自社株買いや株主優待策を好感
10. <9057> 遠州トラック JQ    19.3  2173 
11. <2438> アスカネット 東証M   19.2   933 S フィンテック関連
12. <2163> アルトナー  東証1   19.0   627 S 21年1月期は2ケタ営業増益で2円50銭の増配へ
13. <2477> 手間いらず  東証M   18.9  4410 S
14. <6946> 日本アビオ  東証2   18.9   945 S 記者会見でサーモグラフィカメラ利用
15. <2530> MX中国株投 東証E   18.7  10340 
16. <6424> 高見サイ   JQ    18.5   960 S 今期経常を19期ぶり最高益に85%上方修正、配当も5円増額
17. <7980> 重松製    JQ    18.4   965 S マスク関連
18. <4558> 中京医薬   JQ    18.1   372  マスク関連
19. <2176> イナリサーチ JQ    17.7   531 S バイオテクノロジー関連
20. <1433> ベステラ   東証1   16.8   694 S 21年1月期営業利益は前期比6倍予想
21. <1390> UBSアジア 東証E   16.8  4590 
22. <2156> セーラー広告 JQ    16.7   245 
23. <5342> ジャニス   名証2   16.6   563 S
24. <3604> 川本産業   東証2   16.4  1198  マスク関連
25. <4436> ミンカブ   東証M   16.2   867  フィンテック関連

ACCESS <4813>  873円  +150 円 (+20.8%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率トップ
3月13日大引け後(15:00)に決算を発表。20年1月期の連結経常利益は前の期比15.4%減の4.3億円になったが、21年1月期は前期比23.3%増の5.3億円に拡大する見通しとなった。4期連続増収になる。

三井ハイテック <6966>  1,068円  +102 円 (+10.6%) 一時ストップ高   本日終値
一時ストップ高に買われた。14日大引け後に発表した20年1月期の連結経常損益は前の期比81.3%減の1.5億円に落ち込んだものの、続く21年1月期の同利益は前期比7.2倍の11億円に急拡大する見通しとなったことが買い材料視された。今期は車載用モーターコアの需要が伸びるほか、電子部品の受注が下期から回復し、13.8%の増収を見込む。車載用モーターコア工場への先行投資が増加する一方、生産性の向上や原価低減による利益改善を目指す。

キッツ <6498>  518円  +28 円 (+5.7%)  本日終値
急反発。13日大引け後、発行済み株式数(自社株を除く)の3.45%にあたる320万株(金額で20億円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い材料視された。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。買い付け期間は3月16日から9月15日まで。

東京製鐵 <5423>  596円  +31 円 (+5.5%)  本日終値
大幅高で4日ぶりに反発。前週末13日の取引終了後、自社株買いを実施すると発表しており、これが好感された。上限を1000万株(発行済み株数の7.77%)、または60億円としており、取得期間は3月16日から12月31日まで。機動的な資本政策を遂行するためとしている。

大豊建設 <1822>  1,917円  +91 円 (+5.0%)  本日終値
急反発。14日大引け後、20年3月期の期末一括配当を従来計画の75円→100円(前期は75円)に大幅増額修正したことが買い材料視された。現状の財務状態と今後の成長投資を踏まえ、株主への利益還元を増やす。前日終値ベースの期末配当利回りが5.48%に上昇し、27日の権利付き最終日を前に配当取りを狙う買いなどが向かった。

アドベンチャー <6030>  2,590円  +500 円 (+23.9%) ストップ高   本日終値
ストップ高。前週末13日の取引終了後、発表を延期していた第2四半期累計(19年7〜12月)連結決算を発表し、売上高310億9500万円(前年同期比47.9%増)、営業利益10億2500万円(同3.4倍)、純利益6億1900万円(同3.8倍)と大幅な増収増益となったことが好感された。skyticketなど旅行系事業が好調に推移したという。なお、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮して、第3四半期以降は広告費を大幅に削減し、同事業で大幅増益を目指すとしている。なお、20年6月期通期業績予想は合理的な算出が困難であるとして開示していない。

フルスピード <2159>  373円  +72 円 (+23.9%) 一時ストップ高   本日終値
16日に発表した「フルスピード、自社株買いの実施を発表」が買い材料視された。

ヤーマン <6630>  485円  +80 円 (+19.8%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率2位
13日に発表した「3.57%を上限に自社株買いを実施」が買い材料。発行済み株式数(自社株を除く)の3.57%にあたる200万株(金額で10億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は3月16日から6月30日まで。

アルトナー <2163>  627円  +100 円 (+19.0%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率3位
ストップ高。前週末13日の取引終了後に発表した21年1月期の単独業績予想で、売上高78億3200万円(前期比11.9%増)、営業利益9億7500万円(同10.1%増)、純利益6億7700万円(同10.4%増)と5期連続で営業最高益更新を見込み、年間配当を前期比2円50銭増の23円を予定していることが好感された。技術者数の増加や前年同水準の稼働率・技術者単価を見込む。スタッフの増員や、教育・研修施設の東日本ラーニングセンターの開設、求人費の増加、IT・インフラ投資などが利益を圧迫するものの、売り上げ増で吸収する見通しだ。なお、20年1月期決算は、売上高70億200万円(前の期比10.6%増)、営業利益8億8600万円(同12.8%増)、純利益6億1300万円(同13.4%増)だった。

日本アビオニクス <6946>  945円  +150 円 (+18.9%) ストップ高   本日終値
ストップ高の945円に買われた。一部ネットニュースで、日本野球機構(NPB)と日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が共同で設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の記者会見で、同社のサーモグラフィカメラが使われていたと報じられており、これが好材料視されたようだ。同社の赤外線サーモグラフィカメラは既に空港などで利用されているが、こうした記者会見の場で使われることはまれであり、用途拡大による需要増への期待から買いが入っているようだ。

高見サイ <6424>  960円  +150 円 (+18.5%) ストップ高   本日終値
ストップ高。14日大引け後、20年3月期の連結経常利益を従来予想の6.1億円→11.3億円に85.2%上方修正し、19期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。交通システム機器で自動券売機などの出改札関連機器の更新や改造案件が想定より伸びる。原価率が良化したことも上振れの要因となる。併せて、創立50周年記念配当を実施する形で、期末一括配当を従来計画の10円→15円(前期は10円)に大幅増額修正したことも好感された。

ベステラ <1433>  694円  +100 円 (+16.8%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率4位
ストップ高。石油プラントなどの解体工事を手掛けているが、今期業績は急回復を見込んでいる。前週末13日に発表した21年1月期の営業利益予想は前期比6.1倍となる5億7000万円を見込んでいる。これを手掛かり材料に大口の買いを呼び込む形となった。

ブイキューブ <3681>  755円  +100 円 (+15.3%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率5位
短期資金の再攻勢でストップ高に買われる人気となった。同社はWeb会議やネット上のセミナー開催など遠隔地の相手を映像でつなぐビジネスを手掛け、株式市場ではテレワーク関連の有力株として投資資金の継続的な流入を誘っている。時価総額は200億円以下の小型株にも関わらず、日々の出来高が極めて高水準でマーケットの注目度の高さをうかがわせる。13日取引終了後、抗菌・抗ウイルス化ソリューションを提供するデルフィーノケア(東京都目黒区)と協業で進めていた感染症対策としての「テレキューブ」空間内まるごと抗菌コーティングについて、施工が完了したことを発表、これが改めて株価を押し上げる手掛かり材料となったもよう。

フリービット <3843>  642円  +84 円 (+15.1%) 一時ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率7位
13日に発表した「10.68%を上限に自社株買いを実施」が買い材料。発行済み株式数(自社株を除く)の10.68%にあたる250万株(金額で20億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は3月16日から9月30日まで。

リーガル不動産 <3497>  614円  +67 円 (+12.3%) 一時ストップ高   本日終値
13日に発表した「株主優待制度を拡充」が買い材料。株主優待制度を拡充。優待品をクオカードから株主優待ポイントに変更。毎年7月末時点で200株以上を保有する株主に対し、4000〜10万ポイントを付与。ポイントは特設サイトに掲載の2000点以上の商品と交換できる。

エスユーエス <6554>  308円  +25 円 (+8.8%)  本日終値
7日ぶり急反発に転じた。株価は一時13%高の320円まで買われた。同社は技術者派遣を主力にERP導入などに絡むコンサルティング業務を手掛ける。自動車業界を中心に企業の開発系技術者に対する需要は旺盛で足もとの業績は会社側の想定を上回って好調だ。同社は13日取引終了後に20年9月期中間期(19年10月〜20年3月)の営業利益を従来予想の6300万円から3億円(前年同期比4.5%減)に大幅上方修正した。これを材料視する形で投資マネーを引き寄せた。

アエリア <3758>  487円  +36 円 (+8.0%)  本日終値
急反発。13日大引け後、発行済み株式数(自社株を除く)の2.6%にあたる60万株(金額で3億円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い材料視された。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。買い付け期間は3月16日から9月15日まで。

山王 <3441>  401円  +25 円 (+6.7%)  本日終値
急反発。前週末13日の取引終了後に発表した第2四半期累計(19年8月〜20年1月)連結決算が、売上高39億2100万円(前年同期比0.8%増)、営業利益7300万円(前年同期5700万円の赤字)、最終利益1億8000万円(同2億7600万円の赤字)となり、従来予想の営業損益3000万円の赤字を上回り黒字着地となったことが好感された。車載・産業機器分野の回復が遅れている一方、通信向け分野で5G向けを中心に部品需要が回復基調にあり、東北工場に新ラインを建設して積極的な受注活動に努めたことが寄与した。なお、20年7月期通期業績予想は、新型コロナウイルスによる感染症の拡大による影響が見通せないとして、未定に修正した。






saishin-225-year20200626.png
株式分割直前直後の株式相場を大胆予測っ!! 一致率は約80%超っ!!


投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いません。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:06 | Comment(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。