◆新着記事一覧◆
[市場変更情報]  トビラシステムズ(4441) マザーズ⇒東証1部
[格付け・レーティング情報] GMOPG,TOA,メディパルH,任天堂,ダイセキ
[上方修正・増配・好材料情報] バルHD,テリロジー,ベガコーポレーション,SHIFT,栄研化学,リボミ…
[上方修正・増配・好材料情報] C&R,学究社,オオバ,テイツー,スリーエフ,ワッツ,トーセ,C&R,東…
[格付け・レーティング情報] ウエルシア,第一三共,ソニー
[S高|株価値上注目銘柄] 出前館,MDV,弁護士ドットコム,メディシノバ・インク,プロルート丸光,ギ…
[格付け・レーティング情報] ディップ,エムスリー,ディスコ,日本電気,スギHD,SBIHD
[上方修正・増配・好材料情報] トランスジェニック,フィル・カンパニー,アレンザ,イルグルム,マーク…
[上方修正・増配・好材料情報] アメイズ,ウエルシア,ヤマザワ,ベル24HD,サーラ,小津産業
[格付け・レーティング情報] ヤクルト,神戸物産,コスモス薬品
[S高|株価値上注目銘柄] 九州FG,日本KFC,ディップ,出前館,神戸物産,チェンジ,買取王国,ギグワ…
[格付け・レーティング情報] 信越化学,アドテスト,任天堂,光通信,大阪瓦斯
[上方修正・増配・好材料情報] 綜合警備保障,ワッツ,デジタルハーツホールディングス,EPSホールデ…
[上方修正・増配・好材料情報] アドヴァン,ディップ,買取王国,アサヒ陶,リソー教育,スギHD,ロゼッ…
[格付け・レーティング情報] カシオ,ネットワン,ヤマトHD
[S高|株価値上注目銘柄] パークシャ,プレサンス,トーセイ,ルネサス,チェンジ,ディスコ,ニトリ,東京…
[格付け・レーティング情報] 野村不動産,東急不動産,日本ペイント,富士通,三井不動産,三菱地所
[上方修正・増配・好材料情報] セリア,パシフィックネット,マーチャント・バンカーズ,プレサンスコー…
[上方修正・増配・好材料情報] ドリームI,トーセイ,薬王堂HD,東名,エコーTD,MV東海,東海ソフ…
[格付け・レーティング情報] アスクル,東洋水,デンカ,コーセー,ベネッセHD
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] ワールドHD,コムシード,キーウェア,MDV,Aiming,大幸薬品,日パレット,ASB機械,あんしん保証,ファイズHD,JIG−SAW,JIA,ソフトバンクグループ,オリバー,ツクイ,K&Oエナジーグループ,ダイトウボウ,プラッツ,理経
2020年02月12日

[S高|株価値上注目銘柄] ワールドHD,コムシード,キーウェア,MDV,Aiming,大幸薬品,日パレット,ASB機械,あんしん保証,ファイズHD,JIG−SAW,JIA,ソフトバンクグループ,オリバー,ツクイ,K&Oエナジーグループ,ダイトウボウ,プラッツ,理経



※S高銘柄一覧


<2429> ワールドHD  東証1      一時
<3739> コムシード   名証C      ソーシャルゲーム関連
<3799> キーウェア   東証2      農業ICTと医療ICTで頭角現す
<3902> MDV     東証1      2ケタ増益見通しに加えて株主還元方針変更も発表
<3911> Aiming  東証M  一時  前日まで3日連続ストップ高。ソーシャルゲーム関連
<4574> 大幸薬品    東証1      
<4690> 日パレット   JQ   一時  
<6284> ASB機械   東証1      第1四半期営業利益2割増で信用買い残も枯れた状態
<7183> あんしん保証  東証M  一時  第3四半期51%営業増益
<9325> ファイズHD  東証1  配分  前日もストップ高。人材派遣関連 3.03万株買残

※株価高上昇率銘柄一覧


1. <3911> Aiming 東証M   27.9   678  スクエニと『ドラゴンクエストタクト』を共同開発
2. <7183> あんしん保証 東証M   24.5   391  第3四半期51%営業増益
3. <2429> ワールドHD 東証1   23.5  2097  20年12月期業績回復と増配を材料視
4. <7082> ジモティー  東証M   21.1  2437 
5. <4434> サーバワクス 東証M   19.5  12340  人工知能関連
6. <3739> コムシード  名証C   19.0   938 S ソーシャルゲーム関連
7. <9325> ファイズHD 東証1   18.3   645 S 第3四半期の想定以上の収益拡大を評価
8. <4574> 大幸薬品   東証1   18.2  4545 S 今期経常を41%上方修正・配当も10円増額、株式分割も発表
9. <6284> ASB機械  東証1   18.1  4565 S 第1四半期営業利益2割増で信用買い残も枯れた状態
10. <3902> MDV    東証1   17.5  1008 S 今期経常は2ケタ増で連続最高益、初配当と自社株買いの実施も発表
11. <4487> スペースマ  東証M   17.2  1224 
12. <3202> ダイトウボウ 東証1   16.3   250  低位材料株物色人気に乗り短期間で株価は大変貌
13. <7813> プラッツ   東証M   15.8  1792  介護用電動ベッド売れ行き好調で上期営業利益4.9倍
14. <8226> 理経     東証2   15.5   238  脳活動計測を軸としたVRコンテンツ開発サービスの提供を開始
15. <3799> キーウェア  東証2   14.8   774 S 農業ICTと医療ICTで頭角現す
16. <3914> JIGSAW 東証M   14.6  4665  『成長可能性について』をリリース
17. <7172> JIA    東証M   14.3  2131  今期経常は39%増で2期ぶり最高益、10円増配へ
18. <3604> 川本産業   東証2   14.3  2400  中京医薬などストップ高目前に買われる、新型肺炎に絡むマネーゲーム続く
19. <9318> アジア開発  東証2   14.3    8 
20. <6022> 赤阪鉄    東証2   13.0  2000 
21. <4690> 日パレット  JQ    12.4  5510  20年3月期第3四半期の営業利益215.8%増、進捗率85.9%、レンタル好調
22. <4390> アイピーエス 東証M   12.3  1442  人材派遣関連
23. <9972> アルテック  東証1   12.2   303  オットー・モーターズの日本市場参入をサポート
24. <9984> SBG    東証1   11.9  5751  スプリントの合併承認を受け人気化し売買代金も群を抜く
25. <3915> テラスカイ  東証1   11.7  3440  量子コンピューター関連

ワールドHD <2429>  2,097円  +399 円 (+23.5%) 一時ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率トップ
一時ストップ高。同社は製造業向け人材派遣や業務請負を展開する。10日取引終了後に発表した19年12月期決算は営業利益が前の期比36%減の47億3000万円と低調だったが、これは事前に株価に織り込みが進んでいた。一方、20年12月期業績見通しについては急回復を見込んでおり、営業利益は78億5100万円(前期比66%増)とV字回復以上の伸びを予想、これが株価を強く刺激する格好となった。年間配当については、前期減配も今期は大幅増配を計画し99円80銭を見込む。配当利回りは直近終値ベースで5.9%近い水準。

大幸薬品 <4574>  4,545円  +700 円 (+18.2%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率3位
ストップ高。10日大引け後に発表した20年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益が前年同期比69.8%増の30.6億円に拡大して着地したことが買い材料視された。感染管理事業が収益を牽引した。マーケティングの強化やインフルエンザ流行などを背景に、「クレベリン」の置き型や新商品であるスプレータイプの販売が大きく伸びた。併せて、通期の同利益を従来予想の19.5億円→27.5億円に41.0%上方修正し、増益率が3.4%増→45.9%増に拡大する見通しとなった。業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の30円→40円(前期は35円)に大幅増額修正したことも評価材料となった。同日、3月末現在の株主を対象に、1→3の株式分割を実施すると発表。これを受けて、株式流動性の向上や投資家層の拡大を好感するも向かった。

ASB機械 <6284>  4,565円  +700 円 (+18.1%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率4位
値幅制限いっぱいの700円高に買われる人気となった。同社は海外向けを中心にペットボトル成形機を製造販売しており、米国や欧州、東アジアなどで好調に需要を取り込んでいる。10日取引終了後に発表した20年9月期第1四半期(19年10〜12月)は売上高が減収となったものの、本業のもうけを示す営業利益は前年同期比23%増の7億500万円と好調だった。信用取組は買い残が枯れている状態で売り残がこれを上回っており、直近の信用倍率は0.83倍となっている。株式需給面でも上値の軽さが意識されている。

MDV <3902>  1,008円  +150 円 (+17.5%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率5位
ストップ高。10日大引け後に発表した19年12月期の連結経常利益は前の期比2.3倍の8億円に急拡大して着地。続く20年12月期も前期比11.9%増の9億円に伸び、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。今期はデータ利活用サービスの好調が継続するほか、子会社の業績貢献も寄与し、19.2%の大幅増収を見込む。併せて、今期の年間配当は初配当となる3円にする方針とした。また、発行済み株式数の1.50%のあたる60万株(金額で6億円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことも好感された。併せて、19年12月末をもって株主優待制度を廃止することを明らかにしたが、こちらへの反応は限定的だった。

JIG−SAW <3914>  4,665円  +595 円 (+14.6%)  本日終値
急反発。この日の午前中、「成長可能性について」をリリースしており、これを好感した買いが入った。なかで、各国ハードウェア企業との連携、各種クラウドやSaaSとの連携、各国通信事業者との連携など世界中で多様かつ膨大なIoT接続のための取り組みを継続するとしており、米アマゾンがJIGSAWをIoTローンチパートナーとして発表したことや、大手半導体/SaaS/キャリアなどとのIoT事業連携開始を予定しているとあることが評価されたようだ。

JIA <7172>  2,131円  +267 円 (+14.3%)  本日終値
急騰。10日大引け後に発表した19年12月期の連結経常利益は前の期比0.7%減の71.8億円になったものの、続く20年12月期は前期比38.9%増の99.8億円に拡大し、2期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。今期は前期から持ち越した航空機リースの大型案件などが寄与し、34.4%の大幅増収を見込む。併せて、今期の年間配当は前期比10円増の32円に増配する方針としたことも評価材料となった。

ソフトバンクグループ <9984>  5,751円  +611 円 (+11.9%)  本日終値  東証1部 上昇率8位
群を抜く売買代金を集め急騰、5871円まで上値を伸ばす場面があった。同社傘下の米携帯電話4位のスプリントと同3位のTモバイルUSとの合併をNY連邦地裁が承認したとの報道が株価を強く刺激する格好となった。なお会社側では、きょう朝方にスプリントのTモバイルとの合併差し止め訴訟において勝訴したことを発表している。

オリバー <7959>  3,880円  +320 円 (+9.0%)  本日終値
急伸。同社は10日の取引終了後、株式売り出しを発表した。この日の株価は朝方値を下げたが、売り一巡後はプラス圏に浮上し値を上げた。三井住友トラスト・ホールディングス<8309>傘下の三井住友信託銀行やキッセイ薬品工業<4547>、名工建設<1869>などが53万9200株を売り出す。同時にオーバーアロットメントによる上限8万800株の売り出しも実施する。売出価格は2月18日から21日のいずれかの日に決定する。

ツクイ <2398>  642円  +51 円 (+8.6%)  本日終値
10日に決算を発表。「10-12月期(3Q)経常は26%増益」が好感された。20年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比10.7%減の30.1億円に減ったが、通期計画の34.7億円に対する進捗率は86.6%に達し、5年平均の82.4%も上回った。

K&Oエナジーグループ <1663>  1,840円  +139 円 (+8.2%)  本日終値
10日に決算を発表。「今期経常は7%増益へ」が好感された。19年12月期の連結経常利益は前の期比11.6%増の36.3億円になり、20年12月期も前期比7.3%増の39億円に伸びる見通しとなった。4期連続増収になる。同時に発表した「2.21%を上限に自社株買いを実施」も買い材料。発行済み株式数(自社株を除く)の2.21%にあたる60万株(金額で10億2060万円)を上限に、2月12日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

あんしん保証 <7183>  391円  +77 円 (+24.5%) 一時ストップ高   本日終値
急伸して一時、前日比54円(17.2%)高の368円にに買われ、昨年来高値を更新した。10日の取引終了後に発表した第3四半期累計(19年4〜12月)連結決算が、営業収益24億4200万円(前年同期比8.5%増)、営業利益2億4600万円(同51.4%増)、純利益1億9500万円(同69.2%増)大幅増益となったことが好感された。新規加盟店の開拓に取り組んだことで新規契約件数が堅調に推移したほか、ニーズに合った商品プランの提案強化なども奏功した。なお、20年3月期通期業績予想は営業収益34億3000万円(前期比7.8%増)、営業利益3億1000万円(同12.7%増)、純利益2億2200万円(同6.2%増)の従来見通しを据え置いている。

ダイトウボウ <3202>  250円  +35 円 (+16.3%)  本日終値  東証1部 上昇率6位
一時30%の急騰で3連騰。ここ株価を急変貌させており、週初にストップ高に買われ200円台を回復、きょうも上値を買い進む動きが続いた。抗菌毛布を手掛けていることで、新型肺炎関連の一角との見方があるほか、株式需給面では10年以上にわたり100円近辺でのもみ合いを続け売り物が枯れていた。信用買い残も足もと急増しているとはいえ依然低水準で、相場がまだ若いとみた投機筋の買い攻勢が継続している。

プラッツ <7813>  1,792円  +245 円 (+15.8%)  本日終値
急反発。10日の取引終了後に発表した第2四半期累計(19年7〜12月)連結決算が、売上高31億1300万円(前年同期比12.5%増)、営業利益2億6100万円(同4.9倍)、純利益2億8900万円(同2.4倍)と大幅増益となったことが好感された。18年11月に発売した介護用電動ベッド「Miolet3」の売れ行きが好調だったことが業績を牽引した。なお、20年6月期通期業績予想は、売上高63億3000万円(前期比6.6%増)、営業利益5億円(同2.1倍)、純利益4億円(同37.0%増)の従来見通しを据え置いている。

理経 <8226>  238円  +32 円 (+15.5%)  本日終値
急伸。この日、「脳活動の見える化」技術を軸としたハードウェアの開発などを行うNeU(東京都千代田区)と脳科学アドバイザリーサービス契約を締結し、VR体験中の脳活動計測を軸としたVRコンテンツ開発サービスの提供を開始すると発表しており、これが好材料視された。今回開始するサービスは、VR体験中の脳血流や皮膚電位などの生体情報を計測・分析することで、「VR空間での感性評価」や「VRの効果測定」を可能とするもの。また、台湾HTC社が提供するHTC VIVEの高精度アイトラッキングシステムを用いたVR体験者の視線追跡も含まれ、より深いデータ分析ができるとしている。

キーウェア <3799>  774円  +100 円 (+14.8%) ストップ高   本日終値
3日ぶり大幅高に切り返し、100円高は値幅制限上限に買われる人気となった。株価は2月初旬に75日移動平均線をサポートラインに切り返しに転じ、足もとは大陽線で25日線もクリアする動きにあり、トレンド転換を印象づけている。NEC系のシステムインテグレーターで、足もとの業績も回復色が強い。農業ICTソリューションOGAL(オーガル)を展開し熟練農業者の技能の可視化と技能継承の支援を行っていることに着目する動きがある。また、院内感染対策システムなどをはじめ医療ICTでも幅広く自社製品で対応し、今後の展開力に期待が大きい。






saishin-225-year20200522.png
株式分割直前直後の株式相場を大胆予測っ!! 一致率は約80%超っ!!


投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いません。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:07 | Comment(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。