◆新着記事一覧◆
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2020/09/18週 +595,925円】NYDow 続落 ハイテク株売り継続 FOMC…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割・東証2部 銘柄一覧(09/18週終値)
[市場変更情報] 東証1部昇格・市場変更があるかも予想?!  銘柄一覧と進捗状況(09/18週終値)
[上方修正・増配・好材料情報] 高砂熱,LIFULL,水戸,北越メ,テクマト,DCM,サツドラHD,スト…
[格付け・レーティング情報] プリマ,ソニー,メガチップス,太平洋工,ライフコーポ,JR西日本
[S高|株価値上注目銘柄] アレンザHD,三協フロンテア,綿半ホールディングス,あすか製薬,HUグルー…
[市場変更情報] ジェイテックコーポレーション(3446) マザーズ⇒東証1部
[格付け・レーティング情報] DeNA,味の素,プリマハム,日ペイント,ソニー,太平洋工,ライフC,日本…
[上方修正・増配・好材料情報] FRONTEO,くら寿司,フリービット,日本情報クリエイト,デ・ウエ…
[上方修正・増配・好材料情報] 伊藤米久HD,ピープル,アレンザHD,シンバイオ,クスリアオキ,三協フ…
[格付け・レーティング情報] 明治HD,アリアケ,なとり,産業ファンド,セブン&アイ,アイル,三井化学,…
[S高|株価値上注目銘柄] アスクル,コーセル,アイル,千趣会,アスコット,イノベーション,No.1,フ…
[株式分割情報] No.1(3562) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] くら寿司,なとり,セブンアイ,アイル,三井化学,リクルート,SMC,富士ゼ…
[上方修正・増配・好材料情報] あらた,TSIホールディングス,電算システム,セレス,ディー・ディー…
[上方修正・増配・好材料情報] クロスフォー,アルプス物流,日新商,東海東京,PI,アスコット,イノベ…
[格付け・レーティング情報] 五洋建,エムスリー,キッコマン,味の素,JSB,ユーザベース,セプテニH…
[S高|株価値上注目銘柄] 新日本科学,ステムリム,丸三証券,ライフコーポレーション,エアトリ,チェン…
[格付け・レーティング情報] 五洋建設,エムスリー,キッコマン,味の素,ツルハHD,JSR,テルモ,太陽…
[上方修正・増配・好材料情報] 大英産業,ジェネレーションパス,農業総合研究所,エンカレッジ・テクノ…
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] UBS先進国,新日本科学,フルッタ,内外綿,ダイトウボウ,川本産業,デジハHD,Aiming,マナック,中京医薬,昭和化,桜ゴム,エアーテック,オプトエレ,リード,重松製,ファイズHD,レオパレス21,タムロン,太平電業,アリアケジャパン,C&Fロジ,帝国電機製作所,ナブテスコ,ゴールドウイン,大建工業,チャームケア,東亜建設工業,フルキャスト,千代田化工建設,ユニオンツール
2020年02月10日

[S高|株価値上注目銘柄] UBS先進国,新日本科学,フルッタ,内外綿,ダイトウボウ,川本産業,デジハHD,Aiming,マナック,中京医薬,昭和化,桜ゴム,エアーテック,オプトエレ,リード,重松製,ファイズHD,レオパレス21,タムロン,太平電業,アリアケジャパン,C&Fロジ,帝国電機製作所,ナブテスコ,ゴールドウイン,大建工業,チャームケア,東亜建設工業,フルキャスト,千代田化工建設,ユニオンツール



※S高銘柄一覧


<1394> UBS先進国  東証E  一時  
<2395> 新日本科学   東証1  一時  第3四半期大幅増益決算で通期予想を上方修正
<2586> フルッタ    東証M      
<3125> 内外綿     東証2      
<3202> ダイトウボウ  東証1      
<3604> 川本産業    東証2      マスク関連
<3676> デジハHD   東証1      10-12月期営業利益は2ケタ増益に回復
<3911> Aiming  東証M  配分  前日まで2日連続ストップ高 49.78万株買残
<4364> マナック    東証2      今3月期業績予想を大幅増額
<4558> 中京医薬    JQ       マスク関連
<4990> 昭和化     東証2      コロナウイルス関連
<5189> 桜ゴム     東証2  一時  今期経常を一転38%増益に上方修正
<6291> エアーテック  東証1      期末一括配当を2円増額し22円へ
<6664> オプトエレ   JQ   一時  米ハネウェル社から特許侵害訴訟で和解
<6982> リード     東証2  配分  4-12月期経常が黒字浮上で着地 3.32万株買残
<7980> 重松製     JQ   一時  マスク関連
<9325> ファイズHD  東証1  配分  第3四半期の想定以上の収益拡大を評価 5.63万株買残

※株価高上昇率銘柄一覧


1. <2586> フルッタ   東証M   39.0   285 S
2. <3202> ダイトウボウ 東証1   30.3   215 S
3. <4364> マナック   東証2   27.5  1392 S 今3月期業績予想を大幅増額
4. <3604> 川本産業   東証2   23.5  2100 S 中京医薬などストップ高目前に買われる、新型肺炎に絡むマネーゲーム続く
5. <7980> 重松製    JQ    22.3  1535  マスク関連
6. <4990> 昭和化    東証2   20.3   889 S コロナウイルス関連
7. <3161> アゼアス   東証2   19.7  1506  インフルエンザ関連
8. <3911> Aiming 東証M   17.8   530 S スクエニと『ドラゴンクエストタクト』を共同開発
9. <7963> 興研     JQ    17.7  2531  前期経常を一転26%増益に上方修正
10. <6291> エアーテック 東証1   17.3  1019 S 期末一括配当を2円増額し22円へ
11. <9325> ファイズHD 東証1   17.2   545 S 第3四半期の想定以上の収益拡大を評価
12. <6982> リード    東証2   17.1   549 S 今期経常を4.7倍上方修正、配当も6円増額
13. <3125> 内外綿    東証2   16.0  1090 S
14. <8023> 大興電子   東証2   15.9  1169  4〜12月期営業4.5倍でポジティブサプライズ
15. <3676> デジハHD  東証1   15.5  1118 S 10-12月期営業利益は2ケタ増益に回復
16. <4558> 中京医薬   JQ    15.2   758 S 中京医薬などストップ高目前に買われる、新型肺炎に絡むマネーゲーム続く
17. <8848> レオパレス  東証1   15.2   379  入居率の下落基調に歯止め
18. <4424> Amazia 東証M   14.3  8250  10-12月期(1Q)経常は4.7倍増益・上期計画を超過
19. <6560> LTS    東証M   14.1  2115  人工知能関連
20. <6730> アクセル   東証1   12.4   937  グラフィックスLSI及びメモリモジュール製品の販売増加
21. <2395> 新日本科学  東証1   12.1   704  今期経常を50%上方修正・最高益予想を上乗せ
22. <7740> タムロン   東証1   12.0  2650  19年12月期営業3割増益で大手証券が目標株価を大幅引き上げ
23. <9791> ビケンテクノ 東証2   12.0  1224  今期経常を一転13%増益・最高益に上方修正
24. <7192> 日本モゲジS 東証1   11.4  2207 
25. <1909> 日本ドライ  東証1   10.6  1946  今期経常を4期ぶり最高益に31%上方修正、自社株買い実施も発表

レオパレス21 <8848>  379円  +50 円 (+15.2%)  本日終値  東証1部 上昇率5位
急伸。7日に発表した1月度の月次データで、入居率が80.19%と4カ月ぶりに80%を上回り11カ月ぶりに前月比でプラスに転じたことが好感された。入居率は、施工不備問題などに伴う優先調査対象物件の新規募集停止を要因として18年4月以降下落基調にあったが、改修及び募集再開を進めたことが下落基調の歯止めに寄与したという。また同時に、今年4月をメドに事業戦略再構築をまとめると発表しており、これも好材料視されたようだ。

タムロン <7740>  2,650円  +284 円 (+12.0%)  本日終値  東証1部 上昇率8位
急騰、全般軟調地合いのなか一時13%を超える上昇で2677円まで駆け上がる場面があった。同社は大手レンズメーカーで注力中の監視カメラ向けが好調で業績を牽引している。前週末7日取引終了後に発表した19年12月期決算は営業利益が前の期比29%増の69億8200万円と大幅な伸びを確保、今期予想は前期比強含み横ばいを予想しているが、売上高は増収基調を維持する見通し。決算発表を受け、野村証券が同社株の投資判断を「バイ」継続とし、目標株価を3200円から3850円に大幅に引き上げており、これが株価を強く刺激する格好となった。

太平電業 <1968>  2,666円  +245 円 (+10.1%)  本日終値
急騰。7日大引け後、20年3月期の連結経常利益を従来予想の52億円→62億円に19.2%上方修正。増益率が29.6%増→54.5%増に拡大する見通しとなったことが買い材料視された。火力発電設備などの補修工事や原子力工事が増加し、売上高が計画を14.0%も上回ることが利益を押し上げる。併せて、業績好調による普通配当10円と西風新都バイオマス発電所竣工の記念配当20円を実施する形で、期末一括配当を従来計画の60円→90円(前期は80円)に大幅増額修正したことも評価材料となった。

アリアケジャパン <2815>  7,830円  +570 円 (+7.9%)  本日終値
2月7日大引け後(15:00)に決算を発表。20年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比2.5%減の90.8億円となり、通期計画の112億円に対する進捗率は81.1%に達し、5年平均の75.8%も上回った。

C&Fロジ <9099>  1,396円  +100 円 (+7.7%)  本日終値
7日に決算を発表。「4-12月期(3Q累計)経常が6%増益で着地・10-12月期も19%増益」が好感された。
20年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比6.4%増の43.2億円に伸び、通期計画の45億円に対する進捗率は96.1%となり、4年平均の94.3%とほぼ同水準だった。

帝国電機製作所 <6333>  1,504円  +98 円 (+7.0%)  本日終値
急伸。7日大引け後、20年3月期の連結経常利益を従来予想の27.1億円→35.1億円に29.5%上方修正。増益率が21.8%増→57.8%増に拡大し、5期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。ポンプ事業の中国子会社で人件費など経費の見直しを実施し、採算が大きく改善する。

ナブテスコ <6268>  3,405円  +210 円 (+6.6%)  本日終値
7日に決算を発表。「今期税引き前は22%増益、9円増配へ」が好感された。19年12月期の連結税引き前利益は前の期比6.6%減の279億円になったが、20年12月期は前期比21.5%増の340億円に拡大する見通しとなった。

ゴールドウイン <8111>  7,080円  +430 円 (+6.5%)  本日終値
高い。7日大引け後に発表した20年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益が前年同期比42.6%増の164億円に拡大して着地したことが買い材料視された。「ザ・ノース・フェイス」を中心にアウトドアブランドの好調が継続したほか、ラグビーワールドカップ閉幕後も「カンタベリー」ブランドの売れ行きが増勢だった。また、直営店や自社ネット通販の売上拡大に加え、販売ロス削減なども大幅増益につながった。直近3ヵ月の10-12月期は消費税増税や暖冬といったマイナス影響があったにもかかわらず、売上高、経常利益ともに四半期ベースの過去最高を達成した。通期計画の160億円をすでに3.1%上回っており、業績上振れを期待する買いが向かった。併せて、今期の年間配当を従来計画の65円→75円(前期は1→2の株式分割前で85円)に増額修正したことも評価材料となった。

大建工業 <7905>  2,017円  +114 円 (+6.0%)  本日終値
7日に決算を発表。「4-12月期(3Q累計)経常が25%増益で着地・10-12月期も43%増益」が好感された。
20年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比24.8%増の70.5億円に伸び、通期計画の94億円に対する進捗率は75.1%に達したものの、5年平均の81.3%を下回った。

チャームケア <6062>  959円  +54 円 (+6.0%)  本日終値
7日に決算を発表。「上期経常は35%増益で上振れ着地」が好感された。20年6月期第2四半期累計(7-12月)の経常利益(非連結)は前年同期比34.6%増の8.8億円に拡大し、従来予想の7.5億円を上回って着地。

東亜建設工業 <1885>  1,851円  +97 円 (+5.5%)  本日終値
7日に決算を発表。「4-12月期(3Q累計)経常は2.4倍増益・通期計画を超過」が好感された。20年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比2.4倍の62.6億円に急拡大し、通期計画の61億円に対する進捗率が102.7%とすでに上回り、さらに5年平均の85.1%も超えた。

フルキャスト <4848>  2,615円  +135 円 (+5.4%)  本日終値
7日に決算を発表。「今期経常は16%増で3期連続最高益、前期配当を2円増額・今期は4円増配へ」が好感された。19年12月期の連結経常利益は前の期比33.6%増の70.6億円に拡大し、20年12月期も前期比16.1%増の82億円に伸びを見込み、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。7期連続増収、増益になる。同時に、前期の年間配当を38円→40円(前の期は32円)に増額し、今期も前期比4円増の44円に増配する方針とした。同時に発表した「1.17%を上限に自社株TOBを実施」も買い材料。発行済み株式数の1.17%にあたる44万9500株(金額で10億1269万円)を上限に自社株TOB(株式公開買い付け)を実施する。公開買い付け期間は2月10日から3月10日まで。買い付け価格は2206円。筆頭株主のヒラノ・アソシエイツが保有株の一部を売却する意向を示したことに対応する。

千代田化工建設 <6366>  384円  +19 円 (+5.2%)  本日終値
商いを伴い大幅続伸で昨年来高値を更新。ここ1年以上にわたり400円未満での底値圏もみ合いが続いているが、売り物がこなれ上値が軽くなったところに、1月下旬から継続的な買いが流入。全体地合いに流されず上値指向を続け需給相場の色を帯び始めている。今月3日には20年3月期の営業利益を従来予想の190億円から250億円(前期実績は1997億円の赤字)に上方修正しており、これが物色人気に拍車をかけた。

ユニオンツール <6278>  3,195円  +155 円 (+5.1%)  本日終値
7日に決算を発表。「今期経常は11%増益へ」が好感された。19年12月期の連結経常利益は前の期比31.5%減の29.6億円に落ち込んだが、20年12月期は前期比11.4%増の33億円にV字回復する見通しとなった。

マナック <4364>  1,392円  +300 円 (+27.5%) ストップ高   本日終値
ストップ高。同社は前週末7日取引終了後に20年3月期の業績予想を大幅上方修正、営業利益段階で従来予想の4億4000万円から5億2000万円(前期比65%増)に増額しており、これを材料視する形で短期資金の流入が加速した。ファインケミカル事業における高採算商品などが売り上げを伸ばし、利益押し上げに寄与している。株価は、ここ新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に絡む思惑から、需給主導の大相場を演じていたが、直近はその反動で急な調整局面を強いられていた。しかし、きょうは業績評価で改めて買い直された。

川本産業 <3604>  2,100円  +400 円 (+23.5%) ストップ高   本日終値
ストップ高となったほか、中京医薬品<4558>と昭和化学工業 <4990> もストップ高まで買われた。このほか、アゼアス<3161>や重松製作所<7980>など、新型肺炎の対策関連銘柄として人気化した一連の銘柄群に投機資金が集中した。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が続くなか、マスクや防護服、除菌剤などに特需が発生するとのシナリオで買われているが、既にファンダメンタルズから離れたマネーゲーム的な色彩が強い。






saishin-225-year20200522.png
株式分割直前直後の株式相場を大胆予測っ!! 一致率は約80%超っ!!


投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いません。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:20 | Comment(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。