◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配・好材料情報] セコニック,高島,大和オフィス,CDS,SEHI,スーパツール,サーキ…
[格付け・レーティング情報] ADプラズマ,丸紅,ゴルドウイン
[S高|株価値上注目銘柄] エクサウィザーズ,アイドマHD,ソフトウェア・サービス,ユーグレナ,ネクソ…
[格付け・レーティング情報] OSG,アドテックP,ゴールドウイン
[上方修正・増配・好材料情報] メディネット,ピクセルカンパ,ユーグレナ,アマガサ,アンビションDX,…
[上方修正・増配・好材料情報] アネスト岩田,MV西日本,伊藤忠,アサヒ陶,安江工務店,ティムコ,EA…
[格付け・レーティング情報] SFOODS,ベル24HD,ローツェ,安川電,IDOM,ふくおかFG,近…
[S高|株価値上注目銘柄] 大王製紙,カプコン,パーク24,IDOM,アンジェス,エクサウィザーズ,しま…
[格付け・レーティング情報] Sフーズ,ビジョナル,ローツェ,安川電機,IDOM,大和証券G
[上方修正・増配・好材料情報] ウエルシア,ヨシックス,アセンテック,アイル,PRTIMES,ラクス,…
[上方修正・増配・好材料情報] シマノ,アピリッツ,バーチャレク,イムラ封筒,ユナイテッド,ネクスG,…
[格付け・レーティング情報] ウエストHD,大王紙,リクルート,東エレク,NTT都市R,NTT
[S高|株価値上注目銘柄] リソー教育,PRTIMES,エアトリ,MDV,弁護士ドットコム,イオンファ…
[格付け・レーティング情報] JT,コスモス薬品,神島化学,デンソー
[上方修正・増配・好材料情報] JESCO,ジーエヌアイグループ,いちご,タスキ,マーチャント・バン…
[上方修正・増配・好材料情報] 学情,PRTIMES,リソー教育,ノダ,エストラスト,北川精機,プロロジスR,…
[格付け・レーティング情報] イビデン,小野薬,ソラスト,新光電工,東京センチュ,郵船,商船三井
[S高|株価値上注目銘柄] ベイカレント,SHIFT,ベクトル,クリレスHD,JKHD,ジンズ,TSI,…
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(01/21週〜04/29週) ] 2月中旬までに底打ちか 4…
[上方修正・増配・好材料情報] 日フイルコン,RPA,MIT,イトクロ,アルテック,UUUM,サムティ,…
Top◆日経平均予想見通し >[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均株価予想(01/17週〜04/24週) ] 1月中下旬底打ちか 2月もたつくも 3月中旬から4月中下旬にかけて再び上向くか 中国景気も4月にかけて上向くか
2020年01月12日

[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均株価予想(01/17週〜04/24週) ] 1月中下旬底打ちか 2月もたつくも 3月中旬から4月中下旬にかけて再び上向くか 中国景気も4月にかけて上向くか



日経平均・NYダウ長期予想

週間でのVIX指数終値が25を下回っており、先行指数による予想は復活中です。

長期スケールは、2018/06/22週に150.20で、大天井打ちが出現。
2019/09/27週に146.87で、直近での天井打ちが出現。

2019/05/24週に、143.57で直近での大底打ちが出現。
ただし、2019/11/08週に、145.12で、2020/01/17週に144.23で、2020/03/06週に145.01で直近での底打ちが出現。

長期的には下落中か。
2019年5月下旬に底打ち⇒2019年9月に天井打ち
⇒2019年11月初旬底打ち⇒2019年12月上旬天井打ち
←イマココ通過中
⇒2020年1月中旬底打ち⇒2020年2月中旬天井打ち
⇒2020年3月上旬底打ち⇒4月中旬上昇中

短い間隔でトレンドが入れ替わるか。
ただ、大底は2019年5月下旬で変わりがなく、緩やかな上昇傾向が続いているか。
しかしながら、直近天井である9月下旬、12月中旬、2月中旬は似たような値で明確には上抜けることができず。

底も堅いが天井も重いボックス相場を想起させるか。


短期スケールと長期スケール共にピークアウト済み。01/17週まで下落が継続するか。ただ、01/24週から共に上向いており、底打ちしたか。だが、短期スケールが02/14週に下落に転じ、長期スケールも02/21週から下落に転じるも、03/06週に共に底打ち。3月から4月中下旬にかけては再び上向くか

長期トレンド指数もピークアウト済み。01/17週まで下落が継続するか。01/24週から上向くも02/14週で天井打ち。02/21週から再び下落に転じるも、03/13週に底打ち。01/17週での大底打ちからの上昇傾向は維持されるか。

長期成長指数もピークアウト済みであり、01/24週に再度底打ちするか。03/06週から僅かに下落に転じるも03/13週に底打ち。01/24週での大底打ちからの上昇傾向は維持されるか。

12/13週に弱気相場入りを意味する「長期トレンド指数<長期成長指数」が出現しするも、01/31週までの8週間で終息。
02/07週に強気相場入りを意味する「長期トレンド指数>長期成長指数」が出現するも、3週間で終息。02/28週から再び「長期トレンド指数<長期成長指数」が出現し弱気相場へ。ただ、差分は僅かで明確なトレンド形成とはならず。4/10週からは、強気相場に復帰するか。

先行指数のダウントレンド継続期間が36週を超過すると下落相場入りが濃厚となるのですが、2019/05/24週の48週目でとりあえずはダウントレンドは終了中。その後は緩やかながらもアップトレンドに転じたか。取り敢えずは大幅下落相場は無いか。

景気後退入りするかどうかは、長期スケールが現アップトレンド入りの基点となった2018/01/19週の143.47を下回るかどうかがポイントとなりそうです。ちなみに2019/05/24週では143.57となったもののギリギリ上回っているので、景気後退入りは青息吐息ながらも回避しているとの判断です。

暴落を伴うスパイラル的な下落相場入りとなるかどうかのカギを握るのは、やはりVIX指数となりそうです。終値で30を超える。加えて終値で25を超えた日が1回でもある週が5週連続した場合は、スパイラル的な下落相場入りのサインとなります。逆に終値で20以下の最大値が5週連続した場合は回避のサインとなります。

VIX指数は、2019/01/04週以来終値で25超が出現していません。スパイラル的下落相場入りフラグも大暴落フラグも消滅中です。ただし、08/09週に24.59が出現し25寸前まで上昇。その後も08/09週〜08/16週、08/30週と20超が出現。一旦は落ち着くも10/4に再び20超が出現。それでも連続した20超には至らず。市場心理は、まだ落ち着いていると言えるでしょう。

世界景気の重しとなっている中国景気ですが、4月かけてに上向きとなりそうです。

ところで、今現在の相場環境ですが、ナチュラルな景気循環のピークアウトが観測されつつあるのではと愚考します。これは意外と珍しい現象で、2000年以降では初観測となります。金融危機、同時多発テロ、サブプライム問題、リーマンショック、ギリシャ危機、FRB量的金融緩和などの人側の都合で景気循環のサイクルはズタズタになっていましたが、今回は綺麗なピークアウトが観測されるやもしれません。(あくまでも個人的な感想です)

3ヶ月先行予測指数(2020/01/10週〜2020/04/24週)

※3ヶ月先行指数は、米国の経済指標を基に米国景気(相場)を予測したものです。 saishin-coment20200424.png

ただし、VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。

N225(日経平均株価) 前1年間の先行指数からの予想と結果(2019/04/26〜2020/04/24)

saishin-225-year20200424.png

NYDow(DJI) 前1年間の先行指数からの結果と予想(2019/04/26〜2020/04/24)
saishin-ny-year20200424.png

NYDow(DJI)3ヶ月先行予測指数(長期スケール&長期トレンド)(1989〜2021)

1989-2020-ny-suke20200103.png

NYDow(DJI)3ヶ月先行予測指数(長期成長指数&長期トレンド)(1989〜2021)

1989-2020-ny-seitr20200103.png

N225 3ヶ月先行予測指数(長期スケール)及びドル円(1989〜2021)

1989-2020-225-suke-yendoll20200103.png

株式相場3ヶ月先行指数の先読みポイント

週イチ5分株まとめ:長期的な見通し:短期スケール&長期スケール

短期スケールは、01/17週までは、下落へ。底打ちか。
01/24週〜02/07週は、上昇へ。
02/14週〜03/06週は、下落へ。
03/13週〜04/17週は、上昇へ。
04/24週は、下落へ。

長期スケールは、01/17週までは、下落へ。底打ちか。
01/24週〜02/14週は、上昇へ。
02/21週〜03/06週は、下落へ。
03/13週〜04/17週は、上昇へ。
04/24週は、下落へ。

短期スケール<長期スケールとなるデッドクロスが、01/17週も継続。
01/24週までは、デッドクロスが出現するか。
01/31週〜02/21週は、ゴールデンクロスに復帰するか。
02/28週〜03/13週は、デッドグロスが出現するか。
03/20週〜04/24週は、ゴールデンクロスに復帰するか。

短期スケールでは、「04/24週の値>01/17週の値」が出現。
長期スケールでは、「04/24週の値>01/17週の値」が出現。
長期的な先高感が復活しているか。

1月中旬に底打ちするか。
1月中下旬から上昇に転じるか。
2月中旬から3月初旬まで下落に転じるか。
3月中旬から4月中下旬にかけて上昇に転じるか。

01/17週において、長期的には、買いか。

週イチ5分株まとめ:中期的な見通し:長期トレンド指数

長期トレンド指数は、01/17週までは、下落へ。マイナス幅が拡大。底打ちか。
01/24週〜01/31週は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
02/07週は、上昇へ。9週ぶりにプラス値に復帰。
02/14週は、上昇へ。プラス値が拡大。
02/21週は、下落へ。プラス幅が縮小。
02/28週は、下落へ。マイナス値に転落。
03/06週〜03/13週は、下落へ。マイナス幅が拡大。
03/20週〜04/03週は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
04/10週は、上昇へ。7週ぶりにプラス値に復帰。
04/17週〜04/24週は、上昇へ。プラス幅が拡大。

04/24週の値>01/17週の値が出現。
先高感が復活しているか。

01/17週において、中期的には、買いか。

週イチ5分株まとめ:短期的な見通し:スケールDiff&成長Diff

スケールDiffは、01/17週までは、下落へ。マイナス幅が拡大。底打ちするか。
01/24週は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
01/31週は、上昇へ。プラス値に復帰。
02/07週は、上昇へ。プラス幅が拡大。
02/14週〜02/21週は、下落へ。プラス値が縮小。
02/28週は、下落へ。マイナス値に転落。
03/06週は、下落へ。マイナス幅が拡大。底打ちしたか。
03/13週は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
03/20週は、上昇へ。プラス値に復帰。
03/27週〜04/17週は、上昇へ。プラス幅が拡大。
04/24週は、下落へ。プラス幅が縮小。

成長Diffは、01/10週は、01/17週までは、下落へ。マイナス幅が拡大。底打ちするか。
01/24週〜01/31週は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
02/07週は、上昇へ。プラス値に復帰。
02/14週〜02/21週は、上昇へ。プラス値が拡大。
02/28週〜03/06週は、下落へ。プラス幅が減少。
03/13週〜03/20週は、下落へ。僅かにマイナス値へ。
03/27週は、上昇へ。プラス値に復帰。
04/03週〜04/17週は、上昇へ。プラス幅が拡大。
04/24週は、下落へ。プラス幅が縮小。

01/17週は、共にマイナス値となるスDiff<成長Diffであるデッドクロスが継続
01/24週は、共にマイナス値ながらもゴールデンクロスに復帰。
01/31週は、スDiff>0となるゴールデンクロスが出現。
02/07週は、共にプラス値となるゴールデンクロスが出現。
02/14週〜02/21週は、共にプラス値ながらもデッドクロスが出現。
02/28週〜03/06週は、スDiff<0となるデッドクロスが出現。
03/13週は、僅かながらも共にマイナス値となるデッドクロスが出現。
03/20週は、スDiff>0となるゴールデンクロスが出現。
03/27週〜04/03週は、共にプラス値となるゴールデンクロスが出現。
04/10週〜04/24週は、共にプラス値となるデッドクロスが出現。

1月中旬に底打ちするか。
1月中下旬から2月中旬にかけて上向くか。
2月中旬から3月上旬にかけて下押すか。
3月中旬から4月中下旬にかけて上向くか。

01/10週は、短期的には、買いか。


1月上旬に発表された中国PMI(財新)を元に長期スケールChainaを再計算したところ、中国景気は、1月から3月は上向くか。4月からは微減から横這いか。

米FRBは、2019年7月に10年半ぶりの利下げ。9月と10月に追加利下げのあとは、利下げ停止中。


VIX指数は、週末終値は、12台半ばへ。25を下回る。週を通して25超が出現せず。12週連続で、場中・終値でも20超が出現せず。
米国市場心理は、まだ落ち着いているか。

スパイラル的な暴落を回避するためには、3週間以内に、30を下回ることが必要となるか。
さらに、5週間以内に、25を下回ることが必要となるか。

いずれにせよ、今後もVIX指数の動きには注目したいところか。

VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。

今週の予想まとめ

◎長期的予想見通し・・・買い
◎中期的予想見通し・・・買い
◎短期的予想見通し・・・買い

「長期成長指数>長期トレンド指数」となる弱気相場入りのサインが点灯中も、長期・中期・短期に揃ってに買いサインが点灯。下げる場面があれば、積極的に拾いに行くのもありか。

N225(日経平均株価) 先行指数と循環的アノマリー(2020/01/03〜2020/04/24)

saishin-225-roano20200424.png

積分系・・・相場の基調を予想 ※微分系・・・相場の瞬発力を予想

NYDow(DJI) 先行指数と循環的アノマリー(2020/01/03〜2020/04/24)

saishin-ny-roano20200424.png


01/17週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス幅が拡大。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のマイナス値が継続。
下押し圧力が、かかるか。

01/24週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。成Diffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のプラス値が出現。
上押し圧力が、かかり始めるか。

01/31週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が出現。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス値に復帰。成Diffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のプラス値が出現。
上押し圧力が、かかり始めるか。

02/07週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が出現。
スDiffは、上昇へ。プラス幅が拡大。成Diffは、上昇へ。プラス値に復帰。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス値に復帰。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のプラス値が継続。
上押し圧力が、勝るか。

02/14週は、「スDiff<成Diff」が出現。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が出現。
スDiffは、下落へ。プラス幅が縮小。成Diffは、上昇へ。プラス幅が拡大。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のプラス値が継続。
上押し圧力が、やや鈍るか。

02/21週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス幅が縮小。成Diffは、上昇へ。プラス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス幅が縮小。
短期トレンド指数は、下落へ。プラス値が縮小。
上押し圧力が、やや鈍るか。

02/28週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が出現。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス値に転落。成Diffは、下落へ。プラス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス値に転落。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のマイナス値が出現。
下押し圧力が、かかるか。

03/06週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス幅が拡大。成Diffは、下落へ。プラス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
短期トレンド指数は、上昇へ。僅かにプラス値に復帰。
下押し圧力が、残るか。

03/13週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。成Diffは、下落へ。僅かにマイナス値に転落。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス幅が拡大。
短期トレンド指数は、上昇へ。僅かにプラス幅が拡大。
上押し圧力が、かかり始めるか。

03/20週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff>0」が出現。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス値に復帰。成Diffは、下落へ。僅かにマイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。
上押し圧力が、かかり始めるか。

03/27週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が出現。
スDiffは、上昇へ。プラス幅が拡大。成Diffは、上昇へ。プラス値に復帰。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。二桁のプラス値が出現。
上押し圧力が、かかるか。

04/03週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス幅が拡大。成Diffは、上昇へ。プラス幅が拡大。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス幅が縮小。
短期トレンド指数は、上昇へ。二桁のプラス値が出現。
上押し圧力が、かかるか。

04/10週は、「スDiff<成Diff」が出現。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス幅が拡大。成Diffは、上昇へ。プラス幅が拡大。
長期トレンド指数は、上昇へ。7週ぶりにプラス値に復帰。
短期トレンド指数は、下落へ。
上押し圧力が、残るか。

04/17週は、「スDiff<成Diff」が出現。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、僅かに上昇へ。プラス幅が拡大。成Diffは、上昇へ。プラス幅が拡大。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。
短期トレンド指数は、上昇へ。二桁のプラス値が出現。
上押し圧力が、かかるか。

04/24週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス幅が縮小。成Diffは、下落へ。プラス幅が縮小。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス幅が拡大。
短期トレンド指数は、下落へ。二桁のマイナス値が出現。
上押し圧力が、鈍るか。

循環性アノマリーには、積分系(相場の方向性を示唆)と微分系(相場の瞬発力を示唆)の2種類あり。ともに、+10以上は、好調。+10〜−10は、軟調。−10以下は、不調。の傾向あり。グラフ右軸の数値は先行指数用。循環性アノマリーは、点線の緑+10と、点線の赤−10が有意。横軸の日付のみ有意。上昇、下落のタイミングのみを日々の日経平均株価終値・NYダウ終値から数学的に予想(予測)。あくまでアノマリーですので、ご留意を。

N225では、01/17週〜04/24週 に注意が必要か。

NYダウでは、01/17週〜02/21週、03/20週〜04/10週 に注意が必要か。





投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 16:24 | Comment(0) | ◆日経平均予想見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。