◆新着記事一覧◆
[格付け・レーティング情報] デンカ,イビデン,ルネサスエレ,新光電工
[上方修正・増配・好材料情報] ITbook,FRONTEO,パレモ,シュッピン,リアルワールド,TH…
[上方修正・増配・好材料情報] 日電産,日シス技術,白洋舎,スポーツF,日東電,北日銀,クロスキャト,信…
[格付け・レーティング情報] セブン&アイ,コーテクHD,イビデン,小野薬,フルキャスト,ディスコ,ロ…
[S高|株価値上注目銘柄] KeePer技研,出前館,コメリ,ディスコ,FRONTEO,神戸物産,オービ…
[格付け・レーティング情報] 小野薬品,豊田織機,ローツェ,京セラ,デンソー,識学,いすゞ自動,マツダ,…
[上方修正・増配・好材料情報] FRONTEO,ダイドー,イメージワン,ピックルス,神戸物産,アズ企画…
[上方修正・増配・好材料情報] ほくほくFG,北海電工,日本興業,ブレインP,テラ,ディスコ,サイバト…
[格付け・レーティング情報] コメダ,テルモ,ソニーG,東京海上
[S高|株価値上注目銘柄] 多木化学,KDDI,しまむら,日産自動車,アイビー化粧品,ゼネテック,Gセキ…
[格付け・レーティング情報] アステラス薬,中外製薬,ソニーG,コナミ
[上方修正・増配・好材料情報] カゴメ,マーチャント・バンカーズ,ジェイテックコーポ,霞ヶ関キャピタ…
[上方修正・増配・好材料情報] 三共生興,JBR,INPEX,ロードスター,インソース,PCA,共立印…
[格付け・レーティング情報] INPEX,セブン&アイ,ホギメデ,ルネサス,日産自,日野自,豊田合,キヤ…
[S高|株価値上注目銘柄] テクマトリックス,鳥居薬品,アイホン,JCRファーマ,日本郵船,リョービ,旭…
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(01/28週〜05/06週) ] 2月中旬底打ちも5月に伸び…
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2022年発表分)
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2021年発表分)
[上方修正・増配・好材料情報] パソナグループ,ジャパンベストレスキューシステム,TOKYOBAS…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証JQS・マザーズ 銘柄一覧(01/21週終値現在)
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] イメージワン,カネヨウ,Ciメディカ,オロ,ネットマーケ,ナガオカ,ニューフレア,西芝電,福島銀,セレスポ,IJTT,ASB機械,アトラエ,曙ブレーキ工業,JIG−SAW,九州FG,GAテクノ,CKD,GMOインターネット,富士フイルム,タカラトミー,アイコム
2019年11月13日

[S高|株価値上注目銘柄] イメージワン,カネヨウ,Ciメディカ,オロ,ネットマーケ,ナガオカ,ニューフレア,西芝電,福島銀,セレスポ,IJTT,ASB機械,アトラエ,曙ブレーキ工業,JIG−SAW,九州FG,GAテクノ,CKD,GMOインターネット,富士フイルム,タカラトミー,アイコム



※S高銘柄一覧


<2667> イメージワン  JQ       地球環境ソリューション事業が好調に推移
<3209> カネヨウ    東証2  配分  兼松がTOBで完全子会社化 5.61万株買残
<3540> Ciメディカ  JQ   一時  第3四半期の営業利益21%増、増税前の駆け込み需要で
<3983> オロ      東証1      1-9月期(3Q累計)経常が18%増益で着地
<6175> ネットマーケ  配分       取引時間内に商い成立せず4.66万買残
<6239> ナガオカ    JQ   配分  前日まで2日連続ストップ高 3.75万株買残
<6256> ニューフレア  JQ       前日もストップ高。半導体製造装置関連
<6591> 西芝電     東証2      前日もストップ高。防災関連
<8562> 福島銀     東証1  一時  前日もストップ高
<9625> セレスポ    JQ       前日もストップ高

※株価高上昇率銘柄一覧


1. <6591> 西芝電    東証2   36.4   300 S ニューフレアなど東芝系子会社が急伸、完全子会社検討と報道
2. <6239> ナガオカ   JQ    28.8  1343 S 今期経常を2期ぶり最高益に97%上方修正
3. <1685> WTエナジー 東証E   26.6   424 
4. <9625> セレスポ   JQ    24.2  2052 S 上期経常は18倍増益・通期計画を超過
5. <3209> カネヨウ   東証2   20.9   866 S 兼松がTOBで完全子会社化
6. <8894> レボリュー  東証2   19.6   67 
7. <4396> システムサポ 東証1   19.4  1669  7-9月期(1Q)経常は5.1倍増益で着地
8. <2667> イメージワン JQ    19.3   617 S 20年9月期損益急回復を材料視
9. <5922> 那須鉄    東証2   18.3  14150  上期営業利益は4.6倍で計画を大きく上回って着地
10. <3983> オロ     東証1   17.2  3415 S 1-9月期(3Q累計)経常が18%増益で着地
11. <6369> トヨカネツ  東証1   16.3  2428  上期営業は7.3億円の黒字に急浮上、自社株買いの実施も発表
12. <6175> ネットマーケ 東証1   15.8  1098 S 7-9月期(1Q)経常は15倍増益・上期計画を超過
13. <6256> ニューフレア JQ    15.5  11180 S ニューフレアなど東芝系子会社が急伸、完全子会社検討と報道
14. <7315> IJTT   東証2   14.8   620  4〜9月期減益も120万株の自社株買いがポジティブ材料に
15. <6284> ASB機械  東証1   14.8  4510 
16. <6428> オーイズミ  東証1   13.1   622  上期経常は18倍増益・通期計画を超過
17. <7959> オリバー   東証1   12.9  3375 
18. <3540> Ciメディカ JQ    12.2  3255  第3四半期の営業利益21%増、増税前の駆け込み需要で
19. <6194> アトラエ   東証1   11.1  3600  今期経常は22%増で7期連続最高益更新へ
20. <1692> WTアルミ  東証E   10.7   300 
21. <7238> ブレーキ   東証1   10.0   253  債務超過解消で20年3月期営業利益は前期比13倍見通し
22. <1983> 東芝プラ   東証1   9.9  2701  ニューフレアなど東芝系子会社が急伸、完全子会社検討と報道
23. <4814> ネクスウェア JQ    9.2   273  AI顔認証『アドテック東京2019』に導入
24. <8918> ランド    東証1   9.1   12 
25. <6786> RVH    東証2   8.5   204  人材派遣関連

オロ <3983>  3,415円  +500 円 (+17.2%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率2位
ストップ高。12日大引け後に発表した19年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結経常利益が前年同期比17.8%増の10.3億円に伸びて着地したことが買い材料視された。クラウドソリューション事業が収益を牽引した。新規顧客の獲得や既存顧客との取引拡大を背景に、主力のクラウドERP(基幹業務システム)「ZAC」の稼働ライセンス数が増えた。上期(1-6月)は17.4%経常減益だっただけに、2ケタ増益に転じたことを評価する買いが向かった。

IJTT <7315>  620円  +80 円 (+14.8%)  本日終値
マドを開けて大幅続伸。株価は一時12.2%高の606円と約半年ぶりに600円台を復帰した。12日取引終了後に発表された19年4〜9月期連結決算では、売上高は前年同期比5.2%増の910億6800万円、営業利益が同9.6%減の37億4600万円と増収減益だった。国内は排ガス規制に伴う駆け込み需要などで堅調だったが、海外の需要減が影響した。なお、発行済株式数の2.51%に当たる120万株、6億円を上限に、きょうから20年6月23日まで自己株式取得する方針を発表しており、これがポジティブ材料となった。

ASB機械 <6284>  4,510円  +580 円 (+14.8%)  本日終値  東証1部 上昇率5位
11月12日大引け後(16:00)に決算を発表。19年9月期の連結経常利益は前の期比20.6%減の41.9億円になったが、20年9月期は前期比9.7%増の46億円に伸びる見通しとなった。

歯愛メディカル <3540>  3,255円  +353 円 (+12.2%) 一時ストップ高   本日終値
11月12日大引け後(15:30)に決算を発表。19年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結経常利益は前年同期比20.0%増の17.1億円に伸び、通期計画の20.9億円に対する進捗率は82.1%に達し、さらに前年同期の72.6%も上回った。

アトラエ <6194>  3,600円  +360 円 (+11.1%)  本日終値  東証1部 上昇率8位
続急伸。12日大引け後に発表した19年9月期の経常利益(非連結)は前の期比8.2%増の7億1300万円で着地。続く20年9月期も前期比22.0%増の8億7000万円に伸び、7期連続で過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。今期は主力の成功報酬型求人サイト「Green」の高成長が継続するほか、組織改善ツール「wevox」の導入企業も伸び、30.1%の大幅増収を見込む。

曙ブレーキ工業 <7238>  253円  +23 円 (+10.0%)  本日終値  東証1部 上昇率9位
続急伸。同社が12日取引終了後に19年7〜9月期に国内拠点の減損処理などで約250億円の特損を計上することを発表した。一方、事業再生ファンドからの出資と取引金融機関の債権放棄に伴い9月末時点で債務超過の解消を果たし、「継続企業の前提に関する注記」の記載も解消。また20年3月期の連結営業利益が前期比13倍の28億円になりそうだと発表しており、これをポジティブ視する形で短期資金が流入した。

JIG−SAW <3914>  4,805円  +365 円 (+8.2%)  本日終値
発行済み株式数(自社株を除く)の0.61%にあたる4万株(金額で2億円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い材料視された。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。買い付け期間は11月13日から12月31日まで。

九州FG <7180>  492円  +37 円 (+8.1%)  本日終値
大幅高。株価は一時、前日比約8%高の495円まで上値を伸ばし、3月20日に付けた年初来高値まであと1円まで迫った。12日取引終了後に、発行済株式数の2.65%に当たる1200万株、55億円を上限に、きょうから20年3月24日まで自己株式取得をする方針を発表した。また、同時に発表された19年4〜9月期の連結純利益は111億6200万円(前年同期比7.8%減)とコンセンサスの103億円を上回っており、これらを材料視する形で買いが流入した。

GAテクノ <3491>  3,690円  +250 円 (+7.3%)  本日終値
7連騰。この日の寄り前に、中古不動産と購入希望者をマッチングする流通プラットフォーム「RENOSY(リノシー)」事業に関して、四半期ごとの中古不動産の売買成約件数を発表しており、第4四半期(8〜10月)は619件になり、第1四半期(18年11〜19年1月)の352件に対して大幅に増加したことが好感された。19年10月期通期では過去最大の1856件になったとしており、業績への貢献が期待されている。なお、決算発表は12月9日を予定している。

CKD <6407>  1,716円  +113 円 (+7.1%)  本日終値
急伸。12日大引け後、20年3月期の連結経常利益を従来予想の9.5億円→24.6億円に2.6倍上方修正。減益率が82.5%減→54.7%減に縮小する見通しとなったことが買い材料視された。延期されていた半導体設備投資が一部再開され、半導体関連向け流体制御機器などの販売が伸びる。自動機械部門の収益性改善が進むことも上振れに大きく貢献する。業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の10円→11円(前期は28円)に増額修正したことも好感された。

GMOインターネット <9449>  2,176円  +143 円 (+7.0%)  本日終値
大幅上昇、一時10%を超える上げで2200円台に買われ連日の年初来高値更新となった。中小企業向けを中心にネット活用支援ビジネスを展開するが、旺盛な企業のネットインフラ需要を取り込み業績は好調に推移している。同社が12日取引終了後に発表した19年1〜9月期決算は営業利益が前年同期比15%増の199億3000万円と2ケタ伸長をみせた。これを評価する形で投資資金を呼び込んでいる。EC(電子商取引)市場の拡大を背景に決済代行事業が伸びて、全体業績を牽引している。

富士フイルム <4901>  5,180円  +309 円 (+6.3%)  本日終値
全体地合い悪のなか、商いを伴い大幅高に買われ異彩を放った。同社は12日取引終了後、20年3月期業績予想の修正を発表した。通期想定為替レートを1ドル=110円から108円に円高方向に修正した関係で売上高は減額したものの、最終利益を従来予想の1550億円から1620億円(前期比17%増)に上方修正しており、これが好感される形となった。利益増額は富士ゼロックスの完全子会社化により持ち分利益が増加することを反映したもの。

タカラトミー <7867>  1,284円  +69 円 (+5.7%)  本日終値
商いを集めて全般軟調相場に抗して3日続伸。株価は一時、前日比9.2%高の1327円と上値を伸ばした。12月の年末商戦を控えるなか、アニメ関連商品の販売好調による業績の回復色を見せる同社に市場の注目が高まっている。12日の取引終了後、第2四半期(4〜9月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比6.8%減の830億9200万円、営業利益が同17.6%減の58億2600万円と減収減益だったが、第1四半期の66.8%営業減益に比べるとモメンタムは大幅に改善しており、今後の業績回復を期待する形で買いが流入した。

アイコム <6820>  2,645円  +137 円 (+5.5%)  本日終値
発行済み株式数(自社株を除く)の0.67%にあたる10万株(金額で2億5080万円)を上限に、11月13日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

カネヨウ <3209>  866円  +150 円 (+21.0%) ストップ高   本日終値
12日、カネヨウ <3209> [東証2]に対して兼松 <8020> がTOB(株式公開買い付け)を実施し、完全子会社化を目指すと発表したことが買い材料視された。TOB価格が前日終値を25.7%上回る1株900円とあって、本日の株価はこれにサヤ寄せする形で買い気配値を切り上げた。買付期間は11月13日から12月24日まで。TOBが成立した場合、同社株は上場廃止となる見通し。

イメージ ワン <2667>  617円  +100 円 (+19.3%) ストップ高   本日終値
ストップ高。同社は医療画像システムを主力展開するが、最近の電子カルテ市場の拡大を捉え業績は回復トレンド入りが見込まれている。12日取引終了後に発表した19年9月期営業損益は4300万円の赤字だったが、これは10月30日に発表した下方修正で織り込み済みだった。続く20年9月期は3億9000万円の黒字に急浮上し、一気に24期ぶりの最高益を更新する見通しにある。これがポジティブサプライズとなって大量の買いを呼び込んでいる。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 15:58 | Comment(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。