◆新着記事一覧◆
[格付け・レーティング情報] 高砂熱,不二製油,SUMCO,信越化学,花王,石原ケミカ,栗田工業,セガサ…
[上方修正・増配・好材料情報] 安江工務店,テラ,アイスタディ,ワッツ,ハブ,マーチャント・バンカーズ…
[株式分割情報] カオナビ (4435) 1株⇒2株
[上方修正・増配・好材料情報] アルトナー,日東網,イムラ封筒,Casa,INV,MTG,GAテクノ,シ…
[格付け・レーティング情報] 日清食HD,神戸物産,ウエルシア,イビデン,JCRファ,三和HD,日機装,…
[S高|株価値上注目銘柄] 大盛工業,アイケイ,石光商事,アクセルM,アイル,HEROZ,日本興業,大和…
[株式分割情報] 日本創発グループ (7814) 1株⇒4株
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2019年発表分)
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均株価予想(12/13週〜03/20週) ]12月中旬弱気相場入りも短い…
[上方修正・増配・好材料情報] アイスタディ,エディオン,鳥貴族,すかいらーく,ユニフォームネクスト,…
[格付け・レーティング情報] 日清食品,JCRファ,三和HD,日立,ワコム,ニチコン,小糸製作,PCデポ
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証JQS・マザーズ 銘柄一覧(12/06週終値現在)
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2019/12/06週 +27,993円】NYDow 反落 米中貿易協議継続中 雇用統…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割・東証2部 銘柄一覧(12/06週終値)
[市場変更情報] 東証1部昇格・市場変更があるかも予想?!  銘柄一覧と進捗状況(12/06週終値)
[上方修正・増配・好材料情報] アイル,大盛工業,トミタ電機,ポールHD,積水ハウス,ソフトウェア,ア…
[市場変更情報] HEROZ(4382) マザーズ⇒東証本則(市場区分未定)
[格付け・レーティング情報] ツルハHD,三菱ケミHD,AGC,荏原,富士通,デンソー,任天堂,ゴルドウ…
[S高|株価値上注目銘柄] アイケイ,アクセルM,オルトP,大和重,大谷工業,イワブチ,クックビズ,ラ・…
[株式分割情報] HEROZ (4382) 1株⇒2株
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] YKT,ホットリンク,ダイトーケミ,ミルボン,アサヒ陶,モリテック,中村超硬,Tスマート,石井表記,ログリー,三桜工,栄電子,中央化学,バリューコマース,日本航空電子工業,JSR,日東工業,日東電工,アンジェス,日本M&Aセンター,NTTDイン,岡本硝子,こころネット
2019年10月29日

[S高|株価値上注目銘柄] YKT,ホットリンク,ダイトーケミ,ミルボン,アサヒ陶,モリテック,中村超硬,Tスマート,石井表記,ログリー,三桜工,栄電子,中央化学,バリューコマース,日本航空電子工業,JSR,日東工業,日東電工,アンジェス,日本M&Aセンター,NTTDイン,岡本硝子,こころネット



※S高銘柄一覧


<2693> YKT     JQ       量子コンピューター関連
<3680> ホットリンク  東証M      人工知能関連
<4366> ダイトーケミ  東証2      経費削減効果で20年3月期業績予想を上方修正
<4919> ミルボン    東証1  一時  第3四半期営業益10%増で通期計画進捗率76%
<5341> アサヒ陶    東証2  一時  9月度に引き続き大口案件2件が決定
<5986> モリテック   東証1      EV向け充電スタンドで人気化素地
<6166> 中村超硬    東証M  配分  ゼオライトナノ粒子製造技術を手掛かりに底値から5倍化 18.94万株買残
<6246> Tスマート   東証2  配分  大幅な上方修正がサプライズに 4.15万株買残
<6336> 石井表記    東証2      前日もストップ高。半導体製造装置関連
<6579> ログリー    東証M      『クッキー情報収集、公取委規制へ』との報道を買い材料視
<6584> 三桜工     東証1      
<7567> 栄電子     JQ       半導体製造装置関連
<7895> 中央化学    JQ   一時  

※株価高上昇率銘柄一覧


1. <3680> ホットリンク 東証M   26.7   380 S グループ会社が日本郵政キャピタルなどから資金調達へ
2. <4319> TAC    東証1   26.0   252 
3. <4366> ダイトーケミ 東証2   24.5   407 S 経費削減効果で20年3月期業績予想を上方修正
4. <6579> ログリー   東証M   23.9  2595 S Cookie規制を検討との報道を受け思惑働く
5. <8894> 原弘産    東証2   23.5   21 
6. <6166> 中村超硬   東証M   22.9  1610 S ゼオライトナノ粒子製造技術を手掛かりに底値から5倍化
7. <6584> 三桜工    東証1   22.2  1650 S 電池会議の開催も思惑視
8. <5986> モリテック  東証1   21.6   450 S EV向け充電スタンドで人気化素地
9. <6246> Tスマート  東証2   19.3   927 S 今期経常を一転18%増益に上方修正、配当も10円増額
10. <7567> 栄電子    JQ    18.4   965 S 半導体製造装置関連
11. <2693> YKT    JQ    17.7   533 S YKTなど値を飛ばす、グーグルの『量子超越』達成で量子コンピューター関連人気再燃
12. <9674> 花月園    東証2   17.5   255 
13. <3850> イントラマト 東証2   16.7  4220  人工知能関連
14. <6336> 石井表記   東証2   16.3   714 S 半導体製造装置関連
15. <5341> アサヒ陶   東証2   15.2   699  ベトナム販売子会社が新たな大口案件を獲得
16. <7746> 岡本硝子   JQ    13.9   237  新製法によるガラス製光学部品の受注活動スタート
17. <3132> マクニカ富士 東証1   13.8  1803  情報セキュリティ関連
18. <4531> 有機薬    東証1   12.8   273 
19. <2491> Vコマース  東証1   12.4  1829  第3四半期営業益33%増で通期計画進捗率80%
20. <6060> こころネット JQ    12.0  1045  20年3月期第2四半期の営業利益予想を4.14億円に上方修正、葬儀施行件数が増加
21. <6862> ミナトHD  JQ    11.7   364  世界的な半導体回復でメモリーモジュールに追い風
22. <6245> ヒラノテク  東証2   10.7  1600 
23. <1431> リブワーク  東証M   10.3  2695  12月末を基準日に1株を2株に分割
24. <9768> いであ    東証1   9.9  1547  豪雨対応でテーマ買いの動き加速
25. <9421> エヌジェイ  JQ    9.7  1370  人材派遣関連

バリューコマース <2491>  1,829円  +202 円 (+12.4%)  本日終値  東証1部 上昇率6位
大幅続伸。同社は28日取引終了後に、19年12月期第3四半期累計(1〜9月)の連結決算を発表。営業利益は34億9200万円(前年同期比33.4%増)となり、通期計画43億5000万円に対する進捗率は80.3%となった。売上高は182億9800万円(同24.7%増)で着地。「Yahoo!ショッピング」のストア向けCRMツール「ストアーズ・アールエイト」、クリック課金型広告「ストアマッチ」、成果報酬型広告「アフィリエイト」が伸長したことなどが寄与した。なお、通期業績予想は従来計画を据え置いている。

日本航空電子工業 <6807>  1,905円  +150 円 (+8.6%)  本日終値  東証1部 上昇率8位
大幅続伸で年初来高値圏を走っており、一時16.9%高の2052円までと上値を伸ばし、18年9月以来約13カ月ぶりとなる2000円大台に復帰した。28日取引終了後に20年3月期通期見通しを下方修正した。営業利益は185億円から145億円(前期比16.2%減)へ、最終利益は135億円から105億円(同22.3%減)へそれぞれ減額した。同時に発表された19年4〜9月期営業利益は71億7100万円(前年同期比23.3%減)と通期計画に対する進捗率が49.5%に達していることに加え、足もと携帯機器端末市場に回復の兆しがあるなか、業界大手のコネクターが収益の柱なだけに、業績の上振れ期待が先行する形で投資資金が流入している。信用倍率0.62倍と株式需給面の軽さも株高を後押ししている。

JSR <4185>  2,052円  +159 円 (+8.4%)  本日終値  東証1部 上昇率9位
大幅高で5日続伸し連日の年初来高値更新となった。28日の取引終了後、20年3月期の連結業績予想について、売上高を5080億円から4830億円(前期比2.8%減)、営業利益を445億円から400億円(同7.0%減)へ、純利益を310億円から280億円(同10.0%減)へ下方修正したが、想定内との見方が強くネガティブ視する動きは限定的となった。下方修正は、エラストマー事業及び合成樹脂事業における販売数量の減少や市況低迷の影響が見込まれるほか、デジタルソリューション事業におけるディスプレー材料の顧客需要の減速などが響く見通し。なお、同時に発表した第2四半期累計(4〜9月)決算は、売上高2401億4900万円(前年同期比2.3%減)、営業利益189億9900万円(同15.2%減)、純利益134億7200万円(同19.4%減)だった。

日東工業 <6651>  2,334円  +172 円 (+8.0%)  本日終値
急反発。28日大引け後、20年3月期の連結経常利益を従来予想の90億円→109億円に21.1%上方修正。増益率が40.5%増→70.2%増に拡大する見通しとなったことが買い材料視された。配電盤関連製造事業で高圧受電設備や分電盤などの販売が想定より伸びたことが寄与。業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の50円→53円(前期は40円)に増額修正したことも評価材料となった。

日東電工 <6988>  6,116円  +372 円 (+6.5%)  本日終値
10月28日大引け後(16:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結税引き前利益は前年同期比18.3%減の410億円に減ったが、通期計画の710億円に対する進捗率は57.8%に達し、5年平均の47.8%も上回った。

アンジェス <4563>  684円  +34 円 (+5.2%)  本日終値
反発。同社は阪大教授創業の医療ベンチャーで、遺伝子医薬品などの開発や難病治療薬販売を手掛ける。28日取引終了後、19年12月期業績予想について、営業赤字を28億円から33億円(前年同期30億6500万円の赤字)へ、最終赤字を28億円から37億円(同29億9600万円の赤字)へそれぞれ下方修正した。国内におけるHGF遺伝子治療用製品「コラテジェン」の慢性動脈閉塞症の安静時疼痛を有する患者を対象にした第V相臨床試験に伴う費用、および米国におけるHGF遺伝子治療薬の新試験策定準備に伴う費用等事業費用が従来見通しを上回るほか、保有する投資有価証券の時価下落に伴う投資有価証券評価損を計上。ただ、株価には事前に織り込まれていることから、目先悪材料出尽くしと見た買い戻しが優勢となった。

日本M&Aセンター <2127>  3,115円  +151 円 (+5.1%)  本日終値
大幅反発。28日大引け後、20年3月期上期(4-9月)の連結経常利益を従来予想の67.5億円→92.4億円に36.9%上方修正。従来の2.9%減益予想から一転して32.9%増益を見込み、2期ぶりに上期の最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。上期のM&A成約件数は519件となり、前年同期実績(385件)を大幅に上回ったことが寄与。なお、通期の経常利益は従来予想の135億円(前期は125億円)を据え置いた。

ミルボン <4919>  5,770円  +270 円 (+4.9%) 一時ストップ高   本日終値
急反発し、年初来高値を更新した。同社は28日取引終了後に、19年12月期第3四半期累計(1〜9月)の連結決算を発表。営業利益は51億7500万円(前年同期比10.4%増)となり、通期計画68億4000万円に対する進捗率は75.7%となった。売上高は266億5100万円(同9.0%増)で着地。ヘアケア用剤「オージュア」や染色剤「オルディーブアディクシー」が伸長したことなどが寄与した。なお、通期業績予想は従来計画を据え置いている。

ホットリンク <3680>  380円  +80 円 (+26.7%) ストップ高   本日終値
ストップ高。同社グループ会社のトレンドExpressはきょう、日本郵政<6178>子会社の日本郵政キャピタルなどから7億円の資金調達を実施すると発表。これが材料視されたようだ。トレンドExpressは、中国を中心とする消費者ビッグデータをベースにクロスボーダーマーケティング及び越境EC事業を手掛けている会社で、2017年1月にホットリンクから分社化。今回の資金調達で消費者ビッグデータをベースとした新規プロダクトの開発や人員強化、越境EC事業の加速、M&Aなどを推進するほか、日本郵政グループとの事業連携を図り、事業拡大につなげるとしている。

ダイトーケミックス <4366>  407円  +80 円 (+24.5%) ストップ高   本日終値
ストップ高で、年初来高値を一気に更新。午後1時40分ごろ、20年3月期の連結業績予想について、営業利益を5億円から5億5000万円(前期比29.9%減)へ、純利益を3億5000万円から4億5000万円(同27.4%減)へ上方修正したことが好感された。売上高は130億円から125億円(同3.6%増)へやや下方修正したものの、経費削減効果により営業利益の押し上げに加えて、18年度に発生した台風被災の保険差益を特別利益に計上したことが要因としている。同時に、従来2円を予定していた中間配当を3円にすると発表した。なお、第2四半期累計(4〜9月)連結決算は、売上高59億1000万円(前年同期比1.4%減)、営業利益3億900万円(同3.3%増)、純利益3億4000万円(同36.9%増)だった。

ログリー <6579>  2,595円  +500 円 (+23.9%) ストップ高   本日終値
ストップ高。きょう付けの朝日新聞朝刊で「ウェブ上で利用者がどんなページを見たかを記録する『クッキー』について、公正取引委員会は、利用者の同意なく収集して利用すれば独占禁止法違反になる恐れがあるとして規制する方向で検討に入った」と報じられているが、同社ではCookieを使用せずにユーザー属性を推定する技術を確立し、特許を取得しており、事業機会拡大への思惑が働いたようだ。同特許は、Webページのアクセス情報からユーザーの性別・年齢などのデモグラフィック情報、興味・関心などのサイコグラフィック情報を推定する技術。ユーザーがWebページにアクセスした際に取得できるURL、日時、端末情報などのアクセスログをパターン化し、機械学習の技術を用いて高速にユーザー属性を推定するという。

中村超硬 <6166>  1,610円  +300 円 (+22.9%) ストップ高   本日終値
連日のストップ高。きょうは300円高の1610円で値がつかない状況となった。結晶構造に由来したミクロ多孔性のアルミノケイ酸塩鉱物であるゼオライトは工業用途における重要物質として知られるが、同社は今月17日に科学技術振興機構(JST)の委託で取り組んできた開発課題「ゼオライトナノ粒子の製造技術の確立」について、JSTから成功認定されたと発表、これが今回の急騰相場のスタートとなった。株価は300円台からストップ高を連発して、わずか7営業日でほぼ5倍となった。この伏線にあるのが同社株の天井の高さとの時価とのギャップで、2017年12月に7820円の上場来高値をつけてから、10月17日の上場来安値まで約24分の1以下に暴落、株式需給面から売り物が枯れ切っていた。

モリテック スチール <5986>  450円  +80 円 (+21.6%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率3位
ストップ高。7月下旬以来約3カ月ぶりの400円台乗せとなった。焼き入れ・板金加工大手で自動車向けが約7割を占める。電気自動車(EV)向けケーブル自動巻き取り式充電スタンドを手掛けており、ここ人気化が相次ぐEV・リチウム関連株物色の流れに乗った。時価総額100億円以下と小型で信用買い残も30万株未満で重荷となっておらず、株式需給面の軽さが着目されている。

テクノスマート <6246>  927円  +150 円 (+19.3%) ストップ高   本日終値
テクノスマート <6246> [東証2]がストップ高。28日大引け後、20年3月期の経常利益(非連結)を従来予想の16億円→28億円に75.0%上方修正。従来の32.8%減益予想から一転して17.6%増益見通しとなったことが買い材料視された。塗工機などの生産が順調に進むなか、原価低減施策の進展や複数の受注による量産効果が利益を押し上げる。業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の26円→36円(前期は40円)に大幅増額したことも買いに拍車を掛けた。前日終値ベースの配当利回りが4.63%に上昇する一方、予想PERは9.1倍→5.7倍に低下し、割安感が強まった。

NTTDイン <3850>  4,220円  +605 円 (+16.7%)  本日終値
 発行済み株式数(自社株を除く)の2.42%にあたる12万株(金額で4億3380万円)を上限に、10月29日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

アサヒ衛陶 <5341>  699円  +92 円 (+15.2%) 一時ストップ高   本日終値
一時ストップ高まで買われる場面があった。同社は28日、ベトナム販売子会社が新たにトイレや洗面器などの大口案件を獲得したと発表。ドンナイ省で建設中の「TOPAZ TWINS TOWER」向けの売り上げが60万ドル、ホーチミン市で建設中の集合住宅向け売り上げが10万ドルになるとしており、これが材料視されたようだ。なお、同社は9月25日にもホーチミン市の2病院や同市に建設中のプロジェクトなどへの納入が決定(売り上げは計37万ドル)したことを明らかにしている。

岡本硝子 <7746>  237円  +29 円 (+13.9%)  本日終値
後場に入って急動意。同社はきょう、新製法による自由形状のガラス製光学部品の受注活動を開始したと発表。これが株価を刺激したようだ。同社はこのほど、溶融ガラス塊をプレスすることで溶融ガラスを複数の成型空間に注入し、複雑形状(両面など)を成型する新製法を開発。現在、特許出願中で、樹脂からガラスへの置き換えや両面非球面レンズなどの成型に最適だとしている。

こころネット <6060>  1,045円  +112 円 (+12.0%)  本日終値
10月28日大引け後(16:30)に業績修正を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想の2.8億円→4.8億円(前年同期は3.3億円)に66.8%上方修正し、一転して44.3%増益見通しとなった。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:00 | Comment(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。