◆新着記事一覧◆
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2020/09/18週 +595,925円】NYDow 続落 ハイテク株売り継続 FOMC…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割・東証2部 銘柄一覧(09/18週終値)
[市場変更情報] 東証1部昇格・市場変更があるかも予想?!  銘柄一覧と進捗状況(09/18週終値)
[上方修正・増配・好材料情報] 高砂熱,LIFULL,水戸,北越メ,テクマト,DCM,サツドラHD,スト…
[格付け・レーティング情報] プリマ,ソニー,メガチップス,太平洋工,ライフコーポ,JR西日本
[S高|株価値上注目銘柄] アレンザHD,三協フロンテア,綿半ホールディングス,あすか製薬,HUグルー…
[市場変更情報] ジェイテックコーポレーション(3446) マザーズ⇒東証1部
[格付け・レーティング情報] DeNA,味の素,プリマハム,日ペイント,ソニー,太平洋工,ライフC,日本…
[上方修正・増配・好材料情報] FRONTEO,くら寿司,フリービット,日本情報クリエイト,デ・ウエ…
[上方修正・増配・好材料情報] 伊藤米久HD,ピープル,アレンザHD,シンバイオ,クスリアオキ,三協フ…
[格付け・レーティング情報] 明治HD,アリアケ,なとり,産業ファンド,セブン&アイ,アイル,三井化学,…
[S高|株価値上注目銘柄] アスクル,コーセル,アイル,千趣会,アスコット,イノベーション,No.1,フ…
[株式分割情報] No.1(3562) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] くら寿司,なとり,セブンアイ,アイル,三井化学,リクルート,SMC,富士ゼ…
[上方修正・増配・好材料情報] あらた,TSIホールディングス,電算システム,セレス,ディー・ディー…
[上方修正・増配・好材料情報] クロスフォー,アルプス物流,日新商,東海東京,PI,アスコット,イノベ…
[格付け・レーティング情報] 五洋建,エムスリー,キッコマン,味の素,JSB,ユーザベース,セプテニH…
[S高|株価値上注目銘柄] 新日本科学,ステムリム,丸三証券,ライフコーポレーション,エアトリ,チェン…
[格付け・レーティング情報] 五洋建設,エムスリー,キッコマン,味の素,ツルハHD,JSR,テルモ,太陽…
[上方修正・増配・好材料情報] 大英産業,ジェネレーションパス,農業総合研究所,エンカレッジ・テクノ…
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] サンヨーH,ヨシムラHD,プロパスト,霞ヶ関C,エディア,田中化研,ニッパンR,日本興業,アプラス,明治海,SOU,ワコム,マネーフォワード,Gunosy,ユニゾホールディングス,ステラケミファ,ブロンコビリー,東京衡機
2019年10月16日

[S高|株価値上注目銘柄] サンヨーH,ヨシムラHD,プロパスト,霞ヶ関C,エディア,田中化研,ニッパンR,日本興業,アプラス,明治海,SOU,ワコム,マネーフォワード,Gunosy,ユニゾホールディングス,ステラケミファ,ブロンコビリー,東京衡機



※S高銘柄一覧


<1420> サンヨーH   東証1  一時  
<2884> ヨシムラHD  東証1      上期経常は2.5倍増益で上振れ着地
<3236> プロパスト   JQ       
<3498> 霞ヶ関C    東証M      太陽光発電など自然エネルギー部門好調で業績急拡大
<3935> エディア    東証M      前日まで2日連続ストップ高
<4080> 田中化研    JQ   配分  13.73万株買残
<4669> ニッパンR   JQ   一時  前日もストップ高。復興関連
<5279> 日本興業    JQ   一時  投資有価証券評価損の戻し入れ益を計上へ
<8589> アプラス    東証1  一時  
<9115> 明治海     東証1  一時  
<9270> SOU     東証M      

※株価高上昇率銘柄一覧


1. <3236> プロパスト  JQ    32.3   205 S 6-8月期(1Q)経常は4.1倍増益・通期計画を超過
2. <8589> アプラス   東証1   26.0   97 
3. <9270> SOU    東証M   23.2  2127 S 今期経常は15%増益へ
4. <7719> 東京衡機   東証2   19.8   272  第2四半期営業益49%増で通期計画進捗率67%
5. <3498> 霞ヶ関C   東証M   17.7  4665 S 太陽光発電など自然エネルギー部門好調で業績急拡大
6. <4080> 田中化研   JQ    17.4  1010 S リチウムイオン電池製造のノースボルト社と契約締結
7. <3935> エディア   東証M   16.1   721 S 6〜8月営業損益黒字転換
8. <2884> ヨシムラHD 東証1   15.7  1106 S 上期経常は2.5倍増益で上振れ着地
9. <5279> 日本興業   JQ    15.7  1064  投資有価証券評価損の戻し入れ益を計上へ
10. <7065> upr    東証2   14.5  7800  1株から5株への株式分割と20年8月期29%営業増益予想を好感
11. <3970> イノベーショ 東証M   13.5  2490 
12. <9836> リーバイス  JQ    12.5  1568  米リーバイスがTOBで完全子会社化
13. <6727> ワコム    東証1   12.3   410  上期経常を57%上方修正
14. <3672> オルトP   東証1   12.1   796 
15. <4422> VNX    東証M   11.8  1818 
16. <3264> アスコット  JQ    10.9   255 
17. <9115> 明治海    東証1   10.5   357  “海運買い”の潮流に乗りに物色人気化
18. <3073> DDHD   東証1   10.5  1702  20年2月期営業利益予想を大幅上方修正
19. <8518> アジア投資  東証1   9.6   320 
20. <9423> フォーバルR JQ    9.3   117 
21. <1420> サンヨーH  東証1   9.2   710  子会社が名古屋市の保育所整備事業者として選定
22. <6086> シンメンテ  東証M   8.7  1925  第2四半期営業益35%増で通期計画進捗率66%
23. <3994> マネフォ   東証M   8.6  3860  6〜8月期の営業赤字幅が縮小
24. <3547> 串カツ田中  東証1   8.4  2406  第3四半期営業利益は3割増で進捗率87%
25. <7044> ピアラ    東証M   8.2  2581  人工知能関連

田中化学研究所 <4080>  1,010円  +150 円 (+17.4%) ストップ高   本日終値
ストップ高。同社は15日取引終了後、リチウムイオン電池の製造販売を手掛けるスウェーデン・ノースボルト社と、前駆体製造技術のライセンス及び技術支援、前駆体販売に関する契約を締結したことを発表、これがサプライズを呼び投資資金が集結する格好となった。契約の対価として、ノースボルト社から技術支援の進捗状況に応じたライセンス・技術支援料を受領する。

ワコム <6727>  410円  +45 円 (+12.3%)  本日終値  東証1部 上昇率3位
5日大引け後、20年3月期上期(4-9月)の連結経常利益を従来予想の15.9億円→25億円に56.6%上方修正。減益率が45.2%減→14.1%減に縮小する見通しとなったことが買い材料視された。スマートフォン向けペン・センサーシステムに対するメーカーからの需要が早期化したことが寄与。経費発生が遅れたことなども上振れの要因となった。なお、通期の経常利益は従来予想の51.7億円(前期は41.4億円)を据え置いた。

マネーフォワード <3994>  3,860円  +305 円 (+8.6%)  本日終値
マドを開けて大幅続伸。スマホ向け自動家計簿アプリやクラウドを活用した企業会計サービスなどを手掛け、先行投資が重く今期も大幅営業赤字が継続するも、足もとは営業赤字幅が縮小傾向にあり、売上高もしっかり伸びている。15日取引終了後に発表された19年11月期第3四半期(18年12〜8月)累計業績は、売上高が前年同期比58.0%増の49億4000万円、営業赤字が前年同期の5億700万円に対して18億6700万円だった。ただ、6〜8月期に限れば3億900万円と3〜5月期の5億7400万円から2四半期連続で赤字幅が縮小している。業績の改善を織り込む形で投資資金が集結している。

Gunosy <6047>  1,559円  +84 円 (+5.7%)  本日終値
15日大引け後(15:00)に決算を発表。20年5月期第1四半期(6-8月)の連結最終利益は前年同期比64.2%減の1.9億円に大きく落ち込んだ。しかしながら、併せて6-11月期(上期)の同損益を従来予想の0.1億円の赤字→1.1億円の黒字(前年同期は15.1億円の黒字)に上方修正し、一転して黒字に浮上する見通しとなった。同時に発表した「1.82%を上限に自社株買いを実施」も買い材料。発行済み株式数(自社株を除く)の1.82%にあたる43万株(金額で5億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は10月16日から11月15日まで

ユニゾホールディングス <3258>  4,955円  +255 円 (+5.4%)  本日終値
大幅高。米大手投資ファンド、ブラックストーンはファンドの関連会社を通じてユニゾHDに対して1株当たり5000円でTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。ユニゾHDの同意を条件としているが、23日までに同意がない場合、実施の可否を含めあらゆる選択肢を検討するとしている。これを受け、ユニゾHDの株価はTOB価格にサヤ寄せする格好で一時、前日比5.6%高の4965円まで上昇した。ユニゾHDに対してはソフトバンクグループ<9984>系の投資ファンド、フォートレス・グループが1株当たり4000円で17日までTOBを実施している。

ステラケミファ <4109>  2,830円  +136 円 (+5.1%)  本日終値
大幅高で4日続伸。15日の取引終了後、子会社ステラファーマが、ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)用のホウ素薬剤(一般名:ボロファラン)の製造販売承認申請を行ったと発表したことが好感された。BNCTは、ホウ素を含む専用の薬液を点滴することで、がん細胞にホウ素を集め、その後、患部に体外から中性子線を照射しがん細胞をピンポイントで破壊するという治療法。今回の申請は、頭頸部がん(切除不能な局所再発頭頸部癌及び切除不能な進行頭頸部非扁平上皮癌)患者を対象とした国内第2相試験の結果に基づいて行われ、世界に先駆けて日本で初めて承認申請を行うものだという。なお、同件により20年3月期業績への影響はないとしている。

ブロンコビリー <3091>  2,558円  +121 円 (+5.0%)  本日終値
大幅高で3日続伸。15日の取引終了後に発表した第3四半期累計(1〜9月)単独決算は、売上高170億4100万円(前年同期比0.1%減)、営業利益18億9000万円(同10.2%減)、純利益12億1200万円(同15.3%減)と減収減益となったものの、7〜9月期では4.9%営業増益となっており、これを好感した買いが入った。5月にメニューの改定を行った効果に加えて、新製品やサラダバーの改定などの情報がテレビやWEBメディアへの露出につながり、集客効果に結びついたことが寄与。また、今期に入り3店舗を出店した効果や、前期出店した新店も寄与した。なお、19年12月期通期業績予想は、売上高235億円(前期比4.8%増)、営業利益24億3000万円(同6.4%減)、純利益16億2000万円(同9.4%減)の従来見通しを据え置いている。

プロパスト <3236>  205円  +50 円 (+32.3%) ストップ高   本日終値
ストップ高。15日大引け後に発表した20年5月期第1四半期(6-8月)の経常利益(非連結)が前年同期比4.1倍の8億円に急拡大して着地したことが買い材料視された。首都圏を中心とする小規模賃貸マンションの売却件数が増加したことが寄与。分譲開発事業とバリューアップ事業の収益拡大も大幅増益に貢献した。通期計画の7億円をすでに15.3%も上回っており、業績上振れを期待する買いが向かった。

SOU <9270>  2,127円  +400 円 (+23.2%) ストップ高   本日終値
ストップ高。15日大引け後に発表した19年8月期の連結経常利益は前の期比25.2%増の22.6億円で着地。続く20年8月期も前期比14.9%増の26億円に伸びる見通しとなったことが買い材料視された。今期は前期に出店したブランド品の買い取り店14店舗が通期寄与するうえ、新たに10店超の出店を計画し、15.6%の大幅増収を見込む。業績好調に伴い、従来未定としていた前期の期末一括配当を70円(前の期は51.5円)実施する方針としたことも評価材料となった。なお、今期の年間配当は未定とした。

東京衡機 <7719>  272円  +45 円 (+19.8%)  本日終値
急騰。同社は15日取引終了後に、20年2月期第2四半期累計(3〜8月)の連結決算を発表。営業利益は1億6700万円(前年同期比49.5%増)となり、通期計画2億5000万円に対する進捗率は66.8%となった。売上高は30億5700万円(同25.6%増)で着地。社会インフラ向けに特許を持つゆるみ止め製品(ナット・スプリング)の売り上げが堅調なほか、一般消費者向け生活関連商品の販売好調などを背景に、エンジニアリング事業が大きく伸びたことなどが寄与した。なお、通期業績予想は従来計画を据え置いている。

霞ヶ関キャピタル <3498>  4,665円  +700 円 (+17.7%) ストップ高   本日終値
投資資金の攻勢が続いている。時価総額100億円強と小型なうえ浮動株比率が非常に低く品薄感が強い。前日はストップ高カイ気配のまま買い物を残して引けたが、きょうも売り物薄のなか値幅制限上限まで駆け上がる展開となった。太陽光発電などの自然エネルギーや不動産コンサルティング事業を展開しているが、いずれも好調。太陽光発電施設は前期に3案件の売却を行ったほか、保有4施設の売電収入が業績に寄与している。投資用不動産もコンサルティング受託が好調で、20年8月期売上高は前期比54%増、営業利益は前期比倍増以上の伸びを見込んでいる。海外ではタイ・バンコクなど東南アジア事業の拡充に注力、今後の業容拡大に対する期待も大きい。

ヨシムラHD <2884>  1,106円  +150 円 (+15.7%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率2位
ストップ高。15日大引け後に発表した20年2月期上期(3-8月)の連結経常利益が前年同期比2.5倍の5億円に急拡大し、従来予想の3.3億円を上回って着地したことが買い材料視された。一部子会社で原材料価格などの高止まりが続いたものの、シンガポール水産品加工メーカーと鮎養殖会社の業績上積みなどが収益を押し上げた。通期計画の6.6億円に対する進捗率は76.4%に達しており、業績上振れを期待する買いが向かった。

日本興業 <5279>  1,064円  +144 円 (+15.7%) 一時ストップ高   本日終値
一時ストップ高。コンクリート2次製品を手掛けていることから、台風対策関連として直近で人気が高まっているが、15日の取引終了後、第2四半期(7〜9月)に5956万円の投資有価証券評価損の戻し入れが発生することになったと発表したことで、改めて買い人気を高めている。同社では第1四半期(4〜6月)決算で、保有する投資有価証券のうち時価が著しく下落したものについて、減損処理による投資有価証券評価損を計上していたが、同株式の株価の回復で戻し入れが発生することになったとしている。なお、20年3月期業績予想については、他の要因も含めて精査中としている。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 16:04 | Comment(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。