◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配・好材料情報] アイル,大盛工業,トミタ電機,ポールHD,積水ハウス,ソフトウェア,ア…
[市場変更情報] HEROZ(4382) マザーズ⇒東証本則(市場区分未定)
[格付け・レーティング情報] ツルハHD,三菱ケミHD,AGC,荏原,富士通,デンソー,任天堂,ゴルドウ…
[S高|株価値上注目銘柄] アイケイ,アクセルM,オルトP,大和重,大谷工業,イワブチ,クックビズ,ラ・…
[株式分割情報] HEROZ (4382) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] 日本ハム,Jフロント,ツルハ,資生堂,AGC,JFEHD,アルインコ,SM…
[上方修正・増配・好材料情報] 極楽湯,ツクイ,日本マクドナルド,ジンズ,アクセルマーク,ラクス,ユー…
[上方修正・増配・好材料情報] 野村マスター,ラクーンHD,ノーリツ,アルチザ,ラ・アトレ,スバル
[格付け・レーティング情報] 国際石開帝石,ヤクルト,プリマ,プレサンス,東急不HD,川田テク,協和キ…
[S高|株価値上注目銘柄] ランシステム,インタートレ,サインポスト,ウチダエスコ,大和重,イワブチ,ニ…
[格付け・レーティング情報] ヤクルト,博報堂,日清食品,プレサンス,川田テクノ,テクマトリ,協和キリ…
[上方修正・増配・好材料情報] 三井製糖,いちご,カルラ,ラクーン,ゼネラル・オイスター,ディー・ディ…
[上方修正・増配・好材料情報] リンクユー,オリバー,Bガレージ,楽天地,不二電機
[格付け・レーティング情報] 国際石開帝石,花王,日本製鉄,日軽金HD,DOWA,Jマテリアル,ダイキ…
[S高|株価値上注目銘柄] タイセイ,ベガコーポ,エディア,サインポスト,ビープラッツ,ウチダエスコ,ト…
[格付け・レーティング情報] Jマテリア,ダイキン,レイズネク,富士通,スタンレ,京セラ,市光工業,任天…
[上方修正・増配・好材料情報] システナ,エービーシー・マート,ラクーン,THEグローバル社,ディー…
[上方修正・増配・好材料情報] ミダック,アインHD,トーセイ,プリントN,GAテクノ
[格付け・レーティング情報] スシローGH,TIS,ロート,CTC,東洋合成,太平洋セメ,SMC,CKD…
[市場変更情報] ミダック(6564) 東証2部⇒東証1部
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] オーミケンシ,フラクタル,田岡化,カルナバイオ,鋳鉄管,ハニーズHD,弁護士ドットコム,セプテニHD,堀田丸正,ロードスターキャピタル,ツナグGHD,アイリック
2019年06月28日

[S高|株価値上注目銘柄] オーミケンシ,フラクタル,田岡化,カルナバイオ,鋳鉄管,ハニーズHD,弁護士ドットコム,セプテニHD,堀田丸正,ロードスターキャピタル,ツナグGHD,アイリック



※S高銘柄一覧


<3111> オーミケンシ  東証2      
<3750> フラクタル   東証2      
<4113> 田岡化     東証2  一時  名古屋大学との共同研究に加えテクニカル妙味も浮上
<4572> カルナバイオ  JQG  配分  CDC7キナーゼ阻害薬が日本で特許査定 13.45万株買残
<5612> 鋳鉄管     東証1  一時  前日まで2日連続ストップ高

※株価高上昇率銘柄一覧


1. <4572> カルナバイオ JQG   48.1  2462 S CDC7キナーゼ阻害薬で日本特許査定を受領
2. <3111> オーミケンシ 東証2   18.7   636 S
3. <3750> フラクタル  東証2   17.4   676 S
4. <2792> ハニーズHD 東証1   12.4  1185  前期経常を37%上方修正、配当も10円増額
5. <4113> 田岡化    東証2   11.6  3900  名古屋大学との共同研究に加えテクニカル妙味も浮上
6. <4583> カイオム   東証M   11.2   209 
7. <1675> ETFSパラ 東証E   10.8  15020 
8. <8518> アジア投資  東証1   10.7   300  ネーブル・ジャパンへ投資実行
9. <3989> シェアテク  東証M   10.2   775 
10. <6096> レアジョブ  東証M   10.2  1897 
11. <8105> 堀田丸正   東証2   9.9   89  第1四半期に特別利益計上へ
12. <2351> ASJ    東証M   9.7  1713  フィンテック関連
13. <2160> ジーエヌアイ 東証M   9.7  3465 
14. <3482> ロードスター 東証M   9.5   820  米ファンドライズ社と業務提携
15. <6048> デザインワン 東証1   8.7   324 
16. <6439> 中日鋳    名証2   8.5   794 
17. <2820> やまみ    東証1   8.4  2595 
18. <3628> データHR  東証M   8.4  2490 
19. <7849> スターツ出版 JQ    8.1  2726 
20. <7041> CRGHD  東証M   7.8   774  人材派遣関連
21. <4570> 免疫生物研  JQG   7.7   713 
22. <6063> EAJ    JQ    7.7  1307 
23. <3011> バナーズ   東証2   7.6   128 
24. <3823> アクロディア 東証2   7.5   358  情報セキュリティ関連
25. <5945> 天竜製鋸   JQ    7.5  3510 

ハニーズHD <2792>  1,185円  +131 円 (+12.4%)  本日終値  東証1部 上昇率トップ
急騰。27日大引け後、19年5月期の連結経常利益を従来予想の34億円→46.6億円に37.1%上方修正。増益率が19.3%増→63.6%増に拡大する見通しとなったことが買い材料視された。客数増加を背景に国内既存店が好調に推移し、売上高が計画を上回ったことが寄与。販管費が想定を下回ったことも上振れに大きく貢献した。業績好調に伴い、前期の年間配当を従来計画の20円→30円(前の期は20円)に大幅増額修正したことも評価材料となった。 

弁護士ドットコム <6027>  5,300円  +350 円 (+7.1%)  本日終値
急反発。同社は法律相談や弁護士を紹介するウェブサイトを運営し会員数を伸ばしている。27日取引終了後、LINE<3938>とオンライン法律事業で業務提携し新たな相談サービスを今秋に開始することを発表、これを手掛かり材料に買いを集めた。株価は1月下旬以降約半年にわたり13週移動平均線を下支えとする下値切り上げ波動を形成している。

セプテニHD <4293>  346円  +19 円 (+5.8%)  本日終値
大幅反発。SMBC日興証券は27日付で、同社株の投資評価を「2」から「1」、目標株価を従来の330円から470円へそれぞれ引き上げた。「インターネット広告銘柄のトップピック」として評価している。主力のネットマーケティング国内事業は、電通<4324>との協業効果とオーガニック成長の両輪により競合ネット専業代理店の成長率を凌駕、国内シェア奪還へ前進するとみている。また、同社はデジタルブランディング領域において後れを取っていたが、電通との協業によりブランド広告主へのチャネルが拡大することから、一転して競合ネット専業代理店よりもリードするポジションにいるとしている。同証券では19年9月期営業利益を従来予想の14億7000万円から18億5000万円(前期比89.5%増)へ、20年9月期同利益は20億7000万円から30億6000万円(今期推定比65.4%増)に増額修正している。

カルナバイオサイエンス <4572>  2,462円  +800 円 (+48.1%) ストップ高   本日終値
25日朝に発表した米ギリアド社との提携とそれに伴う19年12月期業績予想の上方修正を受けて前日まで3日連続ストップ高となっていたが、この日もストップ高となった。27日の取引終了後、カナダのシエラ・オンコロジー社(ブリティッシュコロンビア州)に導出したCDC7キナーゼ阻害薬について、抗がん剤組成物に関する日本における特許査定を受領したと発表したことが好感された。なお同社では、今後も知的財産戦略上において重要な特許取得に積極的に取り組むとしている。

田岡化学工業 <4113>  3,900円  +405 円 (+11.6%) 一時ストップ高   本日終値
後場に入りきのうに続き騰勢を強め、一時ストップ高まで買われた。同社は27日に、名古屋大学とナノグラフェン・グラフェンナノリボンの製造方法に関する共同研究契約を結んだと発表しており、これが引き続き材料視されているもよう。前場は前日に値幅制限いっぱいまで上昇した反動売りでマイナス圏に沈む場面もあったが、全体相場が軟調地合いとなるなか再び人気を集めるかたちとなっている。また、この日の上昇でチャート上では、5日移動平均線と25日移動平均線とのゴールデンクロスが実現したほか、中期的なトレンドを示す75日移動平均線を突破するなどテクニカル妙味が浮上。PER7倍台前半、PBR1倍前後と割高感はなく、これらが先高期待につながっている面もあるようだ。

堀田丸正 <8105>  89円  +8 円 (+9.9%)  本日終値
急伸。27日の取引終了後、出資を行っていた協同組合の清算に伴い、特別利益約7300万円を20年3月期第1四半期に計上すると発表しており、業績上振れ期待から買われた。協同組合の残余財産の分配によるもの。なお、20年3月期業績予想については、修正が必要な場合、速やかに開示するとしている。

ロードスターキャピタル <3482>  820円  +71 円 (+9.5%)  本日終値
大幅反発。27日の取引終了後、米国不動産クラウドファンディングの先駆的企業である米ファンドライズ社(ワシントンD.C.)と業務提携したと発表しており、これを好材料視した買いが入った。ファンドライズ社は、01年の同時多発テロで崩壊したワールドトレードセンターの再建プロジェクトの資金の一部調達を手掛けたほか、非上場型REIT(eREIT)の仕組みを開発するなど米国における先駆的な不動産テック企業。今回の提携によりロードスターは、運営する不動産特化型クラウドファンディングサービス「OwnersBook」投資家に、世界の優良不動産への少額投資の機会を提供することを目指すとしている。

ツナグGHD <6551>  626円  +29 円 (+4.9%)  本日終値
発行済み株式数(自社株を除く)の1.16%にあたる8万5000株(金額で5000万円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い材料視された。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。買い付け期間は6月28日から20年3月31日まで。

アイリック <7325>  1,592円  +72 円 (+4.7%)  本日終値
4日ぶりに急反発。同社は27日、自社が手掛ける保険ショップ「保険クリニック」事業について、TSUTAYA(東京都渋谷区)と業務提携することで合意したと発表。提携内容は、「TSUTAYA」既存店舗のスペースの一部に「保険クリニック」を設置することなど。これにより、同社は店舗数拡大を加速化させる考えだ。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 15:58 | Comment(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。