◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配・好材料情報] アイル,大盛工業,トミタ電機,ポールHD,積水ハウス,ソフトウェア,ア…
[市場変更情報] HEROZ(4382) マザーズ⇒東証本則(市場区分未定)
[格付け・レーティング情報] ツルハHD,三菱ケミHD,AGC,荏原,富士通,デンソー,任天堂,ゴルドウ…
[S高|株価値上注目銘柄] アイケイ,アクセルM,オルトP,大和重,大谷工業,イワブチ,クックビズ,ラ・…
[株式分割情報] HEROZ (4382) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] 日本ハム,Jフロント,ツルハ,資生堂,AGC,JFEHD,アルインコ,SM…
[上方修正・増配・好材料情報] 極楽湯,ツクイ,日本マクドナルド,ジンズ,アクセルマーク,ラクス,ユー…
[上方修正・増配・好材料情報] 野村マスター,ラクーンHD,ノーリツ,アルチザ,ラ・アトレ,スバル
[格付け・レーティング情報] 国際石開帝石,ヤクルト,プリマ,プレサンス,東急不HD,川田テク,協和キ…
[S高|株価値上注目銘柄] ランシステム,インタートレ,サインポスト,ウチダエスコ,大和重,イワブチ,ニ…
[格付け・レーティング情報] ヤクルト,博報堂,日清食品,プレサンス,川田テクノ,テクマトリ,協和キリ…
[上方修正・増配・好材料情報] 三井製糖,いちご,カルラ,ラクーン,ゼネラル・オイスター,ディー・ディ…
[上方修正・増配・好材料情報] リンクユー,オリバー,Bガレージ,楽天地,不二電機
[格付け・レーティング情報] 国際石開帝石,花王,日本製鉄,日軽金HD,DOWA,Jマテリアル,ダイキ…
[S高|株価値上注目銘柄] タイセイ,ベガコーポ,エディア,サインポスト,ビープラッツ,ウチダエスコ,ト…
[格付け・レーティング情報] Jマテリア,ダイキン,レイズネク,富士通,スタンレ,京セラ,市光工業,任天…
[上方修正・増配・好材料情報] システナ,エービーシー・マート,ラクーン,THEグローバル社,ディー…
[上方修正・増配・好材料情報] ミダック,アインHD,トーセイ,プリントN,GAテクノ
[格付け・レーティング情報] スシローGH,TIS,ロート,CTC,東洋合成,太平洋セメ,SMC,CKD…
[市場変更情報] ミダック(6564) 東証2部⇒東証1部
Top◆S高株価値上注目銘柄 >[S高|株価値上注目銘柄] 富士製薬工業,国際石油開発帝石,太平洋工業,日本社宅サービス,ワイヤレスゲート,ケイアイスター不動産,アイ・ピー・エス,サイオス,ニーズウェル,ETFSエナ,21LADY,YSフード,コスモバイオ,G−FAC,ネットイヤー,環境管理,タツミ
2019年06月21日

[S高|株価値上注目銘柄] 富士製薬工業,国際石油開発帝石,太平洋工業,日本社宅サービス,ワイヤレスゲート,ケイアイスター不動産,アイ・ピー・エス,サイオス,ニーズウェル,ETFSエナ,21LADY,YSフード,コスモバイオ,G−FAC,ネットイヤー,環境管理,タツミ



※S高銘柄一覧


<1685> ETFSエナ  東証E  一時  
<3346> 21LADY  名証C  一時  
<3358> YSフード   JQ       
<3386> コスモバイオ  JQ       鶏卵バイオリアクター用いたタンパク質製造技術で受託製造事業を開始
<3474> G−FAC   東証M  一時  
<3622> ネットイヤー  東証M  一時  ビッグデータ関連
<4657> 環境管理    JQ   一時  前日もストップ高
<7268> タツミ     JQ   一時  

※株価高上昇率銘柄一覧


1. <3358> YSフード  JQ    36.7   298 S
2. <3346> 21LADY 名証C   23.7   219 
3. <6942> ソフィア   JQ    19.0  1360  情報セキュリティ関連
4. <3386> コスモバイオ JQ    16.6  1054 S タンパク質受託製造事業を開始
5. <3622> ネットイヤー 東証M   14.2   789  ビッグデータ関連
6. <6067> インパクト  東証M   11.4  4345 
7. <6470> 大豊工業   東証1   10.7   856 
8. <8945> 社宅サービス 東証2   10.5   934  東証1部に指定
9. <4657> 環境管理   JQ    10.1   755 
10. <9425> 日本テレホン JQ    9.3   576 
11. <2053> 中部飼    東証1   9.1  1341 
12. <2334> イオレ    東証M   8.8  3045 
13. <1685> ETFSエナ 東証E   8.7   375 
14. <3183> ウインP   東証1   8.1  1222 
15. <3135> マーケットE 東証M   8.0  2570 
16. <5989> エイチワン  東証1   8.0   782 
17. <8917> ファースト住 東証1   7.7  1243 
18. <6745> ホーチキ   東証1   7.6  1305 
19. <6307> サンセイ   東証2   7.6   427 
20. <7062> フレアス   東証M   7.6  2093 
21. <9419> ワイヤレスG 東証1   7.4   524  きょうにもゴールデンクロスが実現へ
22. <7236> ティラド   東証1   7.3  1973 
23. <3417> 大木ヘルス  JQ    7.3  1038 
24. <4968> 荒川化    東証1   7.0  1414 
25. <7244> 市光工    東証1   7.0   656 

富士製薬工業 <4554>  1,448円  +78 円 (+5.7%)  本日終値
高い。同社は20日、昨年12月に合意していた抗てんかん剤「ガバペン錠及び同シロップ」のファイザー(東京都渋谷区)からの国内での製造販売承認の承継について、販売移管日が今年10月1日に決まったと発表した。同社は昨年策定した長期ビジョン「FujiPharma2030」で、小児を中心とした希少疾患領域に事業を広げていくことを掲げており、この承継を足掛かりに事業を展開するとしている。

国際石油開発帝石 <1605>  999.3円  +42.5 円 (+4.4%)  本日終値
JXTGホールディングス<5020>、コスモエネルギーホールディングス<5021>など資源エネルギー株が軒並み高。20日の米原油先物相場でWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の期近物は前日比2.89ドル高の1バレル56.65ドルと急伸。イランが米国の無人偵察機を撃墜したことを受け、中東情勢が緊迫化するとの懸念が浮上し原油先物市場に買い資金が流入した。これを受け日本の石油関連株にも見直し機運が膨らんでいる。

太平洋工業 <7250>  1,526円  +56 円 (+3.8%)  本日終値
反発。東海東京調査センターが20日付で投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に引き上げ、目標株価を1600円から1680円としたことが好材料視されたようだ。同センターでは、20年3月期連結業績予想について、売上高1550億円(前年比6.9%増、会社計画同じ)、営業利益103億円(同0.1%減、会社計画100億円)と前期並みの水準を確保すると予想。また、21年3月期並びに22年3月期は、堅調なトヨタ向けプレス製品の受注増加や、タイヤバルブでの中国市場における継続生産車種へのTPMS(タイヤ空気圧監視装置)の装着義務化による販売増加を見込み、営業利益118億円(同14.6%増)、125億円(同5.9%増)を予想している。

コスモ・バイオ <3386>  1,054円  +150 円 (+16.6%) ストップ高   本日終値
ストップ高。20日の取引終了後、鶏卵の卵白中に、目的とする有用なタンパク質を大量に生産させる技術(鶏卵バイオリアクターを用いたタンパク質製造技術)を用いて、タンパク質の受託製造事業を開始すると発表したことが好感された。同事業は、「鶏卵の卵白中に、目的とする有用なタンパク質を大量に生産させるように『ゲノム編集』した特殊なニワトリ」を用いて、ユーザーが必要とするタンパク質を大量製造・精製して納品する受託製造事業。従来のタンパク質製造技術と比べ、大量かつ安定してタンパク質を製造することができ、さらに低コストで製造ができるため、提供価格にも他技術と比べて優位性があるという。また、これまでタンパク質を大量に製造することが困難だったために実用化に至らなかった新規技術の応用開発などにも需要が期待できるとしている。事業開始は7月を予定。なお、19年12月期業績への影響は軽微としている。

日本社宅サービス <8945>  934円  +89 円 (+10.5%)  本日終値
東証が日本社宅サービス <8945> [東証2]を27日付で市場1部に指定すると発表したことが買い材料視された。発表を受け、TOPIX連動型ファンドの組み入れ需要を見越した先回り的な買いに加え、知名度の高まりや株式流動性の向上を期待する買いが向かった。

ワイヤレスゲート <9419>  524円  +36 円 (+7.4%)  本日終値  東証1部 上昇率7位
後場一段高。チャート上では、きょうにも25日移動平均線(20日時点で415円)と75日移動平均線(同418円)とのゴールデンクロスが実現する見込みで、株価の刺激材料となったもよう。また、同社はテラ(横浜市)と協力し、20日からチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(イスラエル)が開発した個人向けモバイルセキュリティーアプリケーション「ZoneAlarm Japan edition」Android版をリリースしており、これが引き続き買い手掛かりとなった面もあるようだ。

ケイアイスター不動産 <3465>  1,599円  +98 円 (+6.5%)  本日終値
反発。20日の取引終了後、18年4月に戦略的資本業務提携を結んだシンガポールのカマルク・ホールディングスの子会社で、IoT関連システム開発やコンサルティングサービスを行うカマルク特定技術研究所(鹿児島県鹿屋市、以下カマルクX)と「住宅向けセンサー及びセンシング技術開発」を進めることで合意したことが好感された。今回の共同開発は、住宅において十分な精度での測定・分析が低コストで実現可能な一連のセンサー製品及び人工知能(AI)をベースにしたセンサーデータ分析サービスを開発するのが狙い。第1弾として、両社は住宅内の空気に着目し、空気質モニタリング用のIoT対応センサー製品の実現を目指すとしている。なお、今回の共同開発による20年3月期業績への影響は軽微としている。

アイ・ピー・エス <4390>  1,250円  +74 円 (+6.3%)  本日終値
3連騰。この日の寄り前に、子会社InfiniVANが、フィリピンにおける5Gに用いる周波数の割り当てについて、20日に当局から割り当てを行う旨の通知を受領したと発表しており、これを好感した買いが入った。InfiniVANでは、商業地域でのブロードバンドサービスへの展開や、地方のCATV事業者向けネットワーク卸サービス(家庭用ブロードバンドサービス)への展開、マニラ首都圏地域での自社バックボーン回線を使ったリテール向け(家庭用ブロードバンドサービス)への展開などを計画しており、今後は割り当てを受けた周波数を用いて5Gの実証実験を行うとしている。

サイオス <3744>  481円  +27 円 (+6.0%)  本日終値
3連騰。同社はリナックスを活用したシステムインテグレーションに強みを持ち、人工知能(AI)分野に積極的に経営資源を注いでいる。20日取引終了後、サブスクリプションビジネスを支援するプラットフォーム「SIOS bilink」を提供開始することを発表、これを手掛かり材料に短期資金を呼び込む形となった。

ニーズウェル <3992>  837円  +46 円 (+5.8%)  本日終値
大幅高で上値追いを加速させている。金融向けを主力にシステム開発を手掛け、人工知能(AI)や5Gインフラ整備の進捗に伴い、サイバーセキュリティー分野に注力姿勢をみせている。直近ではAIビジネスの本格的な取り組み開始と新組織「AIグループ」を新設することを発表し、改めてマーケットの注目を集めた。業績は13年9月期以来増収増益基調を継続。19年9月期はトップラインが2ケタ伸長を見込み、営業利益も前期比9%増の5億1800万円と好調が続く。今月17日に東証1部に市場変更され、TOPIX連動型ファンドなどの組み入れ需要など株式需給面でも追い風が意識されている。





更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






【◆S高株価値上注目銘柄の最新記事】
posted by lucky cat at 15:58 | Comment(0) | ◆S高株価値上注目銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。