◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配・好材料情報] 蔵王産業,木徳神糧,キヤノン電,タウンN,YKT,ニッキ,エスティック,…
[格付け・レーティング情報] わらべ日洋,ホギメデ,信越化,富士電機,信越ポリ
[S高|株価値上注目銘柄] インパクト,ローランド,出前館,信越化学工業,北海道電力,三菱UFJ,東邦ガ…
[株式分割情報]  ファナック(6954) 1株⇒5株
[格付け・レーティング情報] ABCマト,わらべや日洋,ホギメディカ,テクノプロ,信越ポリマ
[上方修正・増配・好材料情報] クルーズ,新日本科学,ユニカフェ,オルバヘルスケア,野村不動産,ベネフ…
[上方修正・増配・好材料情報] 日東電,ユナイテッド,信越化学,日シス技術,eWeLL,月島機,テイツ…
[格付け・レーティング情報] アステラス,資生堂,ユナイテッド
[S高|株価値上注目銘柄] HIOKI,伊藤園,エスリード,力の源ホールディングス,アイドマHD,日本…
[株式分割情報]  信越化学工業(4063) 1株⇒5株
[格付け・レーティング情報] 伊藤園,JFEH,三菱UFJ,みずほFG
[上方修正・増配・好材料情報] FRONTEO,トランスジェニック,リネットジャパングループ,アイル…
[上方修正・増配・好材料情報] 日ギア,インソース,日パレット,日本電技,信越ポリ,INV,HIOKI,…
[格付け・レーティング情報] アサヒ,マネフォ,イビデン,関西ペ,OBC,ディスコ,エスペック,スタンレー
[S高|株価値上注目銘柄] 大日本印刷,アイドマHD,スズキ,日本製鉄,鎌倉新書,フリュー,USENHD…
[格付け・レーティング情報] マネフォワ,イビデン,ポラオルビ,荏原,みずほFG
[上方修正・増配・好材料情報] 矢作建設工業,DNAチップ研究所,イメージワン,WDI,シリコンスタ…
[上方修正・増配・好材料情報] 船井総研,日電産,ディスコ,KG情報,イワブチ,オービック,オーケーケ…
[格付け・レーティング情報] アスクル,アコモF,OLC,ハーモニック,ベイカレント,オムロン,ネット…
[S高|株価値上注目銘柄] メルコホールディングス,ネットプロ,ダイフク,GSユアサ,日本トムソン,シ…
Top◆日経平均予想見通し >【株で勝つ!! 過去30年来ビッグデータから読む先行予想】「NYダウ・日経平均株価 短期・中期・長期シナリオ」(7/21週〜10/27週)
2017年07月16日

【株で勝つ!! 過去30年来ビッグデータから読む先行予想】「NYダウ・日経平均株価 短期・中期・長期シナリオ」(7/21週〜10/27週)



3ヶ月先行予測指数(2017/7/14週〜2017/10/27週)

※3ヶ月先行指数は、米国の経済指標を基に米国景気(相場)を予測したものです。 saishin-coment20171027.png

ただし、VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。

N225(日経平均株価) 前1年間の先行指数からの予想と結果(2016/10/28〜2017/10/27)

saishin-225-year20171027.png

NYDow(DJI) 前1年間の先行指数からの結果と予想(2016/10/28〜2017/10/27)
saishin-ny-year20171027.png

NYDow(DJI)3ヶ月先行予測指数(長期スケール&長期トレンド)(1989〜2018)

1989-2017-ny-suke20170623.png

N2253ヶ月先行予測指数(長期スケール)及びドル円(1989〜2018)

1989-2017-225-suke-yendoll20170623.png

株式相場3ヶ月先行指数の先読みポイント

週イチ5分株まとめ:長期的な見通し:短期スケール&長期スケール

短期スケールは、6/23週まで過去最高値を更新。6/30週から下落に転じるも、7/14週〜7/21週は、上昇に復帰。7/28週〜8/11週は再び下落へ。8/18週〜8/25週は再び上昇へ。9/1週〜9/8週は再び下落へ。9/15週〜9/29週は、再び上昇へ。10/6週〜10/13週は、下落へ。10/20週〜10/27週は、再び上昇へ。7月以降は、横ばいからジリ減傾向が続くか。

長期スケールは、上昇傾向を保ち7/28週に145.07となり過去最高値を更新。8/4週〜8/11週は下落へ。8/18週〜8/25週は再び上昇へ。9/1週〜9/8週は、再び下落へ。9/15週〜9/22週は、再び上昇へ。9/29週〜10/13週は、下落へ。10/20週は、上昇へ。10/27週は、再び下落へ。8月以降は、横ばいからジリ減傾向が続くか。

7/28週までゴールデンクロスに復帰。8/4週〜8/18週はデッドクロスへ。8/25週は、ゴールデンクロスに復帰。9/1週〜9/15週はデッドクロスへ。9/22週〜9/29週は、ゴールデンクロスに復帰。10/6週〜10/20週は、デッドクロスへ。徐々にデッドクロスの期間が長くなりつつあるか。10/27週は、僅かだがゴールデンクロスに復帰。

短期スケールでは、「10/27週の値<7/21週の値」が出現。
長期スケールでは、「10/27週の値<7/21週の値」が出現。
先高感に赤信号が点灯中。先高感は喪失したか。今秋以降の上値追いは難しいか。

2016年7月上旬に出現した底打ちとゴールデンクロスの維持により、
2017年7月中旬までは上昇傾向が期待できるものの、6月下旬からはやや勢いが落ちてくるか。
7月下旬までの天井打ちの可能性が高く、8月以降は徐々に相場は勢いを失うか。

ただし、短期スケール・長期スケールとも下落の傾きが緩やかであることや、
短期成長指数・長期成長指数がプラス値を維持していることから、
今秋は、下押すことはあっても、大きな下落相場とはならない見込み。
ジリ減からのボックス相場入りの可能性が高いか。

7/21週において、長期的には、極僅かに上昇余地はあるものの勢いは無いか。今秋以降の上値追いは厳しいか。売り・弱買い判断。

週イチ5分株まとめ:中期的な見通し:長期トレンド指数

7/21週に、18.69でピークアウトが出現。8/25週に1桁台まで下落。
9/29週に3.12まで下落し、直近底値の3/31週:3.82を割り込む。
10月下旬にかけて下落傾向が継続中。

長期トレンド指数に、9/29週以降に約2年4ヶ月ぶりにダウントレンドが発生中。
長期トレンド指数の先行性を考慮すると今秋には下押す相場展開もあるか。
下落時のマイナスの傾きが大きいのは気がかりが。急落含みの相場展開もあるか。
10/13週には、2016/7/29週以来63週ぶりにマイナス値が出現。
10/20週〜10/27週は、プラス値に復帰するも勢いは弱いか。
今秋から初冬にかけての下落相場入りの可能性がさらに増大したか。

7/21週において、中期的には、極僅かに上昇余地があるものの今秋以降の下押しを見込んで、売り・弱買い判断。

週イチ5分株まとめ:短期的な見通し:スケールDiff&成長Diff

スケールDiffと成長Diffが7/7週にマイナス値へ。スケールDiffは、一時的にプラス値に復帰するも8月以降はマイナス値が頻出するか。成長Diffは、マイナス幅が拡大。8月から10月にかけては、共にマイナス値が頻出するか。相場は弱含んでくるか。
6/9週に、スケールDiff>成長Diff となるゴールデンクロスが出現。10/27週でも継続するか。

7月からは頭打ち感が台頭。
8月〜10月は、下押す場面もあるか。ただし、ある程度の底堅さもあるか。

7/21週は、短期的には、底堅さがあるものの売り優先か。


7月上旬に発表された中国PMI(財新)を元に長期スケールChainaを再計算したところ、中国景気は、6月にピークアウトすることが濃厚に。7月から9月にかけては下げ足を速めるか。ただ、10月には小反発が期待出来るか。

米FRBは、6/14に今年3月以来の0.25%の利上げを実施。年3回の利上げ方針を堅持し、年内の保有資産圧縮開始も示唆。

米国景気は、夏以降は頭打ち感が強まってくるか。さらには、中国景気が今夏にピークアウトする可能性が濃厚であることから、あと1回の追加利上げと来年以降の利上げ期待がしぼむ可能性があるか。今秋以降の過度なドル高円安期待は禁物か。

上昇トレンド維持のためには、VIX指数が30を超えないことが必要か。
超えても、3週間以内に、30を下回ることが必要となるか。
さらに、5週間以内に、25を下回ることが必要となるか。

いずれにせよ、今後もVIX指数の動きには注目したいところか。

VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。

今週の予想まとめ

◎長期的予想見通し・・・売り・弱買い
◎中期的予想見通し・・・売り・弱買い
◎短期的予想見通し・・・売り

7月中下旬までの株高に期待して弱い買いシグナルは継続。ただし、8月から軟調な相場展開となる売りシグナルも点灯。直近高値での利益確定は必須となるか。また、今秋以降の先高感が喪失したことから、新規の超ロングポジション建ては控えるべきか。

N225(日経平均株価) 先行指数と循環的アノマリー(2017/7/7〜2017/10/27)

saishin-225-roano20171027.png

積分系・・・相場の基調を予想 ※微分系・・・相場の瞬発力を予想

NYDow(DJI) 先行指数と循環的アノマリー(2017/7/7〜2017/10/27)

saishin-ny-roano20171027.png


7/21週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス幅が拡大。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス圏を維持。2桁のプラス値が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のマイナス値が出現。
上押し圧力と下押し圧力が、入り交じるか。

7/28週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス圏を維持。2桁のプラス値が継続。
短期トレンド指数は、上昇へ。僅かにプラス圏に復帰。
下押し圧力が、強まってくるか。

8/4週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が出現。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。4週ぶりにマイナス値へ。成Diffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス圏を維持。2桁のプラス値が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏が出現。2桁のマイナス値へ。
下押し圧力が、続くか。

8/11週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス幅が拡大。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス圏を維持。2桁のプラス値が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏が継続。2桁のマイナス値が継続。
下押し圧力が、続くか。

8/18週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス圏を維持。2桁のプラス値が継続。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス値に復帰。
下押し圧力が、やや和らぐか。

8/25週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が出現。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス値に復帰。成Diffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス圏を維持。18週ぶりに1桁のプラス値へ。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏が出現。
上押し圧力と下押し圧力が、交錯するか。

9/1週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が出現。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス値に転落。成Diffは、ほぼ横ばい。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス圏を維持。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏が継続。2桁のマイナス値へ。
下押し圧力が、かかるか。

9/8週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス圏を維持。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏が継続。2桁のマイナス値が継続。
下押し圧力が、かかるか。

9/15週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス圏を維持。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス圏に復帰。
下押し圧力が、かかるか。

9/22週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が出現。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス値に復帰。成Diffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス圏を維持。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏に転落。
下押し圧力と上押し圧力が入り交じるか。

9/29週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス幅が拡大。成Diffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス圏を維持。直近底値の3/31週:3.82を割り込みダウントレンド発生。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏が継続。
下押し圧力が強まるか。

10/6週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が出現。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス値へ転落。成Diffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス圏を維持。
短期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
下押し圧力が続くか。

10/13週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス幅が拡大。成Diffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。
長期トレンド指数は、下落へ。63週ぶりにマイナス値が出現。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のマイナス値が出現。
下押し圧力が続くか。

10/20週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス幅が縮小。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス値に復帰。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス値に復帰。
下押し圧力が弱るか。

10/27週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が出現。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス値に復帰。成Diffは、下落へ。マイナス幅が拡大。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス値が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のマイナス値が出現。
下押し圧力と上押し圧力が入り交じるか。

循環性アノマリーには、積分系(相場の方向性を示唆)と微分系(相場の瞬発力を示唆)の2種類あり。ともに、+10以上は、好調。+10〜−10は、軟調。−10以下は、不調。の傾向あり。グラフ右軸の数値は先行指数用。循環性アノマリーは、点線の緑+10と、点線の赤−10が有意。横軸の日付のみ有意。上昇、下落のタイミングのみを日々の日経平均株価終値から数学的に予想(予測)。あくまでアノマリーですので、ご留意を。

N225では、7/7週〜8/18週、9/15週、9/29週、10/13週 に注意が必要か。

NYダウでは、7/28週まで、8/18週、9/15週、10/20週〜10/27週 に注意が必要か。



投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆日経平均予想見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック