◆新着記事一覧◆
[格付け・レーティング情報] 東洋水産,セブンアイ,日油,日ASB機械,SANKY,しまむら,三井住友…
[上方修正・増配・好材料情報] 住石HD,トランスジェニック,エスプール,スターティア,GMOペイメ…
[上方修正・増配・好材料情報] 伊藤園,ビケンテクノ
[株式分割情報]  ユニフォームネクスト(3566) 1株⇒4株
[格付け・レーティング情報] 東鉄工,GMO−PG,メルカリ,エーザイ,住友電,ニッパツ,マキタ,ソニー…
[株式分割情報]  RS Technologies(3445) 1株⇒2株
[S高|株価値上注目銘柄] JTOWER,ACCESS,FRONTEO,トリケミカル研究所,レーザーテ…
[格付け・レーティング情報] GMOPG,東海カボン,住友電工,大阪チタニ,ニッパツ,信越ポリマ,ニトリ
[上方修正・増配・好材料情報] 中電工,FRONTEO,クロスキャット,まんだらけ,三洋貿易,ツルハH…
[上方修正・増配・好材料情報] ASNOVA,シキボウ,東和フード,ラクーンHD,JSB,トリケミカル…
[格付け・レーティング情報] マツキヨココ,三洋貿易,オイシックス,デンカ,バルテス,塩野義,富士製薬,…
[株式分割情報]  ASNOVA(9223) 1株⇒2株
[S高|株価値上注目銘柄] 日本電波工業,恵和,エーザイ,日本郵船,三菱重工業,日医工,ビリングシステム…
[株式分割情報]  Birdman(7063) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] マツココ,オイラ大地,デンカ,バルテス,塩野義薬,OBC,コスモエネ,丸一…
[上方修正・増配・好材料情報] テノックス,セーラー広告,ShinwaWise,オエノン,高千穂交易,…
[上方修正・増配・好材料情報] SEHI,ジャフコG,菱洋エレク
[格付け・レーティング情報] 大成建,住友林,東洋水,日清食HD,三越伊勢丹,SUMCO,石原産,信越化…
[S高|株価値上注目銘柄] DyDo,JBCCHD,資生堂,三菱重工業,新東,旅工房,助川電気工業,リボ…
【立会外分売結果】綜研化学(4972) 【終値:1,743円:+31円:+1.81%】楽天・松井・SBI・マネックス…
Top◆日経平均予想見通し >【明日急騰!? 週イチ5分株まとめ:日経平均(先物)NYダウ予想見通し:2017/2/10週〜5/19週】 短期的には3月中旬までジリ減もあるか 中期的には2月中下旬までもたつくか 長期的な地合は2017年3月にやや崩れるも5月中下旬でも勢いを保つか?! ただし、中国景気が5月から失速するか!?
2017年02月05日

【明日急騰!? 週イチ5分株まとめ:日経平均(先物)NYダウ予想見通し:2017/2/10週〜5/19週】 短期的には3月中旬までジリ減もあるか 中期的には2月中下旬までもたつくか 長期的な地合は2017年3月にやや崩れるも5月中下旬でも勢いを保つか?! ただし、中国景気が5月から失速するか!?



3ヶ月先行予測指数(2017/2/3週〜2017/5/19週)

※3ヶ月先行指数は、米国の経済指標を基に米国景気(相場)を予測したものです。 saishin-coment20170519.png

ただし、VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。

N225(日経平均株価) 前1年間の先行指数からの予想と結果(2016/5/20〜2017/5/19)

saishin-225-year20170519.png

NYDow(DJI) 前1年間の先行指数からの結果と予想(2016/5/20〜2017/5/19)
saishin-ny-year20170519.png

NYDow(DJI)3ヶ月先行予測指数(長期スケール&長期トレンド)(1989〜2018)

1989-2017-ny-suke20170127.png

N2253ヶ月先行予測指数(長期スケール)及びドル円(1989〜2018)

1989-2017-225-suke-yendoll20170127.png

株式相場3ヶ月先行指数の先読みポイント

週イチ5分株まとめ:長期的な見通し:短期スケール&長期スケール

短期スケールは、2/3週に天井打ち。下落傾向へ。
長期スケールは、7/15週に底を打って上昇中。3/3週に天井打ち。
ともに、3/24週の底打ちまで、下落傾向となり冴えない数値が出現。

短期スケール>長期スケール となるゴールデンクロスが、3/3週まで継続中。
短期スケール<長期スケール となるデッドクロスが3/10週に出現。3/31週まで継続するか。

ただ、3/31週から短期スケールも長期スケールも上昇に転じ、右肩上がりが復活。
さらに、4/7週には短期スケール>長期スケールとなるゴールデンクスロスも出現し、5/19週も継続。

5/12週に、短期スケールが143.53となり、米サブプライムローン問題が噴出する前の2007/9/28週の143.33をクリアし、過去最高値に到達。

2016年7月上旬に出現した底打ちとゴールデンクロスから予想される相場の上昇傾向は、1月下旬までか。
2月上旬〜3月下旬は、微減から下押す相場展開もあるか。
4月上旬からは、再び底堅く上昇傾向を取り戻すか。

短期スケール・長期スケールともに、「5/19週の値>2/10週の値」が出現。
5月中下旬にかけて、先高感があり、相場を下支えするか。

週イチ5分株まとめ:中期的な見通し:長期トレンド指数

2016年10/28週に天井を打ってから、3/31週まで緩やかな下落傾向が続く。
2月上旬〜3月下旬は、下落傾向ながらもプラス値を維持。
4/7週からは、上昇傾向が復活。相場は力強さを取り戻してくるか。
5/19週は、ほぼ横ばいながらも2桁のプラス値を維持。

12/9週に天井を打って下落するも2桁のプラス値を維持。
1/27週に2桁プラス値最後の天井打ちが出現。相場も一旦は天井を打つか。
2月上旬〜3月下旬は、微減から下押す相場展開もあるか。
ただ、マイナス値は出現していないため、下落相場入りは考えにくいか。
4月上旬から5月中下旬にかけて、再び底堅く上昇傾向を取り戻すか。

週イチ5分株まとめ:短期的な見通し:スケールDiff&成長Diff

スケールDiffは、1/27週に天井打ち。
成長Diffは、2/3週に天井打ち。
スケールDiffは、3/24週まで、成長Diffは、3/31週まで下落傾向が継続。
スケールDiffは、3/10週〜3/31週まで、成長Diffは、2/24週〜4/14週までマイナス値が継続。
4/28週までは、2/10週を除き スケールDiff>成長Diff となるゴールデンクロスが出現。
5/5週〜5/19週は、スケールDiff<成長Diff となるデッドクロスが出現。

2月上旬〜3月下旬は、やや軟調か。底堅いものの下押す相場展開もあるか。
3月中旬〜3月下旬に、底打ちが出現するか。
4月上旬からは、再び上昇傾向を取り戻すか。
ただし、5月初旬からは、やや勢いが落ちるか。それでも底堅いか。


2月上旬に発表された中国PMI(財新)を元に長期スケールChainaを再計算したところ、2月中旬からは微増へ。3月下旬から4月中下旬までは上昇。4月下旬から5月にかけては、昨年10月以来7ヶ月ぶりに下落へ。中国景気の回復は、昨秋からの底点を切り上げる動きが5月には失速する可能性が浮上か。

米FRBは、2/1での利上げを見送り。
今後の利上げペースも従来どおり、米国よりも中国経済指標を重視したものとなるのか、
トランプ次期大統領の圧力により米国指標重視に回帰するのか注目する必要があるか。
ただ、5月以降中国景気が失速する可能性が出てきたので、3月若しくは4月での利上げを躊躇した場合、またしても年内利上げが難しくなる場合も想定されるか。

予想される3月初旬にかけての上昇トレンド維持のためには、
VIX指数が30を超えないことが必要か。
超えても、3週間以内に、30を下回ることが必要となるか。
さらに、5週間以内に、25を下回ることが必要となるか。

いずれにせよ、今後もVIX指数の動きには注目したいところか。

VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。

今週の予想まとめ

◎長期的予想見通し・・・買い
◎中期的予想見通し・・・買い・売り
◎短期的予想見通し・・・売り

上値があれば、利益確定を。大きな押し目があれば薄く拾うのもありか。

N225(日経平均株価) 先行指数と周期的アノマリー(2017/1/27〜2017/5/19)

saishin-225-roano20170519.png

積分系・・・相場の基調を予想 ※微分系・・・相場の瞬発力を予想

NYDow(DJI) 先行指数と周期的アノマリー(2017/1/27〜2017/5/19)

saishin-ny-roano20170519.png


2/10週は、「スDiff<成Diff」が出現。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス圏が継続。成Diffは、下落へ。プラス圏が継続。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス圏を維持。22週ぶりに1桁のプラス値に転落。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス圏が出現。
下押し圧力は、残るか。

2/17週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス圏が継続。成Diffは、下落へ。プラス圏が継続。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス圏を維持。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス圏を継続。
上押し圧力も、期待できるか。

2/24週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、横ばい。プラス圏が継続。成Diffは、下落へ。プラス圏が継続。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス圏を維持。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏が出現。
下押し圧力が、かかり始めるか。

3/3週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、下落。プラス圏が継続。成Diffは、下落へ。7/22週以来32週ぶりのマイナス値。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス圏を維持。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス圏が出現。
上押し圧力と下押し圧力が、入り交じるか。

3/10週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が出現。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落。34週ぶりのマイナス圏へ。成Diffは、下落へ。マイナス圏が継続。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス圏を維持。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のマイナス圏が出現。
下押し圧力が、かかるか。

3/17週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス圏が継続。成Diffは、下落へ。マイナス圏が継続。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス圏を維持。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のマイナス圏が継続。
下押し圧力が、かかるか。

3/24週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、僅かに上昇へ。マイナス圏が継続。成Diffは、下落へ。マイナス圏が継続。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス圏を維持。
短期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
下押し圧力が、弱まってくるか。

3/31週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス圏が継続。成Diffは、下落へ。マイナス圏が継続。
長期トレンド指数は、下落へ。プラス圏を維持。
短期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
下押し圧力が、弱まってくるか。

4/7週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が出現。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス圏に復帰。成Diffは、上昇へ。マイナス圏が継続。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス圏を維持。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス圏に復帰。2桁のプラス値が出現。
上押し圧力が、かかるか。

4/14週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へプラス圏が継続。成Diffは、上昇へ。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス圏を維持。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のプラス値がを維持。
上押し圧力が、かかるか。

4/21週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が出現。
スDiffは、上昇へプラス圏が継続。成Diffは、上昇へ。プラス圏に復帰。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス圏を維持。2桁のプラス値が出現。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のプラス値が継続。
上押し圧力が、かかるか。

4/28週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、上昇へプラス圏が継続。成Diffは、上昇へ。プラス圏が継続。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス圏を維持。2桁のプラス値が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のプラス値が継続。
上押し圧力が、かかるか。

5/5週は、「スDiff<成Diff」が出現。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス圏が継続。成Diffは、上昇へ。プラス圏が継続。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス圏を維持。2桁のプラス値が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のプラス値が継続。
上押し圧力が、やや鈍るか。

5/12週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス圏が継続。成Diffは、下落へ。プラス圏が継続。
長期トレンド指数は、上昇へ。プラス圏を維持。2桁のプラス値が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。2桁のプラス値が継続。
上押し圧力が、やや鈍るか。

5/19週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス圏が継続。成Diffは、下落へ。プラス圏が継続。
長期トレンド指数は、僅かに下落。プラス圏を維持。2桁のプラス値が継続。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のプラス値が継続。
上押し圧力は、まだ残るか。

周期的アノマリーには、積分系(相場の方向性を示唆)と微分系(相場の瞬発力を示唆)の2種類あり。ともに、+10以上は、好調。+10〜−10は、軟調。−10以下は、不調。の傾向あり。グラフ右軸の数値は先行指数用。周期的アノマリーは、点線の緑+10と、点線の赤−10が有意。横軸の日付のみ有意。上昇、下落のタイミングのみを日々の日経平均株価終値から数学的に予想(予測)。あくまでアノマリーですので、ご留意を。

N225では、3/3週〜3/10週、3/31週、5/12週 に注意が必要か。

NYダウでは、3/3週、3/31週、4/28週、5/5週〜5/19週 に注意が必要か。



投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆日経平均予想見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック