◆新着記事一覧◆
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2020/09/18週 +595,925円】NYDow 続落 ハイテク株売り継続 FOMC…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割・東証2部 銘柄一覧(09/18週終値)
[市場変更情報] 東証1部昇格・市場変更があるかも予想?!  銘柄一覧と進捗状況(09/18週終値)
[上方修正・増配・好材料情報] 高砂熱,LIFULL,水戸,北越メ,テクマト,DCM,サツドラHD,スト…
[格付け・レーティング情報] プリマ,ソニー,メガチップス,太平洋工,ライフコーポ,JR西日本
[S高|株価値上注目銘柄] アレンザHD,三協フロンテア,綿半ホールディングス,あすか製薬,HUグルー…
[市場変更情報] ジェイテックコーポレーション(3446) マザーズ⇒東証1部
[格付け・レーティング情報] DeNA,味の素,プリマハム,日ペイント,ソニー,太平洋工,ライフC,日本…
[上方修正・増配・好材料情報] FRONTEO,くら寿司,フリービット,日本情報クリエイト,デ・ウエ…
[上方修正・増配・好材料情報] 伊藤米久HD,ピープル,アレンザHD,シンバイオ,クスリアオキ,三協フ…
[格付け・レーティング情報] 明治HD,アリアケ,なとり,産業ファンド,セブン&アイ,アイル,三井化学,…
[S高|株価値上注目銘柄] アスクル,コーセル,アイル,千趣会,アスコット,イノベーション,No.1,フ…
[株式分割情報] No.1(3562) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] くら寿司,なとり,セブンアイ,アイル,三井化学,リクルート,SMC,富士ゼ…
[上方修正・増配・好材料情報] あらた,TSIホールディングス,電算システム,セレス,ディー・ディー…
[上方修正・増配・好材料情報] クロスフォー,アルプス物流,日新商,東海東京,PI,アスコット,イノベ…
[格付け・レーティング情報] 五洋建,エムスリー,キッコマン,味の素,JSB,ユーザベース,セプテニH…
[S高|株価値上注目銘柄] 新日本科学,ステムリム,丸三証券,ライフコーポレーション,エアトリ,チェン…
[格付け・レーティング情報] 五洋建設,エムスリー,キッコマン,味の素,ツルハHD,JSR,テルモ,太陽…
[上方修正・増配・好材料情報] 大英産業,ジェネレーションパス,農業総合研究所,エンカレッジ・テクノ…
Top◆日経平均売買タイミング解説 >【週イチ5分簡単株まとめ:短期予想】PlayBack2016年 3月中旬・7月中旬にプラス値浮上 上昇相場を予想 スケールDiff&成長Diff(3ヶ月先行株予想)と日経平均&NYダウチャート
2017年01月03日

【週イチ5分簡単株まとめ:短期予想】PlayBack2016年 3月中旬・7月中旬にプラス値浮上 上昇相場を予想 スケールDiff&成長Diff(3ヶ月先行株予想)と日経平均&NYダウチャート



日経平均株価(N225)と3ヶ月先行指数(2015/12/25〜2016/12/23)
furi-setumei-225-tankitore20161223.png

NYダウ(DJI)と3ヶ月先行指数(2015/12/25〜2016/12/23)
furi-setumei-ny-tankitore20161223.png

※3ヶ月先行指数は、米国の経済指標を基に米国景気(相場)を予測したものです。

  • スケールDiff&成長Diffとは何ですか?
  • スケールDiffは、短期スケールから長期スケールを引いた差分(difference)です。成長Diffは、短期成長指数から長期成長指数を引いた差分(difference)です。

  • スケールDiff&成長Diffでは何を予想しているの?
  • 市況感といった株式市場全体の方向性や強さを短期的に予想しています。

  • どのあたりに注意して見るべき?
  • まずは、プラス値又はマイナス値への転換点です。グラフ上に転換点が出現すると、相場でも転換点が出現する可能性が高くなります。プラス値が継続する場合は、相場は強含むことを示唆します。マイナス値が継続する場合は相場は弱含むことを示唆します。

  • グラフ上の転換点と相場の転換点のタイミングは、一致しないの?
  • はい。通常は、一致しません。グラフ上の転換点は、相場の転換点よりは、約3〜6週間程度やや遅れて出現します。ただし、グラフ上の山と谷は、相場上の山と谷との相似形となり、ほぼ同一のタイミングで出現します。いずれにせよ、約3ヶ月前には転換点がグラフ上に出現しますので、投資判断には十分に間に合います。

  • グラフ上の転換点以外にも注意する点はありますか?
  • はい2つあります。
    ひとつめとして、スケールDiffと成長Diffの位置関係も重要となります。
    スケールDiff>成長Diff(ゴールデンクロス) では、相場は強含む傾向にあり、
    成長Diff>スケールDiff(デッドクロス) では、相場は弱含む傾向にあります。

    ふたつめは、ブラフの傾きです。
    右肩上がり(プラスの傾き)時には、相場は強い傾向があります。
    また、プラスの傾きが大きいほど、相場に勢いが出る傾向があります。

    反対に、右肩下がり(マイナスの傾き)時には、相場は弱い傾向があります。
    また、マイナスの傾きが大きいほど、相場に勢いが無くなる傾向があります。

    ただ、右肩下がり(マイナスの傾き)となったときでも、プラス値が継続する場合は、相場は底堅く推移する傾向があります。反対に右肩上がり(プラスの傾き)となったときでもマイナス値が継続する場合は、相場は上昇に転じきれない傾向があります。

  • 具体的な投資行動のセオリーは?
  • グラフ上に転換点が出現した時点で、プラス値なら買い準備をマイナス値なら売り準備を開始します。売買週ににおけるスケールDiffと成長Diffを確認して、直後の転換点がプラス値なら買いをマイナスなら売りを入れるのが基本パターンとなります。

    ただ、直後の転換点が離れている場合は、スケールDiffと成長Diffの位置関係(Gクロス:買い、Dクロス:売り)やグラフの傾き(プラス:買い、マイナス:売り)を見て売買判断をします。

  • この2016年でのグラフではどうでしたか?
  • 1/22週と3/4週に底打ち。4/1週〜4/8週にプラス値へ。2016年1月上旬には判明。
    ⇒日経平均:2/12週に底打ち。NYダウ:1/22週に底打ち。

    4/22週と4/29週に天井打ち。5/20週〜5/27週にマイナス値へ。2016年2月中旬には判明。
    ⇒日経平均:4/22週に天井打ち。NYダウ:4/22週に天井打ち。

    7/8週に底打ち。7/22週〜7/29週にプラス値へ。2016年4月下旬には判明。
    ⇒日経平均:6/24週底打ち。NYダウ:7/1週に底打ち。

    前もって相場の転換点を捉えており、底打ちから上昇局面も一致していることから、予想は成功と言えるでしょう。

    さらに、7/29週以降にかけて プラス値が継続して出現していることから強い上昇相場の出現が予想されています。

    実相場も11月上旬までに、日経平均:約16.7%、NYダウ:約7.8%上昇。次期米大統領選挙でトランプ氏が当選したことによるブーストがかかった12月下旬では、日経平均:約29.7%上昇、NYダウ:約16.9%上昇しており、予想と一致した言えるでしょう。


ただし、VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。


投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック