◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配材・好料情報] クロスフォー,ラックランド,クラシコム,アイリック,いちごオフィ,オル…
[S高|株価値上注目銘柄] ファンケル,JEH,東建コーポ,ダブル・スコープ,トーホー,サンバイオ,丹青…
[株式分割情報] 三井ハイテック(6966) 1株⇒5株
[株式分割情報] QLSホールディングス(7075) 1株⇒3株
【立会外分売結果】ヴィス(5071) 【終値:1,001円:+12円:+7.22%】楽天・松井・SBI・SBIネオ・岡オン…
[格付け・レーティング情報] 王子HLD,レゾナク,一工薬,サカタイン,住友大阪,太平洋セメ,DMG森…
[上方修正・増配材・好料情報] 東建コーポレーション,アイ・ケイ・ケイ,スタジオアリス,サトウ食品,…
[格付け・レーティング情報] ミライトワン,不二製油G,くら寿司,イオンリート,トクヤマ,ADEKA,…
[株式分割情報] 成友興業(9170) 1株⇒2株
[S高|株価値上注目銘柄] ANYCOLOR,クオリプス,シーアールイー,巴工業,大日本印刷,大阪ソー…
[格付け・レーティング情報] 積水ハウス,ダイダン,ヒビノ,サントリBF,東洋水,セブン&アイ,クラレ,…
[上方修正・増配材・好料情報] ホクリヨウ,デジタルアーツ,テンポス,アートグリーン,JMHD,インタ…
[S高|株価値上注目銘柄] サンバイオ,GENDA,ラクスル,ワコールHD,ダイダン,富士石油,住友電設…
[上方修正・増配材・好料情報] 安江工務店,イオレ,いちご,ギグワークス,ロック・フィールド,エー・ピ…
[S高|株価値上注目銘柄] カバー,トライアル,東和薬品,古河電気工業,TOPPAN,日清食HD,シンバ…
[格付け・レーティング情報] サントリBF,東洋水産,堺化学,花王,メイコー,良品計画,オリンパス,eギ…
[上方修正・増配材・好料情報] トライアル,タマホーム,クシム,アスカネット,MonotaRO,ホリイ…
[上方修正・増配材・好料情報] 日本情報C,山岡家,トビラシステ,チエル,日東網,アマガサ,リッジアイ,…
[格付け・レーティング情報] エターナルG,リゾートトラ,ブリヂストン,リクルート,セガサミー,日立,…
[S高|株価値上注目銘柄] サン電子,カナモト,シーイーシー,安田倉庫,三菱製紙,フォーバル,シャープ,…
Top◆日経平均長期予想結果 >【株予想結果(的中):2016/6/3週:+107,744円】NYDow 反落 雇用統計低水準 N225 反落 消費税延期も円高進行 VIX指数13台で変わらず 日経平均株価(NYDow)長期予想結果 3ヶ月先行指数
2016年06月04日

【株予想結果(的中):2016/6/3週:+107,744円】NYDow 反落 雇用統計低水準 N225 反落 消費税延期も円高進行 VIX指数13台で変わらず 日経平均株価(NYDow)長期予想結果 3ヶ月先行指数



3ヶ月先行指数(2016/4/1週〜2016/6/3週)一覧表

※3ヶ月先行指数は、米国の経済指標を基に米国景気(相場)を予測したものです。
furi-coment-225-20160603.png

ただし、VIX指数が継続的に25を超えている場合は全く当てになりませんの要注意。

日経平均株価(N225)と前1年の3ヶ月先行指数(2015/6/5〜2016/6/3)
furi-225-year-20160603.png

NYダウ(DJI)と前1年の先行指数(2015/6/5〜2016/6/3)
furi-ny-year-20160603.png

2016/6/3週の振り返り

<2016/6/3週の先行指数ポイント>
「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇もマイナス圏のまま。成Diffは、下落へ。マイナス圏が続く。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏が出現。
上押し圧力と下押し圧力が混在。揉み合う展開となるか。

スDiffは、1/22週と3/4週のダブルボトムから上昇傾向が継続中も、4/22週で天井打ちへ。
成Diffは、1/22週の底打ちから上昇傾向が継続中も、4/29週で天井打ちへ。
スDiff<成Diffは、上昇圧力が鈍るサイン。
短期スケールは、4/22週で天井打ちへ。
1月と3月からの、短期的な戻りは、天井を打ったか。
6/3週は、上押し圧力と下押し圧力が混在するなかで、やや反落したか。

5月中旬からは、全ての先行指数が下落傾向に転じたか。

ただ、短期スケール・長期スケールは、「9/9週の値>6/3週の値」が出現。
6/3週においては、ある程度の先高感があり、相場を下支えしているか。

<経済指標等の状況>
CB5月消費者信頼感指数は、92.6。前月から低下。予想下回る。
4月米個人消費は、前月比1.0%増。6年8ヶ月ぶりの高い伸び率。予想上回る。

5月中国PMIは、49.2。前月比0.2低下。予想下回る。
6月中旬にかけて、横ばいから微減の当方の予想に沿った内容か。

5月米ISM製造業景況指数は、51.3。前月比0.5上昇。予想上回る。
週間米新規失業保険申請件数は、26.7万件。予想より改善。
4月耐久財受注は、前月3.4%増も、非国防資本財受注は、0.8%減。予想を下回る。
5月米雇用統計は、前月比3.8万人増。2010年6月以来の低水準。予想を大幅に下回る。ただ、失業率は、0.3%減の4.7%に改善。


<実相場の状況>
NYダウは、強弱入り交じる経済指標を受けて揉み合うも、5月米雇用統計が大幅に弱い内容だったことに動揺が拡がるも、早期利上げ観測後退が下支えとなり、小幅に反落。

N225は、消費税増税の2年半先送りで17,200円台まで回復するも、日銀高官発言で緩和期待がしぼみ円高傾向となったことが、重しとなり16,600円台まで下落し、反落。


VIX指数は、16週連続で25超が出現せず。
1週間を通じて、20以上が出現しなかったのは、13週連続。
週末には、雇用統計が予想を大幅に下回るも、13台前半を維持。

米国は、まだ、市場心理の安定を維持しているか。

<VIX指数25以下:長期順張りシステム>
17,200円台では、利益確定売りも。
買いは、17,000円台を割り込んだところでの、超ロングポジションの少額のみ実施。


今週の資産増減:前週末比 +107,744円

3ヶ月景気先行指数による運用開始後の全資産増減(現物取引のみ)
+18,877,552円


日経平均株価(N225)日足と前3ヶ月の先行指数と周期的アノマリー(2016/3/4〜2016/6/3)
furi-225-rousoku20160603.png

NYダウ(DJI)日足と前3ヶ月の先行指数と周期的アノマリー(2015/3/4〜2016/6/3)
furi-ny-rousoku20160603.png

3/11週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス圏が継続。成Diffは、下落へ。マイナス圏が継続。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス値が出現。
上押し圧力が、かかり始めるか。
NYダウは、原油価格の上昇とECB追加緩和を受けて続伸。
N225は、一時円高基調となったこと受けて、小幅に反落。

3/18週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス圏が継続。成Diffは、下落へ。マイナス圏が継続。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。二桁のマイナス値が出現。
上押し圧力が、期待できるものの、下押し圧力も残るか。
NYダウは、ECB利上げ見通し引き下げと原油価格の上昇を受けて続伸。
N225は、ドル安をうけて円高が進行し、続落。

3/25週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。マイナス圏が継続。成Diffは、上昇へ。マイナス圏が継続。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、上昇へ。二桁のプラス値が出現。
下押し圧力も残るものの、上押し圧力が勝るか。
NYダウは、地区連銀総裁による早期利上げ観測発言と原油価格下落により、小反落。
N225は、ドル高をうけて円安が進行し、反発。

4/1週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が出現。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス圏へ。成Diffは、上昇。マイナス圏が継続。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、上昇へ。二桁のプラス値が継続。
上押し圧力がかかるか。
NYダウは、雇用統計等の好調な経済指標とFRB議長の超ハト派発言を受けて大幅反発。
N225は、FRB議長の超ハト派発言と日銀短観悪化による円高進行を受けて大幅反落。

4/8週は、「スDiff>成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が出現。
スDiffは、上昇へ。プラス圏を維持。成Diffは、上昇。プラス圏に浮上。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。プラス圏を維持。
上押し圧力がかかるか。
NYダウは、底堅い経済指標が続くも、高値警戒感から小反落。
N225は、FRB議長の超ハト派発言が尾を引き円高進行が継続中。続落。

4/15週は、「スDiff<成Diff」が出現。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス圏を維持。成Diffは、上昇。プラス圏を維持。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、上昇へ。2桁のプラス圏が出現。
上押し圧力がかかるものの、やや勢いが落ちてくるか。
NYダウは、底堅い経済指標と原油高により反発し、約3ヶ月ぶりの高値が出現。
N225は、米国株高や円高進行一服を受けて、大幅反発。

4/22週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、上昇へ。プラス圏を維持。成Diffは、上昇。プラス圏を維持。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。プラス圏を維持。
上押し圧力が期待出来るものの、勢いが落ちてくるか。
NYダウは、底堅い経済指標と原油価格維持により、18,000ドル台を回復。
N225は、海外株高と円安進行と日銀追加緩和期待で、大幅続伸。17,500円台を回復。

4/29週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス圏を維持。成Diffは、上昇。プラス圏を維持。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏が出現。
上押し圧力の勢いが、さらに落ちてくるか。
NYダウは、利上げ見送りも、経済指標が弱含んで反落。18,000ドル台を割り込む。
N225は、日銀追加緩和見送りで、大幅下落。16,600円台まで下落。

5/6週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス圏を維持。成Diffは、下落へ。プラス圏を維持。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス圏に復帰。
上押し圧力は、まだ残るか。
NYダウは、雇用統計が弱含むも利上げ観測後退で、小反落。
N225は、日銀ショックの余波が残り大幅続落。一時16,000円割れも。

5/13週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff>0」が継続。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。プラス圏を維持。成Diffは、下落へ。プラス圏を維持。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏へ。
下押し圧力がかかるか。
NYダウは、原油上昇も、小売関連企業決算が振るわず。続落。
N225は、円高一服で、一時16,800円台を回復。利益確定売りに押されるも反発を維持。

5/20週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が出現。「成Diff>0」が継続。
スDiffは、下落へ。マイナス圏へ。成Diffは、下落へ。プラス圏を維持。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏が継続。2桁のマイナスへ。
下押し圧力が続くか。
NYダウは、6月利上げ懸念が台頭するも、原油価格上昇が下さえし、小幅に続落。
N225は、円安傾向となりジリ高。ただし、上値では利益確定売りに押される

5/27週は、「スDiff<成Diff」が継続。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が出現。
スDiffは、ほぼ横ばい。マイナス圏のまま。成Diffは、下落へ。マイナス圏へ。
長期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、上昇へ。プラス圏が出現。
下押し圧力が続くも、僅かに上押し圧力もあるか。
NYダウは、6月利上げ懸念が燻るも、原油高と好調な経済指標が下支えし、大幅反発。
N225は、為替相場が落ち着くも、上値が重い展開へ。小幅に続伸。

6/3週は、「スDiff>成Diff」が出現。「スDiff<0」が継続。「成Diff<0」が継続。
スDiffは、上昇もマイナス圏のまま。成Diffは、下落へ。マイナス圏が続く。
長期トレンド指数は、上昇へ。マイナス圏が継続。
短期トレンド指数は、下落へ。マイナス圏が出現。
上押し圧力と下押し圧力が混在。揉み合う展開となるか。
NYダウは、雇用時計が大幅に予想を下回るも、早期利上げ懸念が後退し、小幅に反落。
N225は、消費税増税先送りで一時的に高値となるも、円高進行で結局は、反落。


周期的アノマリーには、積分系(相場の方向性を示唆)と微分系(相場の瞬発力を示唆)の2種類あり。ともに、+10以上は、好調。+10〜−10は、軟調。−10以下は、不調。の傾向あり。グラフ右軸の数値は先行指数用。周期的アノマリーは、点線の緑+10と、点線の赤−10が有意。横軸の日付のみ有意。上昇、下落のタイミングのみを日々の日経平均株価終値とNYダウ終値から数学的に予想(予測)。あくまでアノマリーですので、ご留意を。

N225では、3/11週〜6/3週は、VIX指数が25以下となったので、有意性が復活したか。

NYダウでは、3/11週〜6/3週は、VIX指数が25以下となったので、それなりに有意性があるか。


投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆日経平均長期予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック