◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配材・好料情報] 月島HD,DOWA,トーアミ,Tホライゾン,キーエンス,ASTI,富士…
[上方修正・増配材・好料情報] ゼオン,関電化,小松ウオール,PCA,藤田エンジ,エイトレッド,北日銀,…
[格付け・レーティング情報] きんでん,アダストリア,プロロジスR,コスモス薬品,ツムラ,サイバー,U…
[株式分割情報] ソフトバンク(9434) 1株⇒10株
[S高|株価値上注目銘柄] 日本航空電子工業,キムラユニティー,エーザイ,大垣共立銀行,なとり,櫻護謨,…
[株式分割情報] Macbee Planet(7095) 1株⇒4株
[株式分割情報] エリアリンク(8914) 1株⇒2株
[株式分割情報] Genky DrugStores(9267) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] コスモス薬,三菱マテリ,ベル24,HOYA,東宝
[上方修正・増配材・好料情報] キューブシステム,No.1,ディー・エル・イー,セキュア,JDSC,倉…
[上方修正・増配材・好料情報] 栄研化学,航空電子,ファナック,キュブシス,中外薬,大垣共立,大真空,桜…
[格付け・レーティング情報] ホギメデ,OBC,安川電,アルバック,川重,FPパートナ,良品計画,HOY…
[S高|株価値上注目銘柄] 野村マイクロ,KOA,コメリ,ニコン,フルマルHD,鉄建建設,フリービット,…
[格付け・レーティング情報] ホギメデ,サイバーA,フジクラ,FPパトナ,良品計画
[上方修正・増配材・好料情報] 鉄建建設,FRONTEO,メディカル一光,フリービット,ニーズウェル,…
[上方修正・増配材・好料情報] シマノ,コメリ,宮崎銀,Jマテリアル,丸八証券,ギガプライズ,エンチョ…
[格付け・レーティング情報] ABCマート,DCM,コメダ,レンゴー,日産化,TDK,村田製,大栄環境,…
[S高|株価値上注目銘柄] フィナHD,宮崎銀行,タスキ,三信電気,東急建設,大阪ガス,ストライク,エニ…
[株式分割情報] GENDA(9166) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] ABCマト,ワッツ,DCM,コメダ,日産化学,TDK,トヨタ
Top◆日経平均売買タイミング解説 >日経平均株価(N225)&NYダウ(DJI)の上値のメドは?! 戻り基調はいつまで続くか!? サブプライムローン問題発覚(リーマンショック前哨戦)時と今回の中国ショックによる暴落と戻りの類似性を比較検証 その4
2015年10月25日

日経平均株価(N225)&NYダウ(DJI)の上値のメドは?! 戻り基調はいつまで続くか!? サブプライムローン問題発覚(リーマンショック前哨戦)時と今回の中国ショックによる暴落と戻りの類似性を比較検証 その4



人民元の連続切り下げに端を発した中国ショックにより、
2015/8/21に、VIX指数が28台へ上昇。
2015/8/24に、VIX指数が40台へ上昇。

1990年以降、100週以上の間隔が開いた後に、VIX指数が「30」を超えたのは今回で3回目となる。
1回目・・・1997/10/27に、31.12。1991/1/16以来、約6年9ヶ月(354週)ぶり。(アジア通貨危機)
2回目・・・2007/8/15に、30.67。2003/3/24以来、約4年5ヶ月(229週)ぶり。(サブプライムローン問題発覚)
3回目・・・2015/8/24に、40.74。2011/12/8以来、約3年8ヶ月(194週)ぶり。(中国ショック)

2回目の発生時の先行予測指数と株価から、今回(3回目)の戻り上値のメドを検証中。

■2回目:N225(日経平均株価) 前1年間の先行指数からの予想と結果(2007/7/13〜2008/7/11)
20070713-080711-n225.png

■3回目:N225(日経平均株価) 前1年間の先行指数からの予想と結果(2015/7/31〜2016/7/29)
20150731-160729-n225-2.png

N225の戻り高値のメドは、前回検証により、
上値が出現するとすれば、10/30週〜11/6週あたりで、18,710円〜19,350円 あたりと予想したが、

2015/10/23現在で、終値での戻り高値が、18,825円であり、
シカゴ日経平均先物12月限(円建て)清算値が、19,140円 となっていることから、上値メドに近づきつつかるか。


■2回目:NYダウ(DJI) 前1年間の先行指数からの予想と結果(2007/7/13〜2008/7/11)
20070713-080711-ny.png

■3回目:NYダウ(DJI) 前1年間の先行指数からの予想と結果(2015/7/31〜2016/7/29)
20150731-160729-ny.png

NYダウ(DJI)の戻り高値のメドは、前回検証により、
上値が出現するとすれば、10/30週〜11/6週あたりで、17,620ドル あたりと予想したが、

2015/10/23現在で、終値での戻り高値が、17,646ドルとなっていることから、上値メドに達したか。


2回目と今回の3回目には、共通性・類似性が多いか。
暴落の下げ幅や戻りのタイミングさらには戻り幅まで重なるところが多いか。

さらには、中央銀行の動きまで似通ってきたか。
2回目:米FRB 0.25%利下げ 2007/9/18 ⇒ VIX指数25超から9週目
3回目:中国人民銀行 0.25% 2015/10/23 ⇒ VIX指数25超から10週目

ちなみに、2回目では、利下げの3週間後に戻り高値が出現。
3回目も、同様とみなすと、11/13週あたりまでは戻り高値が期待できるか。

前回の検証でも指摘したが、2回目では、戻り高値をつけた4週間後に、再びVIX指数が25超となり、下落スパイラルに歯止めがかからずに最終的には、リーマンショックが発生し、更なる大暴落へと突き進む結果に。

11月下旬〜12月中旬にかけて再びVIX指数25超が出現するかどうかが、大幅下落 或いは 戻り基調継続 の分水嶺となる可能性が高いか。

いずれにせよ、今後もVIX指数の動きには注目したいところか。



投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック