◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配材・好料情報] タスキ,クシム,ストレージ王,ワイエスフード,北日本紡績,ブロードリー…
[格付け・レーティング情報] 東洋水,三越伊勢丹,東レ,クラレ,レンゴー,レゾナック,東合成,ダイセル,…
[S高|株価値上注目銘柄] 地主,テラプローブ,INFORICH,TDK,楽天グループ,不動テトラ,イン…
[格付け・レーティング情報] レゾナク,東亞合成,ヨネックス,ミズノ
[上方修正・増配材・好料情報] ココリブ,石油資源開発,燦キャピタル,コシダカ,ランドネット,マーチャ…
[格付け・レーティング情報] 大成建,大林組,西松建,積水ハウス,Jフロント,三越伊勢丹,GLP,菱ガス…
[S高|株価値上注目銘柄] ファンケル,コプロHD,INFORICH,日本パワーファスニング,曙ブレー…
[株式分割情報] パワーソリューションズ(4450) 1株⇒2株
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(06/21週〜09/20週 ] 6月中下旬から7月下押すか …
[上方修正・増配材・好料情報] リョーサン菱洋,イチカワ,パーク24,ファンケル,DAIWACYCL…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証グロース銘柄一覧(06/14週終値現在)
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証スタンダード銘柄一覧(06/14終値現在)
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2023-24年発表分)
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2024/06/14週 +369,573円】NYDow 反落 ナスダック5日連続最高値…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割銘柄一覧(06/14週終値現在)
[上方修正・増配材・好料情報] コプロHD,ホープ,ReYuu,ムゲンE,ザッパラス,東計電算,Fインタ,…
[上方修正・増配材・好料情報] クロスフォー,ラックランド,クラシコム,アイリック,いちごオフィ,オル…
[S高|株価値上注目銘柄] ファンケル,JEH,東建コーポ,ダブル・スコープ,トーホー,サンバイオ,丹青…
[株式分割情報] 三井ハイテック(6966) 1株⇒5株
[株式分割情報] QLSホールディングス(7075) 1株⇒3株
Top◆日経平均売買タイミング解説 >NYダウ(DJI)の戻り高値:戻り安値の水準は?! サブプライムローン問題発覚(リーマンショック前哨戦)時と今回の暴落を比較検証 VIX指数が25以下で落ち着けば、戻り高値として17,700ドル台もあるか 
2015年09月01日

NYダウ(DJI)の戻り高値:戻り安値の水準は?! サブプライムローン問題発覚(リーマンショック前哨戦)時と今回の暴落を比較検証 VIX指数が25以下で落ち着けば、戻り高値として17,700ドル台もあるか 



人民元の連続切り下げに端を発した中国ショックにより、
2015/8/21に、VIX指数が28台へ上昇。
2015/8/24に、VIX指数が40台へ上昇。

1990年以降、100週以上の間隔が開いた後に、VIX指数が「30」を超えたのは今回で3回目となる。
1回目・・・1997/10/27に、31.12。1991/1/16以来、約6年9ヶ月(354週)ぶり。(アジア通貨危機)
2回目・・・2007/8/15に、30.67。2003/3/24以来、約4年5ヶ月(229週)ぶり。(サブプライムローン問題発覚)
3回目・・・2015/8/24に、40.74。2011/12/8以来、約3年8ヶ月(194週)ぶり。(中国ショック)

NYダウ(DJI)では、6日続落となり下げ幅:1,870ドルを超える暴落が発生。

2回目の発生時の先行予測指数と株価から、今回(3回目)の下値と戻り高値を推測。

■2回目:NYダウ(DJI) 前1年間の先行指数からの予想と結果(2006/12/15〜2015/12/14)
20061215-071214-ny.png

■3回目:NYダウ(DJI) 前1年間の先行指数からの予想と結果(2014/12/12〜2015/12/11)
saishin-ny-year20151211.png

2回目での値動きは次のとおり。
直近最高値:14,000ドル ⇒ 最安値:12,845ドル 騰落率:▲8.25%
最安値:12,845ドル ⇒ 戻り高値:13,448ドル 騰落率:+4.69%
戻り高値:13,448ドル ⇒ 戻り安値:13,113ドル 騰落率:▲2.49%
戻り安値:13,113ドル ⇒ 戻り高値:14,164ドル 騰落率:+8.01%

3回目での値動きは次のとおり。
直近最高値:18,312ドル ⇒ 最安値:15,666ドル 騰落率:▲14.44%
最安値:15,666ドル ⇒ 戻り高値:16,654ドル 騰落率:+6.30%

3回目の騰落率は、2回目の騰落率の約135%〜約175%に相当するか。
以前に検証したとおり、長期間続くゼロ金利と3回に及ぶ量的金融緩和によって、株価に上乗せされたプレミアムが騰落率の変動幅を大きくしているか。

よって次の戻り安値は、15,900ドル前後となるか。
また、VIX指数が25以下に落ち着けば、戻り高値として、17,700ドル台もあるか。


投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック