◆新着記事一覧◆
[上方修正・増配材・好料情報] 堀場製作,アニコム,光陽社,秩父鉄,Vコマース,ソフトウェア,イトヨー…
[格付け・レーティング情報] 大林組,アサヒ,セブン&アイ,野村総研,エーザイ,第一三共,DIC,サカタ…
[株式分割情報] 日東電工(6988) 1株⇒5株
[S高|株価値上注目銘柄] 日本ヒューム,王将フードサービス,ケイアイスター不動産,ダスキン,ライフネ…
[格付け・レーティング情報] 大林組,アサヒGH,ライフドリ,グリー,野村総研,エーザイ,第一三共,大塚…
[上方修正・増配材・好料情報] クルーズ,博展,デリカフーズ,デジタルプラス,NTTデータ・イントラ,…
[上方修正・増配材・好料情報] ダスキン,ケイアイ不動産,ミタチ産業,Gセキュリ
[格付け・レーティング情報] SREHD,東レ,NEC,富士通,シスメックス,日産自,良品計画,アシック…
[S高|株価値上注目銘柄] 帝人,アドバンテスト,アニコムHD,ソフトバンクG,エニマインド,西部技研,…
[株式分割情報] 加賀電子(8154) 1株⇒2株
[株式分割情報] 王将フードサービス(9936) 1株⇒3株
[格付け・レーティング情報] SREHD,東レ,東京製鐵,ダイキン,日産自動,メニコン,東祥,アインHD
[上方修正・増配材・好料情報] FRONTEO,ナフコ,ハウス食品グループ本社,オカムラ食品,シーア…
[上方修正・増配材・好料情報] 桜井製作,ダイセキS,アドソル日進,前沢工業,出前館,三栄コ
[格付け・レーティング情報] ヒビノ,味の素,SUMCO,レゾナック,テルモ,リゾートトラ,資生堂,リク…
[S高|株価値上注目銘柄] Kudan,ゼビオ,マツモト,ランシステム,YEDIGITAL,コマースワ…
[格付け・レーティング情報] カカクコム,レイゾナク,田岡化学,資生堂,リクルート,平田機工,TOWA,…
[上方修正・増配材・好料情報] FRONTEO,YEDIGITAL,ディップ,サンマルク,クスリのア…
[上方修正・増配材・好料情報] セビオ,ローソン,タムロン,エムアップ,三桜工,パワーソリュ
[格付け・レーティング情報] サントリBF,アリアケ,三越伊勢丹,ネクソン,神戸鋼,共英製鋼,グローリ…
Top◆日経平均売買タイミング解説 >VIX指数30超へ 日経平均株価(N225)の弱気相場入りは100%確実か?! 過去2回では直近高値から35%〜60%下落し 低迷期間は4年〜5年続いたか 日経平均株価(N225)NYダウ(DJI)長期予想 3ヶ月先行予測指数
2015年08月25日

VIX指数30超へ 日経平均株価(N225)の弱気相場入りは100%確実か?! 過去2回では直近高値から35%〜60%下落し 低迷期間は4年〜5年続いたか 日経平均株価(N225)NYダウ(DJI)長期予想 3ヶ月先行予測指数



中国ショックに端を発した世界同時株安連鎖において、2015/8/24に、VIX指数が、終値で40.74を記録。

1990年以降、100週以上の間隔が開いた後に、VIX指数が「30」を超えたのは今回で3回目となる。
1回目・・・1997/10/27に、31.12。1991/1/16以来、約6年9ヶ月(354週)ぶり。
2回目・・・2007/8/15に、30.67。2003/3/24以来、約4年5ヶ月(229週)ぶり。
3回目・・・2015/8/24に、40.74。2011/12/8以来、約3年8ヶ月(194週)ぶり。

vix30-225-year1989-2015.png

日経平均株価(N225)では、過去2回とも弱気相場(直近の高値から20%以上下落)となり、その下落率は、35%〜60%に達したか。また、最終的に底入れするまでに、およそ4年〜5年を要しているか。

今回が3回目であるが、今後は米国経済の失速も予想されることから円高基調に移行することが考えられ、さらなる強い下押し圧力がかかるか。向こう2年で約30%の下落は不可避か。15,000円割れも十分にあり得るか。

vix30-ny-year1989-2015.png

NYダウ(DJI)では、1回目は弱気相場入りせず。ただし、その後約3年にわたるボックス相場入りの切っ掛けにはなったか。
2回目では、弱気相場となり、後のリーマンショック発生を呼ぶこととなり大幅に下落したか。ただし、FRBがゼロ金利と量的金融緩和に踏み切ったこともあり、最終的な底入れまでには、約1年半を要するに留まったか。

今回が3回目であるが、年末年始にかけての米国経済指標の悪化は不可避であることから、年内利上げは消滅したか。さらに来年中の利上げも難しくなってきたか。場合によっては、来年年末〜再来年春にかけて再び量的金融緩和へと向かう可能性もあるか。

今後のVIX指数においては、「このまま25以上で高止まりするのか」がポイントになるか。
9/4週までに「25」以下まで下落し、その状態を維持できれば、奇跡の弱気相場入り回避のもあり得るが可能性は極めて低いか。

この暴落は、あまりにも短期間で進行しているため、パニック売りが収まれば、ある程度の戻りは期待できるものの、確率的には先高観は完全に消滅しているので、確実な戻り売りを心がけたいところか。


投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。

更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!!!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック