◆新着記事一覧◆
[格付け・レーティング情報] いちご,味の素,アステラ薬,塩野義薬,ロート製薬,参天製薬,バンド化学,ミ…
[上方修正・増配材・好料情報] JESCO,fantasista,キャリアデザイン,日清オイリオG,…
[上方修正・増配材・好料情報] JIA,ブロドリーフ
[格付け・レーティング情報] 鹿島,双日,ネクソン,大有機,Sansan,三星ベ,CKD,ベイカレント,…
[S高|株価値上注目銘柄] ヤマシンフィルタ,セルソース,東宝,HIOKI,名糖産業,ギフティ,イオンフ…
[格付け・レーティング情報] ディップ,ジンズ,大阪有機,サンサン,CKD,三菱電機,ベイカレント,TD…
[上方修正・増配材・好料情報] 買取王国,ホギメディカル,Aiming,レゾナック,ハイブリッドテク…
[上方修正・増配材・好料情報] 日本国土開発,FPパトナ,エネチェンジ,ビイングHD,名糖産,大庄,ア…
[格付け・レーティング情報] キユーピー,オープンH,ネクソン,イビデン,協和キリン,第一三共,ヒロセ…
[S高|株価値上注目銘柄] 出前館,ヨシムラHD,ラクトJ,ハイレックス,松屋,佐鳥電機,ELEMENT…
[上方修正・増配材・好料情報] マテリアルG,エリアクエス,串カツ田中,U&C,リソー教育,ココナラ,…
[上方修正・増配材・好料情報] リンガハット,ファンクリG,ヨシムラHD,東洋電,エコモット,出前館,…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証グロース銘柄一覧(07/12週終値現在)
[上方修正・増配材・好料情報] Gunosy,エディア,マテリアルG,モリト,ケイブ,東海ソフト,ペイ…
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(07/19週〜10/18週 ] 8月上旬まで強含むか 8月中…
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2023-24年発表分)
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証スタンダード銘柄一覧(07/12終値現在)
[上方修正・増配材・好料情報] ニイタカ,チムスピ,ジーデップ,MV東海,ロゴスHD,エコス,DMカン…
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2024/07/12週 +410,916円】NYDow 続伸 4万ドル回復SP500ナスダッ…
[格付け・レーティング情報] UTG,キューピー,ネクソン,弁護ドコム,サイゼリヤ
Top◆日経平均売買タイミング解説 >QE3終了&日銀追加緩和後 株式相場長期予想 NYDow日経平均 2003/2月〜2015/2月 3ヶ月先行指数
2014年11月03日

QE3終了&日銀追加緩和後 株式相場長期予想 NYDow日経平均 2003/2月〜2015/2月 3ヶ月先行指数



■NYダウと先行指数 結果(2003/2/28〜2009/2/27)
furi-ny-year-20030228-20090227.png

■NYダウと先行指数 結果と予想(2009/2/27〜2015/2/27)
furi-ny-year-20090227-20150227.png

2014/10/29のFOMCにて、約2年1ヶ月に及んだ「QE3」が10月末に終了することが決定。
このことがもたらす相場展開を当方の3ヶ月先行指数を交えて予想。

まずは、過去のQEシリーズが終了したあとの相場展開を振り返ってみると、
◎QE1(2009年10月末終了) ⇒ 2010年4月ギリシャショック
◎QE2(2011年6月末終了) ⇒ 2011年9月米国債務上限問題、米国債格下げ 
どちらも、終了したあと半年以内に、強烈な下押し事由を招いて、上昇基調を維持することが出来ず。

また、過去のQEシリーズと先行指数の関係を検証。

QE1(2009年10月末終了)


スケール ⇒ 2010/8/20週ピークアウト
成長指数 ⇒ 2010/2/19週ピークアウト
長期トレンド指数 ⇒ 2010/1/1週ピークアウト

2009年10月末のQE1終了時点では、先行指数はいずれも上昇傾向。
2009年の年末までは、相場も上昇傾向を維持することを示唆。

その後、2月末までに、長期トレンド指数、成長指数の順にピークアウトが出現。
ただし、スケールはピークアウトせずに、上昇傾向を維持。
これは、相場上昇の勢いが徐々に失われつつあるものの、相場を下支えする力は残っていることを示唆。

実際のNYダウは、2010年2月上旬に調整するも、4月末までは上昇基調を維持したか。
5月から9月上旬までは調整したか。(5/7週にはVIX指数が25超。9月まで継続)

QE2(2011年6月末終了)


スケール ⇒ 2011/8/5週ピークアウト
成長指数 ⇒ 2011/8/26週ピークアウト
長期トレンド指数 ⇒ 2011/6/3週ピークアウト

2011年6月末のQE2終了時点では、先行指数は長期トレンド指数を除いて上昇傾向。
2011年の8月末までは、相場は、上昇傾向を維持するも利益確定もありを示唆。

その後、8月末までに、スケール、成長指数の順にピークアウトが出現。
これは、相場の上昇基調が終了し、下落基調へ転じることを示唆。

実際のNYダウは、2011年7月中旬までは上昇基調を維持したか。
7月下旬から10月上旬までは調整したか。(7/29週にはVIX指数が25超。12月まで継続)

QE3(2014年10月末終了)


スケール ⇒ 2014/11/28週ピークアウト
成長指数 ⇒ 2014/9/26週ピークアウト
長期トレンド指数 ⇒ 2014/10/10週ピークアウト

2014年10月末のQE3終了時点では、先行指数はスケールは上昇傾向を維持するも、他の指数は既にピークアウト済み。
2014年の11月末までは、相場は上昇傾向の維持を期待できるも利益確定もありを示唆。

その後、11月末までに、スケールもピークアウトが出現。
これは、相場の上昇基調が終了し、下落基調へ転じることを示唆。

実際のNYダウは、2011年9月中旬に調整するも10月末まで上昇基調を維持したか。
(10/17週にはVIX指数が25超も1週のみで収束)

11月末までに、全ての先行指数がピークアウト。さらに、長期トレンド指数が、下値を切り下げる展開へ。(青と赤の破線参照)QE1開始以来、振幅はあるものの下値を切り上げて上昇傾向を維持していたのだが、2015年1月末から下値を切り下げる展開に突入。直ちに下落相場入りを示すサインでは無いが、リーマンショック前の2008年2月以来の出現なのは、気になるところか。

ただし、スケールは、2014/11/28週にピークアウトするも、未だに下値を切り上げる展開を維持。
また、下落時の勢いも比較的緩やかか。下落時の傾きが、-0.20を超えた場合の下落相場入りの確率は、2000年以降で約92%であるが、2015年2月での傾きは、-0.177。まだ余裕があるか。まさかの日銀追加緩和が下支えとなって先行指数が下げ止まれば、一時的な調整で凌げる可能性もでてきたか。

しかしながら、先行指数を見る限り上昇相場(買い)は終了しつつあることも事実か。
適切に売りを入れつつ利益を確定し、先行指数が再び上昇傾向に戻るまで無条件の買いは控えるべきか。


■日経平均N225と先行指数 結果(2003/2/28〜2009/2/27)
furi-225-year-20030228-20090227.png

■日経平均N225と先行指数 結果と予想(2009/2/27〜2015/2/27)
furi-225-year-20090227-20150227.png

日銀金融緩和(2013/4/4)時の先行指数は、
スケール ⇒ 上昇傾向
成長指数 ⇒ 上昇傾向
長期トレンド指数 ⇒ 上昇傾向 であり、全て上昇傾向にあったことから、緩和によって更に相場上昇に弾みがついたか。2013/5/27週に、15,620円台まで上昇。ただし、6/14週には、12,440円台まで下落。

今回の日銀追加緩和(2014/10/31)時の先行指数は、
スケール ⇒ 上昇傾向も11月末にはピークアウト
成長指数 ⇒ 緩やかな下落傾向
長期トレンド指数 ⇒ 下落傾向 であり、相場が上昇するとしても11月末頃までか。その後は緩和によって相場の下支えが出来るかどうかといった展開になるか。

また、前回の緩和時にも出現した緩和による上昇の反動による下落(約2ヶ月後:12月中下旬頃)にも注意しておく必要があるか。


投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。


株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック