◆新着記事一覧◆
[格付け・レーティング情報] Sフーズ,ビジョナル,ローツェ,安川電機,IDOM,大和証券G
[上方修正・増配・好材料情報] ウエルシア,ヨシックス,アセンテック,アイル,PRTIMES,ラクス,…
[上方修正・増配・好材料情報] シマノ,アピリッツ,バーチャレク,イムラ封筒,ユナイテッド,ネクスG,…
[格付け・レーティング情報] ウエストHD,大王紙,リクルート,東エレク,NTT都市R,NTT
[S高|株価値上注目銘柄] リソー教育,PRTIMES,エアトリ,MDV,弁護士ドットコム,イオンファ…
[格付け・レーティング情報] JT,コスモス薬品,神島化学,デンソー
[上方修正・増配・好材料情報] JESCO,ジーエヌアイグループ,いちご,タスキ,マーチャント・バン…
[上方修正・増配・好材料情報] 学情,PRTIMES,リソー教育,ノダ,エストラスト,北川精機,プロロジスR,…
[格付け・レーティング情報] イビデン,小野薬,ソラスト,新光電工,東京センチュ,郵船,商船三井
[S高|株価値上注目銘柄] ベイカレント,SHIFT,ベクトル,クリレスHD,JKHD,ジンズ,TSI,…
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(01/21週〜04/29週) ] 2月中旬までに底打ちか 4…
[上方修正・増配・好材料情報] 日フイルコン,RPA,MIT,イトクロ,アルテック,UUUM,サムティ,…
[格付け・レーティング情報] 中外製薬,郵船,商船三井
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証JQS・マザーズ 銘柄一覧(01/14週終値現在)
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2022/01/14週 ▲191,114円】NYDow 続落 早期利上げ観測継続 N22…
[上方修正・増配・好材料情報] JESCO,ファンクリG,プラップJ,DDHD,GRCS,リンガハット…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割・東証2部 銘柄一覧(01/14終値)
[上方修正・増配・好材料情報] ラストワンM,SKジャパン,ジャステック,UUUM,HIOKI,SHI…
[格付け・レーティング情報] ネクステージ,セブン&アイ,セプテニHD,塩野義,栄研化,第一三共,牧野…
[S高|株価値上注目銘柄] ファーストリテイリング,乃村工藝社,ビックカメラ,エスプール,竹内製作所,…
Top◆日経平均長期予想結果 >米日急落へ 日経平均株価(NYダウ)長期予想 4/11週結果 3ヶ月先行指数&周期的アノマリー
2014年04月12日

米日急落へ 日経平均株価(NYダウ)長期予想 4/11週結果 3ヶ月先行指数&周期的アノマリー



■3ヶ月先行指数(2014/2/7週〜2014/4/11週)一覧表
furi-coment20140411.png


■4/11週の先行指数の予想(予測)内容は、次のとおり。
●長期的には、4/11週は、上げ圧力がかかるか。
●短期的には、4/11週は、弱めの上げ圧力がかかるか。
●RANK的には、4/11週は、上げ圧力と下げ圧力が交錯するか。

■日経平均株価の周期的アノマリー指数(暫定版)の、積分系アノマリーと微分系アノマリーは、次のとおり。
       積分系 微分系
4/7(月)・・・−39 , −62
4/8(火)・・・−43 , −14
4/9(水)・・・−38 , +18
4/10(木)・・・−27 , +22
4/11(金)・・・−23 , +6
であり、積分系・微分系は、共にボトムアウト。積分系は不調期ながらも、微分系は好調期もあるか。

4/11週は、先行指数では、安値圏から脱するか。周期的アノマリーも、徐々に上向いてくるか。との予測。

■周期的アノマリーと日経平均株価結果(2014/3/28〜2014/4/11)
furi-2week-ano20140411.png

日経平均株価は、米国株が下げ足を早めたのに伴って急落が発生。4/7に、250円の下落、4/8に、200円の下落、4/9に、300円の下落、4/11に、340円の下落が発生。消費税増税に伴う日銀の追加緩和期待を黒田総裁が粉砕したこともあり、円高が進行。米国が一時戻しても反発せずにズルズルと下落。全く戻すことなく週末終値は、13,960円台に下落。

NYダウも、4/4の米雇用統計が、まずまずの内容だったのにも関わらず下落して以来、良い経済指標はスルーされたままの、相場展開が続く。4/9には、FOMC議事録から利上げは当面先との観測から戻すも、ウクライナ情勢が緊張してきたこともあり、再び下落へ。ハイテク株やバイオ株が売り込まれ、ナスダックの大幅安が続き、4/11には4,000ポイントを割り込む展開。VIX指数は、13台に下がる場面もあったものの、週末には17台まで上昇。

ここにきて、先行指数及び周期的アノマリーと実際の相場展開にズレが生じていることが決定的に。再計算の結果、1〜2週間先行指数等が先行し過ぎているとの結論に。よって取りあえず1週間先行指数を後ろにズラす調整を実施。ここに掲載されている図表は全て調整済みのものに差し替え。


■日経平均株価日足と前3ヶ月の先行指数と周期的アノマリー(2014/1/10〜2014/4/11)
furi-225-rousoku20140411.png


先行指数上の1/3週〜1/31週までの特徴は次のとおり。
1/10週に、ス短長差がピークアウト。右肩下がり傾向へ。
1/31週〜2/7週に、「ス短長差<0」 かつ 「ス短長差<成短長差」 が出現。
これは、相場がピークアウトし、急落の発生を示唆するサイン。
実相場も下落へ転じ、急落したか。

2/14週〜2/21週に、ス短長差 と 成短長差 がボトムアウト。右肩上がり傾向へ。
さらに、「ス短長差>成短長差」に。ただし、「ス短長差<0」、「成短長差<0」 は続く。
これは、急落は落ち着いて来るも、相場の弱さの継続を示唆するサイン。
実相場も急落から戻すも弱含んだか。

2/28週は、「ス短長差>成短長差」 が継続。「成短長差<0」 も、
僅かながら 「ス短長差>0」 に、ただし、右肩上がりの勢いが失速。
これは、戻り継続も、やや勢いを欠くことを示唆するサイン。
実相場では、上昇・下落を繰り返したが、上昇傾向は残ったか。 

3/7週は、「ス短長差>成短長差」 が継続。「成短長差<0」 も、
僅かながら 「ス短長差<0」 に、しかも、右肩下がりに。
これは、戻り傾向も、失速し、下落もありうることを示唆するサイン。
実相場でも、戻り基調が出現したか。 

3/14週は、「ス短長差>成短長差」 が継続。「成短長差<0」 も、
僅かながら 「ス短長差>0」 に、しかも、右肩上がりに。
これは、戻り傾向が、再び加速してくるサイン。
中国の経済指標大幅悪化とウクライナ情勢悪化までは見通せなかったか。

3/21週は、「ス短長差>成短長差」 が継続。「成短長差<0」 も、
「ス短長差>0」 が明確に。しかも、右肩上がりに。
これは、上昇基調が続くサイン。
実相場では、週前半にやや戻すも、結局は下落へ。
中国の景気減速懸念とそれに伴う元安誘導が招く円高圧力は見通せなかったか。

3/28週は、「ス短長差>成短長差」 が継続。「成短長差>0」 に復帰、
「ス短長差>0」 であり、上昇角度は小さくなるも、右肩上がりも継続。
これは、上昇基調が続くサイン。
実相場では、小幅ながらもジリ高となったか。

4/4週は、「ス短長差>成短長差」 が継続も、互いの値が接近。
「ス短長差>0」 であるが、右肩下がりに。「成短長差>0」であり、右肩上がりも継続。
これは、下落傾向へ転じつつあることを示すサイン。
しかしながら、実相場はジリ高で推移したか。

4/11週は、「成短長差>ス短長差」と「ス短長差<0」が出現。
「成短長差>0」であるものの、すべてが右肩下がりに。
これは、相場が停滞から下落へと調整することを示すサイン。
実相場でも、下落が出現したか。


周期的アノマリーと実相場の動きは、1月までの上昇局面では、実相場でも上昇相場が発生。相関性を取り戻したか。1月上旬にアノマリーがピークアウトから、下落傾向へ。実相場でも調整局面が発生し下落へ転じたか。1月最終週には底打ちサインも、実際の底打ちは2月に入ってからとなったか。2月中旬からの下旬にかけての下落傾向では、実相場も弱含んだか。3月上旬でのボトムアウト時には、実相場も上昇傾向へと転じたか。ただし、3月中下旬のピークアウト時には、実相場は一旦は弱含んだあとに上昇へ。下落時のアノマリーは、やや当てにならない傾向が発生したか。ただし、4月に入ってから実相場も下落に転じたか。

3ヶ月先行指数で大きな相場全体の方向性を掴んで、周期的アノマリーで細かな投資タイミングを計る戦略は、この期間においても、ある程度は有効か。

■日経平均株価と前1年の3ヶ月先行指数(2013/4/12〜2014/4/11)
furi-225-year-20140411.png

先行指数と実相場の動きは、それなりに一致率が高いか。
特に、ス短長差(短期スケールA−長期スケールA)の動きと一致率が高いか。
2014年に入っても、1月上旬でのピークアウト、2月初旬での底打ちも概ね一致。
その後の戻りから、2月中旬から下旬にかけて弱含むことも概ね一致。
3月上旬から再び戻り基調に移行することも概ね一致か。
スケールが右肩上がりの時は、実相場は崩れにくく、強さを保つか。

スケール、成長指数が共に右肩上がりであり、
さらに、ス短長差、成短長差が共に右肩上がりであり、
そして、ス短長差>成短長差 であるときに、最も強い相場が出現か。(2013/5月中旬まで)

スケール、成長指数が共に右肩下がりであり、
さらに、ス短長差、成短長差が共に右肩下がりであり、
そして、ス短長差<成短長差、ス短長差<0 であるときは、弱い相場が出現か。(2013/5月下旬〜6月下旬)

また、成長指数が右肩さがりでも、
スケール、ス短長差、成短長差が共に右肩上がりであり、
さらに、ス短長差>成短長差 であるときにも、強い相場が出現か。(2013/10月中旬〜12月下旬)

また、成長指数が右肩下がりで、スケールが右肩下がりからフラットで、
さらに、ス短長差、成短長差が共に右肩下がりの期間を含み、
ス短長差<0が優勢 であるときは、弱めの相場が出現か。(2014/1月〜2月下旬)

また、成長指数がフラットから右肩上がりで、スケールが右肩上がりで、
さらに、ス短長差、成短長差が共に右肩上がりで、
ス短長差>0が優勢 であるときは、強めの相場の出現が期待されたが
実相場は、ややもたついているか。(2014/3月上旬〜3月下旬)

スケール、成長指数が共に、右肩下がりで、
さらに、ス短長差、成短長差が共に右肩さがりに転じた時は、
実相場も下落しやすいか。(2014/4月上旬〜)


■NYダウ日足と前3ヶ月の先行指数と周期的アノマリー(2013/1/10〜2014/4/11)
furi-ny-rousoku20140411.png

先行指数との一致率は、高いか。1月上旬でのピークアウト、2月初旬での底打ちも概ね一致か。
特に、ス短長差(短期スケールA−長期スケールA)の動きと一致率が高いか。
2月上旬から3月中下旬までの上昇も概ね一致か。4月上旬からの下落も一致か。

周期的アノマリーと実相場の動きは、1月初旬にかけてピークアウトし、下落傾向へ。実相場も調整局面が発生し下落へ転じたか。1月最終週には底打ちサインも、実際の底打ちは2月に入ってからとなったか。2月上旬からの上昇傾向では、実相場にも上昇局面が出現したか。2月中旬からは下落傾向であるものの、好調期の強い数値を維持。実相場は踊り場からジリ高で推移したか。3月中旬から4月上旬の不調期には、相場も下落したか。

■NYダウと前1年の先行指数(2013/4/12〜2014/4/11)
furi-ny-year-20140411.png


先行指数と実相場の動きは、それなりに一致率が高いか。
やはり、ス短長差(短期スケールA−長期スケールA)の動きと一致率が高いか。
また、2013年11月以降は、短期スケールAの動きとも一致率が高いか。
2014年に入っても、1月上旬でのピークアウト、2月初旬での底打ちも概ね一致か。
スケールが右肩上がりの時は、実相場は崩れにくく、強さを保てるか。

スケール、成長指数が共に右肩上がりであり、
さらに、ス短長差、成短長差が共に右肩上がりであり、
そして、ス短長差>成短長差 であるときに、最も強い相場が出現か。(2013/5月中旬まで)

スケール、成長指数が共に右肩下がりであり、
さらに、ス短長差、成短長差が共に右肩下がりであり、
そして、ス短長差<成短長差、ス短長差<0 であるときは、弱い相場が出現か。(2013/5月下旬〜6月下旬)

また、成長指数が右肩下がりでも、
スケール、ス短長差、成短長差が共に右肩上がりであり、
さらに、ス短長差>成短長差 であるときにも、強い相場が出現か。(2013/10月中旬〜12月下旬)

また、成長指数が右肩下がりで、スケールが右肩下がりからフラットで、
さらに、ス短長差、成短長差が共に右肩下がりの期間を含み、
ス短長差<0が優勢 であるときは、弱めの相場が出現か。(2014/1月〜2月下旬)

また、成長指数がフラットから右肩上がりで、スケールが右肩上がりで、
さらに、ス短長差、成短長差が共に右肩上がりで、
ス短長差>0が優勢 であるときは、強めの相場が出現か。(2014/2月下旬〜3月中下旬)

また、スケール、成長指数が共に右肩下がりで、
さらに、ス短長差、成短長差が共に右肩下がりで
ス短長差<成短長差、ス短長差<0が優勢 であるときは、弱めの相場が出現か。(2014/4月上旬〜)


投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 15:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆日経平均長期予想結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック