◆新着記事一覧◆
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(08/19週〜11/25週) ] 8月ピークアウトか 9月弱気…
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2022年発表分)
[上方修正・増配・好材料情報] フジミインコ,フリュー,網屋,かんぽ生命,カルタHD,アルマド,ペイロ…
[格付け・レーティング情報] Sボンド,パーソル,関東電化,日本化学,エンジャパン,ミルボン,旭ダイヤ,…
[上方修正・増配・好材料情報] MRT,夢みつけ隊,ウェルネット,ヨシックス,ウイルプラス,オーケスト…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証グロース銘柄一覧(08/12週終値現在)
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証スタンダード銘柄一覧(08/12週終値現在)
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2022/08/12週 ▲91,677円】NYDow 反発 インフレ減速を示す米経済…
[上方修正・増配・好材料情報] CCT,サインド,ユニカフェ,Jトラスト,フェイス,ハーバー研,滝上工,…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割銘柄一覧(08/12週終値現在)
[上方修正・増配・好材料情報] santec,ウィザス,ASNOVA,石光商事,リバーエレク,京極運,…
[上方修正・増配・好材料情報] Gオイスター,セキュアヴェ,バイセル,エフオン,WSCOPE,コメ兵H…
[上方修正・増配・好材料情報] セルム,日産証券G,アトラエ,ベース,ウィズメタク,エムアップ,フォス…
[格付け・レーティング情報] 宝HLD,アイカ,ラウンドワン,ソラスト,日立,アンビスHD,ホンダ,ホン…
[上方修正・増配・好材料情報] リクルート,三光産業,日本麻,エアクロ,恵和,ガーラ,PAコンサル,RI…
[株式分割情報]  コアコンセプト・テクノロジー(4371) 1株⇒2株
[上方修正・増配・好材料情報] ヤマイチ,メタルアート,ユミルリンク,福岡中銀,大田花き,デリカフHD…
[S高|株価値上注目銘柄] シノケン,エン・ジャパン,ヤマエGHD,HENNGE,国際紙パルプ,IBJ,…
[上方修正・増配・好材料情報] マーチャント,松田産業,木村工機,大豊建設,東陽テク,センコン物流,日…
[上方修正・増配・好材料情報] オリジン,ゼロ,QDレーザ,DNHD,松田産業,地主,ギガプライズ,Gセ…
Top◆2014年1-7月IPO(新規公開株) >西武ホールディングス(9024) 財務分析 個人的な目論見書の感想2 IPO(新規公開株)
2014年04月08日

西武ホールディングス(9024) 財務分析 個人的な目論見書の感想2 IPO(新規公開株)



新規公開株に当選し、初値が公募価格を上回る・・・幸運を掴むその日のために。

西武ホールディングス(9024) 単元株数:100株:東証未定:陸運業

◆事業概要
都市交通・沿線事業とホテル・レジャー事業、そしてそれらと密接にかかわる不動産事業、建設事業、ハワイ事業及びその他の事業を実施。

・都市交通・沿線事業として、西武鉄道(株)、西武バス(株)、西武ハイヤー(株)等 18社
・ホテル・レジャー事業として、(株)プリンスホテル、(株)横浜八景島 等 11社
・不動産事業として、(株)西武プロパティーズ 等 3社
・建設事業として、西武建設(株) 等 5社
・ハワイ事業として、リンスリゾーツハワイインク 等 7社
・その他事業として、伊豆箱根鉄道(株)、(株)西武ライオンズ 等 13社

■特徴
グループ再編(平成18年)により、西武鉄道(株)傘下に「都市交通・沿線事業」を、(株)プリンスホテル傘下に「ホテル・レジャー事業」をそれぞれ集約するとともに、(株)西武プロパティーズにグループの「不動産事業」を集約し、成長のカギとなる保有資産の有効活用に向けた体制を構築。

従業員数:320人 臨時従業員数:従業員数の100分の10未満 平均年間給与 773万円(平成26年年1月31日現在)
連結会社従業員数:21,886人 臨時従業員数:6,508人
連結子会社53社、持分法適用関連会社1社の55社 で構成。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

続いて目論見書から見てとれる財務状態についての分析。

※9期については、平成25年12月期までの数字
◆収益性分析の指標

●ROA(総資本利益率) = 当期純利益 ÷ 総 資 産
事業に投下されている資産が利益をどれだけ獲得したかを示す。
10%程度は「かなり優良」。5%前後は「良い」。1〜2%は「普通」。
7期 8期 9期
ROA 0.61% 1.11% 1.40%
⇒総資産が大きいので、やや低いが標準的な数値か。

●ROE(自己資本利益率) = 当期純利益 ÷ 自己資本
株主の持分である自己資本に対してのリターン(当期純利益)を示す。
20%程度は「かなり優良」。10〜15%前後は「良い」。10%は「普通」。
7期 8期 9期
ROE 3.92% 6.45% 7.27%
⇒漸増傾向か。事業規模の割には良い数値か。

●売上高利益率 = 当期純利益 ÷ 売 上 高
最終利益である当期純利益の売上高に対する割合を示す。
5%程度は優良。1〜3%は標準。
7期 8期 9期
売上高利益率 1.93% 3.40% 5.61%
⇒粗利は15%前後。漸増傾向であり、意外と優良な数値か。

●総資産回転率 = 売 上 高 ÷ 総 資 産
総資本の有効活用度合いを示す。
7期 8期 9期
総資産回転率 0.32 0.33 0.25
⇒ 総資産が大きいので低め数値か。回転率は安定しているか。

●財務レバレッジ = 総 資 本 ÷ 自己資本
自己資本を1として、その何倍の総資本を事業に投下したかを示す。
7期 8期 9期
財務レバレッジ 6.46 5.80 5.20
⇒自己資本比率が低いので、高めの数値になるか。

◆安全性分析の指標

●流動比率 = 流動資産 ÷ 流動負債
短期的な支払能力を簡易的に示す。200%以上は「優良」。150〜120%は「良」。
7期 8期 9期
流動比率 25.83% 23.58% 31.83%
⇒事業規模が大きいため、かなり低い数値か。

●当座比率 = 当座資産 ÷ 流動負債
短期的な支払能力を流動比率より厳密に示す。100%以上は「優良」。100〜70%は「良」。
7期 8期 9期
当座比率 17.05% 15.31% 20.22%
⇒かなり低い数値か。それでも漸増傾向にあるか。

●現預金月商比率 = 現 預 金 ÷ 平均月商
月商の何ヶ月分の現金を保有しているかを示す。1.5ヶ月〜1ヶ月が良いとされる。
7期 8期 9期
現預金月商比率 0.71 0.51 0.56
⇒事業規模が大きいため、低い数値となるか。

●自己資本比率 = 自己資本 ÷ 総 資 本
総資本(総資産)に対する自己資本を示す。30%〜20%は「優良」。15%前後は「良」。
7期 8期 9期
自己資本比率 15.48% 17.25% 19.24%
⇒事業規模が大きいので低い数値か。漸増傾向にはあるか。

●固定比率 = 固定資産 ÷ 自己資本
固定資産に投資した資金に対する自己資本の割合を示す。50%〜80%が「優良」。100%以下が「良」。
7期 8期 9期
固定比率 599.13% 538.25% 482.51%
⇒事業形態上、高い数値はやむを得ないか。

●固定長期適合率 = 固定資産 ÷ (自己資本 + 固定負債)
固定資産に投資した資金に対する長期資金の割合を示す。50%〜80%が「優良」。100%以下が「良」。
7期 8期 9期
固定長期適合比率 128.87% 133.21% 119.82%
⇒漸減傾向か。意外と固定資産への長期資金は少ないか。

●有利子負債月商比率 = 有利子負債 ÷ 平均月商
月商の何か月分の有利子負債(主に銀行借入)を抱えているか示す。3以下が「優良」。
7期 8期 9期
有利子負債月商比率 21.71 20.87 20.16
⇒やはり有利子負債は、それなりに存在するか。

●安全余裕率=(売上高−損益分岐点売上高)÷売上高
売上高をどの程度減少させても赤字に陥らないかを示す。
7期 8期 9期
安全余裕率 53.66% 57.94% 63.47%
⇒漸増傾向か。意外と高い数値か。鉄道業が主力の強みか。

◆資金繰り分析の指標

●売上債権回転期間 = ( 売掛金 + 受取手形 ) ÷ ( 売上高 ÷ 12 )
販売してから売上債権を回収するまでにかかる期間を月数で示す。
7期 8期 9期
売上債権回転期間 1.10 1.19 1.09
⇒ 売上の回収は、標準的か。

●在庫回転期間 = 棚卸資産 ÷ ( 売上原価 ÷ 12 )
商品を仕入れてどのくらいの月数で販売しているかを示す。
7期 8期 9期
在庫回転期間 0.58 0.46 0.45
⇒在庫は少なめか。

●インタレスト・カバレッジ = 営業利益 ÷ 支払利息
営業利益に対する借入金の利息の割合を示す。20以上は「優良」。10以上は「良」。
7期 8期 9期
インタレストカバレッジ 2.43 3.30 4.75
⇒やはり支払利息は、それなりに存在するか。

-------------------------------------------------------------------------------------------

平成25年12月期において、
社債残高は、無し。
短期借入金は、2,045億4,200万円。
長期借入金は、5,823億9,900万円。
リース債務は、17億1,100万円。 債務残高合計は、7,886億5,200万円。

短期借入金は、毎年2,000億円〜2,500億円を借入か。
メインの借入先は、三井住友信託銀行 141億4,100万円、三菱東京UFJ銀行 140億5,300万円。

長期借入金については、毎年800億円〜900億円前後を返済予定。
ただし、8期 4,943億9,100万円 ⇒ 9期 5,823億9,900万円 と 約17.8%増加。
必ずしも減少傾向にあるわけでは無いか。
メインの借入先は、みずほコーポレート銀行 610億円、三井住友銀行 483億円。


現金及び預金は、217億6,600万円を保有。
売掛金を含めた流動資産は、1,012億2,600万円。

財務的には、借入金が多いか。
有利子負債を平成17年から5,000億円圧縮したものの、平成23年以降は、ほぼ横ばいから微増へ。
また、現金及び預金の残高が、年々減少中なのも、やや気がかりか。


ブログ村 IPO・新規公開株
-------------------------------------------------------------------------------
想定株価は2,300円のところ、
仮条件は1,600円〜1,800円に決定。
公開価格決定日:4/14(月)
上場日:4/23(水)

-------------------------------------------------------------------------------
ブログ村 IPO・新規公開株

※抽選参加日程表
9024seibu-bb2.png
変更になる可能性があるので、十分に注意。



※引受株数一覧
決定次第掲載予定

投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。


株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆2014年1-7月IPO(新規公開株) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック