◆新着記事一覧◆
[格付け・レーティング情報] ディップ,ジンズ,大阪有機,サンサン,CKD,三菱電機,ベイカレント,TD…
[上方修正・増配材・好料情報] 買取王国,ホギメディカル,Aiming,レゾナック,ハイブリッドテク…
[上方修正・増配材・好料情報] 日本国土開発,FPパトナ,エネチェンジ,ビイングHD,名糖産,大庄,ア…
[格付け・レーティング情報] キユーピー,オープンH,ネクソン,イビデン,協和キリン,第一三共,ヒロセ…
[S高|株価値上注目銘柄] 出前館,ヨシムラHD,ラクトJ,ハイレックス,松屋,佐鳥電機,ELEMENT…
[上方修正・増配材・好料情報] マテリアルG,エリアクエス,串カツ田中,U&C,リソー教育,ココナラ,…
[上方修正・増配材・好料情報] リンガハット,ファンクリG,ヨシムラHD,東洋電,エコモット,出前館,…
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証グロース銘柄一覧(07/12週終値現在)
[上方修正・増配材・好料情報] Gunosy,エディア,マテリアルG,モリト,ケイブ,東海ソフト,ペイ…
[株で勝つ!! 株初心者用|NYダウ・日経平均長期予想(07/19週〜10/18週 ] 8月上旬まで強含むか 8月中…
株で勝つ!! 日経平均株価(NYダウ)長期予想見通しシグナルチャート 3ヶ月先行指数一覧(2023-24年発表分)
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 東証スタンダード銘柄一覧(07/12終値現在)
[上方修正・増配材・好料情報] ニイタカ,チムスピ,ジーデップ,MV東海,ロゴスHD,エコス,DMカン…
【株で勝つ!! 株初心者用|予想結果:2024/07/12週 +410,916円】NYDow 続伸 4万ドル回復SP500ナスダッ…
[格付け・レーティング情報] UTG,キューピー,ネクソン,弁護ドコム,サイゼリヤ
[株式分割予想] 分割があるかも予想?! 再分割銘柄一覧(07/12週終値現在)
[格付け・レーティング情報] ニッスイ,Sansan,楽天銀,NEC,富士通,ユニチャーム,ファストリ
[S高|株価値上注目銘柄] Sansan,ベイカレント,ボードルア,タマホーム,イオンモール,いちご,コ…
[株式分割情報] コスモス薬品(3349) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] ニッスイ,楽天銀行,キーエンス,スタンレ電,パンパシ
Top◆日経平均予想見通し >4月下旬上昇続くか!? 日経平均株価(NYダウ)長期予想 3ヶ月先行指数&周期的アノマリー
2014年01月12日

4月下旬上昇続くか!? 日経平均株価(NYダウ)長期予想 3ヶ月先行指数&周期的アノマリー



■3ヶ月先行予測指数(2014/1/10週〜2014/4/25週)
saishin-coment20140425.png


■1/17週の先行指数の予想(予測)内容は、次のとおり。
●長期的には、1/17週は、下げ圧力がかかるか。1/24週は、強めの下げ圧力がかかるか。
●短期的には、1/17週は、下げ圧力がかかるか。1/24週は、強めの下げ圧力がかかるか。
●RANK的には、1/17週は、やや強めの下げ圧力がかかるか。1/24週は、強めの下げ圧力がかかるか。

■日経平均株価の周期的アノマリー指数(暫定版)の、積分系アノマリーと微分系アノマリーは、次のとおり。
       積分系 微分系
1/13(月)・・・休場
1/14(火)・・・+65 , +39
1/15(水)・・・+55 , +7
1/16(木)・・・+50 , +27
1/17(金)・・・+43 , +17
であり、積分系・微分系ともに、好調期ながらも微分系は最高値から下落へ。積分系も1/14に最高値出現。

1/17週は、先行指数では、長期的・短期的・RANK的に、下げ圧力がかかる見込み。周期的アノマリーでは、好調期が続くも微分系・積分系ともにピークアウト。徐々に下支えを失う見込み。


■4/25週までの先行指数の主な予想(予測)内容は、次のとおり。

●長期系指数群から
長期スケールAは、1/17週に最高値に到達か。1/24週に減少へ。1/31週に最低値に到達。2月の間は低迷続くも、3/7週〜3/21週にかけて上昇し、最高値到達か。3/28週〜4/4週に連続下落へ。4/11週〜4/25週は反発へ。最高値が出現。成長指数Aは、1/17週に最高値到達か。1/24週から減速が続き、3/14週に最低値更新。3/21週〜3/28週は、9週間ぶりに上昇へ。しかし、4/4週〜4/18週にかけて下落し、最低値を更新。4/25週から反発へ。

株式相場の転換点は、1月上旬にかけて上昇傾向か。ただし、1/17週から調整局面入りか。1/24週〜2/14週にかけて調整が続くか。2/21週〜3/21週は、上昇傾向が続くか。3/28週〜4/4週は、調整するか。4/11週〜4/25週は上昇傾向が続くか。

●短期系指数群から
短期スケールAは、1/10週に最高値に到達か。1/17週から減少へ。1/31週に最低値に到達か。その後上昇傾向に転じ、3/21週に最高値に到達か。3/28週〜4/4週には下落へ。4/11週〜4/25週は上昇し、最高値が出現。短期成長指数Aは、1/17週に最高値に到達か。その後下落に転じ、2/14週に最低値に到達か。その後上昇に転じ、3/28週まで続くか。4/4週〜4/18週にかけて下落し、最低値を更新。4/25週から反発するか。

株式相場の転換点は、1/10週〜1/31週にかけて調整局面入りか。2/7週から戻り基調か。ただし、2/21週〜2/28週は勢いが弱いか。3/7週〜3/21週にかけて上昇が続くか。3/28週〜4/4週は、調整するか。4/11週〜4/25週にかけて上昇傾向か。

●RANK系指数群から
長期期地合は、3/28週まで6であり弱含むもニュートラルか。4/4週から4に低下するも、4/18週は再び6に復帰。短期地合とRANK指数では、1/17週〜1/31週と3/28週〜4/4週に、弱い数値が出現。相対的な地合も弱いか。3/7週〜3/21週と4/18週〜4/25週に強い数値が出現。相対的な地合も強いか。計差分と計差分計では、1/17週〜1/31週と3/28週〜4/4週に、急落サイン出現。微分スコアでは、1/10週までは、かなり強い数値が出現。上昇が期待できるも、1/17週には失速。1/24週〜1/31週には(0-0-0-0)が出現。調整局面入りを強く示唆か。2/7週〜2/14週にかけて、やや持ち直すも「0」は残り調整は続くか。2/21週〜3/21週にかけて、持ち直しが鮮明に。戻りから上昇へと期待できるか。3/28週〜4/4週に下落へ。調整局面入りか。4/11週〜4/25週は、戻す展開か。

まとめると、
1/17週からは、長期系、短期系、RANK系とも弱含む。調整局面入りか。
1/24週に、全ての指数が悪化へ。RANK系の急落サイン続く。急激な調整もあるか。
1/31週は、若干持ち直す指数もあり底打ちの気配もマイナス値が多く出現。調整は続くか。

2/7週は、成長指数は悪化が続くも、他の指数は持ち直しへ。調整続くも一息つけるか。
2/14週も、成長指数の悪化が続く。他の指数の持ち押しも続くが、早くも勢いがなくなりつつあるか。
2/21週は、各指数でプラスとマイナスが入り交じるも、僅かにプラスが上回るか。
2/28週は、スケールが悪化傾向へ。各指数でもややマイナス値が上回るか。

3/7週は、全ての指数が改善傾向へ。調整を脱して上昇への足がかりを掴めるか。
3/14週は、ほぼ全ての指数で改善傾向が続く。上昇基調が出現するか。
3/21週は、ほぼ全ての指数で改善傾向が続く。上昇基調が続くか。
3/28週は、成長指数を除く指数が悪化傾向へ。調整局面が出現か。

4/4週は、ほぼ全ての指数の悪化傾向が続く。調整局面が続くか。
4/11週は、成長指数を除く指数が改善傾向へ。下げ止まりから反発へ期待できるか。
4/18週は、ほぼ全ての指数の改善傾向が続く。上昇基調が出現するか。
4/25週は、指数の改善傾向が続く。上昇基調が続くか。

1月中下旬から、ややキツめの調整局面に入るも、2月中下旬には脱出か。3月上旬から中下旬にかけて再び上昇基調へと戻れるか。3月下旬から4月初旬にかけて調整するか。4月上旬から下旬にかけて再び上昇基調へと戻れるか。


■先行指数を読み解くテクニカルレポート

長期スケールAは、1/17週に最高値131.87へ。10/25週からの上昇幅は、1.56。
1/24週〜1/31週かけて13週ぶりの下落が出現。最低値131.24をつけるも、下落幅は、0.63。
12週間かけて積み上げた上昇幅の約40%を2週間で削ることになるので、急落が発生するか。
3/21週には、131.82に到達するも、1/17週の直近最高値131.87を上回ることが出来ず。
3/28週から下落へ。4/4週には、131.49まで下落。
4/11週〜4/25週にかけて上昇へ。直近最高値132.29が出現。1/17週の131.87を上回る。
長期的には、2012年11月から続く上昇傾向が2014年4月下旬においても、継続中であることを示唆か。



短期スケールAは、1/10週に、最高値132.39へ。上昇幅は、1.27。
1/31週に、最低値130.28へ。下落幅は、2.02と大きめか。急落が発生するか。
3/21週には、132.41に到達。1/10週の直近最高値132.39を抜き、最高値を更新。
3/28週から下落へ。4/4週には、131.12まで下落。
4/11週〜4/25週にかけて上昇へ。133.19に到達。3/21週の直近最高値132.41を抜き、最高値を更新。
短期的には、2012年11月から続く上昇傾向が2014年4月下旬においても、継続中であることを示唆か。


長期成長指数Aは、1/17週に、最高値4.39へ。上昇幅は、0.12。
3/14週には、最低値2.55まで下落。下落幅は、1.84。
3/28週には、最高値2.59へ。上昇幅は、0.04。
4/4週から再び下落へ。4/18週に最低値を更新する2.18に。しかし、底打ちか。
4/25週から上昇へ。

短期成長指数Aは、1/17週に、最高値4.58へ。上昇幅は、0.57。
2/14週に、最低値1.84へ。下落幅は、2.74と大きめか。急落が発生するか。
3/28週には、最高値2.78へ。上昇幅は、0.94。
4/4週から再び下落へ。4/18週に1.86に。しかし、底打ちか。
4/25週から上昇へ。

また、トレンド転換指数は、1/24週に−26.61。
短期総合指数は、1/24週に−3.43。
1月中旬からの調整局面は、ややキツイことを示唆か。

成長指数がプラス値(2.1〜1.8)を保っているので、持続的な景気回復は、今後も続くことが確定か。

12月下旬に底打ち確定かと思われたが、1月中下旬に全指数が急落。明確な底打ちに至らず。短期成長指数は2を下回るまで追い込まれるも、3月中旬にかけての上昇が鮮明に。2月中旬での底打ちは、ほぼ確定と思われたが、3月下旬から新たな調整局面が発生。4月上旬まで続くか。4月下旬に改めて長期的な底打ちサインが点灯。

気がかりなのは、VIX指数の推移か。心配された米国債務上限問題に絡む混乱においても「25以上」に達せずに収束。1月〜2月の調整局面でも25を超えなければ、現在の上昇相場をサポートするか。是非とも踏ん張って欲しいところ。

米国の金融緩和は、12月のFOMCにて、1月から縮小されることが決定。バーナンキ議長は、自ら始めたQE3を自らの手で終了への道筋をつけるのにこだわったか。しかし、1月中下旬に強めの調整局面が発生する可能性が強く、縮小開始のタイミングと悪しくも重なるか。この調整が、さらに強く、さらに長いものになることも考慮するべきかもしれない。

■日経平均株価 先行指数と周期的アノマリー(2014/1/10週〜2014/4/25週)
saishin-225-roano20140425.png

スケールの短長差(短期スケールA−長期スケールA)は、1/10週から下落に転じ、1/24週に一気にマイナス値に転落。1/31週に最低値をつけた後に、上昇へ。3/7週に「0」を超えるまでに回復し、3/21週は0.59まで上昇。3/28週から下落へ。4/4週は、マイナス値に転落へ。4/11週から反発に転じ、4/25週は0.90に。直近最高値を更新。

成長指数の短長差(短期成長指数A−長期成長指数A)は、上昇に転じ、1/10週にはプラス値復帰も、1/24週には再びマイナス値に転落し下落が続く。2/14週に最低値に。2/28週〜3/28週にかけて上昇へ。3/21週から9週間ぶりにプラス値へ復帰も、4/4週〜4/18週にかけて下落し、最低値に。4/25週から反発も、マイナス値が続く。

1/17週は、「ス短長差>成短長差」 ではあるものの、互いの数値が接近。新たな調整の出現を示唆か。
1/24週は、「成短長差>ス短長差」、「ス短長差<0」が出現。調整することを示唆か。
1/31週は、「成短長差>ス短長差」、「ス短長差<0」が継続。調整が続くか。

2/7週は、「ス短長差>成短長差」 に復帰。「ス短長差<0」は継続。急激な調整は収まるか。
2/14週は、「ス短長差>成短長差」、「ス短長差<0」が継続。反発するか。
2/21週は、「ス短長差>成短長差」、「ス短長差>0」に復帰。反発続くか。
2/28週は、「ス短長差>成短長差」、「ス短長差<0」に。やや調整するか。

3/7週は、「ス短長差>成短長差」、「ス短長差>0」に復帰。反発するか。
3/14週は、「ス短長差>成短長差」、「ス短長差>0」が継続。上昇するか。
3/21種は、「ス短長差>成短長差」、「ス短長差>0」が継続。上昇続くか。
3/28週は、「ス短長差>成短長差」 ではあるものの、互いの数値が接近。新たな調整の出現を示唆か。

4/4週は、「成短長差>ス短長差」 が出現。相場が停滞から下落へと調整することを示唆か。
4/11週は、「ス短長差>成短長差」 に戻る。調整は収束へ向かうか。
4/18週は、「ス短長差>成短長差」と「ス短長差」>0 が出現。上昇基調が出現するか。
4/25週は、「ス短長差>成短長差」と「ス短長差」>0 が継続。上昇基調を維持するか。


周期的アノマリーには、積分系(相場の方向性を示唆)と微分系(相場の瞬発力を示唆)の2種類あり。ともに、+10以上は、好調。+10〜−10は、軟調。−10以下は、不調。の傾向あり。グラフ右軸の数値は先行指数用。周期的アノマリーは、点線の緑+10と、点線の赤−10が有意。横軸の日付のみ有意。上昇、下落のタイミングのみを日々の日経平均株価終値から数学的に予想(予測)。あくまでアノマリーですので、ご留意を。

先行指数での安値圏予測と周期的アノマリーの軟調期・不調期が重なる 1/14週〜1/31週は、下押し圧力がかかりやすいか。3/28週〜4/4週も注意が必要か。

■日経平均株価 前1年間の先行指数からの予想と結果(2013/4/26〜2014/4/25)
saishin-225-year20140425.png

先行指数と実相場の動きは、それなりにシンクロ率が高いか。特に、「ス短長差」の動きと一致率が高いか。
ロングレンジでスケールが上昇傾向にあるときは、相場も崩れにくく上昇傾向にあることが判るか。

ところで、2013年10月以降の3ヶ月先行指数には、
「スケールが右肩上がり」 なのに、 「成長指数が右肩下がり」 といった特徴が出現中。
1990年以降の過去23年間において、これほど長期間にわたり、この2つの指数が乖離したことは無い。
1980年代まで遡って似たパターンがないかデータを洗い出して作成した予想レポートはこちら

■NYダウ 先行指数と周期的アノマリー(2014/1/10週〜2014/4/25週)
saishin-ny-roano20140425.png

NYダウについても、1/14週〜1/31週までの先行指数上の安値圏予想と周期的アノマリーの軟調・不調期の下押し圧力が重なる時は要注意か。3/28週〜4/4週も同様か。

■NYダウ 前1年間の先行指数からの結果と予想(2013/4/26〜2014/4/25)
saishin-ny-year20140425.png

NYダウでも、先行指数と実相場の動きは、それなりにシンクロ率が高いか。特に、「ス短長差」の動きと一致率が高いか。
ロングレンジでスケールが上昇傾向にあるときは、相場も崩れにくく上昇傾向にあることが判るか。

2013/6月以降、成長指数は奮わないのに、7月下旬と9月上旬と10月下旬に最高値に。いずれもFOMCでの緩和縮小先送りで上昇へ。さらに、次期FRB議長のイエレン氏の議会指名公聴会で緩和続行を示唆したことから11月中下旬にも最高値更新。さらに、12月のFOMCにて来年1月からの量的金融緩和縮小が決定。先高感から再び史上最高値更新。スケールの上昇傾向は、1月上旬にかけて続くので、この金融相場をサポートするか。問題は、1月中下旬〜2月中下旬の下落か。1月からは、金融緩和縮小により相場への下支え力は衰えていることは確実。NYダウにおいても、かなりキツイ調整が発生する可能性もあるか。

投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆日経平均予想見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック