◆新着記事一覧◆
[株式分割情報] ソフトバンク(9434) 1株⇒10株
[S高|株価値上注目銘柄] 日本航空電子工業,キムラユニティー,エーザイ,大垣共立銀行,なとり,櫻護謨,…
[株式分割情報] Macbee Planet(7095) 1株⇒4株
[株式分割情報] エリアリンク(8914) 1株⇒2株
[株式分割情報] Genky DrugStores(9267) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] コスモス薬,三菱マテリ,ベル24,HOYA,東宝
[上方修正・増配材・好料情報] キューブシステム,No.1,ディー・エル・イー,セキュア,JDSC,倉…
[上方修正・増配材・好料情報] 栄研化学,航空電子,ファナック,キュブシス,中外薬,大垣共立,大真空,桜…
[格付け・レーティング情報] ホギメデ,OBC,安川電,アルバック,川重,FPパートナ,良品計画,HOY…
[S高|株価値上注目銘柄] 野村マイクロ,KOA,コメリ,ニコン,フルマルHD,鉄建建設,フリービット,…
[格付け・レーティング情報] ホギメデ,サイバーA,フジクラ,FPパトナ,良品計画
[上方修正・増配材・好料情報] 鉄建建設,FRONTEO,メディカル一光,フリービット,ニーズウェル,…
[上方修正・増配材・好料情報] シマノ,コメリ,宮崎銀,Jマテリアル,丸八証券,ギガプライズ,エンチョ…
[格付け・レーティング情報] ABCマート,DCM,コメダ,レンゴー,日産化,TDK,村田製,大栄環境,…
[S高|株価値上注目銘柄] フィナHD,宮崎銀行,タスキ,三信電気,東急建設,大阪ガス,ストライク,エニ…
[株式分割情報] GENDA(9166) 1株⇒2株
[格付け・レーティング情報] ABCマト,ワッツ,DCM,コメダ,日産化学,TDK,トヨタ
[上方修正・増配材・好料情報] タスキ,神戸物産,ボルテージ,エルテス,ニーズウェル,スタメン,インテ…
[上方修正・増配材・好料情報] ウエスコ,ダイセキ,東京衡機,東急建設,北海電工,OBシステム,東海エ…
[格付け・レーティング情報] 大林組,いちご,日本ペHD,特殊陶,フジクラ,楽天銀,ニデック,住信SBI…
Top◆IPO統計 及び 抽選ルール >SMBC日興証券 IPO(新規公開株) 統計資料(2001〜2013)と抽選ルール(配分基本方針)2014/1/17
2014年01月22日

SMBC日興証券 IPO(新規公開株) 統計資料(2001〜2013)と抽選ルール(配分基本方針)2014/1/17



SMBC日興証券のIPO(新規公開株)の取扱実績は次のとおり。

※2013年の取扱実績(2013年12月25日現在)
●引受数合計 ⇒ 16,643,100株 ●占有率(引受数/全引受数) ⇒ 7.91% ●占有率順位 ⇒ 4位
●IPO勝敗(主幹事銘柄の初値>公募価格) ⇒ 4勝1敗 勝率 0.800
●IPO参加率(IPO取扱銘柄数/全IPO銘柄数) ⇒ 37社/54社 参加率 0.685
●2001年〜2013年までの通算成績 ⇒ 130勝27敗 勝率 0.828

※2001年〜2013年 の 引受株数、占有率、順位、IPO勝敗(主幹事銘柄)、勝率は、次のとおり。
smbcnikou2013.png

占有率は過去13年間で、1位が1回。2位が2回。3位が3回。4位が2回。5位が3回。6位が1回。7位が1回。
また、通算勝率 0.828 は、野村證券を上回るも4位にとどまる。2013年のIPOにおける唯一の負けも記録。
主幹事引受は激減中か。近年では年間3件程度がやっと。ただし、引受証券としての数多くのIPOに参加。
引受株数自体はやや物足りないものの、大手証券会社の中でのIPO参加率は、野村證券を凌ぎ1位。

IPO(新規公開株)の当選を狙うにあたっては、押さえておきたい証券会社か。


IPO(新規公開株)の主な抽選ルール(配分基本方針)は、次のとおり。

◎抽選の実施
抽選による配分は、日興イージートレードで取り扱う場合は、「総合コース」及び「ダイレクトコース」より申込んだ個人等が対象。

抽選参加サービスへの申込みは、需要申告を行う前に申込代金相当額の預り金または日興MRFが口座に必要。
また、申込み時に購入概算金(申込価格×申込株数)の拘束あり。


◎当選数量
当選数量の上限は、一投資単位。
⇒ 可能な限り多数の個人等に配分を実施するため。

◎抽選に付する数量
配分する数量のうち、一般投資家への配分する数量の 10%を目処として抽選により個人等へ配分。(2014/1/17改定より、20%⇒10%にダウン)
⇒ 個人等への配分は、店頭経由が90%、ネット経由(抽選分)が10% が基本か。
  
◎抽選方法
⇒ 抽選は一条件・同一確率の抽選(同率抽選)を実施。同率抽選では、一人の申告に対し、機械的に一つの乱数を付番。付番した乱数を小さい数値の順に並べ替え、抽選の配分数量に達したところまでを当選とする。

ネット経由で抽選される割合は、10%と見込まれ、野村證券、三菱UFJMS証券、みずほ証券の10%以上とほぼ、同率に。

※当選したのち、募集申込み期限までに申込みをしなかった場合、次のとおりの制限あり。
・当選銘柄の募集最終日翌日より1ヵ月後の応答日まで新たな新規公開株式の需要申告ができない。
・既に申し込んでいる新規公開株式の需要申告がすべて無効となる。


⇒SMBC日興証券が主幹事の銘柄は激減中。引受証券としての引受数も上位には食い込めていない。抽選配分が10%としても母数が少ないのでは、競争率の高騰を招くのみ。いかんともしがたいか。だが、少しでもIPO(新規公開株)の当選確率を上げるためには、例え競争率が高くとも、欠かせない証券会社か。

また、抽選方式によらない個人等へ配分も実施。
個人への配分予定数量の80%程度が営業店経由で配分されるか。
ただし、機関投資家を除く一人の購入意向の申告は、一つのみ。
⇒ 抽選と抽選以外(取引店への申告)の配分への重複申込みは出来ない。

配分ついて重視する基準は、次のとおり。
・投資する商品のリスクに適合した資産状況であること
・中長期的な投資を行うことが可能な資金による投資を行っていただけること
・過去の案件における配分状況が過度に集中していないこと
当社とのお取引を中心に資産運用を行っていただいていること
当社とのお取引の維持拡大が期待できること
⇒ なかなか厳しい基準か。かなりハードルは高いか。

配分については、過度な集中配分とならないよう、個人の一人当たりの平均配分株数が、抽選による一人当たりの平均当選株数の10倍以内となるような配分を心がける。
⇒ネットで100株と仮定すると、取引店経由では最高1,000株程度か。

やはり、店頭経由で、IPO(新規公開株)の配分を受けるには、かなりの取引実績と資力が必要か。
だが、取引実績を積み重ねるために、資金を削っていたのでは本末転倒。
ここはひとつ、当方の3ヶ月先行指数と周期的アノマリーを参考にどうぞ。


投資行動の最終決定は、自己判断・自己責任で願います。当方はいかなる責任も一切負いませんのでご了承ください。

株価アルゴリズム
個別銘柄の選択に最適! 全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!






posted by lucky cat at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ◆IPO統計 及び 抽選ルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック